スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみれの袋詰め

すみれが小学4年生の時のお話。

うちの前には大きな農家があった。
そこのMちゃんは(←もちろん軍隊の一員)
私と同級生で、とてもおとなしい子だった。
滅多にお友達と遊ばせてもらうことが出来なかった私が
唯一何度か遊んだ子だった。

母屋の裏には竹やぶの他に、ちょっとした木々が生い茂り
樹齢100年は軽く超えているだろう
その高い高い木を見上げると
重なり合った枝と枝の間から
木漏れ日がキラキラと輝いている。
私にはそれが、魔法みたいに思えたものだ。
魔法のステッキを一振りした時に出るあのキラキラは
きっとこの木の上のキラキラと一緒だ~

Mちゃんと一緒にその小さな林の中で寝転んで
なーんにも話さずにいつまでも眺めていたのを
昨日のことのように憶えている。

Mちゃんは、そんな事を楽しいと感じていたのかはわからない。
とてもとてもおとなしい子で
自分の意見は1度も言ったことがなかったから。

いつものように、2人で林で寝転んでいたときのこと。

ポツポツと雨が降ってきた。

ポツポツだったはずの雨は、みるみるうちに土砂降りになり
私達は急いで母屋に避難した。

土間に座り、雨が止むのをしばらく待っていたが
雨脚は強くなる一方で、私が帰宅する時間も迫っていた。
車で送ってもらう距離でもないし
私は走って帰ることを告げ外に飛び出した。

すると...Mちゃんのパワフルおばあちゃんが



こら~!すみれ~

そんな雨の中、帰ったら風邪ひくべが~!!



と、私を家の中へ押し戻す。

傘を貸してくれるという申し出は
受けることが出来なかった。

傘は人数分しかなかったし
私がそれを借りることによって
迷惑をかけるような気がしていた。


何度も、走って帰るから大丈夫!
と言う私をその家族は引き止めて

にわか”とんち大会”が開催された。

いかにして、傘ナシですみれを無事に家に帰せるか...

口火を切ったのは、パワフルばあちゃんだった。



すみれ~!ホレ

これ被って帰れ~~これなら、濡れねえべ。



出してきたのは、厚手のビニール袋...

いやあ..ばあちゃんありがとう。

これでアタシも助かったよ..



って...それ



肥やし袋じゃんっ!!


Mちゃんの母は、それを受け取り水道で洗い始めた。
嫁と姑...華麗なる連携プレーである。


一方、Mちゃんの父は100メートル程の距離の
私の家まで車で送る!という提案を譲らず
軽トラのキーを半切れで探し始めた。
(鍵がなくて半切れ!)

Mちゃんの兄は、相合傘をして帰ればいいと言った。
もちろん、思春期の兄は遠慮して
M子が送ればいいことだ!と主張...

ちょっと肥満気味の弟は、お菓子を抱えながら
すみれちゃん、雨が止むまで雨宿りして帰ったらいいべ~と、私にお菓子を差し出す。

かなり、耳の遠いおじいちゃんは
事態を飲み込むのに時間がかかり



雨が降ってきたっぺ~
と、みんなに知らせていた。


肝心のMちゃんは、ずっとニコニコ..
でも心配そうに黙っていた。



パワフルばあちゃんが肥やし袋を片手に戻ってきた。

そして有無を言わさず

私の頭にそれを被せてしまったのだ。


前が見えない~っ!


ばあちゃんが言った。


穴は開けてっぺ~


そう...確かに開いていた。

目が2つに、鼻が1つ。

御丁寧に、口の部分まで開いていた...



でも...哀しいことに

誠に残念なことに...

それは、私のパーツには合わなかったのだ。




袋の中で顔をどんなに歪ませても

ばあちゃんの指定した場所に

パーツを出すことは出来なかった...


でもせっかくだし、もう時間も過ぎているし
そのまま帰ろうとした私...


Mちゃんの母が

あ!すみれちゃんっ!ちょっと待って~~

バタバタと走り私の方へ駆け寄って来た。


言われるがままに、そのまま待っていると
何やら、袋を切り始めた。



ん!?視界がハッキリ...したぞ...!?


すみれの袋詰め




初めは、私に遠慮して目をそらした御家族だったが...
弟がたまらず


へ..へん!変なの~~~~!!



ぎゃはははははは~っ!

笑ったらだめだっぺ~!

すみれが可哀相だっぺ~!


Mちゃん母はハサミを持ったまま、周囲をとりなすが
その目には涙が光っていた。
(もち、笑い泣き!)


