スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑ってはいけない卒業式

笑っちゃいけない というシチュエーションほど
面白い状況は無いかもしれん。

普段の数倍の威力があるのよ...  


一度その渦に巻き込まれたら終わりよね。

このどうしても笑わずにはいられない状況は

怒りや、涙を止めるのよりも難しいと、私は思う。


以前、どうしようもない笑いのビッグウェーブに襲われた話を書いたが




いたずらの果てに



今回は、専門学校の卒業式での出来事。



卒業式の日は早朝から袴の着付けがあるので
友人が、都内で一人暮らしをしている私の家に泊まることになった。

あの頃の私たちは、よく寝た。

夕方まで寝るとか、ザラだった。

若かった...。


しかし...卒業式の朝、7時頃に新宿へ行かなければならない。



絶対に、起きられない!!



起きられないでは済まされない。

では、寝なきゃいいのだ。

単純明快な答えに行き着き、私たちは徹夜をした。


一睡もせずに、着付けを済ませ会場に入る。

卒業式は、とあるホールで盛大かつ、厳かに始まった...


私の友人は、最前列だった。
私は、2列目。


式が始まる前から、担任は泣いていたのか
赤い鼻をハンカチでこすりながら
ステージ上の椅子に腰掛け、何度もこちらを見ていた。




...眠い...




ふと、最前列の友人の姿が目に入る。

揺れている。 振り子だ...

友人は、最前列でありながら、眠気に負けて左右に揺れ始めている。



友人のすぐ後ろに座っている子が、そっとつついて起してみたり
左右に座っている子も、何とかしようと頑張っていた。

ステージ上の担任は、鬼の形相で彼女を睨んで....


。。。。。。。。。。。。と


私にまで、激しい睡魔が襲ってきた。

もうだめだ。 寝なきゃ死ぬかもしれん!!くらいの激しい睡魔である。



私は、いきなり隣の子の膝に頭ごと倒れたという。

驚いた隣の子が必死に私を起し、左右の子に支えられながら

私は、白目を剥いていたという。




し...白目 になってる~~~!!

小声で私の状態をささやくクラスメイトの声を聞き

数人が撃沈...再起不能となった。



周囲の騒がしさに、ハッと目が覚めた瞬間だった




ぐゥウウウウ~~~~~~~~~



地の底から響くほどの轟音...



思わず、飛び起きた私は その音の主が隣の子であることを知った。

隣の子は、お腹を押さえながら


お腹鳴っちゃった... と囁いた。







アカン.... 笑えるゥゥ。
ごめん。 何だか異常に可笑しい。


相変わらず、共に徹夜の友人は 振り子状態。。。
左右のクラスメイトは、最前列でカクカク言って寝てる彼女の状態が
だんだん可笑しくなってきたらしく、肩を震わせ笑い始めた。



ステージ上の担任の顔は、ますます険しくなり
いつでもコチラに降りてこれるようにか
浅めに腰掛け、臨戦態勢になっている。




その状況で、まさかの轟音パートⅡ...

今度は、私の背後から!!



ぐぅぅぅぅぅ きゅるるるるるるるるぅぅーーーーーーー!!



鳴った本人 小さな声で


もう ヤダ......





こっちが イヤやっちゅうねんッ!!



だって、その音の主は
クラスの中でも物静かなお嬢様。


なんで、このタイミングでおめ~の腹が鳴るんだよっ!





式は、厳かに進行していく...





しかし、式の厳かさに反し
Aクラスには、静かな、しかし力強い笑いの波が押し寄せ
誰もが波にさらわれぬよう、自分を保つことに集中していた。
最前列の振り子の友人が目に入らぬよう、うつむく子
無の境地に自分を置くために目を瞑り精神統一する者

そして全てのクラスメイトの願いは1つ!


もう、限界だからな! 

これ以上、何かあったら お前ら...わかってるだろうな!!

頼む... 笑わせるな...




もう、信じられる者は自分のみ。



しかし、 それは来てしまった。


最後の、最後の ビッグウェーブが!!




