スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かもらえますのん?

歯科医院には、様々な方がいらっしゃる。

地域により、客層も様々だった。
東京のとある場所(大使館が集まっている場所...と言えばいいかな)
にある歯科医院には、芸能人や政治家が来院していた。

人気俳優や、歌手が来れば、当然揉める。
誰がアシストにつくかで揉める。
ついでに歯石は絶対に譲れないと来たもんだ。

女の世界は怖いのである~。このバトルで何人が
辞めて行ったかわからないそうだ。

(あのお姉キャラの技工士さんがいた所。
私は実習生だったので、もともと蚊帳の外やった。

興味がある方は
いかしたお姉さんを参照してね。)


パジャマで面接に行ったすみれ就職への道
(↑こちらも興味がある方は参照してね)
で就職した歯科医院にもまあまあ有名人はいらしていたが
ここで初めて知ったのが芸能人国保。

今からもう10年以上も前の話なので、今もあるかどうかは
わからないが、当時芸能人は芸能人国保をいう保険証を出していた。

芸名と、本名が記載されているのだ。

ある日も、その保険証を出したとても綺麗な女性がいたが
歯科医院のスタッフ一同誰もその方を知らなかった。
本名はもちろん芸名もわからなかった。
ただ...何処かで見たような、見てないような...

今では、その方が誰かわかっているが
当時のスタッフや先生、バイトの大学生に至るまで1人も
その方を知らなかったというのは、今思い出しても可笑しい。
そこでは、上で申し上げたようなバトルは全くなかった。
だって、みんな知らないからバトルにもならなかったのだ。

ちなみにここは私が二階堂さんのオクラと卵を取り上げた
(↑しつこく過去記事アップ!)
勘違いにもほどがあるあの歯科医院なのである。


さて、1番面白かったのは、やはり大阪の歯科医院であった。
東北の田舎から東京、そして次に勤めた先が

いきなり大阪の河内である。

私の受けたカルチャーショックはかなりのものであった。


初めて受付で次回の予約を取った時のこと...


診察券の裏には、もう時間を書くスペースが残っていなかった。


「一杯になったようですので、新しい診察券をお作りしますね」

そう言った私に、ある中年男性はこう言った。



これ一杯になったら、何かもらえますのん??




........................

これ一杯になったら


何かもらえますのん???????




今でこそ、次回診察料200円の割引になります。とか

河嶋すみれのサイン
(話題沸騰!私のサインを見たい方はどうぞ。)をあげるとか

気の利いた切り返しは、シュミレーション次第でどうにか出来そうだが
(気が利いてない?)
当時の私は、河内の人間の挨拶程度のこんなジョークに
いちいち、目を見開いて固まってしまっていた。


あ....あげません。などと答えてたし。。。



この他のエピソードはまた今度。

コメントの投稿

非公開コメント

芸能人国保

☆☆芸能人国保☆☆
 
京都にて10年、看護師していたが、観たことないな~。貴重やな~!

観てみたいな~。
 
いや、その芸人には、
『全く興味ない』のだが…(^^;すまん!

ぴーまんさんへ

看護師さんは、案外知らない人が
多いよーー。
そういう方々は、歯が命だからね。
歯科には出現率高いんだね。

そういや、どこかの作曲家の先生が
デビュー前の演歌歌手を連れてきて
丈夫な、虫歯でもない歯を全部
差し歯に替えてくれって言ってたよ。
すごい世界だ...(涙)

それは酷い(大笑)
大阪の魂という奴でしょうな、
あっさりと冗談が出てくるなんて
標準語圏の私なんかは出来なかったり・・・。

最近ではクラス内で冗談を言う時も多々
ありますけど、中々こう、気の聞いた
のは、慣れが必要なんでしょうねぇ。

旦那さんとか冗談得意ですか?

深いな~

芸能人国保か~。
(イヤ、ぴーまんさんを真似たわけではありませんよ)
あれだね、国会議員のJRフリーパスみたいなもんですね。
(↑それは違うと思うぞ)

それにしても診察券。
今と違って昔は診察した日付とか予約の日付とか書いていましたね~。
それが満杯になれば...やっぱなんかもらえるって思ってしまっても仕方ないかな。

...エ?ジョークだったの?
(記事読み返して良かった!)
そのおっさんマジでぼけてんのかと思った。
でも、私も河内育ちならそういうボケかましたかもしれません。
(と書きましたが河内人間気質なんて知っているわけではありませんけどね。)

多いよなぁv('∀^*)/^☆
ジョーク言う人・・・
ってワタシが言うなっ( ̄ω ̄;)!! ってか??
昔から接客多いけど、
未だに
「何万何千円」
「何万円のおつりなぁ・・・」
ってサムイ人もまだいるよね・・・
でもそこで、
笑ってくれるのも河内の人柄だよねっ♪

スミレも冗談になれてきたかい??

ヒイロ・ユイ さんへ

そういえば、母様も標準語だったね。
そしてお二人が河内在住だったことにも
今更ながら気がついてしまった(笑)

大阪に住んでいると、気の利いた返しを
期待されるから困るのだ。
母様の言葉を借りると、「大阪人的感情的報酬」やな。

うちの旦那は、気の利いた冗談はあまり
得意ではないのですが、馬鹿馬鹿しい
ギャグはよくやるかもしれません。
ちなみに、冗談は通じる方ですね。

へいたさんへ

芸能人国保だからって無料になる訳じゃ
ないんだから(笑)
きちんと3割負担でしたよ。
国保だから当たり前か...

そうか...診察券の裏の予約は
一昔前のシステムなんだ!!(笑)
ちなみに、二階堂さん事件の歯科では
すべて終わったら、鉛筆書きの予約を
全て消しゴムで消して、もう一度
書いていました。

河内は、言葉が独特です。
でっしゃろ
まんがな
なんかもそうだと思うんだけど...

はじめて、関西に来て
おおおおお!これが大阪弁!!って
思って真似したので
私の喋り方は、標準語と河内弁が混在しており、ほんのり東北風味でごわす。

アヤッチへ

冗談は、相変わらず通じないのだが
アヤッチのお陰で、突っ込みに磨きが
かかったわーー。
今まで、突っ込まれっぱなしの私が
人に突っ込みを入れれるなんてー(笑)
突っ込みどころ満載のアヤッチのお陰っス!

そうそう、レジにいると
妙に冗談言う人多いよなぁ...
みんな上手く返してるからすごいと
思うわ。

そういや...アヤッチ河内やったなあ(爆)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。