スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風船をみて思う

モモがまだ診断される前幼稚園のイベントでの最後に風船を飛ばした。

それぞれに、将来の夢が書かれている。

モモは「ケーキやさん」

字がかけないので、大きなケーキの絵とモモの顔だけ。

私が代筆しても良かったが、私が書いたら夢が叶わなくなってしまうような気がしたから、やめた。

風船は偶然、ももの大好きな緑色だった。

合図と共に一斉に上がっていく。

モモの風船は、幼稚園の屋根の真下に入りふわふわ漂っているが、上がろうとしては屋根にぶつかっていた。

先生がベランダから箒で、持ち上げようと身体を出した瞬間...

ふわっとした風が来て風船がぐんぐん上がっていった。

その風船が、モモの風船だと先生は知らない。でもこう言った。



「みんなと離れてしまったけど、すぐに追いつくよ~!

頑張れ!頑張れ!」


風船とモモがあまりにも重なってしまいました。
ゆっくりでも、皆と一緒じゃなくても
モモの大好きな場所に辿り着いていますように...

コメントの投稿

非公開コメント

2006-06-29 16:14:25
ホントだね。
きっと他の風船より
ゆっくり楽しんで飛んでいくんだね。
いっぱい楽しい世界に寄り道しながら・・・

ありがとう

2006-06-29 20:26:04
このイベント、ちょうどかずさんと一緒で
悩んだ結果、病院に行こう!って決めて一歩踏み出していた時に参加したの。
あの光景は一生忘れないと思います。
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。