スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常なハイテンションから覚めた

壊れていると思います。
文章めちゃくちゃです。多分



2週間くらい続いた、異常なまでのハイテンションから覚めた...ような気がする。

昨日は特に、朝から高揚しすぎていた。
夜には、年に数回あるかないかのコメント行脚に繰り出した。誰かの記事を読みたくて、誰かと会話をしたくてたまらなかった。
また、私が元気になる記事、興味のそそられる記事も多かった。
それに、調子に乗った私は1件新規でコメントまで残してしまった.....

(私は、リンクやトラバなどの明確な理由がないのに
知らない場所でコメントを残すということが
不可能に近いくらい出来ない...書いた直後に消したくなるからだ。
パスワードを入れる習慣もないので、次の日なんかに
自分のコメントを見て、気持ちが悪くなる。
管理人さんからお返事がないと、余計に 自分がまた
よからぬ失敗をしてしまったのではないかと 眩暈がする。
だから、私は コメントをしないのだ。
余計な思考で、頭を混乱させない為に。
でも、定期的に訪れる 人と関わりたくて仕方がなくて
異常なハイテンション時期には、あまり抑制が効かなくなる。
これがADHDの一面なんだろうと やっとわかってきた。
自分は、多重人格や躁鬱なのかと思ってもみたが
いや、また 話が逸れそうだ....
この話はいずれ。
)

いつもは、ビクビクで出来ないことが可能になってしまう心理状態だった。
仕事は、今までにない忙しさで、身体はものすごく疲れているのに
眠れない、動きたい。

昼食を16時過ぎに食べて、私は座らずにベランダ掃除をした。
1時間半掃除をして なっちゃんと2時間喋り

さっき モモが泣き始めて

私の心も一緒にしぼんでしまった。


みんなに嫌われているので 学校へ行きたくない。


色々聞いた.....


友達の後を追いかけるだけではなく
最近は、自由帳に色んな絵を描いて遊んでいること

学校では、弱い子になるし 泣かないと決めていること

先生に、私が友人関連のことで相談すると、友達が意地悪になること
だから先生には言わないで欲しいこと

特学の壁に赤いマジックで マルのバカ!! と書いてあること

この落書きに、モモは相当ショックを受けたようだが
先生方はみんな無視をしながら、蒸しパンを作っていたという

(絶対に笑っちゃいけない場面だが、マジで笑いを我慢しすぎて鼻水と涙が出た。
そもそも、その落書きは、マルが入学したときからあったそうだ。
蒸しパンは、特学の調理の時間に作ってた。)

転校したいこと

先生の前では優しい子も、先生がいなくなると怖くなること

モモの前では、モモのことが好きだと言ってくれる友達が
違うお友達には、モモのことが大嫌いだと言っていたこと

もっともっと色々聞いた。


その後で、モモのランドセルに体操着を入れに行った。

ずっと前に そうだ 運動会の前からだから
1学期に書いていたものだ。
モモが大好きなお友達に手紙をあげるからと
私の小さな便箋を1枚ねだった。


○○ちゃんえ

いつもあそんでくれてありがとう



ハートがたくさん描かれたその手紙は
お友達に渡せず終いだったのか、返されたのかはわからない。

強くならなくては....

昨日私は 奇跡の強靭な肉体と心の持ち主だと
言ったばかりではないか。

今日、私が一生分泣いたら

モモがこれから先 辛い涙を流さずに済むだろうか。

そうだったらいいのに。



明日は、元気になる予定。
復活が早いのがとりえじゃ。


※私は、アスペよりADHD傾向の方が強いんじゃないかと思っている。
 私を診断した医師は2人とも、アスペルガーとの診断だったが
 どうも、私は違うような気がしてきた。
 
 


コメントの投稿

非公開コメント

冷たいかもしれないけど
無責任かもしれないけど
ありきたりかもしれないけど
敢えて言います

特別支援学校へ行くのも、良いのでは?
あんなにお友達が大好きだったモモちゃんが
学校に行きたくないなんて…
一人でお絵かきしてる…!?

