スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害の子についての説明をどのようにすべきか


発達障害の子についての説明をどのようにすべきか

(発達障害 学校への説明)


モモは4月から1年生になります。

モモは、特学に籍を置きながら普通学級に通うことに
なっているのですが、私が今考えているのは
担任の先生に、モモに関する事をどのように伝えたらいいかと
いうことです。

幼稚園での2年間の様子や、幼稚園担任からの所見などは
きっちり引継ぎをしてくれる事になっておりますが
私の方からも、何か先生に伝えなくてはならないのでしょうか?

例えば、モモは

抽象的な言語理解力がない

視覚は苦手でどちらかというと聴覚優位である

コミュニケーション能力に乏しい

のような、特徴がありますが
これを具体的に説明した方がいいのか...
箇条書きなんかにするのか...


何だかよくわからない事だらけなのですが
もし、小学生でも、幼稚園でも、中学生でもどなたでも
構いません。就学先に、どのような説明をしたのか
何を伝えるのがいいのか、どのような事でもいいので
教えていただけると、ありがたいです。

....というか、主観的な御意見で構いません。
自分はどうしたか...
自分だったらどうするか...

かなり困っています...
よろしくお願いします。







コメントの投稿

非公開コメント

syuの場合~^^

syuお兄ちゃんのほうなんだけどね、幼稚園で厳しい先生に当たったときに、食事を受け付けなくなり、吐き気と胃痛を催すことがあってね。もしや発達障碍!?というあいまいな段階だったけれど、就学前検診のときに、校長先生に『希望者だけ話を聞いていただける』というのに、紛れ込んでお願いしました。
一人でくるくる回ったりね、友達と遊ぶことがなかったというのもあってね。
校長先生に言って、担任の先生にもsyuの事情を理解していただけるような先生にお願いできないか?といことも頼みました^^;
お願いどおりのやさしい先生だったんだけどね^^
今でもお兄ちゃんの場合は視覚ではっとすることが多いので、時間割や注意のカードなど取り入れてもらってます^^
今ではコーディネーターの先生が(ウチは保健の先生だけど)学校におられるので、その先生に事前に頼んでおくことも必要かと思います^^
毎日先生とは交換日記のように連絡帳でお話してますけど、事前には紙にかいたり、話す機会があれば伺って話しました^^
「こういう言葉掛けをすると納得する」とか、こうなったらこうなるとかの『クセ』のようなものも分かるように箇条書きのほうが分かりやすいかもしれないね^^
弟君のときもそうするつもりです~^^
kano家の場合でした~^^

うちのばやい・・・。

高機能自閉症と診断された小一の息子を持つ母です(4月から特学移行)。
入学前の11月ごろアポをとり学校へ行き
「ウチの子はこんな子です!」って宣伝してきましたよ(校長&教頭に)。
「先生」といっても障害児に詳しい人はいないようだったし、特徴みたいなのはあらかじめ詳しく伝えた方が助かると思うし、指導もスムーズに進む手立てになるコトは間違いないですよね。
母だけど「息子のジャーマネ(?)」みたいな感じで1年過ごして楽でしたよ。
(私の場合はもっぱら会って話すってかんじで箇条書きとかにはしませんでしたけど。)

言いたいことは文章で、あとは出たとこ会話

過去にもう読まれてるかもしれないけど、
うちの場合はぺらっと1枚こんなもので。
↓短い方がよかろうと思うてな。
小学校へのご挨拶用資料。
http://blog.livedoor.jp/tourimomo/archives/50324180.html
そこのコメント欄もご参考に。
先生の気にしてることが多少うかがえる。
↓幼稚園の時の資料もついでに。
(さるさる日記なので順番が逆になってるのがちょっとあれだが)
こちらはA42枚。
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=444226&log=20050405
すみれさんは文章力があるし、その場だと伝えきれないことも多いだろうから、
絶対伝えたいことは文章がおすすめ。
(ただし、その後もきちんと読んでくれてたりするかどうか、人づてに渡した時、該当の先生にきちんと渡るかどうかは、それこそ先生による)