おじいちゃんは
声にならないくらいの勢いでのたうちまわっていたし
半切れだった父さんまで...

こっち~見るなぁ~!

と言いながらうずくまっていた。

1番笑っていたのは、ばあちゃんだったが
そのばあちゃんの後ろで
Mちゃんが顔を隠して震えていた。


爆笑と、大歓声に送られて

私はその姿のまま、家路に着いた。


Mちゃんちの敷地内を出て
角を曲がったところで、私の母が傘を2本持ち
果物を抱えて走ってきた。


母は、Mちゃんちに持っていくつもりであっただろう
果物を落とす勢いで、前のめりになり
笑い転げた。

そしてあろうことか...

せっかくだから
そのままでおったらいいわ~♪


と言った。

かくして、私は果物を置きにまたMちゃんの家に
そのまま登場することになったのである...

あとは御想像にお任せします。

みんなの声は枯れ果てていたことだけお伝えしよう...

もちろん、うちの母の声もね。





コメントの投稿

非公開コメント

ぷぷぷ~!

すみれさん、ネタつきることないのね・・・v-218
ホントに楽しいすみれさんv-352
しかし・・・東北なまり丸出しです・・・v-404私は100%理解可能ですけど・・・v-413でも肥やし袋って、私は見たことないわ・・・米とか入ってるような袋かな?
すみれさんの周りには楽しい人が寄ってくるのねv-407
Mちゃん家族もなかなかのナイスキャラだもん!
すみれさんが引き寄せるんだね~はあ~笑ったわ、今日も・・・

すみちゃん…

ぎゃあっはっはっはーーー
ひぃーーーーーーっひっひーーーー
勘弁してよ~
今から保育園に行かなきゃいけないのーーーーーーーー
間に合わないのーーーーーー
ちらっと、記事見て…と思ったのが
間違いだったわ!!!
ぶぶぶっ!カワイイーーー♪
でも、おかしすぎっっ!(爆)
やめてーやめてーーーー
みんないいキャラだわ!
お国自慢よ!これこそお国自慢よ!!!
うわっ!すみちゃん、餅つき大会のお餅なくなってたら、すみちゃんのせいだかんね~自分の寝坊を人のせいにする私…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

また吹き出したよ~

イラストでたまらず 吹き出しちゃったよーーー
でも 誠に残念だったよね~
おばあちゃん案の犬神家のスケキヨばりのデザインで帰宅する姿も少し見てみたかった気がする・・・
ふぅ~笑いすぎて疲れた・・・

がはは~(笑)

どんだけネタがあるのだ~!!(笑)
おいしい~!おいし過ぎる~!
今回はあったか~くて、可愛い~お話しだったよ~。

まっぷーさんへ

東北弁は軽い地方だったんだけど
それでも、これは記事にするのに
わかりやすく私が翻訳しているのだ
こんなもんじゃないからね~
特におばあちゃんなんかの方言は
外国語だから~!
まっぷーさん、肥やし袋見たことないんだ!おコメが入ってる袋より
だいぶ厚めで大きな袋だよ~
まっぷーさんの地方の方言も
ものすごいよね(爆)
北へ行けば行くほど、口開けて
喋らないよね~東北人って!(笑)

たるちゃん

お餅は残ってた~?
そうや!これこそお国自慢や~
名産品や観光地だけがお国自慢とは
限らないのよね~
東北は、ものすごい人柄がいいのだよ~日本一穏やかな人間が住んでいると思う。
真面目だしね、その真面目さが
笑えるのだ!
そのままかぶって帰る私がまた
純粋よね~(自分で言ってるよ)

ゆゆさんへ

吹き出しちゃいました?
みんないい人でさ~断わるに
断われないんだよね...
でも、思ったよ...
これを誰かに見られたら、きっと
恥ずかしいんだろうな~って(涙)
目撃者が母だけで良かったです

ママ子ちゃんへ

これって、田舎ならではの光景
だよね~都会じゃありえないわ。
肥やし袋もないしね。
ほんまに、この時の事を思い出すと
私もあったかくなるんだ。
一昨年ばあちゃんが亡くなってね
今では、うちの実家は引っ越しているんだけど私が帰省した時に、みんなでお線香をあげに行ったの。
Mちゃんが、ものすごく社交的に
なっていてびっくりしたわ~
時の流れを感じたね...

かわいいーーーっ!!!

