スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモ語録5

モモと、マルと3人で 散歩に出かけた。

..............とは言っても、2人は自転車、私はジョギング という形。



散歩ちゃうやん! まあ....いいか。



先にスイスイ行ってしまうモモを 私がゼイゼイ追いかけて

マルが私のスピードに合わせて伴走してくれるという

いつものパターンである。






先に行ったモモは、犬とおじいさんに出会った。


道の端っこに、犬は横たわり おじいさんが屈んで
犬に向かって優しく声をかけている様子だった。



モモは




こんにちは。 ..................



とおじいさんに挨拶をし、犬をジーーーーッと見つめている。



この犬、どうしたん?





犬が横たわっているので、モモはおじいさんに
そう聞いたのだろう。



おじいさんは、こう答えた。



この犬、もう 年寄りやねん.........





すると、あろうことか

モモは、犬を撫でながら


年寄り~大丈夫~?



と、優しく声をかけた。






飼い主のおじいさんは

う....うっ....うん。


と、言葉を飲み込んでいた。


非常に、絡み辛い子供を相手にしてしまったと
後悔したかもしれない。

また、視線を犬に落とし おじいさんは犬を撫で始めた。



私は、飼い主の方に失礼をお詫びし

モモに

「このワンちゃんは
おじいさんか、おばあさんなんだって。
お年寄りって、おじいさんとかおばあさんのことを
指すのだよ。 名前じゃないんだよ。」

と、簡単に説明した。



しかし、大好きなワンちゃんに完全に心奪われている様子。
全く、私の説明が耳に入らない。



トシヨリ.....元気なくてかわいそうやな.....




マルと私の視線が合った。


一刻も早く、ココから消えなくては...



そうやね~。可愛いねえ~。

ささ.....もーちゃん、さっ 




モモを無理矢理自転車に乗せ

私たちは、何度も頭を下げて 立ち去った。




踏切の前で、モモは


おか~さん。 トシヨリ可愛かったなあ~~~~!!



と、大きな声で手を振り 私たちを待っていた。





年寄り と 年頼(←なんとなく、この漢字だと思う(笑))



が違うということに、気がつけたモモであった。

しかし、日本語は難しい。



日本語を正しく使うことは、障害がなくても難しいもの。

モモにはもっと難しい。


でも、 自分の優しさや思いやりを言葉に表す時

その言葉だけは、正確に使えるようになって欲しい。



自分の好意や優しさを 誤解されてしまうのは本当に辛いことだから。












テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

ほのぼの

モモちゃんの純粋さに涙。小さい自分もそうだったなあ。

殺伐とした世の中に
一輪の花っす。

綾織さんへ

こんにちは~。
毎日暑いですね.....

モモの事ほめてくれて
ありがとう。

私は、逆に 目立ちたがり屋
だったけれど、引っ込み思案な
ところがあって、積極的に
見知らぬ人に話しかけるって
ことはなかったように思うんですよ~ だから、この性格は
ある意味眩しいっす。

はじめまして、絢未といいます。
狸穴猫さん→アスパラガス経由で来させてもらいました。
うちの子も同じような事あります。
かわいいなと思う反面、心配でもあります。
また、来させてもらいます。

絢未さんへ

絢未さん はじめまして。 せっかくコメントを戴いたのにお返事がおそくなってしまい、申し訳ありません。
可愛い反面心配な時期に入って来たなぁ…と
私も最近強く思います。知的障害があるという事実はかなり重くのしかかりますが、こんな可愛い間違いを人より長く
見せてもらえるのも 特権だよなぁ って、前向きに捉えてます(笑)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。