スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙がこぼれそう 1

先日、モモが男の子に暴力を受けた。
私が送迎の当番で園に迎えに行っていたから、たまたま
それは私の耳に入った。



「喧嘩したんですか?うちに原因があったのかな?」



こういう場合、園側は誰と喧嘩をしたのかは絶対に教えてくれない。
別に相手を知った所で、押しかけるようなことする訳ないのだが
普通のお子さんなら、その相手の名前を聞いたら答えてくれるだろう。
でも、モモはそれができない。

言わない訳でもないのいだが
言うたびに相手が変わるので信憑性に欠ける...
嘘をつくことはしないから、名前が出た子達には少なからず嫌な事を
されているのは事実だろうが...

結局、相手はいつもわからずに終わっている。


いいえ...喧嘩じゃなくて...

一方的だったんです



こんな事があった後も、モモは色んな気になる事を言っていた。


自分からは上手く話せないモモの生活を知りたい私は、たまに

「○○ちゃんやさしい?」「○○ちゃん好き?」


のような質問をしてみる。

これは、障害児の母じゃなくてもやってるとは思うが...

すると...


うん。やさしい

でも、こうするの~


と言って、モモは


自分の足を自分で踏んでみせたのだ


そして、まだ続く...

また違う子にも

うん。やさしい

でもこうするの~

そう言って

自分の服をねじるように引っ張った


昨日今日、怪我をさせられた相手の名前はあやふやなのに
こういった質問に変えると色々見えてくるのだ。

そして、もうひとつ気になるのがお弁当。
好きな人同士で給食やお弁当を食べる日がある。
モモは、私に先生と食べた~みんな一緒に食べた~という。
これも真相はよくわからないが、必ずそこに先生が入っているのが
私にとって不安だった。

そして先生に、この疑問を思い切って尋ねてみた。

1つ目の質問は
先生は現場を見ていないのでわからないとのことだった
これから気をつけて見てみますが、子供は仲のいいときもあれば
喧嘩をすることもありますから...

2つ目の質問は、確かにそうです。
モモちゃんが一緒に食べる人がいないので、私が一緒に食べています。


とうとうこの時が来たんだ...

積極奇異型のモモは年少の時から、積極的に友達を誘っていた。
まだ幼いお友達も、モモのペースでなんとなく一緒に行動したり
モモがちょっとみんなと違うことにも、それほど気にならなかったのだろう

でも、いつかお友達がモモと遊ぶのは疲れる。
モモはなんか変だ...

そう気がついて離れて行くのだろう...
漠然と考えていたことがついに、現実となってしまった。


コメントの投稿

非公開コメント

どうしてかなあ

何も知らない私が言うのも何だけど、どうしてかなあ、先生の誠意が全く伝わってこないよ。
モモちゃんの様子は、親と伝え合い、一緒に考えていくべきだし、それが受け入れた幼稚園の、担任の責任なのに!連絡帳も意味ないじゃんねえ!仕事しろって言いたいよっ!
もし、いい先生だったらごめんね…
足を踏まれても、服をねじられても友達の事を優しいって言うなんて、親としてはたまらないね。
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。