スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの人の壁画

うちの実家には、私の描いた絵が残っています。












hekiga2.gif




↑↑こんな形で!!










hekiga3.gif





ちなみに、これは うちの家族の間では 壁じゃないけど

”あの人の壁画” 

と 呼ばれており、 何だかその言い回しは



どうしようもない奴だった

壁画を描いてしまう奇行をする奴だった

名前を呼ぶのもいまいましい。
(弟、妹にもあの人よばわりされるポジション)

という、家族の私への長年の
思い(恨み)が集約されている。




でも、ほんのちょっぴりの愛情も感じてしまう
この あの人の壁画 という言い回しが
私は密かに気に入っているのだ。

完全に、煙たがられていますが...





ちなみに、一番上の写真の左下には
妹の名前が書いてあるので、一応隠した。
なぜ、妹の名前を書いていたのだろうか?


落書きを妹のせいにしようとしたか?
悪い奴だ。




hekiga4.gif



私は、この 壁画を描いた日のことを覚えている。

私は、おかしな子供だったけれど、厳しすぎるほどの
両親に育てられた。
落書きをしていいか悪いかの判断は、もちろんついていたし
家のモノに落書きをしたのは、2度だけ。(2度もあったら、相当なもんだけど)
2度とも、見つかったら 殺されるかもしれない。 と
覚悟を決めてからの犯行だった。


この落書きは、小学2年生の時のもの。



小学二年の割には、下手くそすぎます!

というのも、描きなぐったのです。




いつものように、お母さんに怒られた私は
誰も来ない部屋にたてかけてあった、このテーブルの裏に
隠れました。

何で怒られたのかは、覚えていませんが
私は、泣きながら このテーブルと壁の隙間に入りました。

テーブルと畳の間に、クレヨンが2本挟まっていたのを見つけ
手にすると、もう 描かずにはいられなかったんですよね。


小学校の入学式で、はさみを持ったら
何かを切りたくて、切りたくて
スカートを切ってしまった、あの衝動と全く一緒です。
↓ 興味のある方は過去記事へどうぞ
http://kokoronohiroba.blog89.fc2.com/blog-entry-315.html


真ん中にいる女の子の胸は、電話になっています。
ダイヤル式です(笑)

右腕に、何か文字があるが
何の文字を書いたのか覚えていない。
判別できないだけに、気になる所だ。


女の子を描いた後で、この女の子の周囲を円で囲んで

円の外に、バルタン星人みたいなものを描きました。

お花は、後で ちょこちょこ描いて



hekigaribon.gif



リボンらしき 物体まで ! (笑)




この絵が見つかった時は、不思議と怒られませんでした。

もちろん、怒られたのですが
普通の家庭の お説教と比べようがないので
レベルがわからないのですが


少なくても、叩かれなかったと思う。


30年後の今

父と母は、この壁画入りのテーブルを 後生大事に使っている。

テーブルを大事に使うのは、壁画を保存したい為なので

テーブルの裏に、子供達(孫達)が手を触れることを許さない。



今年の帰省の際も、このテーブルの上で語らい
みんなで食事をし、マルの誕生会もしてもらった。



この壁画にまつわるエピソードなど、誰も知らない。
私が、どんな状況で、どんな思いで描いたのか
今でもその時のことを思い出せることなど
想像もつかないかもしれない。


ただ、昔 ここにいた どうしようもない1人の子供が

家族を作り、毎年ここへ帰ってきて、笑っている。



父と母は、それが幸せ。

どうしようもない子供だった私が、何をしたのか

自分達が私のせいでどれだけ苦しんだのか

なんて もう、記憶の彼方。


残ったのは、愛情。



子供の無邪気ないたずらだったと

今は、笑って認めてくれる。






テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

感動したので、思わずコメントを
ネクラなシリーズの話を読んでるだけに、すみれさんの懐の深さを感じますi-228

このブログにあるたくさんの話は
すみれさんが特別に体験している訳じゃない。
誰にも起こることだけど、受け止め方、懐の広さ、人と違った視点が
ひとつの話に深みを持たせているんじゃないかな?なんて勝手に解釈してしまいました。
的外れだったら、スイマセンi-229 

素敵なお話ですね

感動しました~

昔大変な思いしてたって
あの人と呼ばれていたってwww
そこにある愛情
今かんじとれる愛情がある
離れていても愛されている
私は愛されていたのだと思える
何が言いたいのかわからなく
なってきましたが;;
将来子供達が大人になった時
愛されていた、愛されていると
思ってもらえるようなお母さん
になりたいです

そして子供達にもすみれさんみたい
にそれをかんじとれる素敵な人
になってほしい
(男の子なのですがね~wwww)

岡女リーダーさんへ

ぎゃはははは!!
あの....すみません すごく真面目なコメントを頂いたのですが
ありがとうございます。

ええと、そうですね....
もうこれ以上は、笑いすぎで話せません。
なんでリーダーやねん!(爆)

