スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみれ就職への道...3部作~最終章

さて、今回が最終話。

まだ読んでいない方は、前回の2つの記事をお読みください。
この話は連続3話でお送りしています。

すみれは無事就職できるのか...

ここまで来てやっと私は、気がついたことがある。

もう慣れない事はやめようじゃないの!!

疲れ果てた私は、どうでも良くなった...
メイク道具を見るのも嫌だった。



数日後のこと...私はインフルエンザになっていた。


1人暮らしだったので、私は1人で病と闘っていた。
薬の影響か、幻覚の様なものも見ていた。
そんな私を心配した私の母は、
都内に住む「いとこ」を金で雇った。

私より2つ年上の遊び人。さっちゃんである。
彼女は、少々変わっているが
私は彼女を姉のように慕っていた。

さっちゃんは、遊び人なのに飛んできてくれた。
そして、インフルエンザで全く食欲のない私に
から揚げやら、シチューやら、ハンバーグやら
たくさん作ってくれた。

味は美味しかったと思うが
私はほとんど食べることができなかった。
食事をするのに起き上がることもできない状態だったのだ。

でも、さっちゃんは気を悪くすることもなく
笑顔で、近くのコンビニまで冷たいものなら食べれるかな?
と行ってくれた。

帰宅したさっちゃんは、こう言った。

「おばちゃんには、明日の夕方までって約束したんだけど
帰っていいかな?ちょっと、彼氏が...」

コンビニに行ったついでに電話でもしたのだろう。

帰るのならそれでもいい。
どうせ、帰ると思ってたし(笑)

でも...食器を片付けてから帰ってくれ~~っ(泣笑)

あ~~帰っちゃったよぉ...(すみれの心の声)



(後日母に聞くと母はさっちゃんに3万円振り込んだらしい。
私は母に申し訳なかったので
さっちゃんはきちんと次の日の夕方までいたことと
お金はいらないって言ってたよ!と嘘をつき
自分の貯金の3万円を渡した。
すると...母、水臭いと言って私の目の前でさっちゃんに
「これは好きに遣いなさいよ」と渡してしまったのだ!!
さっちゃんは、え~♪いいのぉ!!と喜んでいた。
かえせ~~~っ!(笑))



さっちゃんが帰り、食器や使った鍋が溢れかえる部屋で
私は更に熱が上がって動けない状態になっていた。

もちろん電話なんて取ることが出来ない状態だったので
電話が鳴っても無視をしていたが
なぜか、その電話には無理して起き上がり
やっとのことで受話器を取る私。


学校の先生からだった。


「具合はどう?」

「寝てます」

「熱は?」

「42度...」


うわ~困ったな。42度じゃきついね大丈夫?
実はね...すみれがどうしても見学に行きたいって
言ってた所、今日面接してくれるんだって!
いきなり面接だって。見学ナシの面接よ。


今日逃すと、難しいかも...でも、無理だな。

先生がため息をつく。



私は、どうしても行きたかった。
なぜか惹かれて仕方がない所だったのだ。
条件も、ずば抜けて良かった。
でも、それだけでは説明できないくらいの
不思議な気持ちだった

私は先生に、行きます!と返事をした。

面接は、その日が最終日だったのだ。
見学なんかしなくてもいい。
そこに行きたいのだ。

私は、タクシーを拾って面接に向かった。


タクシーの運転手さんは
私が乗るや否やシートに倒れこんだ姿を見て
大変心配してくださった。

車中での会話はほとんど覚えていないが
何しろ優しい方だった。
そして、私が降りるときに


「ここは、タクシー拾えないよ!


そこの通りに出るのにその分だと


お客さん歩けないでしょ?


面接終わるまで、ここで待ってますから。


料金はその分いらないから」




面接場所の病院に入ると、受付には
この世のものとは思えない、美しいお姉さまがいた。
そしてにこやかに、私を院長の下へ案内してくださった。

院長は、私を見て驚きを隠せない様子だった。
そして、一瞬とても嫌な顔をした。


学校から連絡は受けました


インフルエンザで今、寝込んでいるそうですね。


手短にしましょう...




私にいくつかの質問をする。

その中に

「お父さんの職業は?」
という質問があった。

すると...何とも偶然なのだが
先生のお父様と私の父は同じ業界の人で
これまた偶然なのだが
先生はうちの父のことを知っていたのだ。
一緒に仕事をしたことがあったそうな。

そして更なる偶然が...

私の祖母と叔父が、都内で歯科医院をやっていたが
先生はとても親しくされているらしいのだ。


そして...
これには、本当に私も院長も驚いたのだが
先生の両親は、東北の出身で
私と、先生のお母様の出身高校が一緒だったのだ。
私の父は、東京の会社に行くことが多かったので
先生は、父は東京に住んでいるものだと思っていたらしいのだ。
まさか...○○市にお住まいだったとは...
すごい、偶然ですね。
本当に驚きました...


