スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクラな前フリ

この記事より「ネクラ三部作」でお送りします。

多少、今までの記事に重複する部分があると思いますが

読んでいただけると幸いです。

お笑い記事しか読みたくない方はスルーしてくださいませ。

ブログを開設したきっかけは、娘のモモが
広汎性発達障害との診断を受けた事がきっかけでした。
私は、モモに何らかの障害があることに
彼女が2ヶ月か3ヶ月の乳児の頃には気がついていました。
とにかく寝ている以外は泣き続け、私が抱こうとしても
抱かせてくれませんでした。

診断を受けたのが5歳の時でしたので
5年間私は、モヤモヤとした気持ちで過ごすことになりました。
病院へ診断に行こうとしても、保健センターや療育の先生
発達心理の先生は、その必要がないことと多少の発達の遅れや
こだわりがあるものの、発達障害とは違う事を力説しました。

5歳になって、周囲の声を無視して私は病院へ連れて行きました。
先生はひと目見て、モモに障害がある事を告げました。
幼稚園にその事を伝えると、幼稚園の先生も
その診断に疑問をもったのか、県内にある発達障害の専門医への
受診を勧めました。
そこでも結果は同じ。

しかも、ここまで放っておいたら遅いような事を告げられました。
確かに療育といっても
モモは障害児専門の療育へ通っていたわけではなかったので
そのことについて、どうしてきちんとした
療育をもっと小さな時から、受けなかったのか...
そう言われました。

その時には、私は素直にその言葉を受け取りました。

私が気がついていなければ、まだ良かった。
私はあんなにも早くに気がついていたのに
この子に
適正な療育を受けさせてあげることが出来なかった。
もう幼稚園の年長...
小学校まであと1年しかないのだ。

そして、同じような境遇にいる子供たちを
一刻も早く、救ってあげたいなどと思っていた。
私と同じ気持ちでいるお母さんが
1人でも2人でも私の書いたものを見て
子供の障害に気がついて、一刻も早く診断を受けて
適正な療育を受けることができれば
自分自身がとても救われるような気がしていた。

ちょっとずつ、そんな気持ちに変化が現れたのは
私がアスペルガーであることを告げられてからだった。

障害を持つ子供の母親という立場から一転
障害当事者になった。

私が小さな頃から感じてきた違和感や、摩擦や、突拍子もない行動の
数々は、そのせいである事を知った。
私の脳には膨大な記憶が残っている。
いくつもの部屋にぎゅうぎゅうに詰め込まれていて
扉を開ければ、雪崩のようにそれが襲ってくる。

それは、人間の標準装備であると私は信じていた。

誰しもそんな記憶は、正確に残っているものだと思っていたし
その他の、感覚過敏であるとか、こだわりであるとか
パニックになるのも、全てが標準装備。
ただ、自分の我慢と努力が足りないだけである。
そう信じて疑わなかったし、そしてその思いはまだ私から
完全に離れてくれる事はない。

しかし、私の記憶はモモの記録を載せる事や
早期療育を提唱するなんておこがましい事よりも
役に立つような気がした。
今は、たいていの親御さんは専門家顔負けに情報を持っている。
発達障害の勉強になるサイトは、たくさんあるのだ。
そんなサイトがたくさんある中で
私のブログにわざわざ足を運んで勉強する人間などいない。
私自身が、障害について詳しい知識を持ち合わせていない。
(誤解があるといけないので、書いておくが
まだ、モモが診断される前に親友の子が自閉症と診断された。
その時には、図書館の本を隅から隅まで読んだし思いつく限りの
本を取り寄せて読み漁った経緯はある)
ここに訪れてくださる方の方が、何倍もお詳しいのは間違いない。

モモはモモで、私は私...
自然体でいいんじゃないかな...
療育を受けさせる事ができなかったと
後悔して、悩んでいても仕方がない。
もしかしたら、それはモモには必要がなかったから
縁がなかったのかもしれない。
以前記事にした「人生にもしもはない」と教えてくれた
祖母の遺言を思い出す。

きっとそれによって
伸びる子には適正な時期に縁があるのだ。
モモは、行っても効果がなかったのかもしれない。

そこで、私は私なりに自然体で育児をすることにした。
モモのいい所は、そのまま残したい。
私は私で、出来る事を探す。

それが、現在のココロのひろばをつくるきっかけになった

少しづつ自分の記憶を整理していくうちに
頂いたコメントを読んでいるうちに
自分の特性を把握することが出来た
そして、ずっと隠して見て見ぬフリをしてきた恥ずかしい記憶が
決して恥すべきものではないことを知った。
少しづつ、表に出す事でそれは私の血となり肉となり
新たな私を創っていったのだと思う。

