スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずいろの貝殻とマル

海岸






マルは、現在小2の女の子。

生まれて1度も人見知りをしたことがない。

2歳5ヶ月の時に、モモが生まれてそれからは
我慢の連続だったような気がします。
子供なのに、我慢して表に出さないからストレスになり
幼稚園の時から3年程円形脱毛症になりました。

モモの記録にも以前書きましたが
モモの泣きっぷりは本当にすごくて...

モモが1人目の子で初めての子育てだったら、子育てに絶望して
この子と死んでいたかもしれないな...と今でも思うことがあります。

泣くだけならいい。

どんなに泣いても私が抱くだけで落ち着くなら
手の感覚がなくなろうが何時間でも抱いたと思う。

ただ、モモは私が抱いたからといって安心し
泣き止んだことは1度もなかった。

それどころか、私の手から逃げよう逃げようとして
反っくり返っては泣き、 少し動けるまでに成長すると
私から逃げて後ずさりした。

近所の人には「うるさい」と怒鳴られ
ベビーカーに乗せて外に出ても余計に近所迷惑になる。
私は、2人の娘を連れて夜のドライブを何度もした。

狭い車内では、モモの泣き声は更に耳につき
私の苛々は頂点に達し怒鳴り散らす 。

モモを叩いたこと何度もあるし
どうしよもない気持ちをマルにぶつけた事もあった。

でもマルは、モモに「うるさい」と1度も言ったことがなかった。
好きなテレビも、モモの泣き声でまともに聞こえなかったはずなのに。

定型発達の子なら普通の会話が出来る歳になっても
モモは自分にとって都合のいい会話しかできない。
片付けなさい!早くしなさい!

ほんとはモモに言っているのに、通じないから結局すべて
その言葉はマルに向けられる。

姉妹ともほぼ同時に、私に何かして欲しい時・・
例えば着替えを手伝って欲しいとき。
だいたいがモモは半ギレだ。

「もう!もう!」そういいながら、ひたすらジャンプして怒る。
その後に必ず例の{暴れ泣き}が始まるので
ついつい私はモモを先にしてしまう

モモが物心ついた頃から(泣く時は相変わらず私から逃げていたが)
未だに続いているのが、モモの過剰なスキンシップ。

私が座っていると必ず私の膝に来る。
マルが来ると大声を出して威嚇する。

半分ね。と二人を座らせるが、独り占めしたいモモは

マルをつき飛ばす、ひっかく、噛み付く...
出かける時も、私の手をモモが必ずとってしまう。

暴れると手を付けられないし
何よりそうなると私の機嫌が悪くなるので
マルはすぐにあきらめる。

私は、そんなマルに何か出来ないか考えた。
色々やってみたが、一番しっくりきたのが共通の趣味を持つこと。

うちの棚には、新婚旅行で買ってきた綺麗な貝殻が飾ってある。
マルは、いつもそれをみては「きれ~」と見ていた。

ある日、私の父から図書券をもらい、本屋に行った。どんな本を買うかマルとあれこれ悩んでいた時 ...

「お母さん!これがいい!」

貝の図鑑だった。

「うちの綺麗な貝殻の名前を調べたいねん。」

マルと一緒になって調べていくうちに
私もどんどん魅せられてしまいアスペルガー気質の私は
とことん収集するようになった。

車であちこちの海に行き
貝を拾うために海キャンプをして
貝を拾うために特急に乗る

大雨のなかでも合羽を着て貝を探した
あれは面白かった~皆でびしょぬれやったなぁ

マルが楽しそうに思い出す...

モモも海は大好き。

最近は、モモが一番珍しい貝を拾う。
目のつけどころが違うのだ(笑)


貝とモモ




みんなが好きな事をみんなで思い切り楽しむ
そんな生活をしているうちに、マルの円形も治った。

でも、未だにたまに聞かれる一言がある。

「お母さん、私よりモモの方が好きやろ?」

性格が全く違う二人。それぞれにいいところがあり
困ったところもある。
私の産んだ子ども二人どちらも同じくとても大事。
それはどちらも選ぶことは出来ない。

でも、私はマルなしでは生きられない。
マルがいるから、生きてこれたと言っても過言ではない。

このブログでは、どうしてもまたモモの事が中心になる。
だから、せめてタイトルだけでもマルの好きなみずいろと貝殻を
いれようと思ったのです。

お母さんはマルが大好きです。

生まれてきてくれて本当にありがとう。



追記..。

こちらの記事はココロのひろばを開設する前にやっていた
ブログのタイトル「みずいろの貝殻」で公開した記事です。
上記に述べたとおり
私にとって思い入れのあるタイトルだったので
また違う形で復活させたいと思っています。

なお...当時のマルのHNは「たーすけ」でしたので
コメント部分と、本文の名前が違うことを
ご了承くださいませ






コメントの投稿

非公開コメント

じーん

2006-07-01 18:49:03
たーすけちゃんに向けられた最後の言葉なのに、私がじーんとしてしまいました。
全部わかって我慢してたんでしょうね。なんだか切ないです。
貝殻の趣味、いいですよね~。
私も春先にとある海岸へ旅行に行き、親子3人で貝殻拾いしましたよ。楽しかった~!
息子はあれから貝殻が大好き、絵本でも海の中が描かれたものだったりすると、一番に「かい~」と貝を指差します。他に大きな魚とかイルカとか描いてあってもね。
もっともこれは、彼の“中心からズレたことに注目する”って特性に起因するかも・・・なんですけど。

仲間!

2006-07-03 08:57:43
ほんと~!?私の行く海岸ではサーファーか磯遊びの親子が殆どで、貝殻拾っている人にお目にかかった事がないの(涙)
貝殻拾いの仲間がいて嬉しいわ~
いつもコメントありがとうね!

うんうん(>0<)

2006-07-04 08:56:49
アッチはたーすけとモモが大好きだよ(*`▽´*)たーすけは、人一倍やさしい子で、友達や相手の気持ちを真っ先に考える子だよね。
うちの心が、たーすけを守る???
違う違う!!たーすけに守られてるよ。
心のアホな行動に馬鹿にせず、一緒にあそんでくれるたーすけ!!
素直に誉めてくれるたーすけ!!
友達の痛みに涙をながすたーすけ!!
友達の変わりに怒られるたーすけ!!
調子にのって我が子とハメはずすたーすけ!!
そして、そう、我慢強いよね。たーすけ!!
私たち親子はたあーすけが大好きだよ。
人を傷つけないために、いろんな事に我慢してるたーすけ!!
わかってるよ。見ているよ。
きっとみんな見てくれてるよ。
ちゃーんと見てる。
もうじき夏休みだね。
いっぱいハメはずして、いっぱい遊ぼうね。
お母さんの気持ち、いっぱいいっぱいたーすけは感じてるよ。
愛されてること!!いっぱいがんばってること!!
わかってるからこそ、いいぱいわかってるから、
大好きなお母さんとの貝拾いっとっても楽しいだろうね。
一緒の趣味素敵だよ。

うわ~!

2006-07-04 14:58:23
アッチ!!本物?(笑)この文は本物や~!
来てくれてありがとう。
仕事行く前のブルーな気持ちの時に見つけたから、嬉しくて仕事はかどったわ~
アッチのいうとおり、たーすけに伝わっていればいいけど...
これからも、よろしくね!
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。