ぷ~ぅ~ぅぅぅぅ



ええええええええええ!?


誰だよっ! 何でだよっ! 何で今なんだよっ!




すでに、Aクラスは壊滅状態......

最前列から3列に渡って座っていた私たちは一瞬にして

自分の膝に顔をつけて身体を震わせた。


後ろのクラスからは
Aクラスは全員が号泣しているのだと勘違いされ
涙を誘ったという...



何しろ、屁はとんでもなく臭かった。

未だに、誰が屁をこいたのかは断定されていないが

誰かが呟いた


「何食ってきたんだよ!」の 半ギレの呟きが


未だに、耳に残る。



コメントの投稿

非公開コメント

は、腹が…

今、某喫茶店で、お茶してます

携帯で読んだこの記事…。
すみれさん、かんべんしてください…。

一人なのに、思わず、声だして
笑いだしてしまいました。

周囲の冷たい視線を浴び、
なんとか声をひそめたけれど
これ以上は、もう苦しくて、
笑わせないで~の状態の私です


それでも誘惑を断ち切れずに、読みすすめると、

『ぷぅ~~~~』

だめ!もうだめ!!
ぶわはははは!!!

周囲の視線が痛いですぅ

はじめまして

こっちも勘弁です!!幸歩さんのコメントに続きまして僕は今電車です。本当に勘弁して欲しいです笑いの波はこっちに来ました。憧れのスミレさんにこんな形でコメントする事になるとは^^; 震える手でコメントさせてもらいました。車両を変えてもまだ笑いが収まりそうにない!スミレさんこの落とし前はサインでお願いします。

すみれさんの世界

笑いの神様に、笑ってはいけないシチュエーションを提供してはいけない。
なにせ、これでもかと笑いを放り込んでいくから。
(程々とか無いから)
なので、すみれさんの住む世界には、数々のシチュエーションが手ぐすね引いて待っている。

としか思えません(力説)

>未だに、耳に残る
の文に
なぜか
「耳に残るは君の歌声」
と言う映画が思い浮かんだ。
耳に残る しかかぶってないけど(笑)

良かった、家で読んでいてw

幸歩さんへ

幸歩さん、おはようございます。
あはは!! めっちゃおかしい!
幸歩さんこそ、笑ってはいけない状態だったんや~
私は1人でお茶したりする時は、必ず人物観察するので
笑ってる人みたら、きっと釘付けになってしまいそう(笑)
下の方も幸歩さんに触発されているし(笑)

さくさんへ

はじめまして~。
さくさん、ようこそおいでくださいました。
電車は、非常に危険な場所ですね。
私の中では、レベル4に位置する危険地帯です。
そのシチュエーションを楽しむために
わざと面白い漫画を読んでみたりしたものです
(変態か!?)
サイン!! 例のサインでよろしいでしょうか?
では、次の記事の最後にさくさん宛てのサインを
掲載します(爆)

@千成さんへ

千成さんおはようございます。
私から言わせていただくと、千成さんの世界も相当なもので
私、千成さんのつぶやき系ツッコミが大好きなんですよね。
シリアスな内容でも、最後は笑いで落としてしまう所も
すげ~~!!って 興奮します(←マジ)

> 「耳に残るは君の歌声」

歌声と、何食ってきたんだよ~! の
ギャップに、思わず噴出してしまった!!

泣けた・・(長いです・・)

すみりん、久々に涙流して笑ったよ。

携帯で見ていたから、ギャハハと大笑いは出来なかったけど、鼻にぬける笑い(分かる?)で「ふっふっふんふん」って感じ・・

あ~、そうそう 先日久々にママコちゃんの所でこんな風に笑って来たのよね。

それにしても、目にいっぱい涙がたまってあふれ出てきたよ。ほんとに。

この記事読んでて、おばあちゃんとおばさんのお葬式を思いだしたよ。

おばあちゃんの時、私の両脇には母の姉と母の妹が座っていたの(姉の方はおばあちゃんと血が繋がっていないの。私の母を生んで祖母は亡くなり、この時のおばあちゃんは後妻)

