スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ...勘違い

すみれが小学校1年生の時のお話...

1年最後の終業式のことだった...

お父さんが警察官をやっているというS君が
(ちなみに出席番号6番)
この日を最後に転校するという。

前々から知っている子もたくさんいて、数人は親から渡された
餞別の品を学校に持参してきていた。



先生が厳かに話し始める...


来年もこのクラスのまま

2年生になるわけだが...

今日はとても残念なお知らせがあります。

この中に、別の小学校にいってしまう子がいます

お父さんが警察官をやっているので、これからも

何度も転校していくのでしょう...

頑張りなさいよ!さぁ...前に出て

みんなに挨拶をしましょうか...




先生が拍手をする。


それにつられて、皆も拍手をする。



拍手の花道を神妙な顔つきで一歩一歩前に進んでいく...


そのS君の後ろには、もう一人の人物が...

これまた神妙な顔つきで、一歩一歩教壇に向かっておった...




武士の妻



私だよ!


そう...S君の後ろから、おずおずと付いていき
私はS君の隣に並んだ。

クラスメイトは状況が飲み込めず、一斉に先生と私の顔を
何度も見ている。

S君は、隣に並んだ私を見て驚きを隠せない様子...
「え!」と小さな声で言った後、目を見開きこちらを伺う。


定年間近の担任の先生が、私に優しく声をかける。



すみれちゃんは

自分の席に戻りなさいや~


静かに首を振る私に先生が続ける。



え...と、ここは転校する子

が挨拶するところですよ。

すみれちゃんは、転校しませんよ~

自分の席に戻りなさい。




転校...します・・・



小さな声だったが、きっぱりと私は先生に伝えた。


まるで、武士の妻のような...

控えめでいて、どこか強さを感じる凛とした姿がそこにあった。






一斉にクラスの皆が騒ぎ出す...


(たいして好かれてもいなかったが)

え~!!すみれちゃんも転校するの??

いやだよう~~っ!!

どこに行くの?遠くに行っちゃうの?



みんなの驚きぶりもすごかったが...

1番驚いていたのは、先生だった。


すみれちゃん、せ...先生は

お母さんから何も聞いてませんよ...

それは、本当ですか?

嘘だったら先生は怒りますよ。嘘をついているのなら

今すぐ席にもどりなさい。




嘘ついてない...

本当に転校するって、お母さんが言ってた。



武士の妻が、声を震わせながら訴える。


私は嘘をついてはいなかった。
家の近くにあった軍隊式小学校に入学しなかった理由
以前記事にしたことがある。

軍隊式小学校は
老朽化の為に別の場所に移転することになり
工事はすでに始まっていた。
母は、校舎が新しくなったら、そこに転校しなさいよ!
といつも言っていたのだ。


そんな理由があり、私はS君と一緒に壇上で挨拶を
しなければならないと思い込んでいた。
ただ...私の父は警察官ではない...
なぜ、うちの父の職業だけ先生は隠すのだ?
という疑問はあった。


先生は、戸惑いながらも


あとで、先生がお母さんに電話で

聞いておきますね。まぁ...いいでしょう。

じゃ、S君から挨拶してね。


驚いた...S君は泣いていたのだ。

泣きながら
家で練習してきたような素晴らしい挨拶をした。



優しいおじいちゃん先生も泣いていた。


そして、これからもその強さで色んなことを乗り越えて行くんだよ!
と、S君に優しく語りかけていた。


みんなが集まって来て、S君に文房具などの餞別を渡していた。
涙ぐんでいる子もいる。
みんな口々に、また遊びに来てね。
また、絶対に遊ぼうね。と声をかける

続いて、私の番になった。
私は、語り始めた...




わたしも転校します。

軍隊式小学校に行きます。

みんなと遊べて楽しかったし、優しくしてもらって

嬉しかったです。私のことを忘れないでください。

お父さんは、○○という会社に勤めています

↑かなりこだわっている



先生が拍手をしてくれた。

みんなも一緒になり拍手をしてくれた。


1人の子が、使い古した鉛筆を持ってきて

「すみれちゃんにあげる」と渡してきた。
すると、みんんなが下敷きやら、使いかけの自由帳を次から
次へ持ってきてくれた。

ほんまはあまり欲しくなかったのだが
ありがとうとお礼を言って私は席に戻った。



いい送別会だった...
とてもいい会だった...



