スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中のアスペルガー後編

私は、人によく怒っている?と聞かれる。

そう聞かれる時は100% 怒っていない。

大人になった今では
非常に気を遣い
口角を上げて、ニコニコ顔を意識しているので
言われることは少なくなったが
うっかりしていると言われるし
表情の見えない電話でも度々言われます。

私は声が非常に低いので
意識して明るい口調で話さないと誤解される。

電話なんかは
とっさの事でどうもその意識が薄れやすいようです。

アスペルガーの特徴の1つとして
会話の内容に応じた表情ができないという
事があるようですがこれがすごく苦手でした。
子供の時は、本当にひどかった。

お友達が、悲しい事を話しているのに状況が理解出来ず
なぜかニヤニヤしたり...

真剣に、聞けば聞く程
相手を睨み付けるような表情になる事も多く

何で怒ってるの?怖い~とも言われました。

私はちっとも怒っていないのに
母親からはいつも「仏頂面して」と責められました。

これが本当に怒っていたら 私も納得できるのですが
私が普通に会話を楽しんでいても
そう言われてしまう時は辛いものがありました。

褒められて育つこともなく、秀でた才能もなかった。
話せばとんちんかんだし
自分が何を話しているかわからなくなるし(笑)

もともとなかった自信は、さらになくなり
ついに自分がなくなってしまいました。
そんな時に鬱病になり
大人になるにつれて
何かに依存せずには生きられなくなりました。

何でもそこそこに!が出来ない私。

本は読み始めたら一冊終わるまで読み続けないと気が済まない。
ゲームを始めたら24時間でもできる。

子供が出来てからは
世話が出来なくなるのでゲームを処分し
本もハマりそうな物はあえて、読まないようにしてきました。
私が、お酒やギャンブルに手をつけたら中毒になったと思います。

それと、私が未だに学習出来ないこと。

人の話を注意して聞くことが出来ない。

どうも、音列をそのまま記憶するようです。


そして後から後から、その音列が頭の中で反芻されて
やっと意味を理解する。


とっさの質問に答えられる事が少ないのはそのせいだったんだ。

人に嫌味を言われてもニコニコしていたのはそのせいだったんだ。


誰かと話をして、家に帰って洗い物をしている時に突然

「あ!あれは嫌味だ~!」などが、しばしばあります。


相手の目を見て話をすることも苦手です。

話が真剣であればあるほど
目を見ることは少ないような気がします。


怖い顔も無意識でしているかもしれません。

人の声を聞くためには
相手の他の人的感覚要素{触覚、視覚など}を
排除した方が、聴覚に集中しやすいらしい
ので
小さいときからの経験で自然に身についた
私なりの知恵だったのでしょう。

幸いなことに、今私の周りには
私が怒った顔をしている!
とか、目を見ない!
とかいちいちうるさく言ってくる人はいません。

それどころか、今の私を受け入れてくれています。

忘れっぽい私に何度も繰り返し連絡してくれる人がいます。

とんちんかんな会話をしても、面白い!
と笑ってくれる人がいます。

そして、こんな私を必要としてくれている人がいます。
なっちゃんは、自閉症の子を持っているので
アスペルガーの知識があります。
その彼女が私がアスペなんてありえない!!と言いました。
アッチは、私とモモが同じ病気ならモモは治るやん!といいました。
本当にそうかもしれないと思います。

子供の時に{強アスペ}だった私が、色んな事を学習して大人になり{弱アスペ}になれたのだと私は解釈しています。

モモには知的障害もあるようなので
全く私と同じようにとは行かないかもしれません。
でも、私がここまで来れたのだから
モモも、全ての発達障害児も
今よりずっとずっと明るい道を歩いていけると信じています。

