スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マル候補者になる 2


前回の記事から続いています



レッドクリフの次期リーダーを約束されている
http://kokoronohiroba.blog89.fc2.com/blog-entry-662.html
↑の記事に出てきた 黒帯さんは 仮にRちゃんとしよう。

Rちゃんは、小学2年生時のご挨拶でわかるように
とても、頭の回転が早くしっかりとしたお子さんだ。

Rちゃんと、マルにはちょとした因縁がある。
小学2年生の後半に こんなことがあった。


クラスで、何かのイベントがあり
そのリーダーを決めることになった。

リーダーに立候補したのは、Rちゃんただ一人。

マルは、Rちゃんと何度か遊ぶことがあったし
決してRちゃんと喧嘩をしていた訳でもなく
彼女のことが嫌いでもなかった。


しかし、そのイベントのリーダーには
Rちゃんよりも、前記事でも書いた大好きなNちゃんの方が向いていると
信じて疑わなかったマルは

Rちゃんがリーダーになることに異議を唱え
代わりに、そのリーダーにはNちゃんがふさわしいと
手を挙げて発表をしたらしい。



その頃のマルは、人前で話すことが大の苦手で
みんなの前で発言することも滅多になく 
担任の先生は、おとなしいマルが手を挙げただけで驚いたというのに
そんな驚愕の内容を みんなの前で Rちゃんの目の前で
ハッキリと言い切ってしまったことに、本当に驚きましたと
後に語っている。




Nちゃんは、とても温厚で こちらもとび抜けて成績が良く
マルは、何より彼女の人間性を幼稚園の頃から尊敬しており
その彼女への熱い気持ちは、未だに色あせない(爆)

しかし、困ったことにNちゃんは
人前で率先して何かをやるなど、もってのほかで
なるべく目立たないように日々を過ごしたいと心から願う
控えめな女の子。

高速で、無理無理無理無理~~~~と手を振って
断るのがやっとだったという...


しかし、マルは そんなNちゃんの気持ちも知らず




Rちゃんは、頭はいいけれど 


リーダーには向いていない。


本当に人望が厚くて


みんなに好かれているNちゃんが


リーダーにふさわしいと思います!!




と、言ってしまったのだ。



Rちゃんは、みんなの前できっぱりと
しかも、いつもボーっとした地味なマルに
そんなことを言い切られてしまったので
その場で、泣き崩れてしまったという。

しかし、Rちゃんは そんな事で負けるような気性の子ではない。


あんたに決められる筋合いはないだとか
何の権利があるのだ?とか
本人がやりたくないと言っているのに
なぜそんな意地悪な提案をするのだ?とか

もっともなことを 言い返し


それに対し、マルは口をパクパクするしかなく
言い負かすことは出来なかったらしいが



だって、本当のことを言っただけやもん!!

とは、言い返したらしい。(担任談)


そこに、ちびまる子ちゃんの野口さん風の
おとなしいけれど、どこか一本気のちょいと風変わりな女の子が
突如登場し


私がやります!! と元気良く手を挙げてしまったので

何となく、流れ的に....

その子がリーダーになってしまったというオチがある。



マルも、Rちゃんも がっかりであった。



そんなやり取りがあっても
Rちゃんとの関係はそれほど悪くはならず
劇的に良くもならなかったが

今年に入り、Rちゃんがイジメをしている現場を
見てしまってからは Rちゃんを軽蔑していたようだ。









テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。