みんなを私は忘れない...
ありがとう。



たくさんの頂き物を手に、スキップで家に帰ると
母が玄関で待ち構えていた。








転校するって、言ったの!!?


送別会までしてもらったそうじゃないの!


なんでそんなこと言ったの!!



そして、そのまま母の車に乗せられて
1件1件、お詫びをしながら
頂き物を返して回ったのである。



ああ恥ずかしい!ああ~あんたは何で人の話をちゃんと
聞かないんだろう...
これじゃ、本当に転校した方がマシだねっ!!
恥ずかしくて、4月からみんなと2年生になれないよっ!!


ずっとブツブツ言っていた母。


ところがどっこい
私は何食わぬ顔で2年の初日には登校した。
そんなことはすっかりどうでも良かったのだ。
母と一緒にお詫びにうかがっていたお陰で、みんなも私の
転校は間違いだったと春休み中に納得したようで
私を咎める子は誰もいなかった...

ただ...本当に私が転校することになった2年の最後には
送別会は行われなかったし、おじいちゃん先生から
届く年賀状には、私が高校へ行くまで

あの事件は傑作だった。あなたは本当に面白い子供だった...


と必ず書かれていた...






コメントの投稿

非公開コメント

武士の妻ね!

あー笑ったよ~~
あのイラストもさ~
神妙な面持ちで、かわいすぎる!
でも 小1で 武士の妻のように挨拶できるってスゴイよね。
スミレさんの話って、マンガ化したらいいよ。
ちびまる子ちゃんを超えると思う。

武士の妻・・・

武士の妻、ってとこ、みょーにハマっちゃいまして・・・v-408
すみれさんって、奥ゆかしい小1だったんだね~!
でもさ、親のちょっとした冗談とか叱った勢いのセリフとか、真に受けるのってのび太もなんだよね~
すみれさん、お母さんのセリフ、本気にしちゃったってことでしょ?
これさ~マジで、のび太もこんな事やりそうで、笑いつつも人ごとじゃない感じで・・(すみれさんのお母さんの気持ちになってる私・・・)
私も、ゆゆさんに賛成です!
ちびまる子ちゃんは越えるよv-314

可愛い~

イラスト最高~!!
すみちゃん可愛い~!!
先生ヅラ飛んじゃってるし(笑)
先生にとってもいい思い出だったんだろうね。
さくらももこファンの私だけど
すみちゃんなら越せるかも~!

いやあ、笑ったらいかんけど笑っちゃいました。
絵面白すぎ!
なんで髪の毛飛んでるんですか。
かつらだとか。
そんなとこに反応してしまいました。

ゆゆさんへ

武士の妻!やっぱりそこだよね
ちょっと自分の世界に入ってたからね...
まっすぐ前を見据えて、きっぱりと
言ったのよ。
未だに、後ろのロッカーのランドセルが並んでいる風景と、後ろの
黒板に貼ってある表まで浮かんでくるよ~!
まるちゃん??ありえんっ!!
訴えられるわ~~恐れ多いわ~!

まっぷーさんへ

そうでしょ?そうでしょ?
母の気持になっちゃうよね。
私も今更ながら、母に感謝してる。
私を障害者と未だに知らずに育ててきたんだもの...
どれくらいの心労があったのかと
思うと辛いです。
口を開けば誰に似たんだか...って
よく言ってたけど、性格だとしか思えなかった時代だったんですよね。
今なら、母はもっと優しく私を
育ててくれたのだろうと思います。

ママ子ちゃんへ

何気に私、モデル立ちしてるし(笑)
こういう記憶ってみんな残ってるのかな...
どう?この出来事をあそこにいた
子達の何人が覚えているんだろう。
きっと忘れてるよね。
先生は間違いなく憶えているけどね
あ...S君は覚えてるよね。
S君は、私が一緒に転校したもの
だと未だに思っていると思うよ(爆)