コメントの投稿

非公開コメント

すみれさんへ

興味深く読ませて戴きました。
周囲の無理解さや、自分自身がアスペだという事を
知らないままに過ごされてきた間というのは
本当に私にはとうてい想像出来ないほどの
辛さや苦しみがあった事だと思います。
また、ご自身が子供さんに遺伝させたのでは
ないかとご自分を責める気持ち
なんだか胸が熱くなってきてしまう…
でもすみれさんはすごく自己分析をしっかりされていて
自分自身の弱点やそれをうまく回避する方法を
身につけてこられていますよね。
すばらしいと思います。
何がわかるのよぅ!って思われちゃうかもしれないけど
正直な感想です。
そして周囲の人達に感謝する気持ちを持てるという事
なによりもそれがすばらしいと思います。
フツーでも自己中心的な人はたくさんいます。
ましてや人に感謝する気持ちっていうのは
日常的に忘れてしまいがちな気持ちですよね。
そういう気持ちを大事に出来るすみれさんは
本当にすばらしい方だと思いますよ。
感動しました。

きっと、小さい頃からいろんな苦しいことしんどいことがたくさんあったでしょうね。
でもすみれさんが「強アスぺ→弱アスペ→脱アスペ」
と言われているように、過去、現在、未来へと前向きに前進していこう!っていう決意が感じられて感動しました。
素直な気持ちとして、すみれさんのような方がアスペだったとしたら、障害というものも何も恐れることはないって確信できます。明るい未来がきっとある!と。
きっとモモちゃんもすばらしい娘さんに育てていかれる、と勝手ながら私が太鼓判押します!
それにしても私もよく似てるところがあるんですよね~。私も表情が乏しいとか、何考えてるのかわからん、とかよく言われてきました。
私自身もいつも頭の中にモヤがかかってるみたいだし、決められた手順をこなすことは人より速いけど、考えて立ち上げていくような仕事は出来ません。
広く浅くいろんなことができなくて、凝りだすとオタクだと自認するまでのめり込んでるとか。
それと「嫌味だとあとで気づく」、これはまったくそのとおりです。その場ではヘラヘラ笑って聞いてたのが夜うちに帰ってからムッカ~!と腹が立ってくる。
で、夜も寝られなくなったりしてね。
ん~、私自身もギワクだ・・・

かずさんへ

私は夜はぐっすり寝てしまうのだ(笑)
こういう性格になったのは子供が生まれてからかな上のたーすけは、くよくよする神経質。モモはご存知の通りあんなんやから、私の悪いとこ少しずつ子供が持って行ってしまったようです
かずさんは、繊細そう
人に気を遣い過ぎて、優しすぎて疲れてしまうんだろうな~と思う。
私は、かずさん程人が良くないけれど、
こないだの記事を見て、すごく近いものを感じたの。性格とかじゃなくて、不器用というか生真面目というか、うまく言えないけど
同じように生きにくさを感じてきたんだな~って。私もほんの少しだけど、変わることができたのだから、かずさんも変われるはずだ
し変わって欲しい!と思いコメントしました。
人生で親友と呼べる人などそう何人もいないと思います。
今まで、かずさんが頑張って来た分、ちゃんと返って来ると思いますよ。かずさんのこと理解してくれる親友が現れるのを私も楽しみにしています。
おかんさんに続き、かずさんにまで泣かされちゃいました
嬉しいコメントを本当にありがとうございました。

視覚での記憶

視覚での記憶が強くていらっしゃるのですね。拝見していると、英語の勉強をしている日本人と似ていると思いました。日本人は読むのは得意。言われた英語も、ちょっと時間がたってから、意味がわかることが多いです。
そんな時期があって、英語力そのものがあがります。後から思い出して、そうだったのか!というのは、英語でも日本語でもよくありますよね!
専門的には、比較するべきものではないのかもしれませんが、興味深かったので、コメントしてみました。

あやかさんへ

はじめまして!
コメント残してくださりありがとう
ございます。
英語って確かにそうかもしれないですね。
発達障害の人は日本語より英語の
方がわかりやすいって話を
以前ブログのお仲間に聞きました
英語風日本語だったかな...
私は行きます、市場へ
みたいなものは覚えやすいんだそうです。
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。