スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかな幸せ 人に生かされる

本日2本目の記事です。
まだ読んでいない方は、前記事「ささいな幸せ」を
御覧ください。この記事は、続きものです。

モモが晴れやかな顔で、でもちょっぴり恥ずかしそうに
1月18日を言えたことの他にも
私の胸を熱くした事があったので、記しておきたいと思う。


モモは、ジッと座っていることが出来ないときがある。
今日も、保護者席に座っている私の所へ壇上から
「蕁麻疹出た~!」
と報告に来たり、席の横に飾ってある雛人形の下に潜ったり
していた。

すると...
必ず、子供達が

「も~ちゃん!!」
「も~ちゃん!あっちあっち」

と優しく注意してくれるのだ。
モモは、その言葉に素直に従ってきちんと自分の席に
戻る事ができた。
それが、とても自然な光景で日常的にこんな場面が
繰り返されているんだということはすぐに解った。
モモをおかしな目で見ている子は誰もいなかった。
モモがみんなと違うから、注意してあげている
という奮囲気もまったくなかった。

まだ幼稚園なのだから、当たり前...
と思う方もいるだろう。
しかし、今までのモモはこんな風にみんなに
注意される事もなければ、どちらかというと
疎ましがられ、モモが近づくと逃げていくような
そんな場面が何度も見受けられたのだ。
幼稚園に行くたびに目にしてしまう、その光景に
私は、何度も泣いた。
幼稚園からの帰りの車は、いつも泣きながら運転していた。

周囲の人には、些細な出来事。
子供同士だったらよくある光景。

中には、皆に疎ましがられる子にはそれなりの理由が
あるんだから仕方がないのでは...
というような考え方のお母さんもいた。
ちょっと気心の知れたお母さんに、それとなく
自分の辛い気持ちを話した事もあった。
彼女の答えはこうだった。

相手は、子供だからね。
仕方がないよね...だって、嫌いな子を好きになれって
無理だよね...人の気持ちは変えられない。
大人はそれを隠せるけど、子供は隠せないだけなんだから


これは、まさに私がいつも思っていたことだった。
そんな事は毎日考えていた。
でも、他人からハッキリ言われると...眩暈がするほどキツかった。



それが...どうだろう。



みんなが、モモをクラスの一員と認めている。
そして、壇上で隣に座った子とスキンシップをとりながら
笑いあっている姿...

モモをどうにかこの仲間達と、同じ環境で過ごさせてあげたい。
知的の遅れは明らかなのでそれはとても難しい事なのは
わかっているのだが、みんなと同じ事で笑ったり
同じ事を考えて、意見を交換したりすることが
とても幸せなことなのだと、初めて気がついた。
それを自らが拒む事は自由だが、初めから制限される事は
とても辛いものだと感じた。

どのような形になれど、この関係がずっと
続いてくれる事...そして

モモちゃんはこういうキャラだから

という、暗黙の了解がこの子達を通じて
4月に入学してくる他の子供達にも届いてくれることを
切に願う...


そして、モモのいい所をたくさん見つけてくれて
子供達に折に触れて、伝えてくださり
モモのキャラ確立の為に、力を貸して
くださった先生には感謝の気持ちで一杯である。
出来る限りのことをしてくださって
モモに花道を作ってくださった。
あとは、モモと私が何とかしなくてはならない。


保護者達は、お誕生日の子供に向けて
一言づつメッセージを言う事になっていた。
私は、話す事は苦手である...
本当は、伝えたい気持ちが溢れかえっていたのだが

こんな言葉しか出てこなかった...


色んなお友達と仲良くできるようになって嬉しいです

小学校へ行っても、たくさんお友達を作ってください。

そして、みんなに...

