スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中一(食事について 2)~家での食事

同居したころは、マルも小学生だったので
義父母に合わせ、夕方6時が夕食の時間と決めていた。

食事中には、義母が一人で喋り続け
子供たち2人が、私と話したいのに話せないという状況が続いていたのと
義父母は、もう少し早くに食事をしたいこと
私たちは、もう少し遅くに食事をしたいことで
平日は、義父母と別に食事をとるようになった。

食事の準備は1Fのキッチンでして
義父母の食事を出したら、2Fの分を持って上がるという感じに。

週末は、家族全員での食事を習慣にしていた。


いつしかマルは義父母と一言も口を利かなくなっていたし
旦那に正座で怒られたあの日からは、旦那とも口を利かなかったが
週末のその時間は、食卓につき
私に、食事の感想を伝えたり、何かしらの会話もしていた。




私との喧嘩の後にはマルはよくハンストらしきことをした。
その日も、確か 何かのきっかけで言い合いになり
気分を損ねたマルは、食事を採らないと言い出した。


食事をいらないと言い出したら
絶対に食べないのを知っている私は、もう説得もせず
勝手にしろと、放っておいた。

しかし、翌日には
前の日の喧嘩のことなどなかったように
ふるまった。

マルが自然に食事ができるように。




お腹が減っていたのだろう。


いつもと何も変わらず、私は食事にマルを呼んだ。
マルは、1Fに降りてきて自分の席に着いた。



マルが食べようとした瞬間のことだった...




お前も、根性のないやっちゃなあ!!!

食わない言うてたの昨日のことやないか(笑)


まあええわ。 味わって食えよ!!!






旦那の言葉に




マルは、食事を採らず無言で自室に戻った。



私も、このセリフを言った旦那を未だに許せてはいないし
思い出すだけでおぞましい。


それまでは、何があっても食事には来ていたマルが
あの日からもうずっと週末は自室から出てこなくなった。


その後、数日食事を拒否し続けたマルに
水分と、せめてお菓子だけでもと
無理やり食べさせ、週末は自室に食事を運ぶことにした。



正直 こんな親になるとは思っていなかった。


引きこもりに食事を運ぶ親を見て、バカじゃないのかと思っていた。
そんなことをするから、子供はつけあがるのだと思っていた。


だから、最後まで抵抗感でいっぱいだった。


でも、食事はさせたかった。
すべての源になるものだと信じていたから
食事だけは、きちんと食べさせたかった。



家族みんなで鍋を囲むって、あたりまえの光景だと思っていたけど
それはすごく幸せで、贅沢な時間だったのだと
今になると、些細なことがすごく懐かしくなる。





追記


旦那は、食いたくないやつは何日でも放っておいたらいい。
食わずにはいられなくなって、向こうから折れてくる
お前は、ここで負けるからあかんねん!

と言った。

正直、その気持ちはわからんでもない。
でもそれは間違いなくマルには通用しない。
折れるくらいなら、餓死を選ぶ子だと私は知っている。

それに、食事の権利を子供から決して奪ってはいけないと
私は思う。
どんなに喧嘩をしても、食事抜き!という罰は与えてはいけないと
思っている。

大人はこっそり、外で食べることができるが
子供は、それすらもできない。

あの いやらしい

味わって食えよ の一言が今も耳から離れない。



マルの部屋に食事を運ぶことについて
それこそ旦那は烈火のごとく反対したが
私は、こんなことにしたのはあなたの一言があったからだと伝え
食事だけは、採らせたい。
それでも反対するなら離婚するから。

と、私は意思を貫いた。





中一(食事について 1)~弁当のこだわり

食事に関しても、揉め事はつきなかった。


小学校の時には、お弁当を喜んで食べていたはずのマルが
お弁当の一部...
もしくは一口も口をつけずに帰ってくることが多かった。



忙しい中で、せっかく作っているのに。
しかも、お金もかけて彩も栄養も考えて作っているのに。


という気持ちで、初めは憤りを感じたが



あまりにも続くこと、お弁当箱を鞄の中からいくら言っても
出してくれないことで



自分で作りなさい!!!