でも...院長は最後にこう言った。




具合が悪いところ、無理して来て下さったその


気持ちはとても評価しますが.......


一応、面接なのでね...


スーツとは言いませんが、髪をとかして


普通の洋服に着替えてくるものですよ


コホン!!





その瞬間まで、私は本当に気がついていなかった。

私は...私は...







パジャマで面接に行ってた!!


しかも...上着の方は、しっかりズボンに入れられてた...

その後、数日は生きた心地がしなかった。

とうてい、採用になるとは思えなかった。



しかし...奇跡は起きた。



パジャマで、寝ぐせで...採用された。



私は、ここで今の主人と出会った。



そう...インフルエンザにもかかわらず

熱が42度あったにもかかわらず


私はどうしてもここを逃したくないと強く思った。



そして、子供達に出会った。

私は、この2人の子供達に出会うために
そして、今私の周囲にいる大切な大切な人達に会うために
あの日、パジャマ姿でタクシーに乗ったのだろう。
そう思わずにはいられない。





コメントの投稿

非公開コメント

えっ

実話ですか!?(笑)
事実は小説より奇なりっていうけど、まさにそうでしょう。
すごーい偶然ってあるんだね。
私も少なからずそういう経験あるけど、スミレさんレベルじゃあ 全然ないなぁ。
スミレさんも引かれる思いがあったわけだもんねぇ。
でもでも
一番驚いたのが
パジャマ
だよーーーーーーーーーー
面白すぎるーーー
笑いすぎて死にそうなんですけど。

は~!!

初めの方は笑いつつ読んだけど、スゴイね~
なんか、私、最近、ホントに世の中に偶然はない、すべて出会うべくして起きる・・・って思うことがいっぱいあって・・・
すみれさんのこともまさに、出会うべくして・・・って感じだよね~
でも・・・でも・・・
いくら42度でも・・・・
パジャマはさすがにビックリだし!!
でも、運命だね~うん、うん。

パジャマだって~(爆)

すみれさん、これは本当にノンフィクションなんだよね!
パジャマで面接を受けるなんて聞いたことないよ~~v-12
タクシーの運転手は、すみれさんが病院に行くかと思ってたかも?
す、すみれさんって不思議だあ~~(・▽・;)
でも受かって旦那さんと知り合ってよかったね♪

なんか、不思議な感動に包まれています。
人の縁、つながりって本当におもしろいです。子供たちに会うためのパジャマ姿・・・
ズボンにしっかり入った上着が目に浮かんでしまった(笑)

おぉ!

人智を遥かに超えた力の働きがあったとしか思えない感動的なエピソードですね!
人間って、過去の行動の何か一つが欠けただけでも、その後の人生が大きく変化してしまうんですよね。
その日の面接は「運命」だったとしか考えられません。
いやぁ、しかし、3話目のオチがまさかパジャマだったとは!
爆笑です。
でも、40℃以上の熱があれば、それも致し方ないかも。
思考能力も何もかも失いますもんね。
ん?、でも、パジャマ姿である事にはさすがに気付くか?いや~ん♪(◇^*)(*^◇)
タクシーの運転手さんも素敵な方だわ~。

じ~ん

素敵な話し~!!感動したわ。
運命とは凄いね。鳥肌立っちゃったよ。
しかし、パジャマで面接とはね~。
人の鼻クソ笑ってられないよ(爆)

ゆゆさんへ

パジャマだった!という
セリフの後に、とびっきり面白い
画像を載せていたんだけど
あまりにも重くて撤去してしまいました~ああ残念だ。
もちろんこの話もノンフィクション
家を急いで出るときにコートを
羽織ったのだけど、コートを
羽織った時点で、着替えたつもりに
なってたのね...(涙)
良くある話よ。私にとっては...

まっぷーさんへ

上のゆゆさんへのコメントでも
書いたけど、一応コートは羽織ってたのよ...でも面接の時は
しっかり脱いでたのね。
私がコートを脱いだ時に
院長がものすごく嫌な顔してたんだ
後で思うと(笑)
そうだよ。あの三輪さんだって
江原さんだって偶然は必然だって
よく言ってるよね。
絶対にこの出来事はおかしい!!
私、そんなに頑張り屋ちゃうし(爆)

うおおぉぉぉぉぉ!