小学校へ行っても、モモを助けてください。

よろしくお願いします



ともだちになるために、ひとはであうんだよ

どこのどんなひととも、きっとわかりあえるのさ

いままでであったたくさんの

きみと......これからであうたくさんのきみと...ともだち

ともだちになるために
新沢としひこ/作詞.中川ひろたか/作曲


お友達は、みんなでこの歌を歌ってくれた。
私の心の中とリンクしてしまったこの歌に、涙が出そうになった。

私がはじめて泣いたのは家に着いてからだった...
園から、お誕生日の子に渡されるプレゼントに
先生からのメッセージが入っていた。





ももちゃんへ

お誕生日おめでとう。

待ちに待ったお誕生日会ですね。

友達が大好きなモモちゃん。

友達が泣いていると、魔法の手が動き

涙を拭くためのティッシュがでてくるね。

そんなやさしくて、かわいいモモちゃんが

大好きです。これからもずっと見ていますね。


先生の許可を得て、掲載させていただきました。
本当にありがとうございました。



コメントの投稿

非公開コメント

ほんとにしあわせ・・・

「ささやか」だけど「心から」しあわせを感じます。
「ともだちになるために」の歌、のび太も卒園式で手話付きで歌ったんだ。今聞いても泣けます。
子供たちってある意味、残酷だよね。
ませてる子は特にすぐ微妙な雰囲気を感じ取って
「のび太くんなんか変な事、言ってる~」ってよく言われたし、仲間はずれにされたりもした。
でも、先生次第で子供たちの見方や接し方って変わる。明らかに。
のび太は折り紙やあやとりの「見本」にしてもらって「のび太くんってスゴイ!」っていう意識に変わっていったんだよ。
その子の素晴らしいところを引き出して認めてくれて受け入れてくれる先生。
素敵な先生と出会えたこともしあわせのひとつですよね。
素敵なお話で私もしあわせもらいました。
ありがとう。

まっぷ~さんへ

そうそう、今日先生が
ほんまは手話がついてるんですが
今日はしなかったと言ってたよ~
私は初めて聴いたんだけど
すごく素敵な歌だね。
>先生次第で子供たちの見方や接し方って変わる。明らかに。
先生や、周囲の大人の言ってる事や
気持ちを子供達は、ものすごく
敏感にキャッチするよね
すごく影響を受ける。
ってことは、自分の母親の
言う事ってすごい影響力だよね。
なるべく敵を作らないように
いつもにこにこを心がけなくては
いけないね(ちょっと、まっぷーさんのブログにかけてみました(笑))

ナチュラル・サポート

お友だちが自然なカタチでサポートしてくれる…。
とってもありがたいことですね。
ウチの長男の学年に、軽度発達しょうがいが疑わしいお子さまがいます。
そのお友だちと一緒に遊ぶ事を通して、ウチの長男は人に合わせるということを学びました。
学年全体も、今まで受け持たれた先生方に「今までみたことがないくらい、優しくて、まとまりのある学年です!」とお褒めの言葉をいただくほどになりました。
周囲の人々に癒しと笑いをもたらす自閉症児。
自閉症児は世界を救う!
だいこん母はそう勝手に信じています。
『もうそう族』入会資格あり?(笑)

懐かしく

読ませて頂きました。
ユリが幼稚園に通ってた頃を思い出しました。
普通の幼稚園にユリは通っていて
入園してまもなく障害があるってことがわかったんだけどね・・・
医者の勧めで保育園に変えたほうがいいって伝えたら
次の日に園長から話があって
「私たちで何とかユリちゃんのこと見れないか話し合いました。
子供の人数も多いし行き届かないかもしれませんが
私たちで協力しますので、ユリちゃんをこのまま幼稚園にいさせてあげてください」・・・って・・。
引越しで、現在の地に越してくる前も
幼稚園の先生達は涙まで流してくれて・・・。
お友達みんなからの手紙は今も大切にとってあります。
今のマリのことを思うとね・・・
もう言葉が出ない
モモちゃん、これからも先生やお友達に囲まれて
楽しく通えますように。

だいこん母さんへ

自閉症児は世界を救うんですかっ?
でも、なぜか納得できる。
色んな意味で。
特別な才能を発揮する子もいれば
人を優しい気持ちにさせる子もいる
平和な子も多いですもんね。
癒されるよね...
そういえばマルは、モモにいつも癒されるって言ってますわ~。
だいこん母さんも
妄想好きですか??
どうぞどうぞ、いつでも
妄想族へ...
一緒に妄想の限りを尽くしましょう

ゆきこさんへ

そっか~
とてもいい幼稚園だったんだね。
そんなお手紙は一生の宝物だね...
マリちゃんの事があるのに
私の記事にコメントしてくれて
ありがとう。
うちも、これから
今までのように行かない事は
覚悟しています。
この先、色んなことが待ち受けていて、恐らく...今日の出来事を
懐かしく思い出す日が来るのだろうとも。
>モモちゃん、これからも先生やお友達に囲まれて
楽しく通えますように。
ありがとう。
そしてこの言葉を
マリちゃんとユリちゃんにも...
4月からの学校生活が
今までの何倍も充実して楽しい日々になりますように。

モモちゃんは、魔法の手の持ち主なんだね。
これまでも、お布団をかけてくれたり、掃除をしてくれてたりと
本当に優しいモモちゃんを知ってるけど、お友達にも優しいモモちゃん。
本当に、小学校でも、
他のお友達と仲良く過ごす事ができるといいね。
本当にそう思うよ。
今日は、すみちゃんホント、嬉しい日だったね!
すみちゃん、泣くのよ~
嬉しい涙は、どれだけ泣いてもいいんだよ~
で、睡魔は大丈夫???

