スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮かべる顔はのっぺらぼう

人の顔を思い出したときに

パッと浮かんだその人の表情が
その人がもっとも多くしている表情であるというのは
昔、母に聞いた事がある。


河嶋すみれちゃん、の話題が出て
アナタのことを人が思い出すときに
笑顔の顔が出てくるのか、仏頂面で出てくるのかで
人が受ける印象は、変わってくる。

どうせ思い出してもらうんだったら
仏頂面より、感じのいい顔の方がいいわね~

と、母はよく言っていたものだ。


確かに、誰かを思い浮かべるとき....
人は、様々な表情で浮かんでくれる。
笑っている人は、いつも笑ってるし
愚痴っぽい人は、愚痴を言っているような口をしている。


私は、人の脳裏にどんな顔で浮かぶのだろうか....


で、前回の記事の最後に衝撃の事実と言ったけれど...



ジャジャーーーン!!




私が思い浮かべる人の顔は、ほとんどが

のっぺらぼう である。

漫画に出てくるのっぺらぼうみたいに、
顔のパーツがないようなものではなくて
もう、首から上がハッキリしない感じかな。


実際に会えば、わかるのですよ。
ある出来事を詳細に思い出して行ったときに
その時、相手の顔に関して自分がどう感じたとか
そんな記憶は次々とでてくるのだけれど
肝心の、きちんとした顔にはならない。


身近な人でもそうなのです。


うちの家族 ・・・・○

義父・・・ ○

義母・・・ △

なっちゃん・・・ △

あやっち・・・  ○


自分の妹・・・ ×

自分の弟・・・ △


身内でもこのような状態なので
あとは、全く思い浮かべることが出来ないと言えます。



△というのは、しょっちゅう会っているにも関わらず
映像が、古いとか、横顔しか思い出せないとか......
義母に至っては、毎日会っているのに
彼女の顔を思い出すと、10年以上前の顔になってしまう。
今の顔が、どうしても思い出せないのだ。

なっちゃんに関してもそう。
彼女の顔は、写真としてしか思い出せない。
いつも一緒にいるのに、今日も今から学校へ一緒に行くのに
彼女の顔は、子供をベビーカーに乗せて
紅葉の綺麗な公園で撮影した時の写真の顔。



これって、よくあることなのでしょうかね...

モンタージュ写真、絶対に作れないわ。




何となく続いている記事4回目。
(毎日1記事ですので、興味のある方は前記事へ遡ってくださいませ)




多分つづく



テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私が河嶋すみれさんを思い浮かべる時…

運動会かマラソン大会だったかで
悔しい思いをして抱き合って泣いていた
おかんさんとくり君を想い
肩を震わせてパソコンの前で泣いている
心優しいすみれさんの姿です


記事と関係ないですね、スミマセン

あん&こむさんへ

マラソン大会だったかな。
あの記事は、忘れられないねぇ...
あん&こむさん、ありがとう。
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。