スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お~~~疲れ様~~~~でし~~~~~た~~~~~!!!



先日の仕事中....

私は、お客様のテーブルの会計に向っていた。


その時のセリフは



ありがとうございまーーーーす。  だ。




しかし、私は どういう訳か.......



お~~~疲れ様~~~~でし~~~~~た~~~~~!!!




かしこか~~~しこまりました~~~か~~しこ~~~~~!!!


に、ちょっと似ている言い方をしてしまった。

ええ....要するに、ちょっとウザイ感じの。

居酒屋風若手美容師って表現ではわかりにくいだろうか?




驚いたのはお客さんだ。

だって、食事して お疲れ様って言われるのもおかしいし
お疲れ様の言い方が、どう解釈しても怪しいのだから。


私は、動揺していた。


皿を数えながら、何枚です。
やら、テーブルの上にあるものを口に出しながら
数えていかなければならないのだが


ちょっと混乱してしまった私は、口がすべり

もう一度


お疲れ様でした....


と、言ってしまった。



またしても!!



その瞬間、もちろん間違いには気づいた私だったが
お疲れ様でした。と口走ってしまったことに対して
失礼いたしました。と言うのもおかしい。

お疲れ様でした。と声を掛けるのにふさわしい場面ではないが
お疲れ様でした。と声を掛けたことを詫びなければならないほど
失礼な言葉ではない。

微妙だ......



なので、私は お疲れ様でした~ と言ってしまった責任を取り
微妙な空気の後始末をしなくてはならない。




ねえ....



その時点で、奥様風のお客様が ハンカチで口を押さえ
旦那様風のお客様が、


忙しいから、大変ですね~(爆)←ここで思いっきり笑う。
こんなにあちこちから一遍に呼ばれたら
集中できないやんなあ。


と、息も絶え絶えにおっしゃった。←なぜなら、笑っているから。




まだ事態を飲み込めていないだろう皆様に
私のセリフを整理してみたいと思う。



会計に向う



1.お~~~疲れ様~~~~でし~~~~~た~~~~~!!!

  (正解は、ありがとうございます。)

2・お疲れ様でした

  (正解は、お皿が○枚です)

3・ねえ...
  
  (一応、2番目のお疲れ様でした。に連動している
    お疲れ様でした....ねえ.... となる。
    かなり、相手をねぎらっている。)



お客様にしてみたら、「お疲れ様でしたねえ....」 と
言われるほど、疲れることはしていない。
寿司食べてるだけだ!
しかも2回も言われるほども食べてない。
せいぜい2人で7枚ほどだった。

お前、何ねぎらっとんねんっっ!!? 

が、本音だろう(笑)




おかげで
ちょいとミステリアスな店員という印象を残してしまった。



あの、店員さん、何だか影があるよね....?

思った? それに ちょっと 高嶺の花って感じで 手の届かない雰囲気よね...



↑もちろん、こっちのミステリアス。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

あまりの割り算ー学校からのSOS

あまりのある割り算 家での教え方

普通学級の担任から、家で 割り算を徹底的に教えてあげて
欲しいと依頼があったので (学校では、お手上げだった様子)
差し出がましいと思いながらも、家で実践した”あたりまえ”の
やり方を 学校でも統一してもらった方がいいと思い
まとめてみた。家と学校でやり方が変わると
理解できるものもできなくなってしまうもんね....

私がまとめたことは、あまりにも当たり前のことで
こんなことをわざわざ....伝えなくてはならないのか?とも
思ったが、学校で数人の先生が何日かかってもお手上げだった
”あまりの割り算”を 家ではたった3問で理解したのだ....
理解できているか最後にやったテストを入れて6問だった。
だからと言って私に教える能力があるのかと言えば全くない!
算数に関してはWAISで6の数値を叩き出すほどの知的障害レベル。
ちなみに、モモは IQ70....ありません。

しかし、今回学校から 躓いていることを教えて貰って良かった。
先生も、こんなことで親にSOSを出すのは.... と
どうしても言い出せずに、そのうちどんどん 子供が
置いていかれてしまう状況になっていってたかもしれないのだ。
担任の先生が新卒の先生で素直なのかもしれないが
その勇気に感謝....



モモは 筆算が得意であることから、割り算も最初から筆算での形で
入った方が、良いと思います。
足し算も、引き算も、学校で習う前から、モモには筆算の形で教えていました。

みんなと同じようにではなく

モモにはどの方法が一番理解しやすいか? 

