スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌になった 2

この夏のことは、過去記事にも
書いたのですが
珍しく母が、父の初盆と納骨があるから今年のお盆は長めに帰省して欲しいってね、多分はじめてこういう
お願いをしてきたのですよ。
私の生活を第一に考えてくれ
帰省して欲しくても、帰って来なくて大丈夫だよ!なんて言ってくれていた母の珍しい申し出を受け
三週間の帰省を決めた私。

マルと旦那は後で帰省してくることになっていました。

帰省してすぐに、旦那から
○○クリニックから電話が
来てると聞いた。
折り返しの連絡等不要だった
ようなので、いつしか
忘れていた。

福島から奈良の自宅へ帰り
義母よりクリニックから
数度の電話があったことを聞き
さすがにすぐに電話をかけた。

なるべく早い時期に
設備の整った病院で受診して
欲しいとのことで
その日のうちに紹介状を準備して
くださった。

血液検査、検便の結果と
私の貧血が酷かったこと
で、主治医は何かある可能性が
高いので、内視鏡を入れて
そのまま切除するのが望ましい
と説明してくれた。

本当にこの主治医には
感謝している。

内視鏡の前に飲む下剤は
この判断で一度で済んだし
何より、私に何度も知らせて
くださった。

私は、この主治医と出会わなければ
もうこの世にはいなかったのだ。





コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スミレさんお元気ですか?
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。