スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモの経験値


モモが友達を連れてきた。


実は、その友達は、2週間前にも来たことがあった子。
モモは、2週間前に 数年ぶりに友達と遊ぶ夢が叶ったのである。


今日は、更に 1人増えていた。



正直、前々からの約束で 人数や帰宅時間を知っておき
子供と約束事
(入れない部屋、触ってはいけないもの、片づけを含めて私の手を煩わさずにいれるかなど)を
してからでないと、友達を家に呼ぶことは許さないのだが
モモの場合は、前回から特例とすることにした。
それは、マルも承知している。

毎日熱望している 自分自身の力で約束をとりつけた友達なのだから
そのチャンスは、生かしてあげたい。


という訳で、その相手が、先日のブランコ事件の1人で
選挙の時に、こっちを睨んでいた子供だったのだけれど(笑)
私は、大歓迎だった。



三人は、宿題をした後でDSで遊ぶことになったらしい。




太鼓の達人を始めた様子だったが


友達A  [モモちゃんは、簡単な方がええやろ?]

モモ   「うん♪」


友達B 「モモちゃんは、難しいのは無理やんな?」

モモ  「うん♪」



と、いったような やり取りが聞こえた。



モモちゃん上手いやんっっ!!!

あれ~ モモちゃん すごいやん!!







モモちゃん、もう1回だけやろう!!
お願い~~~お願いだから~!!



になり


こっちが、曲決めていい?
これは、得意やねん!!



になり


もう、あかんわ....
モモちゃん、強すぎる.....
3年で一番かもしれん。


と、なっていた。




しかし、私は モモの異変に気づいていた。




モモは、大勢の子供達にあるような
勝ちへのこだわりを持っている。
しかし、うちでは 子供だからと言って こだわりがあるからと言って
容赦することはないし、幼稚園や学校などの小さな社会生活の中で

モモは、”1番”や”勝ち”のこだわりを少しずつ変化させてきた。
それが、妥協なのか折り合いなのかはわからないが


学校まで歩くのが1番早いは無理だけれど
あの電柱までなら、一番にたどり着けるよ


みたいな、感覚なのだと思う。



1番になると、もちろん嬉しいモモは
それを大きな声で繰り返すのだ。



今日、一番だった!!



一日中なら、まだいいかもしれない。
酷いときには、次の日も また次も
モモが思い出すたびに、それは繰り返される。
自分がすごいことを必要以上にアピールしたい
のだ。



すなわち................


いつものモモなら




ゲームをやっていて、一度勝ったら最後

自分がすごく強かったことを必要以上にアピールしているはずなのだ。



しかし、おとなしい。


友達が、モモを褒める声は聞こえるが
モモが、天狗になっている様子は伺えない。



どうしたんやろうか?
モモは今日、えらい しおらしいなあ...とは
感じていた。



とうとう、モモの1人勝ちで終わったゲーム。

強い!強い!の 大合唱に モモが答えた言葉に

私は、仰天してしまった。







毎日やってるからだと思う。

毎日やってんねん。


毎日やってたら、みんな上手くなると思うねん。







いや、なぜこのセリフが 仰天するかって.....




嘘だから!!



うちは、私も旦那もゲーム好きなので、子供には
ゲームの時間を制限していません。
しかし、2人ともゲームに触らない日が多く
どちらかというと、モモの方がゲーム好きで
それでも、一日30分未満かもしれないくらい。

中でも、太鼓の達人は滅多にやらない。




それなのに....の モモのセリフだから 仰天してしまうのだ。





人を褒めることに嘘をついてはいけないけれど

自分が褒められるときには、”嘘をついた方が良い場面”もある

と、教えたことはあったが

それを覚えていて実践しているとは思えない。



自分が生きやすくなるには? を この子なりに考え
実践しているのだろうなぁ

こんなに頼りない小さな子供....だとばかり思っていたが
彼女なりの人生の経験値は確実に溜まっている。

テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

上手く言えませんが、とても複雑な気持ちになりました

自分の子供にも日頃から「自慢するな」と言い聞かせているのに
こうして改めて文章になったものを読み、分析してもらうと
単純に「どうして自慢しちゃいけないんだ?」と感じました

モモちゃんが頑張って身に付けた処世術であり
もちろんこれから必要とされるスキルではありますが
こう……何ていうか……


めんどくせえ~~~~~~~~~~~~!!!!!!!