モモちゃんが、学校では泣かないって我慢してる
色んな辛い気持ち、先生は全然気づいてないって事でしょ?
気づいてても、何もしてくれないって事でしょ?

訴えれば、先生はどうにかしてくれるかもしれないし
お友達もいつかはわかってくれるかもしれない
でも、それはいつになるかわからないし
本当に状況が変わるのかもわからない

その間にも、モモちゃんはどんどん傷つき
モモちゃんらしさを失ってしまう
人と関る事が大好きなモモちゃんが
心を閉ざしてしまう

モモちゃん いきたくないなら
がっこうなんて いかなくていいんだよ
そんなに いやなところで
ひとりぼっちで いることないんだよ
しばらく おやすみしてみたら?
きっと おかあさんが
モモちゃんを たすけてくれるからね

昨日、長男に関して少し落ち込むことがあって・・・

>強くならなくては....

↑今、まさに、目が覚めました。
すみれさんには本当にいつもすごいタイミングで言葉をもらっています。
ありがとうございます。
そう。「強くならなくては」ですよね。

「無視をしながら蒸しパンを作っていた」って!!
先生、無視しちゃダメだよ。
落書き消してくれたのかな・・・。

モモちゃん辛いね・・・。
うちはまだ幼稚園の保護下にいるので、一年半後の小学校入学が恐怖でなりません。

あん&こむ様

おはよう~。
コメントありがとう。
特別支援学校、もちろん考えています

中学からは、そうしようと
決めてはいたものの
モモの取り巻く環境を考えると
中学じゃ遅いかしら...?
やはり、高学年から移ろうか?
との思いで、話し合っていました。
(まだ、こんな状況だと知る前からね)

中学からは
特別支援校の他に、もう一つの選択肢というものが我が家では浮上してきて
モモは、そちらの選択肢の方を望んでいました。(わかってるのか、それは不明だけどね)
しかし、その選択をするためには
普通の小学校を卒業しなくては
ならないようです。

その、もう一つの選択肢を
今の状況にモモを置けない
という理由であきらめたとしても
支援学校の選択は、今すぐには
出来ません。

もしかしたら、来年度
3年生から移る可能性はありますが
今の学校のほうが、まだプラスになる
面が多いからです。
なぜなら、あんなに少なかった
特学の子供達と関わる先生が
大幅に増員されています。
現在、学校にはボランティアの先生
が、溢れかえっています。

先日、特学の担任と
連絡帳と電話で少しだけお話した
のですが、休み時間を一緒に過ごす
先生を確保できるように 調整して
くださっているとのことでした。
休み時間に、支援スタッフが
モモと一緒にお友達の輪に入って
くれると言うのです。
今日は、モモの許可を取って
直接学校に出向いて
コーディネーターの先生と
その件について、話し合ってこようかと思っています。
実現したら、そんなにありがたい
お話はないと思うのです。

そして、最大の問題は
モモが、自分に障害はない!と
どうしても受け入れられないことです
特学にいることですら、どうして
自分がここにいるのだ?と
納得がいかないのです。
それは、私達がいくら説明しても
今のモモには、受け入れられないのです。そんな状態で 
特別支援校に移ったとしたら
ますます、本人は混乱するでしょう。