的外れ....って 所もわざとかっ!?
腹が痛いです。

でも、ほんまは涙が出そうでした。
真面目に、ありがとう。

カスミンさんへ

> 素敵なお話ですね

ありがとうございます。

プリンさんへ


プリンさんこんばんは。
コメントありがとうございます。


> 昔大変な思いしてたって
> あの人と呼ばれていたってwww

あはは。
妹の携帯、私からの着信なんたって
火サスだもんね。


> 離れていても愛されている
> 私は愛されていたのだと思える

これ、すごく大事でした~
何があっても、たいてい
最後は、これで安心したし
助けられた~



> 何が言いたいのかわからなく
> なってきましたが;;
> 将来子供達が大人になった時
> 愛されていた、愛されていると
> 思ってもらえるようなお母さん
> になりたいです

よ~くわかります。伝わりますよ。

プリンさんの 愛情いっぱい受けて
愛されなかったなんて思う訳がないでしょ~



>
> そして子供達にもすみれさんみたい
> にそれをかんじとれる素敵な人
> になってほしい
> (男の子なのですがね~wwww)

結構、男の子の方が繊細に感じ取るって
言うよね? きっと素敵な大人になるでしょうね。
私は、褒められるような人間じゃ
ないのだけれど...(笑)でもありがとう♪

No title

私が小学生のころ、
何を思ったのか油性マジックの太い方で
鍋敷きやらなんやらに「○○家の物」って黒々と書いたのを
強烈に思い出しました。

確か、お姉ちゃんと一緒に、
「これでうちの物だってわかるね」って満足しながら
結構たくさんの物に書いたはず。

特に怒られた記憶がないんだけど、忘れてるだけかな。
あ、父は怒ってたような。

あぁ、今思うと、何てことを(汗)

なんてのを思い出しながら読み進めていたら、
じーんときました。





No title

こんばんは
徹夜したので、おはようございます


てやんでぃ!泣けるじゃねぇか!!


ちゃ~~~んと、愛されてるんですね
漠然とではなく、形として、愛されている証があるんですね
物凄く失礼ではありますが
ホッとしました

30年前のすみれちゃんは
胸に電話を描いて
誰にお話を聞いて欲しかったんでしょうね

やっぱり、お母さんなのかな
それを知ってるからこそ
そのテーブルを大事にとっておかれたんでしょうね

愛されていた記憶
愛されている実感

どちらもとてもたいせつですね

あむあむママさんへ

> 私が小学生のころ、
> 何を思ったのか油性マジックの太い方で
> 鍋敷きやらなんやらに「○○家の物」って黒々と書いたのを
> 強烈に思い出しました。

油性マジックの太い方!?
しかも、色んなものに??

マジックを持つと、なんにでも書きたくなる
衝動に駆られる私の心理と一緒かと思いきや...


>
> 確か、お姉ちゃんと一緒に、
> 「これでうちの物だってわかるね」って満足しながら
> 結構たくさんの物に書いたはず。


↑ このオチ!

お姉ちゃんと2人で、なんの危機感だよ~!!って
思ったら、めちゃくちゃ面白くて(笑)
別に、キャンプに行ったわけでも
家財道具を持っていかれるとかでも
なかったんだよね?(笑)
可愛いエピソードやね。面白いわ~。



> 特に怒られた記憶がないんだけど、忘れてるだけかな。
> あ、父は怒ってたような。


あはは。怒るわっ!!(爆)


あむあむママさん.....最高っす。

あん&こむさんへ

こんばんは~。
徹夜って、いつも来られる時間遅いじゃない?
一度寝て、早朝に起きるのかと思っていたのよ。
違ってたのかぁ......  睡眠時間すごく少ないのでは? と
人事ながら心配したりして... くれぐれも大事にしてくださいね。




> ちゃ~~~んと、愛されてるんですね
> 漠然とではなく、形として、愛されている証があるんですね
> 物凄く失礼ではありますが
> ホッとしました


いやいや、全然失礼じゃないっす。
なんだかね、私の幼少期や親の話を
真剣に聞いてくださって、真剣に怒ったり泣いたり考えてくれたり
本当にありがとうね。すごく伝わっています。
今回頂いたコメントに、何一つ失礼なんて部分はないけれど
もし、この先 わたしは あん&こむさんが この類の記事に関して
何をおっしゃろうが、失礼だなんて思いませんよ~。


>
> 30年前のすみれちゃんは
> 胸に電話を描いて
> 誰にお話を聞いて欲しかったんでしょうね


これは、誰かに何かを聞いて欲しかったの?
絵のこと、まったくわからなくて.....
もし、わかる人がいたら教えてもらえるかも?って
思いもあって、写真を撮ってきたのですよ。

わたしは、お喋りで
トイレにまで母を追いかけてずっと話をしていました。
(今モモが同じことしてる) 母は、嫌がるそぶりを
あまりみせませんでした。 私の話をいつも楽しそうに聞いてくれた
覚えがあります。 
でも、わたしが本当に伝えたいことは
ほとんど伝えることができなかったような気がします。
だから....電話が胸にあるのかしら....


> 愛されていた記憶
> 愛されている実感
>
> どちらもとてもたいせつですね



今まで、実感については気づきませんでした。
あん&こむさんが表現されていた、証というもの
ほんまに大切ですねえ.....
証があるからこそ、記憶があるのだと
たった今、気がつきました。
どうもありがとう。

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。