kanoさんへ

ありがとう(涙)
さっき、いざやらねば...と
座ったのはいいものの...
一向に進まず。
私の常識は、どうも一般常識とは
かけ離れているようで
(最近きづいた)
とりゃ~っ!!と作成して持っていって、相手が???な事に
なるかもしれないと思ってしまうと
余計に進まないのです。
まずは、先生ですよね。
でも、もうそれは今更遅いか...
こういう言葉かけをすると納得する
これは絶対に必要だ!!
ちょっと今から具体的に書き出して
見るよ。なんだかアドレナリンが
噴出してきた感じです(笑)
ありがとう~!!

みっきいママさんへ

みっきいママさん!!!
お久しぶりですね~
以前一度だけコメントくださいましたよね。あのコメントすごく嬉しかったし、忘れられませんでした。
相変わらず訪問してくださっていたんですね。ほんまにありがとう
みっきいママさんは、御自分の口で
説明ができるんですね~
羨ましいです。
私は、挨拶したら黙りこむタイプ
なので困ってしまいます...
(相手が1番困るのだけど(笑))
自分の子供の宣伝ですね。
それと、特徴...
自閉の特徴と言っても範囲が広すぎるので、我が子に該当する部分
だけピックアップして
宣伝がてら、特徴の説明すれば
(もちろん文で)いいのかな...
ありがとう~すごく参考になりました。私もジャーマネになれるかしら??(笑)その意気で頑張ります

桃里さんへ

どちらも読んでたよ~!!
思い出した!!
でもその時は、全くもって興味が
なかったのよ。必要に迫られてなかったから(笑)
これ、改めて見ると
...すごいね。
うちは、言語が1番の不得意分野だから、このまま真似するのができない
のが残念なくらいです(笑)
短くまとめるというのが
大切なんだね。
それが私に出来るかにかかっているね。1番の難題や...
先生の気になっている事も
あらかじめ答えを用意しておきます
不意に尋ねられても絶対に答えられないもの。
こだわり行動については、よく
聞かれるのだけど、私ねほとんど
答える事ができないの。
なぜなら、私から見るとこだわり
でも何でもないことが多いの。
これは第三者の意見が
必要かな...幼稚園の先生や
療育の先生にもインタビューしてみる事にします。
あ..あと出たとこ会話用に
専用のメモ作っておこう。
参考になりすぎ...ありがとう!

またあらたな

やっぱ学校心配ですよね。
やることといえば上で既に皆さんが書いていらっしゃるから私が改めてここで書くようなことはもうありません。
でもムズムズするので書きます。
うちの場合ASだと分かったのは入学後、3年生のときだったんでちょっと違うとは思うんですが交換日記は結構有効だと思います。
すみれさんからの一方通行でも、モモちゃんのことで思いついたことがあったらこまめに文章で伝える。
あと、これは余計なことかもしれませんが特学の先生にとっては保護者とのコミュニケーションも結構重要なんではないかなとこの1年半で考えるようになりました。
ですから直接話するのが苦手なすみれさんにとってはまず文章でしっかりと仲良くなっておいてなれてきたら(←なんか失礼?)会話で情報交換できるようにするというのがいいと思います。
ア、なんか入学後の話になってしまいましたね。
ではこのへんで。

おはよー!毎年書くよ!

小学校で担任が変わるたび箇条書きでパソコンで書いて渡してます。
もちろん、幼稚園や療育からものび太の説明はされてるけど、親からもあった方が絶対いい!
うちは、軽く見られがちだから、「軽度発達障害の診断をされ、通院しています」と。そして、苦手、心配な点を箇条書きで示し、例えばどんな風に苦手か、以前こんなトラブルや問題があったかを書きました。また、その苦手項目の対処法があれば、書いた方がいいかも。
あとは、親の気持ちをちょっと書いて・・・
のび太も言葉で気持ちや出来事を表現すること、相手の言葉を瞬時に理解することが苦手で、もし、お友達とトラブっても上手く説明はできないと思います。泣いてパニックになったらまず、その場から移動させて、落ち着かせてから聞いています。また、その際も誰が誰に・・・と言う説明は苦手なので少しずつ確認しながらたずねています。
という感じに。
「して下さい」ではなく「こうしています」っていう書き方の方がいいって言われたんだ。
今、携帯なのであとで実際に渡したものを見てみるね~
使えそうならメールで送ります。では、後ほど!