たるちゃんへ

うん。なきたかったのだが
随所にお笑いポイントがあってね
なかなか泣かせてもらえなかったのね...だってさっきまで
あの人大笑いしてたくせに
今度は大泣き!?って引かれるでしょう(爆)
モモは優しいときと
怒ったときの落差が激しいの!!
怒ったときは、ほんまに鬼よ...
手が付けられない事もあった。
昨日も、私が
あ!もーちゃん、カンカンになってきた!!って言ったら、余計
カンカンになってたわ(爆)
なぜか、本日睡魔は訪れず...

それは…

この前寝すぎだよっ!(爆)
うちもね、この前お誕生会があったのだよ!
私も先生の言葉が嬉しくって!
一生の宝物だよ~
今度、日記にするからね~
って、また来ちゃったよ私…(笑)

良かったねぇ^^

すみれさん、こんばんは^^
素敵なお誕生会でしたね
モモちゃんもよく頑張ったねぇ!
本当に一生懸命によく練習しましたね!
お友達も特別視するわけでもなく
自然にモモちゃんと接しているのね
そういうの嬉しいよね^^
先生のメッセージも嬉しいなぁ…
なんだかうれしい事がいっぱいだよ!

ブログを読んでる私が泣いてしまいそうでした
お友達の歌って家のひーくんも卒園式で歌うらしくて手話と一緒に練習してた
なんか4曲位歌うけど3曲は手話がついてました
ひーくんの幼稚園は身体障害とダウン症とアスペの子が5人がいます
せなちゃんも入れたかったけど園長と何年も話し合ってやめたんですよね
今では良かったのかもとは思ってるけど
今の施設は誰も会話が出来ないので
普通の幼稚園で話しかけられて刺激になったのかなぁとも考えます
ももちゃんみたいに自然とみんなが
って言うのが本人にも周りにもよいのかなぁ
とも感じましたね

たるちゃんへ

また来たよ~(笑)
睡魔が訪れてないとか言いながら
寝てたし...私。
そら君もお誕生日会だったのね♪
それはそれは、是非とも記事に
してちょうだいな~楽しみにしてるよ!!

おかんさんへ

子供は大人の力がなければ
生きていけないのだけど
不思議と子供に教えられる事の方が多いような気がしませんか?
子供に生かされてる...
子供に支えられている...
そう思うことが最近増えました。
我が子のことばかりじゃなくてね。
園でのお友達だったり
こうしてブログをやっている
お仲間のお子さんの様子を見ていると、そんな事を思ってしまいます。
先生のメッセージ素敵でしょう?
一生の宝物です。

さちさんへ

昨日、さちさんのブログに伺って
過去記事を読んでいましたが
まだ全部読みきってないのですよ。
私は、全部読みきらないとコメントを入れる事が出来ないので
コメントもう少し待っててくださいね~♪
せなちゃん、さちさんのコメントではお馴染みなので勝手に親近感湧いています(笑)
子供達の刺激って本当にすごいですよね!!子供達にしかできない
魔法。大人がいくら言い聞かせても
わかってくれないことも、他の
子供を見てやり始めたり、言う事
聞いたりしてね~
せなちゃんの早く続きが読みたいの~
仕事に行って参観に行って
病院に行って...あ~早く読みたい(笑)

モモちゃん、ほんと頑張り屋さんですね。
そんなモモちゃんだからこそ!
ほんと読みながら泣いちゃいました。
私が年長さんの頃、違うグループの子に「よ~し~て~」といったらリーダー格の子にすごい顔されて「嫌っ!」と言われたことずっと覚えてて、中学校で再会してからも避けてました(笑)
今までモモちゃんも辛い事あったけど、その上から幸せな記憶が上塗りされるといいですね~。

泣けます(/▽;)

ふざけませんよ!ふざけたいけど(^m^;)
本当にね、モモちゃんからみんなが得ているものは多いと思うわ(T.T)
ウチの弟クンを障碍児園ではなく、公立の幼稚園に入れることに今でも迷っていてね。
変わった言動で今からすでに冷やかされてるからね~
入学前から(T▽T)
でもね~~~
モモちゃんのがんばりと、友達を思う優しい気持ちが上回ってたら、周りも変わってくるんだ!って教えてもらえましたした!!
ほんと、モモちゃんとkouがダブっちってダブっちゃって(;m;)
ほんとう良い記事ありがとう!
なんかがんばれそうやわ~(;▽;)
でもね、この記事、前のと分離投稿で正解!(爆)
サッカーボールになりたいと言った無欲(?w)なモモちゃんに別の涙腺が緩みまくってたから、涙が濁るし(笑)←コレが締めの言葉かいw;

魔法の手

先生は本当にモモちゃんの事
見てくれてるんだなぁって思ったよ。
魔法の手かぁ。
嬉しい事言ってくれるね。泣けるよ~。
いい先生に巡り会えて良かったね。
そしてお友達の意識が変わった。
些細な事かも知れないけど
私達にとったらとても重大な事で
こんなに嬉しい事はないものね。
もうね、嬉しいから
ビール飲みます(笑)←おっさんか!(笑)
乾杯~!!!

