スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんになった 1

私が最初に癌になったのは
40歳の時
父の死から始まった
怒涛の2011年の夏だった。

父の死、義父の脳出血
持病、家族崩壊
色んなことがあった最中でね
40歳健診のお知らせなんて
目にとまることもなかったのです。
当然のようにほったらかしでしたね。

4月に、原因不明の下痢が
続きました。
そういえば、父の葬儀の後に
夜行バスに乗るのに、下痢気味で
バスに乗る前に、下痢止めと
オムツを履いたのも後になり
思い出しました。
それは1月でしたが
寒さと、父を亡くしたストレス
かと思っていました。

4月の下痢は、ひどかったです。
油断したら漏れるくらいの
下痢が一ヶ月でした。

1月から4月までに20kg痩せて
いましたが、ダイエットを
していたので、病的なものだと
気づきやしませんでしたし
↑父の葬儀の時に
妊婦と間違われたのと
喪服が入らなかったのが
ダイエットの始まり(笑)

下痢は、ストレスかとばかり
思い込んでいましたね。
貧血がひどかったからか
氷をバリバリ一日中食べていたので
それも原因だと思っていました。

市販の下痢止めじゃ効かないの
だと受診して下痢止めをいただいた
のは5月。

暫くおさまっていたので
尚更ほったらかしの健診のお知らせ。


しかしね、そのお知らせが
掃除機をかけていたら
食器棚の後ろに落ちていまして
そのまま、どこかの引き出しに
片付けたのですが
たまたま、学校の大事な知らせを
探す羽目になり
学校のお知らせの代わりに
健診のお知らせが再び私の手へ。

なにも感じず、またその知らせを
引き出しの中へ入れた日の夜。

カレー皿の上に綺麗に着地した
健診のお知らせ。


引き出しから落ちたみたいでね。
これにはさすがにたじろぎましたね。

もう引き出しに片付けるのは
やめて、棚の上に置いた私。


次の日だったかな

私のカバンの中に
40歳健診のお知らせ が…。



棚の下に無造作に置いた
私のバックの中に、どうにかして
落下したのでしょうか…。


もうここまで来ると
気になって来た訳ですが
なかなか病院に出向く時間がなく
気力もなかった。

特に大腸がんの検査なんて
1番やりたくない検査だった
こともあり、まだ足は病院へ向かず。


モモが体調不良で
熱を出したか、下痢をしたかで
病院へ連れて行った際に
保険証をバックから取り出す際に
保険証に挟まって出てきた
健診のお知らせ…。


寒気がするくらいの
このしつこさ。

健診のお知らせは
受付スタッフの目に止まり
健診もご一緒ですね?

と、自分の意志とは
全く関係なくめでたく
健診の運びと
なってしまった。


大腸がんは、いいです!
今日は血液検査だけで!

と、必死に抵抗してみると


大腸がんの検査は
2日間の便を持ってくるだけで
済むとのこと。

しかし、ひどい便秘だと
説明すると
出た時で良いと笑顔を見せる
スタッフ。

一週間出ないのはザラなので
きっと忘れてしまうかもしれない
が、一応キットを持ち帰った。

ちょうど、勤めていた飲食店の
検便の時期でもあったので
便に対しての意識は高まり
忘れることはなかった。

奇跡的に2日間の便の採取に
成功した私は、ドヤ顔で
病院の受付にブツを届けた。
その時のやりきった感は
未だによく記憶している。


やりきっただけに
もう健診のことなど
すっかり忘れていた私は
福島に帰省した。



コメントの投稿

非公開コメント

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。