せなちゃんはまた入学ではないないので
通園に通い始めたときは出来ること苦手なことと分けて書きました
また無表情だったし言葉の理解もなかったので
入園してからは毎日ノートでこんな事をはじめました
とか
家での様子を書いて渡してます
学園からも毎日の様子が書いてあり
苦手なことの紙にできるようになると先生がはなまるを付けていつもチェックしてくれてます
小学生ぢゃないので参考にならないかもしれませんが
せなの場合でした

またまた、おはよ~

モモちゃん、具合、どうですか?
ところで、早朝にコメントした件ですが、メールで送りましたので、あくまで1例として、参考にしてください・・・
のび太の本名のままの文章ですが気にしないで~!!
では・・・
またね~♪

おはよう!

すみちゃん、すみちゃんは私に
何の期待もしてないと思うが…(笑)
私がぐうたらって知ってるもんね!(爆)
だが!しっかぁ~し!
子供を預けると言う事で私も真剣に
入園の時は考えた。
で、空の時は入園前は
園長先生も担任も空を見て
全然そんなことないですよ~なんて
いってたから、私から細かい事を伝えるのはとにかく入ってみてって思ったのよ。
で、とりあえず主治医の先生に
空がどんな特徴があって、どんな対応が必要かを文章にしてもらい
親が読んで強くそう思うところに
線をひいて渡したよ。
で、後は困ったりわからなかったら
いつでもいってください!って。
ただ、これだけはお願いしたいってのはそれプラス口頭で伝えたけど。
(衝動性についての対応)
モモちゃんは小学校だから
また違ってくるのかもしれないけどね。
参考にもならないけど、こんな感じだったよ。
頑張れ~

へいたさんへ

ムズムズしてくださって
ありがとうございます(笑)
交換日記ですか..
これって、たいていの特学では
行われていることなんでしょうか?
モモは先生の人数の関係上
普通学級には1人で行く事になりそうです。その場合は、担任の先生との
やりとりになりますよね。
交換日記してくださいっ!!って
言えるだろうか...
こまめに様子を伝えるために
日頃からメモが必要ですね。
とにかく、コミュニケーションを
私が1から修行しなければならなそうです...
頑張ってみます。
ありがとうございます。

まっぷーさんへ

まっぷーさん、ありがとう。
問題があった時の事を具体的に書いておくのは必要だね。
そして、その対処法かぁ...
してください。
ではなく、しています。
こりゃ~いい事聞いたよ。
そうだね、こんな言葉一つでも
相手に与える印象は違ってくるもんね...うおお~勉強になる~~
親の気持ちも少し...ってとこが
難しいな(笑)モモの行動云々より
私のアピールが満載になってしまう
予感...いかんいかん(爆)
魔法の手を持ってます!とか
書きそうやし..(笑)
めっちゃ助かりました。
嬉しかった~ありがとう

さちさんへ

ううう...(涙)
さちさんもありがとう。
うちもね、小学生になるっていうのに出来ない事は多いんだ~
特に学習面は、伝える事が多いことに気がつきました。
出来る事と出来ない事を
きちんと分けて伝えようと思います
それを提出した時点で
やっぱり普通学級では無理です..
と言われそうな気もするが
やってみますね。
すごく参考になったよ。
ありがとう~
せなちゃんの様子毎日書いてもらえるのね。いい先生だね~