へいたさんへ

ふふふ...先生のびっくり度合いを
表現するのに、あんなことを
してしまったのですが、名誉の
為に言いますと、カツラではありませんでした。
っていうか、おじいちゃんなのに
フサフサでした(笑)
ポマードがべったりでしたけど。

か、か、かつら…

ぎゃはははっ(爆)
飛んでる飛んでる!かつらがっっ!
先生、かつらだったのね~!
すっごい顔だわ(笑)
2人とも顔に腺入ってるし!
でもすみちゃん隣で武士の妻になってるし!
な~に~~???って先生思っただろうね!
聞いてないぞぉーーーーーーっっ!
って…
この絵面白すぎるわ!
あのすみちゃんが妹さんに熱いお茶飲まされた時の絵を超えたわ!
何気に左足ひいて、モデル立ちだし(爆)
そんな小学生おらんってぇーーーーーーーーーーーーーーーっ(爆)

たるとちゃま

たるちゃんっ!この先生は
カツラじゃなかったの!
逆にフサフサだったの!
でも、私が勝手に髪の毛飛ばしたら
面白いぞ~!ってこんな絵にしてしまいました(笑)
モデル立ちに気がついてくれてありがとう。気がついてもらえてよかったよ(爆)あのお茶の絵よく覚えてるね!さすがの記憶力やわ

ハハハ

すみれさんっておもしろ~い^^
でもちゃんと転校するって思ってたんだ!
小学生の頃って私も変なことよくしてたなあ。
クラスメイトたちが学校に注文してたクーピーを先生が配っている時、
そのクーピーがとっても輝いて見えて・・・
私は注文してなかったにもかかわらず
「注文してました」って先生に言って、結局母親に買わせたことがあったよ(^_^;
でもこの絵のすみれさん、一瞬モモちゃんかと思ったわ。かわいい!!
本当にお母さんは訳がわからなくて大変だったろうね。
でもきっと思い出いっぱいだね('-^)

ゆきこさんへ

ゆきこさんのお母さん、優しいのね
ところで、うちのマルは旦那に
激似!!モモは、私に似ています
今の私というよりは、小さい時の
私にそっくりなんだ。
モモが子供の頃の私の写真を見て
「これ、モーちゃん?」
って聞いてくるほど...

たまらん…

すみれさん…
これマジ、マンガにしてほしいよ~
母の発言って結構幼少期は「絶対」
だもんね~^^;
うち、悪い事すると必ず
「戸塚ヨットスクールに入れる!」
って脅されたよ…
「それだけはいやぁぁ~」って
泣いてた事を今でも思い出すし
母上と二人で爆笑しているよ^^

ご無沙汰ーーーーーーーっ!!!!

怪獣復活いたしましたーーーーっ!!!
・・・・・・ってきてみたら、
!!!!・・・・・武士の妻がいるーーーーーーーーっ!!!!(爆)
ひぃぃ・・・・・やめてくれー・・・・・(爆)
復活したばっかなのよぉう・・・わたしー。。
やっぱたまらんーーー・・・・・・
こっちこれてホントよかったわぁ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おかんさんへ

おかんさん、そうよ!
私達の時代は戸塚ヨットスクールが
恐怖の代名詞だったわよっ!!
関西では、吉本らしいけど...
吉本入れるで~!より戸塚のが嫌だって(笑)
あのニュースは衝撃だったもの。
逮捕された時のガッツポーズも
未だに忘れられないもん...(涙)

怪獣ママさんへ

復活おめでとう!!
いらっしゃい~~~。
そう、私は武士の妻になったり
時に山伏になったりするのである。
睡眠不足のママさんには
刺激が強すぎたかなぁ...(笑)
とにかく、回復にむかっていること
嬉しかったです。

怪獣ママさんへ

続き↑
ちょっと忙しくて
更新もなかなかできないんだけど
また遊びに来てね~~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。