世の中、発達障害の人ばっかりだったら
不正とか、しがらみとか、争いとか
めんどくさい事がなく、のびのびと生きていけるんじゃないか…
なんて、そんなことを妄想してしまう今日この頃です

我ながら、現実逃避過ぎますね

モモちゃん、すごいね、頑張ったね
ちょっぴりお姉さんになったモモちゃんを
おばちゃんはみんなに自慢したいです

私はね。

『嘘』には「ついていい嘘」と「ついてはいけない嘘」があると思う。

今回は「いい嘘」やね。

モモちゃんの成長は、いきなり「大人」になったみたいやね(*^o^*)

自分が自慢した時の相手の気持ちを想像できるようになったんかな?

それだったらすごいね!

今は、「想像力」がなくなってる子供が多いらしいから、「想像できる力」を身につけたんたら、やっぱりすごい成長やわ。

素直によろこんであげたいね(o^∀^o)

あん&こむさんへ


あん&こむさん、コメントありがとう。

今回、私は 自分の気持ちがわからなくなっていました。
あん&こむさんがおっしゃった、複雑な気持ちだったかもしれません。
もしかしたら、それすらもわかりませんでした。
だから、なるべく 主観を抑えてありのままに綴ってみました。

私は、嬉しかったのか、悲しかったのか やはり
よくわかりませんでした。

だから、この記事を読んでくださった誰かが
何か感想のようなものを下さると嬉しいな...と思っていました。


きっと、嬉しく感じる方、成長を感じる方
自分のお子さんと重ね合わせ思いを馳せる方
複雑な感情になる方
嘘をついてまで処世術を身に着けなければならない事に
否定的な方


色んな意見や、感じ方があるだろうと思っていたので。



めんどくせ~~~~!! ってほんまその一言
私もよく感じるのだけれど(爆)


合わない人とは、関わらなくていいよ。
自分をわかってもらえる人とだけ付き合えばいい。

大人の世界で、よく聞くこのセリフ.....
本当に実践できる人は、限られているし
そこにたどりつくまでには、非常に険しい道があるわけで....
そう生きれたら、潔くて素敵だけれど
きっと、この子は かっこ悪くてもがむしゃらに人を求めるのかもしれない
ってどこかで思っているので、 このようなテクニックは
やはり必要なのかもしれません。
そう思ったら、成長してくれて嬉しいな。って単純に喜べるかも。

Re: 私はね。


namiaさん、ありがと~。
なるほど、いい嘘ですね。

モモの障害も”想像力の障害”とも言われていますから
そこまで、想像していたら ある意味たいしたもんなんですけどね~(笑)

多分、友達と遊べるこのチャンスを どうしても大切にしたかったのだと
思います。
必死で、必死で 必要以上に気を遣って、自分を抑えていたのでしょう。

わたしとしては、そんなコントロールができるようになったのは
すごく嬉しいことだと思うんですよね。
もっともっと、経験値が積もれば、楽な生き方が見つかるでしょう。
ああ...きっと 自分でしっかりと探していくんだろうな~ と
そんなことを感じられたのは、大きな収穫でした~。

モモちゃん、すごいな~と思います。

でも、頭の中をフル回転させて
あの言葉を引っ張りだしてきたのかな…と想像しました。
世の中で生きていくために必要な事だけど…
疲れるんだよな~と私はいつも思います。

子どもの時から、いい経験を通して
少しずつ身につけれたら楽かもしれないですね。




Re: タイトルなし

絢未さん、コメントありがとう。

> 世の中で生きていくために必要な事だけど…
> 疲れるんだよな~と私はいつも思います。

うん。 きっと疲れてたよ~。
ぐっすり寝てたもん。
私も、必要以上に自分を良く見せるとか
謙遜とかの努力をすると(爆)
いびきかいて寝るもん。
自分のイビキに気づいて起きる!!

> 子どもの時から、いい経験を通して
> 少しずつ身につけれたら楽かもしれないですね。


いい経験ってのが ポイントですね。
彼女が笑顔で毎日過ごせるよう、いろんな意味で準備しなくてはね~。

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。