スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ物キングになった日 2


昨日の記事から続いています。

委員長の隆志は、冬になると毎朝頭から湯気を出していた.....
の続きから。




さて、 鬼軍曹がやってきた。

ドアを開けるなり、私を睨み



おい! すみれ!!

半ズボンはっ!?




わ 忘れました



はいっ! 残念!!


熱い男は、無言で 教室の入り口を指差す。



私は、嫌だと首を横に振った....

これをしたくないばかりに
私は、家では病的に何度もランドセルを確認していた。
寝ても覚めても、忘れ物をしないことに
日々の思考のほとんどを占めていたというのに
こんなことって、こんなことって....

エラをピクピクさせながら
熱い男は、無言で指を指し続ける。


クラスのお調子者の 和弘(仮名)が


いってらっしゃあああ~~~~い!!

凍って死ぬなよォ~~~!!!


と、はやしたて クラスは大爆笑。
うちは、片道40分。
それは、天候のいい時である。
こんな目も開けられない悪天候の時には、1時間はかかる。
向かい風だったら、更に時間はロスするだろう。

それを知っていたからこそ
クラス中のテンションが上がってしまったのだ。

うわあ...あいつん家、遠いのに....
この吹雪の中.....
何だか、気の毒~ かわいそう~
でも、自分じゃなくて良かったあ

の安堵感にクラス中が包まれていたのだった。



外に出た瞬間、鼻がくっついた。

雪国の人には、通じるであろう....
鼻の中が一瞬で凍ってしまうあの感覚を

体温が慣れるまで、息を吸い込む度に
シンクロの人みたいになってしまう鼻で
私は、駆け出した。もち口呼吸。

やはり、風は向かい風。
険しい山道を雪を掻き分け進んでいく。
登校の時に、私たち上級生が作った道も
すさまじい雪でどんどん覆われていく。
完全に民家がなくなり、たんぼ脇のあぜ道から
林を抜けるまで約1kmは、下半身がすっぽり埋もるほどの雪深さ。

朝、作った道を慎重に探しながら少しづつ進んでいく。
冷たすぎる空気を大量に吸い込むからか胸のあたりが痛い。

途中、何度か 脚が積もった雪の中から抜けなくなったが
何とか、林を抜けることができた。

あとは、国道沿いをひたすら 走ればよい。

国道沿いの歩道は、膝下程度の積雪。
歩くのには、問題ないが
大嫌いなチェーンの音と、大型トラックが通過した時の爆風と
あとは、誘拐されるという恐怖で
あまり好きにはなれなかった道だ。

誘拐されるかもしれないと
私は、常に危機感でいっぱいだった。
あの時代は、大人が気軽に小学生に声を掛けていた。

特に、私の地方は観光地などもあったために
道を訪ねる県外ナンバーも多かった。

若い男の人のグループだったり、おじさんが一人だったり
車を私の先に止めて、ハザードを出していたら
もう、間違いなく自分は殺されると思った。
だから、歩道が無いのに向かい側に渡って、違う方向へ逃げたり
車が、どこかへ走り出すのを待ってから
私は、歩き出していた。

いきなり声を掛けられるときには、仕方がないので
応対するが、いつでも逃げれる体勢だ。

道を聞くなら、さっさと聞けばよいものを
飴をあげるとか、家はどこだとか
お姉ちゃんは、何年生? とか
余計なことを聞いて来る奴も、昭和のあの時代には存在した。

そんな時には、思わず


誘拐するつもりですかっ!?


と、私はうろたえて逃げ出した。



多分、誘拐しようと思っていた人はいなかったと思う(爆)


おっと、また 話は逸れたが
誘拐に気をつけながらも、無事家に到着。









ラスボスは、もちろん うちの母である。





つづく

テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

昭和の時代は…

忘れ物を取りに帰らせる先生が普通だったのかしら…
私もよく取りに帰ってましたよ~
竹ものさしで太もも叩かれたりとかあったしな~
今なら大問題かもしれない(笑)

ラスボスって何???の疑問は
子どもに教えてもらいました(^_^;)
気が向いたら続きを書いてくださいね。

昭和の時代(笑)

そうそう。普通に叩かれたりしてましたよね!
小6の時の家庭科の先生が、すぐに叩く先生で・・・。
ある時、待ち針のさし方を間違っている生徒の背中を、片っ端から細い棒で叩いていって。
叩きすぎで、棒が曲がってしまった時に、
「あんたたちのせいで曲がっちゃったじゃないの!!」
って、さらにキレてました。
今だったら即処分されそう・・・(^^;

鼻がシンクロの人みたいになる寒さって・・・体験したことないんですけど、すごく苦しそうですね・・・。
そんな中、また学校まで戻ってこられたのか・・・?
気が向いたら続きよろしくお願いします。何年後でもいいので気長~に待ってます~。

絢未さんへ

> 忘れ物を取りに帰らせる先生が普通だったのかしら…
> 私もよく取りに帰ってましたよ~

私は、普通でしたが
妹達は、なかったみたいですよ~
やっぱり先生によるかもしれませんね。


> 竹ものさしで太もも叩かれたりとかあったしな~
> 今なら大問題かもしれない(笑)

うん。体罰は、日常茶飯事だったね。
部活なんて、ひどかった。


>
> ラスボスって何???の疑問は
> 子どもに教えてもらいました(^_^;)
> 気が向いたら続きを書いてくださいね。


あはは!!
解決して良かったです。
わかりにくい表現つかってごめんなさい。

ココさんへ

> 叩きすぎで、棒が曲がってしまった時に、
> 「あんたたちのせいで曲がっちゃったじゃないの!!」
> って、さらにキレてました。


女のヒステリー系じゃ~
あはは。このタイプも厄介だった。
っていうか、熱血体罰男教師よりも
性質悪かったような....

それにしても、逆切れはすごい!
あんたたちのせいで! って
滅茶苦茶やん(爆)
待ち針の差しかたくらいで、そこまで切れる
ことができる先生ってのも、ある意味貴重だね。


無事に戻ってこれたのですが
この後、2回戻ってるからね....
衝撃だよね(爆)
私の子供が、こんな吹雪の日に
3度も戻ってきたら、わたし....それこそ訴えるかも(爆)

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。