スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生の様子

本日学校へ出向き、校長先生と話し合い

授業終了後に 担任二人と話し合って来ました。


記事は、24日付けから3日に分けてアップしました。


進級準備文書4年生 1

進級準備文書4年生 2

お願いした支援箇条書き



校長先生との話し合いは、これで二度目だったのですが

前回の校長の対応は、なかなか期待が持てる対応ではありました。

朝の7時過ぎから、面談をしてくださるような部分も
穏やかに、こちらの話に耳を傾けるところも


1.この学校に来て、驚いたのは、先生と親との関わりがあまりにも少ないこと

2.もっともっと、先生の方から色んな提案があって然るべきだと
  思いますね

3.特学の担任ほど、能力のある先生をいれるべきだ


などの言葉は、私の印象に残り
ホッとしたと同時に、かすかな期待も寄せてもいましたが
幼稚園のS先生以来、先生にはあまりにも恵まれていないので
また、きっと 変わらないんだろうな... と思っていましたが
やはり.....

私の話を聞きながら、メモの1つも取っていない姿を見て
かなり話しているはずなのだが、この先生は
内容をすべて覚えて、改善できるのだろうか?

もしかしたら、初めからそんなつもりはさらさらなく
ただ、聞けばいい、吐き出させれば少しは楽になってくれるだろうとか
そんなつもりでないことを願っていたが


次の日も、またその次の日も 担任は
手書きで、答えを書いた漢字プリントを宿題として
持たせてきていました。

前回の話し合いでは、こちらの準備不足で文書としてきちんと
お渡しすることが出来なかったので
今回は、すべて文書化してお渡しすることにしました。

私の手紙を簡単に流し読みした校長は、面倒くさそうに
ソファに手紙を投げるように置き こう言った。


やはりこれは、あくまでもお母さんと担任の問題で

お母さんのやり方がマズかったのではないですかね~~?



こちらの指導力不足や、担任の対応などを
棚にあげて言わせてもらえばですが。


と言われた。



そうかもしれないけれど
だからこそ話し合いに来ているのではないかと
それを今、ここで言われても....と
何だか、妙に違和感を覚えた。 

しきりに、もう終わりですから~
今学期は、もう終わり、終わりを強調していたのも
妙に気になる。
私としては、たとえあと数日だとしても
学校に通っている時間は、一日一日かけがいのない時間だし
改善すべき部分は、すぐにでも改善すべきだし
また、今そのような気持ちにならない、なれないというのは
きっと、4月になっても同じなのではないかと思った。

ダイエットを明日から、明日からと伸ばし
結局達成できない心理と一緒やん。


まあ...すぐには無理ですね。
支援センターでは、いくつか解決できる方法があると
言っていましたし とりあえず近々行ってみてしっかり
話を伺ってこようと思います。


担任のお二人.... 特に 特学の先生の方が

二年間も担任を持たせていただきながら
何も気がつかずに、何も出来ず、自分が恥ずかしい限りですと


言った。

隣に座る新任の先生の前で、ベテランの先生がこのような
自分の至らなさについて認めることは、大変勇気がいることだと
私は、胸を打たれてしまった。
なかなか出来ることではないと思う。

私は、この先生の人間性が好きだ。
でも、一方では、教師としての力量不足と
余裕の無さを痛感してきた。
彼女はマルの担任も勤めたことがあったので
かれこれ3年のお付き合いになる。
しかし、校長、担任と話し合いをさせていただいたが
メモを取っていたのは、この先生だけだった。
それがたとえポーズだったとしても、私はやっぱり
彼女の人間性に救われたような気がした。

新任の先生は、自分なりに一生懸命考えてやってくれていたのだと思う。
漢字の宿題で、答えを全て書いたのももちろん私の負担を減らそうとしての
ことだったし、縄跳びの件も
今回は、これで乗り切ったけれど、次はどうしようか? と
考えてはいたらしい。

懇談でも、家庭訪問でも、個人的な話し合いでも
自分からは全く口を開こうとせず
常に、こちらのペースに彼女が合わせ、相槌を打っているという
関わりだったがここに来て、彼女が一年間感じてきたことを
はじめて話してくださった。

私の受け持つクラスに、○○学級の子がいると聞いていましたが
はじめは、モモちゃんがそうだと聞いても
信じられない気持ちでした。
学生の時に、そういった子供達とも関わっていたのですが
モモちゃんは、想像していたのとは違って

この子出来るやん! って思いました。

一年経った今でも、その気持ちは変わらないです。
私は、障害があるからできないと思ったことはなく
モモちゃんなら、多少放っておいても大丈夫
それに、モモちゃんなら出来ると常に思って来ました。

と、おっしゃった。


自分の本心を初めて語ってくださった先生に、私は

自分もアスペルガー症候群/ADHDであることを伝え

IQは120あるが、8+6などの簡単な繰り上がりの計算でも

頭の中で解くことが出来ず、指で数えるか、紙に書かなければ答えが出ないこと

お風呂を見て来い! と言われても、ただドアを開けてみるだけで

お湯の量を確認せずに、戻り 何時間も湯船からお湯が流れっぱなしだったこと

を伝えた。


モモを普通だと、この子なら出来ると言ったことに対して
否定はしたくなかった。
ただ、いくら出来るように見えても、普通に生きているように見えても
アンバランスさは、常につきまとい それによって
失うこともあり、傷つくこともあること 先生には、少しずつでいいので
知って欲しいなぁと思った。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もう、悲しいやら、情けないやら…
もうすぐ終わりというのは
自分が転任あるいは退任すると言う事なんですかねぇ

>やはりこれは、あくまでもお母さんと担任の問題で

>お母さんのやり方がマズかったのではないですかね~~?