ななっ!なんと!!!
#%&!*+☆¥%$”!!!
んでもって、$#%☆&‘@だよーーーーーーーーーーーーっっ!
はぁはぁはぁ、ぜぇぜぇ…v-12
凄すぎだわっ!パジャマで面接行ったのは、絶対絶対、日本全国探しても、すみすみだけだよ!!!
んでもって、なぜタクシーの運ちゃんはそれに触れない?(爆)
受付の女性も!
でもって、でもって、それで採用?
でもってでもって、ええ~~そこで
旦那様に出会ったのぉ???
それって、すごい力に引き寄せられたんだね!
でも、ズボンに上着入れてたの?(爆)
もう…すみちゃんたら…
保奈美よりも、デーモンやトランプマンよりも、インパクト大よ!!!
ひや~
そりゃあ、ママ子しゃんの鼻くそ笑えんわ~

て言うか…

すみちゃん、今、パソの前にいるでしょう…
ずばり!そうでしょう…

ユキコサンへ

でた~!!
ゆきこさんは、いつも
ノンフィクションなのか?って
聞いてくるよね(爆)
はい。脚色ナシのノンフィクション
です。
前回の2つの話は、私が保奈美とか
いらん話してるけど、この最終話は
真面目に書いたよ。
そうそう、あの運ちゃんは
未だに私が病院へ行ったと思ってるよ。
私は面接なんですって言ったけど
病院へ行ったわけだし
熱でおかしなこと言ってるわ~と
思ってたと思うよ(笑)

かずさんへ

不思議な感動(爆)
ね...人生とは不思議なものですね
だいたい、パジャマで
面接なんてありえない。
前の2回はあれだけ力を入れていたのに、最後の本番にはパジャマに
寝ぐせだからね。
私が、雇い主なら
どんな事情があろうと絶対に
採用しません(笑)
この院長も、絶対に採用しない
タイプだったんだけど
やっぱり何かしらの、見えない
力が働いたとしか思えないよね...

ピザトーストさんへ

>過去の行動の何か一つが欠けただけでも、その後の人生が大きく変化してしまうんですよね
ほんま??
うわ...そうなの!!
そういえば...バックトゥザフューチャーや、ドラえもんでも過去でちょっと細工をすると、自分が生れなくなるとか、見たことあるわ。
それと一緒のことだよね。
うちの子供たちがタイムマシンで
寝込んでいる私が、ちゃんと
タクシーに乗ってそこまで行くか
見てたりして...
そういえば...私ね、きっと
いとこのさっちゃんが帰らないで
私の所にいてくれたら
もしかしたら面接行かなかったかも
さっちゃんは、きっと私を
外に出さなかったと思うし
私もさっちゃんの言うことは
絶対だったから、言うとおりに
したかも...
さっちゃんをうちから帰らせようと
したの、実はうちの娘達だったりしてね(笑)
やっぱ..気付く?パジャマ??

ママ子ちゃん

いやいや、鼻くそよりは
マシですよ(爆)
いいこと言ってるくせに鼻くそ
だよ??(泣笑)
この病院が、例の
オクラと卵の二階堂さん事件の
舞台になった病院なのです!!

たるちゃんへ

いやあ...行き先は病院だったのね
だから、運ちゃんはそう疑問に
思わなかったと思うんだわ(爆)
偶然に偶然が重なって
こんなことになってしまったのだ
笑っちゃうよね。
私もそう思うよ!絶対パジャマで
面接行ったのは、日本でも
もしかしたら世界でも私だけかも
しれん...
スウェットじゃないから!
ちゃんとしたパジャマだから。
しかも、しわくちゃの!!
寝起きで、鏡も見ずに出て行ってる
はずだから、それこそ
鼻くそ付いてたかも!(爆)
そうそう受付にいた綺麗なお姉さんね、この人は世にも変わった
人だったのよ。
ものすごく綺麗なくせに怪しい人
だったわ。
私のこの日のことも、はじめの
うちは散々言われたんだけどね
その人は
「まあまあ...色んな人がいるんだし...私の中では普通よ。
あんなもん、可愛いレベルよ」
と、マジで言ってました。

たるさん

いるいる~コメント終了!!