いやぁーん!!!すみれさん、超ぉカワイイ!!!
んもう、抱きしめたくなっちゃうくらいかわいいーーーー!!!
私も伊葉チャンにそのファッションためしてみようかなぁ。。(爆)
Mちゃん家の家族も最高!!
ホントいい人たちばかりだね。。
東北弁もね私すきよーー!!!
出稼ぎで友だちになった人は東北の人が多かったの♪→青森の人たち♪
あの人情豊かなところがたまらんわぁ~~。。

怪獣ママさんへ

えへへ...私もこんな可愛い時代が
あったんやね~
先日の記事では、強がっていたくせにね~!
でも、昔から共通しているのは
絶対にかぶりものを脱がないって
ことやね(爆)
なんで脱がないんだろう??
あ~栃木辺りでは、東北人にも
会う機会があっただろうね~
いいキャラしてるのよ~東北人。
それこそ、天然の宝庫かも!(笑)

くくく~!

すみれさん、こんばんは^^
いつもコメントありがとう。
色々お気遣いありがとうございました。
だいぶ気力も出てきたよ^^
ところでこのイラストは本当にツボよ…
何気に我慢しているような表情^^
しかし、されるがままの幼いすみれ…
元気が出てくるわ~^▽^

おかんさんへ

わ~い!久しぶりの登場~嬉しいよ~~♪
気力回復。でも無理せず、おかんさんのペースでゆっくりしていってね。
そうそう...
肥やし袋ちょっと臭かったんだよね
顔がむき出しになって、嬉しいやら
(ニオイから解放されて)
恥ずかしいやら(笑)

最高ね!

いつも面白いけど、この話はまた面白い!!
おとなしいMちゃんって私みたいだわ(^^;)
でもこの格好で歩いて帰るのは、かなり恥ずかしいわ。
よく帰ってたね(笑)
東北弁って面白いねぇ~本当に「だべ」って言うんだね!
この前の秋田の嫌な事件で、へぇ~東北弁って若い人でも
あんなふうに話すんだって驚いたよ(^▽^;
九州弁もそっちから見ると、面白いのかな?

ゆきこさんへ

それがね~方言は全然違うんだけどね、九州の一部の言葉と
東北弁は、イントネーションが
似てるんだよ。
昔、テレビで永瀬正敏とタモリが言ってたの。
でね、私もそれからすごく
意識して聞くようにしてるんだけど
田舎から上京してきたような人で
まだ標準語が完全じゃない...
でも方言は消えている...って人
は、九州の人か東北か区別がつかないことがあった~
少し話しているうちに、あ..
似てるけどちょっと違うかな?
って思うんだけどね。

おいおい!

東北在住のまっぷーです!
私は東北地方でも比較的都市部で生まれ育ちましたので、こんな方言は使いませんのよ~オホホ~!!
農村部に行くとこんな感じだけど、私たちくらいでもあまり言わないかな?
のび太なんか、「聞き言葉」じゃなく「文字の言葉」で言葉を理解してるので、めっちゃ標準語v-22
この前、遠い親戚のおばあさんと会って、「のび太君、~してけらいっちゃ!」(~して下さい)って言われて、「???けらいっちゃ、けらいっちゃ・・・」と呪文のようにつぶやいて・・・その場で意味は教えたけど、家に帰って辞書で「けらいっちゃ」を調べていました・・・v-12

また、おもしろいね。

うちのへんなら、どっかにいそう、こんなかっこで、走っていく子供、さすがにその袋はないけど、昨日子ども会の役員決めで書記がまわってきた、行事当日は子供しだいで参加できんことも話して、ひきうけたから、どうにかなるかな、字は以上にきたないけど、おたよりとか、パソコンでうてばいいようだし、だんなにもやらして乗り切ろうと思ってます。

まっぷーさんへ

おっと!まっぷーさんは、都会っ子
でしたか~(笑)
そうだね~同じ東北でも農村部と
開けている所じゃ、言葉に大きな
違いがあるね。
私は、幼少期は盛岡だったんだけど
育ったのは農村だったからねぇ~
ばりばりに訛ってましたよ(爆)
中学からは、そんな言葉を使うと
田舎モノ~って馬鹿にされるので
みんな、なるべく使わないように
なっちゃったけど(同じ穴のムジナなのに(爆))やっぱり東北弁はいいよ~

ケンワンさんへ

役員ですか~
私も昨年、学校の方でやったんですが忙しいし、付き合いも大変だった
よ。旦那さんが手伝ってくれるなんて心強いですね。
そうそう、パソコンは便利~
使おう!使おう!(笑)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。