スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみれ2度目の診断

私がアスペルガーと診断されたのは、約2年前のことだった。

モモの診察のついで、それも雑談の中から診断される形となった。
当時の主治医は、とても興味深く私に様々な質問をしては
もっと過去の話を教えて欲しいと言った。
そこで、何度かメールのやり取りをしていた時期もあった。

詳細な問診と、いくつかの簡単な検査はしたが
基本的に大人の検査はできないということで
紹介状を書くのである機関へWAIS-Rを受けにいくように言われたが
電車の往復運賃と検査料が払えないので(本当に貧乏なんです...)
先延ばしにしていた。

モモに検査が必要なのであればいくらでもお金は工面するが
私の検査ごときに、そんな大金は払えないし(うちにとったら大金なのです)
何より、私はその当時自分にそんなに興味がなかったのだ。
もちろん

自分はアスペルガー症候群なんだ...
そっか...あれもこれも、それが原因だったのだろうか?
と当てはめることによって、いくぶん....いや、かなり気持が楽になったものだ。


2年間を経て、そんな自分に変化が現れてきた。


それには、ココロのひろばでの「すみれ」という記憶を基に構成された
自分を客観視できる、ある意味もう1人の存在と
成人当事者との交わりが大きく作用していると思われる。

成人当事者との交わりがどのように作用したのかは
説明できない。それは、私もよくわかっていないような気がする。
でも、何となく....そんな気がする。


それなら、モモと一緒に思い切って検査を受けてみようかしら。


ずっと通っていた病院の先生は、とにかく薬の好きな先生だった。
しかし、私はモモに薬の必要性を感じなかったしすぐに飲ませるのをやめた。
電車を乗り換え約2時間のその病院まで、月に2回薬を取りに行かなければ
ならないのがとても苦痛だった。
どうしても薬を取りに行けない時期が続き、久々に予約の電話をした。
するとずっと薬を取りに来ないような方は、お断りのような
表現をされたのでいい機会と思い通うのをやめた。

支援センターで、自宅から車で1時間の範囲に
とあるクリニックがあることを知った。
そこでは、成人の診断も検査もできるという。



そして先日、検査目的前提の2回目の診断が下った。



1日目は、高機能広汎性発達障害。

その後 検査用紙に記入し 1週間後にその結果を聞きに行った。



医師は、とてもそわそわしていた。
何だかとっても嬉しさを隠しきれない様子で

びっくりなんですよ!びっくりでした はい!

と、検査結果の用紙を探しながら 私に笑顔を見せた。




あのね....僕....初めて見ました。

こんな高得点......

これね.....こんな高得点、見たこと無いです。



あのね、37点くらいが発達障害の可能性が高いと
言われてましてね


河嶋さん・・・・・・




48点!!



だったんですよ。





何が?????である。


実を言うと、どんな検査なのかはまったくわからなかった。
やたらとおかしな日本語の質問と答えの言葉遣いがとても気持が悪い
内容だった。
馬鹿な私は、それを受付に持って行き 

あのう...すみません....
この質問って言葉遣いがおかしいですよね?
日本語がおかしいというか...
この言い回しだと、2通りに受け取れるように思うんです。
そうすると、答えも正確性に欠けてしまいますよね?


と、聞いてみた。


すると、受付の方々が集まって皆それぞれに

困ったような.....
励ますような....


何とも言えない笑顔を見せながら


そう言った質問は、一切お答えできないんです。
検査なので....
ご自分の一番最初に浮かんだもっとも近い気持を書いてくだされば
結構です。



そうですか....じゃあ、何とか頑張ってみます。



受付から連絡が行ったのだろう。
医師が、私の元にやってきて


河嶋さん、それも含めて検査だから。
意味がわからんかったら飛ばしてくださっていいですよ。
それと、日本語がおかしいのは直訳だからですよ。
ほんま、あの言い回しおかしな部分がいっぱいあるんですわ!



と、勇気付けてくれた(爆)

何とか頑張って答えたが2つの質問が
下から見ても、上から見ても、目を細めて見ても
さっぱり意味がわからんので


質問の意味がまったくわかりません。


と記入して、提出したのだった。



もう一つの検査は、検査用紙に検査名が書かれていた。

エジソン度テストって書いてあったように思う。


その話は、また次回に。








コメントの投稿

非公開コメント

続きが気になるわ~

こなくていい!なんて、失礼な医者よね~。
でも、相性のよさそうなクリニックに出会えてよかったですね!

私も、今の娘の主治医から、「女の子の場合、かなりの確率で母親の遺伝」と昨年夏に言われてから、自分も当事者なのかなぁと思う事が度々あるんです。
人の話を取るし、話長いし、注意力に関しては、ももに、ママのほうが、ワーキングメモリ足りてないよと言われる程です。
ただ、自分自身、あまり困る事なく〔周囲は困っていたかもしれません〕生きてきたので、気がついてないだけかもしれないです。
すみれさん自身の話を読んでいて、これは自分の事?デジャヴ?って思った事もある私です。。。
この話の続きが、とても、気になる。。。。

気になるついでに、すみたる姉妹って何なのかしら?
ずっと、気になって、気になって、、、。

momo母さんへ

よく、そういったメールを頂きます。
自分の子供の頃を見ているようだって。
つい先日も自分の思いを文章にしてくれてありがとう。って
とてもとても嬉しい言葉を頂いたのです。

発達障害の子供を授かり、色々知るうちに
これ...自分にも当てはまる??って方は多いと思います。
遺伝説はまだ仮説の段階だと思いますが
私も、ある程度の遺伝はあるかもしれないと思います。
というのも、私の母も、祖母もASの特徴が顕著に出ていたので。

支援が必要だから診断に行く方、自己分析をしたい方は
診断に行くでしょうし、多分自分もそうだろうと思いながらも
診断に行くほどのことではないと思っている方も
たくさんいらっしゃるんだろうと思います。


すみたる姉妹?簡単に画像の下に説明入れておきますね(笑)

あれは、私と私のリンク先にあるタルトさんって方の超美化された似顔絵?で
くりのへやのおかんさんが描いてくださった貴重品です。
あの当時、掲示板やコメント欄で ちょっとした妄想の話などで
盛り上がってしまい、叶○妹ならぬ、すみたる姉妹を結成したという
経緯があります。まったく活動はなかったのですが(笑)





ありがとう

丁寧に答えて下さって、ありがとう。

私の場合、不注意が物凄くて、看板に自らぶち当たって、怪我したり、川に落ちたり、それは忘れないだろう普通!というような物凄いものを忘れるという数々の伝説を作ってきました。
伝説の数々を人に話すと、皆、死ぬーと言って笑い転げます。。。
すみれさんの不注意系の昔話を読むと、過去の自分の伝説が走馬灯のように頭に浮かんで、変な汗をかいてしまうほど、、、。
ADD要素満載ですよね~。
今回の記事もとても勉強になりました。私もそのエジソン度テスト受けてみようかな!?

すみたる姉妹も、説明入れてくださって、ありがとう。
妄想の話で盛り上がってという、フレーズだけで、私の想像も盛り上がって、楽しませていただきました。

架空のユニットって、おもしろ~い!

momo母さんへ

momo母さん面白すぎますよ~(爆)
今朝、そちらの記事を読ませて頂いたのですが
あはは~ありえない~~!
何やってんのおおお!!
なんて笑ってしまいました(笑)
私にだけは言われたくない??(笑)

来週仕事が休みの時に
またそちらにコメントに行かせて
もらいますね。

エジソン度テスト、面白かったですよ
内容が言えないのが残念なのですが
大体想像はできると思います(笑)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。