と、自分で作らせることにした。



初めの2、3日は、かぼちゃの煮つけからポテトサラダから
素晴らしいお弁当を手際よく作る姿に驚いてしまったが
鞄からお弁当を出すことが何よりも嫌いなことと
暇さえあれば、ゲームや漫画の世界に浸っていたい
しんどいことは大嫌いなマルは

モモにお弁当を作らせるようになった。


お料理が大好きなモモは、毎日マルの弁当を喜んで作った。
しまいに、マルの鞄の中から空の弁当を出し
食洗機に放り込むのもモモの仕事になっていた。


観察した結果


マルは、ハンバーグでもから揚げでも何でも小さく切らないとイヤだという
こだわりを持っているようだ。

確かに、私の作ったお弁当はそこまで細かく一口大には切っていなかった。

マルが私の弁当を食べない原因はそこにあると思っていたのにも関わらず




モモの作った弁当はどんなに手抜きだろうが
彩が悪かろうが


残さずに食べてきた...




お弁当は、自分の好きな大きさになっていないと食べない。
自分の管理が悪くて、おかずがズレテしまったらもう食べない。


どんなにお腹が減っていようが
食べなくても平気で、部活をやってくる。


そんなことを 学校へ通っている間は
繰り返していた。




中1秋~家族がバラバラになるまでその1

直接のきっかけとなった出来事は忘れてしまった。

ただその日をきっかけに、未だに家族が壊れたまんま。




旦那が、マルを呼び正座をさせる

マルは嫌がったが、逆らえなかった。


3時間の正座をさせる。

こいつの性根は腐ってるから、穏やかに話し合おうといっても聞く耳ももたないのだ。

頭でわからん奴は、身体に叩き込まないとならん。


確かに、私もほとほと参っていた。
旦那は、マルの一面だけを見て激怒していたが
私は、学校にあまり行かなくなっていることも、だらしない生活をしていることも
何を言っても聞く耳をもたないことも
祖父母を毛嫌いして、徹底的に無視していることも
妹のモモを手下のように扱い、家出させるまで追い込んだことも
殺す!殺す! と紙に書きなぐっていることも

仕事だけで、もうくたくたになって帰ってくるのに
一日中家にいても、何もしない祖母
自由がきかない身体にイライラしている祖父
2階では毎日毎日、マルと衝突し
声を荒げるとすぐに下から”うるさい!”と言われ


モモには、家にいる間中 話しかけられ
どんなに忙しくても、怒っていても、泣いていても
話しかけられ


モモの支援級の担任には、連絡帳に毎日毎日
返事を書かなくてはならない。


歩いて帰ってこれる距離なのに
毎日、駅まで旦那を迎えに行かなくちゃならない



何の力も出ないのに、それらをすべてこなさなければ
いけないのだ。





旦那がマルに腹を立てている何倍もアタシはマルに腹がたっている。
あんた!一面しか知らないくせに偉そうなこと言うんじゃないって!
アタシの方がもっともっと、苦労してる!

マルの一面だけ見て、勝手な判断くだして
吠えてんじゃねえよ!

身体で教えるってなんやねん!
それしきのことで、それだけ腹たてて性根が腐ってるなんて
よっぽどアンタの方が我慢が足りないんじゃない?



↑と言いたいのはおさえ



私だって、マルは間違ってると思うよ。

なんでまともに話すらできないのか?って思うし

でも、それをさせたからって 何も変わらないと思う!


と、正座をやめさせようとしたが
旦那は譲らなかった。



自分が悪かったことを認めたら
すぐに辞めさせる。

謝れば済む話なのに、なぜコイツは謝れない?




私もそれには思うことがあったが
とにかく、ここで夫婦間の衝突が起きた。

マルは、ずっと泣き通しだった。


足が痛い!足が痛い!