まっぷーさんへ

またまた、ありがとう。
まっぷーさん、見たよ!
見ましたよ~~!!
まっぷーさんの、のびた君への
気持ちがものすごく伝わってきて
(それも主観的ではなく
客観的に伝えているのに)
ちょっと感動だったよ。
本名が使われている所がまた
リアルに伝わってくる。
まっぷーさんが、自分の力で
考えて、のびた君のために作成したものを私なんかに、惜しげもなく
見せてくださったこと、感謝します
ありがとうございました。
ここまで立派なものは出来ないと
思うんだけど、参考にさせて
もらって、頑張ってみるよ(涙)

たるちゃんへ

そんな事ないよ~!!
たるちゃんがぐうたらなのは知っているけど、それは自分のことで
空君のことに関しては、半端じゃないもの。
保育園を探すのだって、あれだけ
吟味して研究してたんだから~
たるちゃんは、きっと何でも
上手に口頭で説明できるんだろうな~~って思ってた。
やっぱり、思ったとおりだよ(笑)
主治医の先生ってそんなことまで
してくれるの??
すごくない??
うちは2件行ってるけど、(いや、ほとんど行っていないが)
2件ともそんなお願い聞いてくれないと思うわ~
1件は、気軽にメールして!と言ってくれる先生なんだけど、ものすごく
忙しい人だから気が引けちゃうんだ...とりあえず、モモがインフルエンザで半年ぶりの診察に行けなかったので、今度予約をとった4月末に聞いてくる~~!!
ありがとう~たるちゃん。

我が家の場合

我が家の場合 
入学が診断直後だったこともあって 娘の特徴を母が理解していませんでした・・・。
でもまず娘本人を見ていただかなければ分かってもらえないだろうと思い
入学式の日は ご挨拶だけにとどめました。
入学前は校長先生に
『配慮のできる担任を』 
という一点のみお願いしていました。
ご挨拶した時担任の先生は
「はい校長先生から聞いていますよ。何でもおっしゃってくださいね」
といってくださいました。
その後連絡カードにほぼ毎日 家での娘の様子を簡潔に書き 
何かあったら教えてください
と書き添えました。
直接 娘の事を 担任の先生とお話したのは一ヵ月後の家庭訪問でした。
その時に 娘の特性や診断名などを伝えました。
一ヶ月 娘を見てくださっていたからか この時のお話はとっても納得していただけましたよ~。
って参考にならなかったらごめんなさい!
モモちゃん(&すみれさん・笑)が楽しい小学校生活を送れます様に♪

ふたたび

コメントを2度も書くのはちょいと気が引けるので(ほかの人を非難しているわけではありません)ちょっと迷ってました。
けど書く!
どこの特学でも交換日記(というか連絡帳)のやり取りをやっているかどうかまではわかりません。
担当の先生の考え方にもよるでしょうから。
仮に連絡帳がなかったら....
「お友達からお願いします」と言うのもひとつの方法です。
 ↑ウソですごめんなさい。
(こんなとこまできてウソ書くな>オレ)
自分で帳面を用意して「なんかあったらこれに書いてください」
なんてお願いするのが良いんでないかと思います。
あとですね...
これ書き始めるとちょー長くなりますけどいいですか?
ダメでも書きますけどね。
担当の先生にはモモちゃんのことはもちろんですが、すみれさんのことも分かってもらわないといけないんじゃないかと思っています。
だからこそのコミュニケーションなんです。
私の知っている特学の親御さん(ほとんどの場合お母さんですが)の多くはあんまり先生に情報を流していないようで、
その結果先生には子どもたちの家庭内の様子が上手く伝わっていないという少し困った状況になっています。
おまけに先生とも話をしたがらないのでなかなか踏み込んだところまで話ができないそうなんですね。
すみれさんの場合は話すのが苦手でも文章力があります。
ふだんから連絡帳でこまめな情報交換をしていれば会話は少なくてもすみれさんの人となりも伝わりますよね。
すみれさんのことを少しでも分かれば先生も話しをしやすいのではないでしょうか。
ただ、先生みんながそうやって受け止めてくれればいいんですけどね。
太郎の3年生のときの担任の例もありますから。
しかしモモちゃんの場合はあらかじめ分かって入学するわけですから
そこはしっかりと受け止めてくれる先生が担当されると思います。
...チョー長くなるとかいいながら
全然長くありませんでしたね。
スミマセン