私は、この作業を繰り返す事によって精神が安定していくのを
感じたし、子供への関わり方もどんどん良い方向へ向かっていった。
自分自身を振り返り、整理することで
現在娘達に伝えるべき事やっておかなければならないこと
避けたほうがいいこと、言葉を選んで慎重に対処しなければ
ならない事を自分なりにまとめることができた。

私にとっても、子供にとっても大きな収穫だったのである。



(第一部 完)

次回は第二部「ネクラなつぶやき」でお送りします


コメントの投稿

非公開コメント

せなちゃんも産まれたときからおかしかったよ
いつもぼーっとしてました
おかしいと何回も医師に言いましたが
まだ一歳前なんだから
と言われましたよ
一歳半の時
先天性股関節脱臼
と診断されたときに
心身障害児療育センターの整形外科が脱臼を得意とする医師がいて入院しました
その時に医師が見てすぐに小児科医の診察
心理学の先生などの診察をつけました
小児科医から療育を紹介してもらって1年後に
精神発達障害
自閉的傾向
と診断されました
もし脱臼してなかったらどうなってたのか
なんて思うこともあったけど
筋肉が低緊張だったから身体障害がみつかって
知能障害も見つかったのかなぁと思ってます

さちさんへ

私、さちさんのブログを
全部読ませていただいたので
大体の流れは、把握していたんだけどちょっとびっくりしたのが
先天性の股関節脱臼に一歳半まで
医師が気がつかなかったの??
ってこと。
さちさんも不安だったよね...
あ..前から言おうと思ってたんだけど忘れてた。
グッスミン!!いいね!!
なんかね~身体の調子がいいです。
いい物教えてくれてありがとうね

私にとっても・・・

昨年秋、子供がアスペルガーの傾向があると診断されてから、ネットでいっぱい検索しました。
医学的というか専門的なサイトなど色々見ました。(勿論今も参考にしてます)
ただ、専門書・サイトなどは生きた情報ではない気がして・・・。
もっと生の情報が欲しくて、そして自分の気持ちを少しでも安定させたくて、ずっと探してました。(こんな表現しか出来なくてすみません!もっといいたいことはいろんな表現があるのでしょうが、表現下手です。。。)
わたしにとって、すみれさんのこのブログは、安心できる・心が休まるところなんです。
モモちゃんのお話や、すみれさん自身のお話は身に沁みます。
このブログに出会えて、とてもとても感謝してる一人です(*^^*)
すみれさんがいらしたから、我が子も大きな目で見れていることもあるし、とても参考にさせていただいています。
・・・母の感って、当たるものですね。  
私も子供のちょっと変わった点などは、1歳前から気づいていました。
その子ももうすぐ2年保育の幼稚園です。
これからどんなことが起きるのか、期待はありますが、やっぱり不安もあります。

脱臼はね柔らかすぎてわからなかったの
せなちゃんが大きくなってから抱き上げる時の股関節の音が気になったて
脱臼を得意とする医師さえもレントゲンするまで脱臼してる?
なんて言ってレントゲンだったから
これだけ柔らかいと診察だけではわからないね
と言われたよ
足が真横に開いて前後90度回るからね
今でもできるからね

かのんさんへ

すごく嬉しいです。
このコメントは、私が第二部を
アップする前にくださったものでしょう。
ちょうど第二部にこのようなコメントが私のブログに対する最大級の賛辞ですって書いています(涙)
ありがとう。
表現、じゅうぶんに伝わりましたよ
私ね、今ふわふわ舞い上がっています(笑)
第三部では、もしかしたら
そういってくださる、かのんさんを
はじめ、みなさんを失望させて
しまうかもしれません。
怖いです。
でも、私が犯罪者とかそんな話では
ないですよ(笑)
色んな方のブログやHP、本当に
参考になりますよね。
その記事に出てくる子供を可愛いと
思うと同時に、我が子も可愛いなあ
ってすごく温かい気持ちにさせて
もらえることが私も多々ありますよ。
幼稚園の準備は進んでいますか?
私は、制服をまだ買っていません。
買いに行かなくっちゃ~

さちさんへ

えええ~~!!
そんなことあるの??
やわらかすぎてわからないんだ...
確か、1ヵ月健診の時から
股関節脱臼の検査ってありますよね
それでわからなかったのかな..
と思ってたんですよ。
でもそう思ったら抱き上げるときの
音でわかった医師ってすごいね!!
せなちゃん、見つけてもらって
良かったね....
足、開きすぎだよ~~~
でもちょっと見たいよ~~~
せなちゃん痛くないのかしら...
でも想像したらめっちゃ可愛いんですけど...♪
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。