スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お~~~疲れ様~~~~でし~~~~~た~~~~~!!!



先日の仕事中....

私は、お客様のテーブルの会計に向っていた。


その時のセリフは



ありがとうございまーーーーす。  だ。




しかし、私は どういう訳か.......



お~~~疲れ様~~~~でし~~~~~た~~~~~!!!




かしこか~~~しこまりました~~~か~~しこ~~~~~!!!


に、ちょっと似ている言い方をしてしまった。

ええ....要するに、ちょっとウザイ感じの。

居酒屋風若手美容師って表現ではわかりにくいだろうか?




驚いたのはお客さんだ。

だって、食事して お疲れ様って言われるのもおかしいし
お疲れ様の言い方が、どう解釈しても怪しいのだから。


私は、動揺していた。


皿を数えながら、何枚です。
やら、テーブルの上にあるものを口に出しながら
数えていかなければならないのだが


ちょっと混乱してしまった私は、口がすべり

もう一度


お疲れ様でした....


と、言ってしまった。



またしても!!



その瞬間、もちろん間違いには気づいた私だったが
お疲れ様でした。と口走ってしまったことに対して
失礼いたしました。と言うのもおかしい。

お疲れ様でした。と声を掛けるのにふさわしい場面ではないが
お疲れ様でした。と声を掛けたことを詫びなければならないほど
失礼な言葉ではない。

微妙だ......



なので、私は お疲れ様でした~ と言ってしまった責任を取り
微妙な空気の後始末をしなくてはならない。




ねえ....



その時点で、奥様風のお客様が ハンカチで口を押さえ
旦那様風のお客様が、


忙しいから、大変ですね~(爆)←ここで思いっきり笑う。
こんなにあちこちから一遍に呼ばれたら
集中できないやんなあ。


と、息も絶え絶えにおっしゃった。←なぜなら、笑っているから。




まだ事態を飲み込めていないだろう皆様に
私のセリフを整理してみたいと思う。



会計に向う



1.お~~~疲れ様~~~~でし~~~~~た~~~~~!!!

  (正解は、ありがとうございます。)

2・お疲れ様でした

  (正解は、お皿が○枚です)

3・ねえ...
  
  (一応、2番目のお疲れ様でした。に連動している
    お疲れ様でした....ねえ.... となる。
    かなり、相手をねぎらっている。)



お客様にしてみたら、「お疲れ様でしたねえ....」 と
言われるほど、疲れることはしていない。
寿司食べてるだけだ!
しかも2回も言われるほども食べてない。
せいぜい2人で7枚ほどだった。

お前、何ねぎらっとんねんっっ!!? 

が、本音だろう(笑)




おかげで
ちょいとミステリアスな店員という印象を残してしまった。



あの、店員さん、何だか影があるよね....?

思った? それに ちょっと 高嶺の花って感じで 手の届かない雰囲気よね...



↑もちろん、こっちのミステリアス。

テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

あるある~(笑)

私はね、レジでよくする失敗。

おつりを渡す時に、「〇〇円のお返しでございます。」って言うのが、「レジでお願いいたします。」って(^_^;)


何をお願いするだ~いって感じで、冷や汗かいてますわよ(^。^;)

namiaさんへ

namiaさん、返事遅くなってごめんなさい~

あはは! もう一回お金はらわなあかんの? 

って、一瞬思ってしまいそう(笑)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。