全くわかんないけど・・・

自分がそうだったらって思ったら・・・、特徴を説明する時にエピソードを話してみるとか。
このブログのコピーを見せるってのもありかも。
ごめんね! 思いつかないや・・・。

初めまして。

仕事で、就学時の場合のことを扱っていたので、参考になればと思い、書き込みさせて頂きました。
まずは、幼稚園での過ごし方を先生から聞き、ご両親からの子供さんを見たことを、相談することが必要です。
お住まいがどこかわからないのですが、特殊教育センター(北海道では…)とゆう公共機関で、相談を受け付けています。
もし、良かったら、探してみてください。
就学時、直前なので、相談には乗ってくれると思います。

三年経ってやっと連絡帳だった。

他のかたもかかれてるけど、学級の連絡帳以外の連絡帳はいると思うよ、うちは1年のとき、いったら、送り迎えもするし、いらないだろうといわれ、今になって、家の様子も知りたいとか言ってつかいだした、何時間めがなにに授業で、簡単でいいから、かかわった先生が子供がどんな様子だったか、それが書かれてるだけでも、だいぶ違うよ、それと、個別指導計画を教育委員会に出す前に、用紙を書くだけでなく、先生と面談する必要もあるよね、うちは去年それがなかった、今年はその要望だしてます。

ごぶさたんであります♪

モモちゃん、小学生ですね~☆
おめでとうございますv-252
模範解答がたくさんあるので、祝辞を伝えに駆けつけました~v-238
また来まする☆

ふわりんさんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。
お体の調子はどうですか?
うちは、まだちょっと熱があります
詳しく教えてくださってありがとう
診断直後だというのに、すごく
色んなことに気がついて動く事ができたんですね。やっぱり毎日の様子というものは、簡単でも記録して
お渡しした方がいいんですね。
はじめは、上のみなさんが教えて
くださったような短めの資料を
添えて、徐々に知っていってもらうのが良さそうですね。
ふわりんさんの言葉で家庭訪問の
存在に気がつきましたよ~~
そういえば、もう来月に迫ってる~
家庭訪問用に台本がいるかも
しれない...(爆)
ありがとう~
お体お大事にしてくださいね。

へいたさんへ

へいたさん、お返事遅くなって
ごめんなさい。
すごく真剣に考えてくださって
申し訳ないやら、嬉しいやら
ほんまにありがとう(涙)
でも...なんでこんなに笑えるの??(爆)
出だしから、へいたワールド全開!
へいたさんは、私の性格や特徴をよく御存知ですね。ほんまに
びっくりします。私が交換日記を
どう切り出すか、すごく心配に
なったんですね(笑)
お友達からお願いします!!
ってそんな切り出し方しそうでしたよ..
私、ほんまにそんな事をしらふで
してしまうから(爆)
>自分で帳面を用意して「なんかあったらこれに書いてください」
ここまで詳しく教えてもらえなかったら、ストーカーのように怪しい
お誘いをするところでしたよ。
いや~危なかった!!
でも...へいたさん帳面はちと古いですぞ(爆)
特学のお母さんのお話..それ
まさに私の事です。私ね、それで幼稚園も失敗していますから...
子供を預けるのはこっちですからね
圧倒的に子供の情報を知らないのも
先生方の方ですからね。
先生の方から、何の情報もないと
嘆く前に、こちらから歩み寄り
情報を伝えなくてはなりませんよね
自分の考え方は間違っていたと、幼稚園で気がついたのです。
で、今へいたさんのコメントを読んで確信に変わりました。
もちろん、それに気がついたからと
言って私がお喋りになることはまず
できないので、へいたさんのおっしゃる通りに、文章で伝えて行きたいと思います。
ほんまにありがとうございました。

