スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりの割り算ー学校からのSOS

あまりのある割り算 家での教え方

普通学級の担任から、家で 割り算を徹底的に教えてあげて
欲しいと依頼があったので (学校では、お手上げだった様子)
差し出がましいと思いながらも、家で実践した”あたりまえ”の
やり方を 学校でも統一してもらった方がいいと思い
まとめてみた。家と学校でやり方が変わると
理解できるものもできなくなってしまうもんね....

私がまとめたことは、あまりにも当たり前のことで
こんなことをわざわざ....伝えなくてはならないのか?とも
思ったが、学校で数人の先生が何日かかってもお手上げだった
”あまりの割り算”を 家ではたった3問で理解したのだ....
理解できているか最後にやったテストを入れて6問だった。
だからと言って私に教える能力があるのかと言えば全くない!
算数に関してはWAISで6の数値を叩き出すほどの知的障害レベル。
ちなみに、モモは IQ70....ありません。

しかし、今回学校から 躓いていることを教えて貰って良かった。
先生も、こんなことで親にSOSを出すのは.... と
どうしても言い出せずに、そのうちどんどん 子供が
置いていかれてしまう状況になっていってたかもしれないのだ。
担任の先生が新卒の先生で素直なのかもしれないが
その勇気に感謝....



モモは 筆算が得意であることから、割り算も最初から筆算での形で
入った方が、良いと思います。
足し算も、引き算も、学校で習う前から、モモには筆算の形で教えていました。

みんなと同じようにではなく

モモにはどの方法が一番理解しやすいか? 

という事で考えていただけると助かります。

彼女が周囲と同じペースで、覚えている間は良いのですが
躓いた時には、必ず、この子に応じたやり方があるはずで
それを探るための協力は何でもさせていただくつもりでおりますので
お困りの際には、何なりとお申し付けください。

さて、本日私が実践したことを順を追って説明します。


まず

見通しのつかないことが苦手である。
更には

一度に複数の不安要素があるとパニックに繋がる
その特性から


1.まずは、「3問解いてみて それが全部出来たら終わりにします。」
  と声を掛けました。(問題数は少なければ少ない方が安心です。)

   本人は、それで 少しやる気になります。

それと、掛け算の九九表を準備しました。九九は頭には入っているのですが
まだ完全ではない為に不安要素となります。
今日は、あまりのある割り算を筆算に直し理解することが目的であるので
掛け算に対する不安要素は、初めに取り除いておいた方が良いと判断しました。
傍らに置いておき、これを見ながらやってもいいよ。 と声をかけておきました。
結局は、最後まで見ずにやり遂げましたが、初めに安心感を得たので
もう~!!わかんないし! とか やりたくないし~!! とか
投げやりになる事態は避けられたと思います。
複数の不安要素は、パニックに陥りやすいです。

2.今本人がどのようなやり方をしているのかを確認しました。

学校で教えて頂いたやり方です。
ある程度は、頭に入っているようですが、このやり方は
足し算や、引き算などでも実践しなかったため
理解するのには、時間が掛かりそうです。

3.一桁の問題 7÷3= を例題とし
  まず、一桁の問題を筆算に直し計算してもらいました。




厂→この記号の意味を理解していないので
モモは、はじめに厂と書き、数字を中に入れていました。

そこで、厂 が”割る”であることを教え

必ず、声に出して

amariwarizan1.gif



と、書くように伝えました。



次に、本人が3の段を唱え始めたので答えを出すまで待ちました。

一度 3×2、3×3....と、通り過ぎてから
また 戻って「2」 との答えが出せたので
割り算の概念はおおむね彼女の中に
入っていることがわかりました。

あとは、 ”2” を どこの場所に置き

 ”6” をどこに置けばいいのかが

理解できれば、スイスイ解けるはずです。


amariwarizan2.gif


↑このルールさえ覚えれば大丈夫。

4. モモに解かせるのではなく、私が   同じような問題をいくつか目の前で解いてみせました。
   いわば、取り扱い説明書の動画版といったところで


① さん   ②にが   ③ろく のように



場所を確実にリズムに乗って
ゲーム感覚で数字の部分を大声で強調しながら
視覚と聴覚に焼付けるつもりでやってみました。


あとは



amariwarizan3.gif






であることを理解できたので、全3問で終了しました。
確認テストを3問しましたが、全問正解です。
15÷7 とか二桁の問題です。

本当の意味で理解したかはまだ謎ですが、それは
このやり方で、しばらく問題を解いていくうちに
自分の中で、一つに繋がる瞬間があると思います。


テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

モモちゃんがどうのこうの、以前に、
子供に余りのある割り算を教える時、
わたしもすみちゃんの方法を取るんだけどなぁ。。。
 
ぇぇと・・・・・・

『普通』 の 余りのある割り算の教え方って?
 
