スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみれ就職への道...3部作~その1

すみれが、就職活動中のこと。


皆は、友達同士で出かけたりしていたが
私はもちろん1人で動いていた。

まず1件目の見学時...
私は張り切った。
就職活動とは、張り切るものだと思っていた。
そんな時は必ず失敗がついてくる。
今の私はわかりすぎるほどわかっているが
当時の私は若かった。

そう...私が中学生の時に張り切って張り切って
イタイ格好をして出かけた記事を書いたことがあるが
あの時のテンションに近いものがあった。

やっぱり、就職活動といえば紺のスーツかしらん♪

髪型は~?メイクは~?

鏡の前で試着したり、クルクル回ったり...
低い声を少しでも高く発声できるように、何度も発声練習をした。


ちょうどそんな事をしていた私の部屋に、隣の部屋の女性が
訪ねてきた。


「こんにちは。私ね、某化粧品メーカーに勤めているんだけど
これ...こんなに持ってても必要ないから
もらってくださらない?」

化粧品の山だった...

誰でも知っている某有名メーカーのものだったが
哀しいかな...リップペンシルと
今まで見たこともないようなこんな色を
わざわざお金をかけて本当に開発したんだろうか...
という色の口紅とアイシャドウがほとんどだった。

でも、それでも私はその中でも使えそうなものをセレクトして
見学時に、しっかりとメークをした。


かなりの出来栄えだ...自分で言うのもなんだが...

これは、鈴木保奈美か!?

私は、鈴木保奈美なのかっ!!って見間違える程であった。
(み..みなさん..落ち着いて..)



見学では、きちんと話すことができたし
向こうの印象も良かったに違いない。
ちょっと鋭い質問もしてみたし、よく勉強してるねぇ...
と褒められた。

なにより、見学先のスタッフさんは、みんな笑顔だった。
みんな初対面なのに、私に対してものすごく笑ってくれた。
ちょっと笑いすぎじゃない?ってくらいに。

あんな楽しそうな職場なら、いいかも♪

しかし...

帰リ道に寄ったコンビニで

私は地獄に突き落とされることになる...

それは遠目でもすぐにわかった。
鏡に一瞬映った。

??もう一度自分の顔をよく映してみる。



うううぎゃぁぁぁ~~~~っ!!




化粧が~化粧が~~!!

お前は舞台の人かっ!!

アイライン太過ぎ!
眉毛濃過ぎ!


何よりもこのメイクのポイントは唇であった。

この頃は、大きな口や厚い唇が流行ってきていた。
リップラインを気持ち大きめに描いて、口紅を塗るのだが

気持ちどころか...大幅にオーバー。

極めつけが、ピンクの口紅の周囲を縁取る
紫色のライン。

こ。。。これは酷い。

コントで、唇を黒く縁取っているヒトだ。


今頃、あの職場では
私の話で持ちきりに違いない。
なぜ、私にあそこまで笑顔を見せていたのか...
帰るときに、2人のスタッフが、お互いの肘をぎゅっと掴んで
「今はダメよ。もう少しの我慢よ...」
というような素振りを見せていた。


こんな唇で、こんな唇で...私は鋭い質問をしてしまったのか!!
この唇で、電車に乗ったことや
見学に行って笑われているだろうと
いうことよりも...

こんな唇のやつが...


鋭い質問を投げかけて、いい気になっていたのが
何よりも悔やまれるのだった。



コメントの投稿

非公開コメント

がはは~!!

キョーレツなメイクだったのねv-12
でもあの頃さ~眉毛と唇ははっきりのメイクが流行ってたよね~
・・・あの頃・・・?ってあの頃だよね?すみれさんって私とくぐり抜けてきた文化が一緒みたいだから、きっとあの頃ってあの頃よね?
でも、これが鈴木保奈美に見えたんだね~

まっぷーさま

うふふっ!
そうなんだよね~今井美樹とかの
影響でさ、やたらと口を強調してね
赤い口紅も流行ったね~
とってもへんてこな、青みがかった
ピンクの口紅を塗ってる人も多かったよ~。
ナチュラルとか言って、眉毛はみんなボーボーだったわさ。
ふふんっ!保奈美様のあの
唇に憧れたんだよ~ぅ。
あんな化粧して、唇は保奈美様気分だったんだから(爆)

懐かしい・・・

そんな時代がありましたねー。
今井美樹の唇に、
今、暴露本で話題の石原真理子(あの人、サイテイ!)から始まった太眉ブーム。
そして、設楽りさ子!!
彼女はママになってからも美を保っていて、さすが!
アイメイクなしで彼女風になれるなんて、すみれさんは美人に違いない!と私は確信致します♪
その3のオチを楽しみにしております。
ところで、すみれさんはドラマ「振り返れば奴がいる」がお好きなんですね!
私もあのドラマ、大好きです!
クールガイ・司馬のまさかの「最期」は、圧巻でした。
脚本が意外にも三谷幸喜なんですよね。
「フォレストガンプ」もテレビでやっていると、何度も観ているのに、ついつい観ちゃいます。
それから、以前から言いたかったんですが、すみれさんの画力には圧倒されました。
「みずいろのかいがら」に掲載されている投稿漫画には、描き慣れていらっしゃる!、うーん、スゴイ!と感心する事しきりです。

ピザトーストさんへ

ピザトーストさんも同年代なのね?
あの...設楽に似てるとか、保奈美
だわ~私!とか、全部冗談です~~
(爆)似てるわけないじゃないですか!!断言します!美人じゃないです!!(笑)
おお~っ。振り返れば奴がいる
好きですか??
あれは、何度見ても引き込まれますわ...そう!あの最後のシーンは
まさか...でしたよね。
しばらく後になってから、鹿賀丈史
扮する中川外科部長が
古畑任三郎で、同じ中川外科部長
の役で最後は殺人をしてしまったのを覚えていますか?
三谷さんって、面白いことするわ~
と思いました。
漫画...慣れていません(笑)
あれは、何ヶ月もかけて
描いたんですよん(笑)
でも、褒めてもらえると嬉しいです
ありがとう。

保奈美だわっ!

ぎゃあ~すみちゃん!
間違いない!間違いないわ!
保奈美だわぁ~
そうそう!保奈美さまをちょっと
崩して(あっ、ごめんねすみちゃん…)描くと、こんな顔(爆)
ぶぶぶっ!保奈美ファンに怒られるかな?(笑)
でも、会社の方達にインパクト大だったはず!
頑張れすみちゃん!
あっ、昔の話ね…

たるちゃん

むふふ...奇遇ね。
今、マルを病院に連れて行って
パソコン開いたら、たるちゃんから
メッセージが入った!!
なんだか、嬉しいわ。
そうそう、保奈美ちゃんに憧れたのよ~でもそう思っているのは
自分だけ。可愛かったよ~
保奈美様。結婚して引退してもすぐに復帰するんじゃないかと思ったけどしないね~~
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。