右に母の姉、左に母の腹違いの妹・・
左のおばさんは、号泣です。
ずうっと泣きっぱなし・・(そりゃそうだよね、実の母が亡くなったのだもの)

右のおばさんは・・
「ぴよこちゃん、あの坊さんヨタついてるね~ずいぶんじいさんだね」とか

「もう(お経を)終わりにしたいのかね?」とか

「あ、頭かきだしちゃたよ~!見て、頭なでてる!」

とか・・笑いながら言ってくるの・・

その時のお坊さんは本当に見てておかしくて、タダでさえ噴出しそうなのを堪えているのに おばさんが横で何かと言ってくるから 余計におかしくて・・
でも、左となりのおばさんは号泣しているし お葬式だから笑うに笑えなくて辛かった~。

父方のおばさんのお葬式では、座敷に正座していたので、お坊さんのお経が済み 皆が席を立ったときに 私は足がしびれちゃって 立つのが辛かったの。
昔、しびれた足で無理やり立って倒れた事があったので、注意しなきゃと思ったのだけど、かなりしびれていたので なかなか立てなかったの。

でも、まさか這って部屋を出るわけにはいかないから なんとか我慢して立ち上がり振り返ったら・・

母方のおじさんが四つん這いで部屋を出て行く所だった・・

笑いを堪えるのが大変だったよ~。

記事は携帯で読みましたが、コメントしたくなって パソコンでコメントしました・・・。

長コメでごめんね。

この記事を読んだのは

歯医者の待合室でした。
腹筋がよじれましたが、一生懸命顔は無表情をたもて・・・たと思います(?)

ああ、いい腹筋運動になった~~~

ぴよりんへ

ぴよこちゃーん! こんばんは。

>
> 携帯で見ていたから、ギャハハと大笑いは出来なかったけど、鼻にぬける笑い(分かる?)で「ふっふっふんふん」って感じ・・

うん。わかる。
それこそ笑ってはいけない感じ?

>
> あ~、そうそう 先日久々にママコちゃんの所でこんな風に笑って来たのよね。


あそこ、何であんなにオモロいのでしょうか!?
毎回ツボやわ。


> その時のお坊さんは本当に見てておかしくて、タダでさえ噴出しそうなのを堪えているのに おばさんが横で何かと言ってくるから 余計におかしくて・・
> でも、左となりのおばさんは号泣しているし お葬式だから笑うに笑えなくて辛かった~。

これ、卒業式より笑っちゃいけない状態だよね(爆)
正直、一番笑えるシチュかもしれないと思う(小声...)
お坊さんっていうキャラクターも、時と場合によっちゃ
何しても面白いからなぁ... 自転車に乗っているだけで
可笑しいときあるもん。 不謹慎と思うと余計にダメ...

でもさ、頭なでるなんて ほんまおかしいよね?
何でそんなことする必要があるの?
めっちゃ可笑しいやん。笑わそうとしてたのかい?って
突っ込みたくなるね~

> 母方のおじさんが四つん這いで部屋を出て行く所だった・・

ぎゃはははっははは!!!
これ、実際見てないのに コメント読んだだけで大爆笑だよ。
しかもさ、部屋を出て行く所ってのがナイスタイミングすぎて
腹がよじれるわ~~~~
どうやっても立てなかったのよね...
無理だって、自分で判断したのよね (笑)
気の毒やけど、ほっんまに可笑しい~

はるぼんさんへ


はるぼんさんこんばんは~

歯医者で笑ってたらかなり怪しいもんね~
昔、歯医者に勤めていた時に、漫画読んで笑っているだけで
その患者さん、かなり不審者扱いされて
周囲に人が座っていませんでした~(爆)

ってか、はるぼんさん... 笑ったらあかんやん!
今、思い出した!!
はるぼんさん、お外で笑っちゃだめよ(爆爆爆)
あの光景を思い出したら、私 もう笑いすぎて
気絶しそうだぁ! なんたって
初対面で挨拶より先に大爆笑って人生で初めてだもん。
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。