ぎゃっはははははっははっはははは~~~~~~!!!!!!
ごめん!
コメントできないくらい、
パジャマ姿の私は、大爆笑!!!!
明日、出直してくる~っ♪

きゃっ、真夜中にも関わらず、目の前から大爆笑が聞こえてくると思ったら・・・
パジャマかよっ!(爆)
でも、慣れない事やめたら、パジャマだったんだよね?(^ー^)
スーツだったら、もしかするとひょっとすると、採用されなかったかもしれないし、うん、私だったら、パジャマで+20点かな(大嘘
うん、よかった、よかった^^ヾ
ところで、従姉様は、結局、計6万円、頂戴していかれたのですか?
読み間違いだったらごめんなさいな。

ぴーまんさんへ

待ってるよ~~

うっでぃさんへ

極端から極端へ...
これ、私の人生。
でも、うっでぃ&ぴーまん夫婦
のもとに
もし、こんな事情でパジャマで
面接に来る人がいたら(絶対いないけど(笑))
それだけでは、不採用にならんやろうな...
意外に採用になってしまうような
気が...
うっでぃさんが、弁護士事務所開いたら、パジャマで面接行かせて頂きます(大嘘)
ええ...さすが。司法の専門家。
読みが鋭い!!
私の従姉は、計6万円を搾取...
いえ、受け取っていただきました。
うち、私のお金3万円....
その月は、病み上がりにも関わらず
近所の焼き鳥屋さんの前で
臭いを嗅ぎながら、ご飯の毎日...

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ドラマ化したいねぇ^^

すばらしい、三部作でしたっ^^
東京タワーよりおもしろいっ!
―こんな日々もきっと今のワタシに
 出会う為の準備期間だったのね…♪
みたいな感じで^^;
主演のすみれさんを演じるのは…
沢尻エリカで…
この最後にいい味だしてるタクシーの運ちゃんは
ヌックでよろしくね★

さっちゃんはいずこへ

なんと言っていいのか...良かったですね。
すみれさんがパジャマで面接受けて就職できたとかいうことよりもやっぱさっちゃんですよ。
なんというかこういう人見てるとぶん殴りたくなる...いや、懇々と説教したくなります。
世の中上手く渡れるタイプなんでしょうけど、私は付き合いたくない人ですね。
でも、ちゃんと(途中で帰っちゃったけど)看病してたことは評価せんといかんですな。

おかんさんへ

365日最低一冊の本を読んでいた
私が、ここ2年...何も読んでいない。東京タワーは知ってる。
面白いの??
この話が、もしドラマ化されるなら
(あるわけないっちゅ~の(爆))
この話のコメディの要素と、実際の
すみれの持つクールビューティー
な奮囲気をあわせ持つ女優。。。
篠原涼子あたりで(めちゃくちゃ本気やん(爆))
わたしゃ、橋田すがこか!!
冗談はともかく...
やっぱりオチはヌックなのね(爆)

へいたさんへ

へいたさんこんばんは。
さっちゃんに突込みがやっと
入りましたね(爆)
ええ...かなりキテます。
私にとっては、面白い人物なんですけどね~周囲にはなかなか受け入れれもらえないです。
世の中は、うまく渡っていません。
その特性からか、ものすご~く
苦労しています。
色んなことがありすぎましたが
今のさっちゃんは、素晴らしいです
もう40に近いんですが
最近とある事情で、準看→高看へ
通い、今ではきちんと看護されて
いるんですよ(笑)

冷静なぴーまん

いやねっ!すごいよっ!さっちゃん(^ー^)
筋金入りだよ&気合入ってるよ~ん!
3万円にさ。
『インフルエンザ移っちゃうかも!』を、賭けたんだよ♪
それって、すごくない?
身体はってるんだから!←(尊敬のまなざし)爆
わたしなら、
乗・ら・な・いっ←冷たい奴(--; (自爆)
というのは、冗談で☆
行きます・行きます、勿論、無料で(大爆笑)
そういえば、昔。
そんなこと、無料でしてたな…
よその男(K大の医学部学生)に…(^m^;
うん、彼は簡単にツレタ(大笑)
さてさて、戻って。
でもってさ~。
その先生も、すごいよ!
だって、インフルエンザって分かってるのに、面接してくれたんでしょ?
それは、その時点から、結果が分かっていたようなもんだよっ(大笑)
今、私が勤めてるとこなら、「頼むので治ってから来てください♪」と言われるよ~(^m^;ぎゃはっ。
やっぱ、全ては計画されてるねっ♪
ちなみに、うちに、パジャマで面接に来たら。。。。
そりゃ、家族全員が、まずは「大爆笑!」で、大歓迎で迎えて、
そんで、捕まって、
「他にネタはない???」と、突っ込まれれね~(大笑)
益々、熱が上がるよ(^m^;
で、タクの運ちゃんは、待っていてくれたのかな??? うふ~っ♪

ぴーまんさんへ

だよねだよね。
お互い
マスクはずっとつけっぱなしで
かなり怪しい面接だったわ。
っていうか...入院患者の診察やん!
そんなん、誰も面接だなんて
思わないよね~
タクシーの運転手さんね(爆)
いなかったの(爆爆)
一応お金は払ってたからね
大丈夫だったんだけど
急用があったのか事情は忘れたけど
違う運転手さんが来るからと
受付に伝言を残していなくなっていました(笑)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。