namiaさんへ

お返事遅くなってごめんなさい。
お元気ですか?
namiaさんから、まさかこの記事にコメントもらえるとは思ってなかったので、びっくりでしたよ。
私が困ってます..って書いたものだから、きっと一生懸命考えてくださったんでしょうね。
ありがとう。
そうですね~ありがたいことに
色んな御意見を頂いたので、何とか
まとまりそうです。
特徴をエピソード付きでやってみるつもりです。
確かに、このブログの記事を
お渡しするのが、モモのこと
1番よく伝わると思うんですけどね
よっぽど私の方で信頼できる人では
ない限り、無理だと思います~
それだけ、信頼できる良い先生に出会えたらいいですけどね~
ほんまにありがとうございました

桜華さんへ

お返事が遅くなってごめんなさい。
気になって書き込みしてくださったんですね。桜華さんのおっしゃっていらっしゃるのは、小学校に入学する前に、公共機関で相談をした方が
いいということでしょうか?
それとも、こういった資料を作成する際に公共機関と相談をして作成した方が良いということでしょうか?
ちょっと色々聞いて自分なりに
調べてみますね。
ありがとうございました。

ケンワンさんへ

お返事が遅くなってしまい
ごめんなさい。
そうね~みなさん、連絡帳のやりとりはしていらっしゃるみたいですね
>個別指導計画を教育委員会に出す前に、用紙を書くだけでなく、先生と面談
そうなんですか?
その計画とかさっぱりわからないんですけど、また周囲にも聞きながら
なんとか頑張っていきますね。
なんせ、何も知らないもので...
これからも、色々教えてくださいね
ありがとう

Jmama さんへ

Jmama さんじゃないですか!?
お久しぶり~v-238
久々に絵文字を使ってみる↑
お祝いに駆けつけてくれて
ありがとうございまする(笑)
資料作りなど落ち着いたら
またそちらにも、御挨拶に伺いまする~~~
ほんまありがとうv-22

(^^)

すみれさん、がんばってるね~v-410
はいっ、お茶の時間ですよ~v-274v-273ゆっくりね~

間抜けに遅いコメントですいません。
吉田友子著
「高機能自閉症・アスペルガー症候群 その子らしさを生かす子育て」という書籍の巻末資料に「幼稚園・保育所への提出用しおり」というのがあります、これ、小学校の場合も応用できるのではないかと思います。
っと、息子のケースは当時未診断でしたが、小学校高学年には、行動のクセが際立ってきたので学年はじめにあらかじめこっちから面談を申し込んで行動の特徴と対処をあらかじめ担任の先生に口頭で伝えてお願いしてました。