じゅんさんへ

あ!わかる~
高校の時にね
結構親しく話す子がいてね...
いつものように普通に談笑してたんだけど
幼稚園の頃の記憶が突然蘇って
こいつ...こいつにこんな事言われた記憶があるぞ!!って突然思い出して幼稚園の卒園アルバム引っ張り出して探したら、違うクラスに
その子がいてね(笑)
何だか、次の日からよそよそしく
なってしまったことがあったわ!
若かったのね~(爆)
モモの事褒めてくださってありがとう。頑張り屋さんは、誰に似たのか
謎です...

kanoさんへ

いいのよ。ふざけて~
っていうか、じゅうぶんkanoさんらしいコメントだけどね(笑)
え??モモからの影響ですか?
そっち方面では、あまり考えた事
なかったです。
モモから、何かを得られたなんて
事が実際にあるのなら
それは、嬉しいわ~
ちょっとちょっと締めの言葉~!!
ただでは終われないのね~(爆)
ちょっと恥ずかしそうに
うつむき加減でサッカーボール
と答えたモモを想像してください...

ママ子ちゃんへ

ママ子ちゃん飲んでますか~??
いつも嬉しいコメントをありがとうね!!
よくよくモモのこと見てくれるのがわかるのね...
ほんま、良かったです。
ママ子ちゃん、おっさんか!?(笑)
っていうか、手にナニが出来た時点でヤバイで~(爆)

もう卒園式の気分

うちの子もとにかく落ち着きがありませんでした(ASだったから仕方ないんだが)。
今日の記事を読んで園の先生方を困らせていた5年前のあれこれが頭の中に甦ってきました。
いくら子供同士のことだからと言ってもやっぱりそれを左右するのは大人(保護者、先生)なんだな~と最近考えています。
大人が余裕の心を持っていればこどもたちも互いにのびのびと遊べるんではないかなと。
モモちゃんもすみれさんも頑張りが実ってよかったっす。
 それでも多分サッカーボールにはなれんと思う。

へいたさんへ

吉村さん、こんばんは。
太郎君
今ではすっかりお兄ちゃんのイメージですが、たった5年前には
幼稚園だったんですね~
あっという間にモモも大きくなるんでしょう。
やっぱり、それでもサッカーボールは無理ですか...
残念です(涙)

素敵な誕生会ですね☆

読んでて涙があふれました。
本当に素敵な、優しい気持になるお誕生会だったんですね♪
そして、ももちゃんは優しい子ですね。お友達にも何にでも、優しい。先生のメッセージ、本当に良くももちゃんを見ていらっしゃるようで素晴らしいですね!
・・・やっぱり私も不安です。
この4月、わが子の幼稚園入園が。
もう幼稚園には子供がアスペルガーだと言うことは伝えてありますが、
クラスの子達に受け入れてもらえるのかどうか。
保護者会などがある時に、他の親御さんがいる前で、言うつもりではありますが、どうなるのか多少不安です。
でも読んで、まずは私が前向きになろうと思います。子供が笑顔でいられるように☆

かのんさんへ

かのんさん、ありがとうございます
保護者会などで、御自分の口から
説明されるんですか?
それは、私にはとうとう出来なかった事です...
何度も迷ったんです。
私は、人前で話すことは
自分の名前を言うのがやっとな
レベルなんで、もし伝えるとしたら
なんらかの文書かな..とか
色々考えました。
でも、出来ませんでした。
それを伝える事によって
周囲が理解してくださったら
嬉しいですね。
ほんの数人でも、気にかけてくださる人、子供にうまく伝えてくれる
人がいるだけでも違いますからね。。
いいことたくさんありますように!!
たくさん笑って、過ごせますように

そのつもりです。

はい、説明しようと思ってます。
どうなるか、ちゃんと説明できるか不安はありますが・・・。
上がり症なので、多分紙に書いてそれを読んで伝えないと、何をしゃべるか&頭が真っ白になりそうで(汗
昔は病気・障碍など隠してる事が多かったと思います。・・・今も日本の文化(隠す文化とでも言うのでしょうか?)は、隠すような感がみえます。  でも、やはり周りに伝えないと、分からないかもしれないと思って、旦那と相談して子供に関わる人には伝えていこうと思ってます。
この春からどうなることやら、不安はありますが、ホントいいことがあると良いな~☆
励ましてくださって、ありがとうございました!
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。