7÷3=2・・・あまり1 
    
     ↓  つまり

割られる数÷割る数=答え・・・あまり○

ってヤツでしたか・・・?
(確認せず、コメント=あぁ、間違っていたらアホ丸出しだ。)

と、ここを1回目覗いてから、かれこれ数十分経っているが、謎。
これだったら、『わたし的には、わけわかめ・・・。』

算数なんだから、言葉じゃなく、数字や記号で教えて♪と、
わたしは思う。

ぴーまんさんへ

ぴーまんさん、コメントありがとう。

ええと.......


モモが最初にやっていたやり方は

7÷3の例題で説明すると

筆算は使わずに
3の段を唱えて行き
7に一番近い数字を導き出す。
で、出た6って答えを7から引き 
1という数字が現れる。

これが、学校で習っているやり方。


モモは、かろうじて
7から6を引くところまで自力でできてはいたが


肝心の、”答えはいくつ”で

”あまりがいくつ”なのかが
さっぱりわかっていなかったんだ。



説明が難しいのだけれど

ピースはいくつか揃ったのに
それを最終的な形に出来ないというか....

2と3と6をどのように扱って良いのか
わからないんだよね。


だから 筆算っていう形は ルールさえ把握すれば
非常に視覚的にそれぞれの数字の扱い方が
わかりやすいので、モモは何の計算でも筆算を使う。


上にあるのが答えで
下にあるのがあまり だと教えれば納得なんだけどね~。


ほんま、説明するのが苦手で
伝わらないかもやけど....

ぴーまんさんに同意

筆算という便利なやり方があるのに、なんでわざわざ解りにくい横書きから教えるのか、長女の時かり謎だった。

そうだよな~。
難しいやり方なんか教えるのはあとからでいいんじゃね?
筆算に比べたら、横書きって暗算に近いものがあるんだから、あとでおしえればいいじゃん!と思っている私。

モモちゃんと同い年の次女にも実践してみよ♪o(^-^)o

namiaさんへ

namiaさん、コメントありがとう。

そうそうそれよ!横書き(笑)

今、ちょうどその単元やってませんか?

わたし、ほんま 算数苦手(笑)

簡単な暗算でも、繰り上げ下げが混じると
テンション下がります~。

なるほどです…

横書きの割算で何の違和感もなかった私は、
目から鱗…でした。
確かに筆算は、視覚的にわかりやす~い!
横書きは、説明的というか、遠まわしな感じがする~!

私は計算は、頭の中で、そろばんの映像を使って
計算するけど、そろばんもそういえば視覚だなぁ…とか
いろいろ考えてしまいました。

また、いろいろと教えてください!

momoははさんへ

momoははさん、お返事遅くなってごめんなさい。

momoははさん、そろばん出来るのですね~
私の友人のなっちゃんが、ソロバン一級なのですが
やはり、ソロバンが頭に浮かぶそうです。
ソロバンが頭に浮かぶようになれば楽なんだけど
って言われるんだけど、マルの頭にはまだ浮かばないんだって...
(マルはそろばん歴5年くらい)
ちょっとした計算なんかも、人によってやり方が変わるので
私も人のやり方を聞くのは、大好きなのです♪

凄い分かりやすい!良い教え方だなぁ…としみじみ思ってしまいました。
私にも分かりやすい説明なのかなぁ~

次男が今小1ですが、どういう考え方が一番やりやすいのか?の
様子見してます・・・。
まだ1ケタ+1ケタなんですけどね。
でも最近は1ケタ+1ケタ+1ケタが出てきたのです。
7+4+2とか。
こういうのって最近はひたすら横に足すしかないのですかねぇ?
7+4で2ケタになった時点で筆算…とかにならないのでしょうか
…と思いつつ宿題を見てますが^^;
自分の頃ってもう忘れてて(昔過ぎて)どんなんだったか覚えてないので
???な感じですわ~

ひなたさんへ

ひなたさん、こんばんは。
当たり前のことを記事にして
笑われそうだと思っていましたが
褒められて嬉しいです(笑)

説明は、非常に不得意です。

しかし頭の良い人よりも、お馬鹿な人間が
躓くポイントは知っていると思います。
ただ、お馬鹿なだけにそれを上手く
説明できないのが残念(笑)
うまくいかないものだ...

うちが 1年生の時には

数字の概念がまだ入っていなかったので
例えば3+6 という足し算なら
3の下に、○を3つ描いて、6の下に○を6個描いて
○の数を数えて、答えを出すという方法だったので
参考にはならないかもですが(笑)
なので、7+4+2 もひたすら
○やおはじきを数えていたと思います。



筆算を導入したのは、繰り上がりの少し手前
だったと記憶しています。
学校で習うよりも、いつも早め早めに
手をつけてはいましたよ~。

私などには、お役に立てるアドバイスも出来ませんが
次男君が、横で問題なさそうならそのままで
いいと思いますが、周囲に合わせることなく
一番やりやすい方法を提供してあげるのが
良いと思いますよ~その場合は
学校と、必ず同じやり方で統一しないとならないので
先生によっては、嫌がる方もいらっしゃるかもしれませんが...

お互い、頑張りましょう!!

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。