って、ありえん!!
教育者の言葉とは思えねぇ!!

言いたい事は山ほどありますが
当面は支援センターの対応を待つしかないですね

まだまだ時間がかかるでしょうから
休める時にしっかり休んでくださいね!







すみれさんへ

校長・・・・
残念です。がっくりです。
一筋の光は、支援担任の一言。
あと話の中で、すみれさん自身がアスペルガーだと伝えた事で、二人はびっくりしていると思います。そして渡したお願いや文書を見て、すみれさんの高い能力とモモちゃんをダブらせて考え、可能性を信じ、すみれさんと協力して考え、悩んでくれる事を願います!!!!!
本当にお疲れ様でした。でもこのすみれさんの苦労を、参考にする方は沢山いると思います。記事にして下さってありがとうございます!
こうやってコメントを入れて、お返事がある事が私にも励みになってます。ありがとうございます!!!



がっくり

>ダイエットを明日から、明日からとのばし
結局達成できない心理と同じやん。

すみません現在進行形の千成です。
(それは置いておいて・・・)

結局校長先生が一番狸だったと言うことですか・・・。
頭に葉っぱは乗っているけど、誠意は無いと_| ̄|○ガックシ・・

校長の仕事とはなんぞや。

担任の先生と保護者がスムーズにいかないことは、学校という組織をまとめ上げるべき校長先生の力量も問われるのではないでしょうか。

あ・・・自分の力量を知っているから逃げ腰なのね・・・?

険しい道のり、その険しい道は歩いた人にしかわからない達成感があります。
休みながらも少しずつ、いつかはご来光目指して頂上で叫びましょう。
「どうだ、見たか」
って
そしたらきっと
「お前よくやったな、グレイト~」
って
山彦が返事してくれます。
(そんな妄想も良いものです)

あん&こむさんへ

期待はしないようにしていたので
そんなにがっかりすることもなかったのですが...やっぱり ショックでした
とりあえず、来週支援センターに予約を入れたので、これからのこと話し合ってきます。

もうすぐ終わりというのは
4月から、新しい担任になるという
ことですよ。 
昨年来たばかりの先生なので退任は
ないでしょう。
でもね、これでも昨年、一昨年(1年ごとに校長が変わっていく)よりはまだ
いい先生なんですよね....

どうも、うちの学校は
他の学校に比べて教師のレベルが
低いようです。
職場で話を聞いていると、色んな学校の話を聞けるのでよくわかりました。

まりさんへ

普通担任の新卒先生は
何だか、いつもポーカーフェイスで
表情を読み取ることはできないのですが、私が当事者だということは
知っていたかもしれません。
コーディネーターの先生をはじめ
その事実を知っている先生は3人ほど
いらっしゃり、特学担任もその
一人でした。 だから...もしかすると
知っていた可能性はあります。
知っていると仮定した上で
IQの件を切り出してみました。
そのあたりは、伝える話でもないし
黙っていましたが、今回
”出来るようで出来ないこと”の
アンバランスさを説明するには、すごくわかりやすい例えかもしれないと
、思い切って話してみました。
結果、わかりやすかったようで
良かったと思います。



> 本当にお疲れ様でした。でもこのすみれさんの苦労を、参考にする方は沢山いると思います。記事にして下さってありがとうございます!
> こうやってコメントを入れて、お返事がある事が私にも励みになってます。ありがとうございます!!!



ありがとうございます。
今回、まりさんのコメントがどれだけ力になったか...!
私こそ、コメントをくださってありがとうございます! です。

@千成さんへ

> >ダイエットを明日から、明日からとのばし
> 結局達成できない心理と同じやん。
>
> すみません現在進行形の千成です。
> (それは置いておいて・・・)

すみません現在進行形のすみれです
(それは置いておいて・・・)



>
> 結局校長先生が一番狸だったと言うことですか・・・。


...そ...そうかも。
ああ、怖い怖い。 ますます人間不信だ。
とはいえ、予想はしていたのだけどね。
世の中には素晴らしい校長先生がたくさんいらっしゃる
と思いますが、私は、小学校の時以来そのような校長に
出あったことがないんですよね。

>
> 担任の先生と保護者がスムーズにいかないことは、学校という組織をまとめ上げるべき校長先生の力量も問われるのではないでしょうか。
>

そうね... 棚に上げて言わしてもらえば~
みたいな言い方だったけどね
棚からおろした意見も同時に聞きたかったわね...

正直、イジメの問題や、崩壊の問題もまだ解決していなくてね
それも、様々な学年でどんどん増えている状態なんですね...
うちの学校、かなり困った状態です。
そんな状態なので、余計 そんな生徒一人に構ってはいられない!
といったところでしょうかね...
なので、ちょっとあきらめずに、頑張ります。
支援センターに行くのが楽しみになってきたすみれです。

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。