またまたご無沙汰~~

すみれさん、ご無沙汰怪獣です~~っ。。
この記事の前のモモちゃんの卒園式の日記・・・・またまた泣きながら読ませてもらったよ。。
そっちにもコメント入れたかったんだけど、ココのコメント先に入れるね。。
ちょっと長くなるけど、(いつもそうだけど・・・笑)
実は私、以前中学校で臨時教員していた時に、2ヶ月だけ担任代理で特殊学級を受け持ったことがあります。。
その時は担任の先生が病休だったので、たいした引継ぎもできずに、子供たちの様子もちゃんとわからないままクラスを持ったので、かなり緊張の連続でした。。
その時思った担任側の気持ちとしては、学校側からの明確な子供の障害の情報がなかったので、(また聞いても誰もちゃんと把握してなかった。。信じられないと思うけど・・・)、やっぱりお母さんからの子供の障害の情報、既病歴、これまでの日常生活の様子、幼稚園での様子・・・・・・等など、とにかく細かいありとあらゆる情報が欲しいです。。
私の場合、専門の養護の資格がない教師だったから特に障害の知識もなかったので、お母さんからの情報は必要不可欠でした。。
私は子供たちのお母さんと面談したりもしたんだけど、文面にもしてもらいました。。そして毎日の交換日記、というか、連絡帳もつけてもらいました。。
そしてできれば担任の先生だけでなく、モモちゃんの学年の先生方すべてにモモちゃんの情報を共有してもらった方がいいので、担任の先生に
一言、他の先生達にも学年会議等の機会に、モモちゃんの資料として配ってもらうようにお願いしたほうがいいと思います。。
だいたいどの小学校・中学校も、高校とは違って、担任だけでクラス運営をするのでなく、学年で協力しあって運営していこう、という意識が高いと思うので、教師側としては、担任から聞いた情報、というよりは、直接お母さんからの情報の方がありがたいと思います。。→それに人づてだと細かいニュアンスが変わって伝わってしまうので・・・。。
たぶん受け持つ担任の意識、キャリアによっても色々違うとは思うんだけど、でも、日本の障害児教育は、欧米とは違って文科省の役人の意識が遅れているということもあって、制度的に、とにかく不備が多すぎるのが現状です。。
それで現場の教師は混乱してしまうことが多々あります。。
でも目の前の子供たちの学校生活を有意義なものにするためには、制度が整うのを待ってはいられない。。
だからこそ、とにかくお母さんと先生たちの細かいコミュニケーションは絶対に必要です。。
障害の知識がある養護の資格を持っている先生はわずかだと思うので、障害児教育に関しては、教師側は受け持った時点で勉強するというのが現実です。。
だから先生にとっては、お母さんが最大の協力者になります。。
先生との相性もあるだろうけど、とにかくコミュニケーションだと私は思います。。
普段はあんまり頑張らなくてもいいけどね、モモちゃんの学校生活にとっては今は踏ん張り時!!初めが肝心、というわけではないんだけど、でも頑張ってね!!すみれさん。。

はじめまして

はじめまして、こんにちは。私は関西で幼児教室をしています。生徒のひとりに知的障害のあるお子さんがいます。その子は、国語と算数は特殊学級、それ以外の教科は普通学級で過ごしています。2年生の3学期に、思い切って

ゆきこさんへ

ごめんね~返事が遅くなっちゃいました。
ゆきこさん、いつもありがとう。
ご馳走様~~♪

狸穴猫さんへ

ありがとうございます。
その本...どこかで読んだ事があります!!巻末にそんなオマケがついていたんですねっ!!
興味のある所にしか目がいかないんですよね...
ところで、狸穴猫さんの記事
コメントしたくてウズウズしています!!(笑)
後で伺いますね~~
ありがとうございました。

怪獣ママさんへ

久々の長コメントが復活だね~~(笑)
ほんまにありがとう。
記事にも書いたけど、今日資料を
持って行ったらね、先生が
悲鳴にも似た喜びの表現をして
くださったのよ~
すごくこっちにも伝わってきてね
作ってよかった~~~!!!
って心から思いました。
一度幼稚園で失敗しているからね...
ママさんは、お休み中だったから
多分、私が幼稚園の先生とぶつかって話し合って、いい関係になった
経緯は途中までしかわからないよね?
私ね、自分が悪かったんだ...
って反省したのよ。
先生の方に、幼稚園の様子を教えて
欲しいと言っても、自分からは
家での様子を伝えた事なかったし
積極的に、話に行く事もなかった
のね...
それに気がついたのが3学期でね...
先生に申し訳なかったという
気持ちで一杯なんだ。
今日の面談の先生は、ほんまに
素晴らしい先生でね、よく勉強していらっしゃるし質問も的確
何より話しやすくて、安心しました
ただ、その先生は特学の先生なので
普通級の先生が、どれだけ
発達障害に理解のある先生なのか
すごく不安やわ...
ママさんの言うとおり、普通級の
担任が決まったら、また直接面談に行く事にしますね。
ほんまにありがとう~~

なおみさんへ

なおみさん、はじめまして。
コメントが途中になっています~
続きが気になるのですが...
良かったらまた来てくださいね。
ありがとうございます。
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。