気丈なマルがここまで叫んで泣いているのを聞き
階下から祖母も来て、正座をやめさせるように言った。

旦那は、それでも譲らなかったが
2時間が経とうとしたときに、私が強制的にやめさせ

翌日には、当然のようにマルは

足が痛いからと言って、学校を休んだ。








中1秋~旦那の怒りその2

今までの出来事をマルはほとんど覚えていない。
覚えていることは、いくつかあっても
記憶がすっかりすり替えられていることも中にはあった。
(これについてはまた後日)

もちろん、覚えていることでも ”自分は全く悪くないのになぜ怒られるのか?”
という素振りで、黙って旦那を睨み付ける。

旦那は、マルに正座を強要した。


話し合いとはほど遠いが2人の話をまとめると
こんな感じになる。


マル:朝練に行かないのは、朝が弱いから。
   それに強制参加じゃないから行かない。




旦那:強制参加じゃなくても、部活に所属している限りは
   出席するものだと思う。朝練に出ていないのはお前だけじゃないのか?



マル:そうやね






旦那:お母さんが渡した1万円を顎で置いておけと指図したらしいが
   お金をもらう態度ではない。
   自分が必要なものを購入してもらうのに、感謝の気持ちはないのか?
   してもらって当然という気持ちがそういう態度に現れる...云々





マル:朝忙しくて手が離せないからそこに置いてと示しただけ。
   感謝の気持ちなんてない







旦那:塾を辞めたことは聞いた。先生が気に入らないからと言うのは本当か?

マル:ウザイから。

旦那:自分がやりたいと言い出したことで、続いたことがないことを
   お母さんも心配している。
   このままだと就職しても、次々に仕事を変わるようなことになる。
 
  
マル:就職しないし

旦那:じゃどうするんだ?

マル:さあ





私も、正直 この日の記憶は曖昧


とにかく、マルが話は終わりか?と自室に帰ろうとするのを旦那が制止し
正座を強要し、マルは正座したまま1時間が経っていた。


些細なことで塾をやめて、みんながこなしている朝練も満足にできない奴は
迷惑だから、部活もやめろ!!



うんわかった。




最後は、よく覚えていないが
何か約束事を旦那が一方的にし
それが守れなかった場合は、次は正座3時間だと
旦那が言っていた。


そして、その翌日 マルは部活をやめてきた。

中一秋~旦那の怒りその1

旦那は激怒だった。

彼の子供じみた言動や行動はよく書いて来たが
この人となぜ私が一緒にいるかと言えば
いざという時には私を全力で守ってくれるからだ
同居して2年が経つが
義父母と揉め事もなく生活して来れたのは

旦那が自ら嫌われ役を買って出て、
あれこれうるさい事を義父母に言うことにより
向こうも言いたいことは全て旦那に
しかも あの子はうるさいだのオカシイだのと
私を自分たちの味方にしようと、義父母は
私に対して歩み寄る。

私がいつも公平で
中立な立場で生活することができるのは あえて
旦那がそうしてくれているからだと思っている。

子供たちのことでもそうだった。
自分はさておき…
子供たちが私を困らせることを旦那はひどく嫌った。

お母さんの言うことを聞きなさい。
お母さんにあまり負担をかけたらアカン。

私に任せきりの子育て、家の切り盛りを
そうすることにより少しでも助けたいと思っているのだろうと
私は受け止めている。


さて そんな旦那に
マルの春からの様子を全て話した。

実は すでに中1の一学期には学校を休みがちにはなっていた。
しかし 学校を休みがちであることは言わなかった。
旦那が怒ることでさらに不登校になる可能性があると思ったからだ。

反抗的な態度と塾をやめること
朝練に参加していないこと

を 戒めてもらうつもりだった。



旦那の怒りはすぐに沸点に達した


マルの行動云々よりも
注意を受けている時のマルの態度があまりにも
酷いと言うことで旦那は激怒した。





リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。