以上のことから、とりあえず
今、私にできることは
今日、学校に出向くことです。




ココさんへ

おはよう~。

小学校に対して、余計な恐怖心を
増長させてしまったかもです。
ごめんね。

今から、学校のマラソン大会に
行ってきます。
モモは、短距離が得意なのかも!
って幼稚園の運動会を見て思ったのですが、小学校に入ったら全然
得意じゃなかったんです(笑)
そのかわり、長距離は割と行ける
ことが発覚しました。
昨年は、校庭を1周走って
校外へ出た時点で、ビリだったんですが、帰ってきたらものすごい順位が
あがっていて、80人ほど抜いてきた
計算だったのですよ。
しかし、ゴール直前で トラックの
周囲に張り巡らせたロープで遊び始めて、10人くらいに抜かれてしまった
のですがね(笑)
その後、市民マラソンにも出て
好成績だったので、今日は本人も
やる気満々で出かけていきました。
私も、仕事を休んで今日に臨んでいます。

と言っても、メガホン持って
伴走とかはしませんが。
電柱の陰から見守る雰囲気を
想像してください。

今日は、とってもいい天気です。
夕方から、先生との約束も
取りつけたし、明日の朝には
支援センターの担当者と電話予約を
取り付けました。
モモも、朝ごはんをモリモリ食べて
登校前には、班の子たちと
キャーキャー言って遊んでいました。

私は、モモを守りますよ。

強い母親

子供の前では「強い母親」で居てたい、居てほしいと思うよ。


でも、友達の前では「弱いすみれ」で居ていいんだよ。


頑張る事は大事だけど、頑張りすぎるのはよくない。


身体的にはごっつい肩だけど、頼りない肩に思えるかもしれない。

でも、抱えられないかもしれないけど、支える事はできるんだと思ってる。

だから頼っていいんだよ、みんなに。

中学校、あるいは高校から特別支援学校に入学してくるお子さんは、
勉強についていくののが厳しくなったから、というよりは
学校の友達からの対応に耐えかねて、という場合が多いようです。
寂しいことですが。

ただ、「ここに来て子供が明るくなった。」というお母さんも多いです。

あむあむの場合は、年齢が低いことと、
知的レベル的に、自分で判断するのは難しかったので、
あむあむの様子をみながらも、
就学に際して最終判断をしたのは、私とパパでした。

でも、モモちゃんはいろんなことがわかっているから。
本人の意向も、大事にしたいですよね。

モモちゃんにもスミレさんにとっても
納得できる方向に進めることを願っています。


学校の対応、心配したけれど、支援の人的強化はなされるようですね。
安心しました。

それでも、支援ボラさんや教員に適切な支援をしていただくためには、やはり親が頑張らなきゃいけない。

すみれさん。

決意新たに…って感じなのかな?
そんな風に受け取りました。

走り続けるのがつらくなっちゃったら、無理せずに休憩してね。

でも、母は強し、だもん。

心から、応援してます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

namiaさんへ

お返事遅くなってごめんなさい。
いつも気にかけてくれてありがとう。
頼りにしてます。

で....ごっつい肩って...

やっぱ あたし?(爆)

あむあむママさんへ

そうですか...本当に淋しいことですね
いずれにしても、その時にベストな
選択をしていくことですね。
私も、支援学校に見学に行ったり
準備はしておくつもりです。
明るくなったって、わかるような
気がするなぁ....
自分の居場所を見つけたって感じかな

だいこん母さんへ

だいこん母さんコメントありがとう。
実は、今回の件で学校と話し合う際に
だいこん母さんのいじめについてのシリーズ...
熟読して行きました。
助かりました。
今、前向きに動き出しています。
そのうち、成り行きをHPにアップしようと思っています。
ありがとう。

秘密様

はい。よく覚えております。
2度ほどコメント頂いたことがありますよ。

コメント何度も読み返しました。
こんなに素晴らしいコメントを
秘密にしておくのは勿体無いくらいです。
秘密様は遅いかもしれないと言っておりましたが、全然そんなことはないです。むしろ、タイムリーです。
そんな風に考えたこともなかったので
希望が持てました。

また、一連の出来事を
まとめてアップします。
学校との話し合い、後日談より
ドラマや、漫画みたいに綺麗ごと
みたいな話ではなかったです。

ありがとう。本当に嬉しかったです。

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。