スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモとマルの大好きな先生へ






S先生は
モモの担任の先生で、マルの担任の先生でもありました。

2人ともS先生に持ち上がりでお世話になったので
私は、他に先生を知りません。

でも、今まで
S先生以外の先生が担任だったら良かったのにとは
思ったことがありませんでした。

マルがお世話になっていた頃は
幼稚園の出来事を全く話さず、円形脱毛症になり
幼稚園に行くことを嫌がったマルのために
毎日毎日連絡帳にマルの様子を書いて
持たせてくださいました。

マルは、いつも先生の後ろにくっついてまわり
先生に会えるから幼稚園に行くと言うほど
先生の事を信頼していました。

モモの担任になってくださった時には
こんな奇跡が起きていいのかと思いました。

本当に嬉しかったことを昨日のことのように憶えています。

あれから1年8ヶ月...
色んな事がありましたね。

特に、モモの障害がわかった4月からは
気持がすれ違うことが多かったと思います。
私は、自分の要望や相談事を
口で説明するのがとても難しくて

どうですか?と聞かれても
何かあったら教えてくださいね
と聞かれても、うまく答えることが出来ませんでした。

何をどう伝えればいいのかわからななかったのです。

私が園側ときちんとお話したのは
懇談等を除いては障害がわかった報告と
加配の件のことだけでしたね。
私は、加配の要望に行った時に
これだけは何とかしなければならないと
思っていましたので、何度も何度も家で練習して行きました。

結果は、練習の成果も出し切れず...
でも、練習の成果を出し切ったと
してもどの道無理だったのですよね。

だめだったことは仕方がない。
それに、あの時に先生方は加配は無理だが
私達を信頼して預けてくださいとおっしゃってくださった。
私は、その言葉を信じてモモを先生に預けておりましたが
とうとう、私の不信感が爆発したのが秋のことだったと思います。

私が、普段から先生にモモの事や、自分自身の事をきちんと
説明できれば良かったのですが
どうしてもそれがうまく出来なかったので
先生方も戸惑っていたのでしょう...

今では、そう理解しております。

あの1件の時に私は


障害を持っているからと言って

特別扱いをしてもらおうとは思っていません。

ただ...園で怪我をしたとか、暴力を受けたとか

そのような事は、必ず伝えて欲しい。

そして、モモの様子を時々でいいので教えて欲しい。


そう言いました。

あれから、2ヶ月以上経ちますが
先生は、毎日連絡帳にて
モモの様子を知らせてくださっています。

1度お会いした時に、毎日じゃなくてもいいんですよ~
と言ったら
いいえ...大丈夫です!と
笑っておっしゃってくださいましたね。

加配の先生がついていない状態です。
モモの他にも子供達がいます。
毎日の連絡帳を書く事は、大変な労力がいることだと思います。

モモは今、幼稚園に行くことが1番の楽しみになっております。
先生はあまり御自分の武勇伝を語らないし
(私が、こうしてみたらモモちゃんはこんな風にできました等...)
モモ自身の口から、様子を聞くことは出来ませんので
私の想像でしかないのですが
友達とのコミュニケーションや様々なルールを
先生が積極的に関わってくださり、良い方向へ
導いてくださっていることは
モモを見ていてよく伝わってきます。

