スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占い 4

閉店してどれくらいの年月が
経つのか…昭和の面影を残す
小さな喫茶店で老夫婦が私を
待っていた。

鼻にチューブをいれた
男性が噂の占い師であろう。
にこやかなお2人の笑顔に
緊張が少しほぐれたような
気がした。

準備が整ったところで
テーブルに呼ばれた。
椅子に座ろうとした時に
占い師は、私の顔を見るなり
開口1番にこう言った…。


あなた亡くなったお父さんに
性格がよく似てる…

驚いた私は、しばらく
腰を浮かせたまま
占い師の顔を穴があくほど
見つめてしまった。

占い師とは、誰にでも当てはまる
話を相手の表情やリアクションに合わせて提供するものだと
私は思い込んでいた。

親に性格がソックリだと
言うのはわかる。
そんなことは誰にでも当てはまる。
それに私の年齢なら
片親が故人になっている可能性も
あるだろう。

しかし、占い師は
”亡くなったお父さんに”
と断言した。

優しい顔で目を細めこちらを
見ているおじいさん。


しかし、まだどこかで
その通りです!
私は父に性格が似ていて
父はおっしゃり通り、亡くなって
おります。

と、素直に伝えたくない気持ちが
私の顔を能面にした。

あなた、今人生で最も厳しい時期やね…。うん。
これね、2010年の秋から今年いっぱい続くね。
もう、トンネルの出口は
見えてきてるから
あとひと踏ん張りやで。

またこんな時期は来るけどな
今ほどではないわ。
今はキツイね。


私は何も語っていない。
ただ誕生日と名前を伝えただけ。


身体の左側は守られてるね。
怪我も病気も右側ばかりやな。


私の癌は右側だった。

スポンサーサイト
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。