スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りっちゃんへ

omoide.jpg








私の街では、桜が散りました。



あなたと出会った日の、あの満開の桜から
何度この季節が巡って来たのだろう。

何度も、何度も季節は巡り

私は、まだ存在しています。




私は、りっちゃんが好きだと言ってくれた生き方を貫いているのだろうか?

私は、心の底から笑えているのだろうか?

私は、まだここにいてもいいのだろうか?


どうしたらいい?どうしたらいい?どうしたらいい?



なーんて、尾崎○の歌詞みたいなことを
聞いてみたくなるこの季節(笑)

答えは自分で見つけるから、安心してね。



誰かと一緒に見ることよりも

どんな自分と見るかが重要じゃない?



そう教えてくれた あなたの言葉。

ようやく本来の意味がわかってきたような

気がする。



日々を大切にしていきたい。

あなたに胸を張って人生を全うしてきたと、いつか伝える為に。





コメントの投稿

非公開コメント

はじめてコメントします

すみれさま

はじめまして。アスペルガー当事者のよーどぐっべと申します。いつも読ませていただいています。
ちょうど私自身、尾崎○みたいなことで悩んでいて、すみれさんのこの記事を読んだので、すごく励まされ、思わずコメントしてしまいました。(コメント書いてもよかったのでしょうか?ちょっとどきどきしています。もしダメでしたら消してください)

>あなたに胸を張って人生を全うしてきた
この言葉にぐっときてしまいました。
「なんで生きてるのかなぁ」とよくわからなくなるけれど、"なんで?"と後ろを向くより、"将来胸を張れるように"と考えた方がずっと建設的だよなぁと思いました。
それでもきっと明日には、自分は同じことを考えてしまうんでしょうが(苦笑)、その何回かに一回でも、すみれさんの言葉を思い出せたらいいなぁと思います。

どうもありがとうございました。
こちらは北海道なので、これからが桜の季節です。写真のような素敵な桜が見れることを楽しみにしています。
それでは失礼します。

よーどぐっべ さんへ

よーどぐっべ さん、はじめまして。

コメントありがとうございます。

この記事は私信なので
恐らくコメントは入らないだろうと
思っていたので、ちょっど驚いたと
同時に、嬉しかったです。

コメントを受け付けない記事は
たまにありますが、その際は
記事ごとに、コメント欄をはずしております。
この記事ではあえて外していませんでしたので、
コメントは受け付けています。ご安心ください。

私も同じですよ。
明日どころか、その日のうちに
ネガティブに....なんて
日常茶飯事です。
自分を上手くコントロールできる
ことが、まだまだ出来ずに
自分に振り回され、周囲や様々な
情報に流されたり、一喜一憂しては
ぐったり(笑)

でもね、マイナスばかりじゃ
脳が可哀相なので(笑)
たまに、こんな栄養剤が必要かな...
と、思います。

その後でまた、同じ考えに
陥ったとしても

本当は
前の位置よりは、ほんの少しだけでも
進んでいるのだ

私は思います。

ありがとう

一昨日は遅くまでお付合いいだたき、また昨日は朝一番で返答いただき、ありがとうございます。
タイトル「イケメン…コメント欄」での“愉快なやり取り”に水をさしてしまったのではと、恐縮しています。大変お忙しい中での心遣い、ことばもありません..。
明日にでも、携帯も止まると思うので(情けない話で)、連絡させていただきました。


私も(勘違いでなければ)5年前までの5年間、奈良斑鳩・法隆寺界隈の住民の一人でした。娘は薬師寺近くの助産院で生まれています。
(勘違いでなければ-2)近鉄、JR沿線とかで擦れ違っていたかも知れませんね。


私の好きなドロシー・L・ノルテの詩です。
「子どもはわたしの鏡」
子どもは批判といっしょに住めば、人を批判することを学び
敵意といっしょに住めば、抵抗することを学ぶ
子どもは嘲笑といっしょに住めば、引っ込み思案になることを学び
恥辱といっしょに住めば、自分を責めることを学ぶ
一方、子どもは励ましといっしょに住めば、自信を持つことを学び
賞賛といっしょに住めば、感謝することを学ぶ
子どもは公正といっしょに住めば、正義を学び
安全といっしょに住めば、人を信じることを学ぶ
子どもは容認といっしょに住めば、自分を愛するようになり
受容といっしょに住めば、周囲に愛を見いだすことを学ぶのだ


お元気で。

マルカトさんへ

マルカトさんの座右の銘にもあったように運命は変わるのだと私も思います。

五年前にあなたが 住んでいただろう場所で もしかしたら本当に擦れ違っていたかもしれませんね。
私のサイトに辿り着いたのは、ただの偶然だったのでしょうか?

先日そちらのサイトでお話させてもらったように、私は そのような事情から どんな事があっても自分の人生を全うする義務があるんです。
私のその 生への執着に
あなたが無意識に引き寄せられて来たような気がしてなりません。
苦しいです。とても。

医学は、西洋、東洋と語られていますが、西洋には、20世紀になり主流から外された「ホメオパシー医学」があります。
小さい頃から喘息治療を続けた患者が、発作を緩和してきた薬が少しずつ気管支に積重なり、気管支の弾力性を奪い、如いては気管支を塞いでしまい、死んでしまう、こともある“対処療法(西洋医学)”の限界を目の当りにした医師、看護士たちの中で、今徐々に見直されているものです。
自閉症の子どもから金属(水銀)の体外排出に、合い通ずるものがあります。

大変なお忙しさだと思いますが、何らかのヒントがあると思います。一考していただければ、幸です。


ありがとう

名無しさんへ

名無しさんが、誰かわかっていますよ。メッセージをありがとうございます。

自分のことで目一杯のはずなのに
私達親子へのメッセージを
くださったこと 真摯な気持ちで
受け止めています。

私から最後のお願いがあります。

どうか今すぐ、保護を求めて
ください。少しでも生きたい
気持ちが残っているなら
今すぐに...!!

あなたの命が消えてしまう事を
望んでいる人はこの世に1人も
いません。

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。