忙しい合間をぬって
療育や教育相談へついてきてくださったり
先日のクリスマス会の様子...
とても素晴らしいものをみせて頂きました。




みんなと一緒に動き、歌い
セリフまできちんとこなしていました。
先生があの子にどのように指導されたのか
私は本番よりもそちらが見たいくらいです。

大変な忍耐と、愛情が必要だったことでしょう。

そして、私が何より印象に残ったのが
キャンドルサービスでした。




暗い部屋で
先生が1人1人の子供達のキャンドルに火を灯し
子供達が壇上にキャンドルを持って上がり
歌を披露してくれました。

歌が終わるとまた子供達は1人1人先生の元へ戻り
先生は1人1人の火を消して行く。

私達保護者の席からは
先生の後ろ姿しか見ることはできないのですが
先生が1人1人に心の中で

「頑張ったね」って言っているような
気がしました。

本当にこの先生は生徒に愛情を持って接しているのだろうな...
と先生の背中を見て、感じることができました。


では、私もその先生の気持に答えなくてはいけません...
けれど、やっぱり私は面と向かってお話しすると
どうしても自分の思いをうまく伝えることが出来ません。

モモのことについても、先生の質問にはなかなかすぐに
答えることができません。

そこで、先生に思い切ってこのブログを見て頂くことに決めました。

今は、親子で発達障害というケースもよくあることです。
これからも、先生は様々な親子に出会うことでしょう。
たくさんの親子の中のほんの一例の親子ではございますが
これからもよろしくお願いいたします。




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

がんばったね!

今ね。
鳥肌が立ってるのっv-410
すみれさん。
がんばった!!!!!
よいこ、よいこ!!!!
って、頭をなでてあげたい。v-406
そんな頑張り。
せんせっ~~~!!!!!!!
同じアスペルガーの私からも、よろしくお願いしますっ m(__)m

すみれさん、お話するの苦手みたいだから。。。お話じゃなく、メールとか、FAXとか、とかとか。。。。。。
「どうですか~?」
とか、
「なにか」は、難しいですっ。
そうでなくて、○×△&答えようがないです!=□!の問いかけを!
子供達も、そうよねっ(^ー^)?
相手が答えを考えて、相手の答えを相手から引き出すのではなく、相手が答えやすいように。。。。
こころから、お願いしますぅ~~~!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すみちゃんへ

頑張ったね!すみちゃんの頑張りが
先生に通じたんだね!
療育も一緒に行って下さるなんて、
モモちゃんを心からわかろうとして下さってるから出来る事だよね。
先生もステキな先生ですね!
モモちゃんの力を引き出してくれて
本当に嬉しいね。
うんうん、良かった!

ぴーまんさんへ

ぴーまんさん、ありがとう。
あ...他にも色々ありがとうね♪
私は頑張ってないんだよ~~
積極的に先生に働きかける事もなかったしね。
先生と顔を合わせる機会はたくさんあったのにね...
とてもやりにくかったはずです(笑)
パソコンのメールは、私にとって最適なんだけど、生徒の親と個人的にやりとりは難しいんじゃないかなと
思ってました。
明日にでも聞いてみますね。
話は逸れますが
ぴーまんさんの言った
○○離れっていう言葉が異常に
ツボでした(爆)
確かにそうなのよ。
よく知ってるな~と思って(笑)
いつも真剣に読んでくださっているんだな~とありがたかったです。

たるちゃんへ

たるちゃん、いつもありがとう。
療育についてきてくれるって
やっぱり珍しいことなのかな?
そう思ってくれるってことだけでも
ありがたいよね。
教育相談なんかでも真剣にメモを
とってくださってたよ。
(私は、話を聞くので
精一杯。。。)
あとは3学期を残すのみだけど
悔いの残らないように努力するわ。

うるうる・・・

まるちゃんもすみれさんも素敵な先生と出会えてホント、よかったね~v-22
親って、すみれさんじゃなくても子供の事ってどこまで話すべきか、どうお願いしたらいいか・・・などなど考えすぎて結局思い通りに話せなかった・・・ってこと、あるしね~v-35
でも、まるちゃんの先生みたいな方だと何でも話せそうな気がする!
すみれさんもがんばったね~v-91
連絡帳、先生が書いてくださるのは遠慮しなくていいんじゃないですか?甘えられるところは甘えちゃって・・・。
私も今日、夕方、先生との個人面談・・・ひょえ~v-406

まっぷーさんへ

まっぷーさんありがとう。
そういえば、まっぷーさんとの
出会いは、秋口でしたね(笑)
ほんまに、ありがとう。
連絡帳は、そうですね。
ありがたく甘えさせていただいています。まっぷーさん、今日懇談なのね!うちは明日、マルの懇談が
あります。ひょえ~!はうちの
マルのほうだよ(笑)成績悪すぎだから...
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。