という事で考えていただけると助かります。

彼女が周囲と同じペースで、覚えている間は良いのですが
躓いた時には、必ず、この子に応じたやり方があるはずで
それを探るための協力は何でもさせていただくつもりでおりますので
お困りの際には、何なりとお申し付けください。

さて、本日私が実践したことを順を追って説明します。


まず

見通しのつかないことが苦手である。
更には

一度に複数の不安要素があるとパニックに繋がる
その特性から


1.まずは、「3問解いてみて それが全部出来たら終わりにします。」
  と声を掛けました。(問題数は少なければ少ない方が安心です。)

   本人は、それで 少しやる気になります。

それと、掛け算の九九表を準備しました。九九は頭には入っているのですが
まだ完全ではない為に不安要素となります。
今日は、あまりのある割り算を筆算に直し理解することが目的であるので
掛け算に対する不安要素は、初めに取り除いておいた方が良いと判断しました。
傍らに置いておき、これを見ながらやってもいいよ。 と声をかけておきました。
結局は、最後まで見ずにやり遂げましたが、初めに安心感を得たので
もう~!!わかんないし! とか やりたくないし~!! とか
投げやりになる事態は避けられたと思います。
複数の不安要素は、パニックに陥りやすいです。

2.今本人がどのようなやり方をしているのかを確認しました。

学校で教えて頂いたやり方です。
ある程度は、頭に入っているようですが、このやり方は
足し算や、引き算などでも実践しなかったため
理解するのには、時間が掛かりそうです。

3.一桁の問題 7÷3= を例題とし
  まず、一桁の問題を筆算に直し計算してもらいました。




厂→この記号の意味を理解していないので
モモは、はじめに厂と書き、数字を中に入れていました。

そこで、厂 が”割る”であることを教え

必ず、声に出して

amariwarizan1.gif



と、書くように伝えました。



次に、本人が3の段を唱え始めたので答えを出すまで待ちました。

一度 3×2、3×3....と、通り過ぎてから
また 戻って「2」 との答えが出せたので
割り算の概念はおおむね彼女の中に
入っていることがわかりました。

あとは、 ”2” を どこの場所に置き

 ”6” をどこに置けばいいのかが

理解できれば、スイスイ解けるはずです。


amariwarizan2.gif


↑このルールさえ覚えれば大丈夫。

4. モモに解かせるのではなく、私が   同じような問題をいくつか目の前で解いてみせました。
   いわば、取り扱い説明書の動画版といったところで


① さん   ②にが   ③ろく のように



場所を確実にリズムに乗って
ゲーム感覚で数字の部分を大声で強調しながら
視覚と聴覚に焼付けるつもりでやってみました。


あとは



amariwarizan3.gif






であることを理解できたので、全3問で終了しました。
確認テストを3問しましたが、全問正解です。
15÷7 とか二桁の問題です。

本当の意味で理解したかはまだ謎ですが、それは
このやり方で、しばらく問題を解いていくうちに
自分の中で、一つに繋がる瞬間があると思います。


テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

モモの経験値


モモが友達を連れてきた。


実は、その友達は、2週間前にも来たことがあった子。
モモは、2週間前に 数年ぶりに友達と遊ぶ夢が叶ったのである。


今日は、更に 1人増えていた。



正直、前々からの約束で 人数や帰宅時間を知っておき
子供と約束事
(入れない部屋、触ってはいけないもの、片づけを含めて私の手を煩わさずにいれるかなど)を
してからでないと、友達を家に呼ぶことは許さないのだが
モモの場合は、前回から特例とすることにした。
それは、マルも承知している。

毎日熱望している 自分自身の力で約束をとりつけた友達なのだから
そのチャンスは、生かしてあげたい。


という訳で、その相手が、先日のブランコ事件の1人で
選挙の時に、こっちを睨んでいた子供だったのだけれど(笑)
私は、大歓迎だった。



三人は、宿題をした後でDSで遊ぶことになったらしい。




太鼓の達人を始めた様子だったが


友達A  [モモちゃんは、簡単な方がええやろ?]

モモ   「うん♪」


友達B 「モモちゃんは、難しいのは無理やんな?」

モモ  「うん♪」



と、いったような やり取りが聞こえた。



モモちゃん上手いやんっっ!!!

あれ~ モモちゃん すごいやん!!







モモちゃん、もう1回だけやろう!!
お願い~~~お願いだから~!!



になり


こっちが、曲決めていい?
これは、得意やねん!!



になり


もう、あかんわ....
モモちゃん、強すぎる.....
3年で一番かもしれん。


と、なっていた。




しかし、私は モモの異変に気づいていた。




モモは、大勢の子供達にあるような
勝ちへのこだわりを持っている。
しかし、うちでは 子供だからと言って こだわりがあるからと言って
容赦することはないし、幼稚園や学校などの小さな社会生活の中で

モモは、”1番”や”勝ち”のこだわりを少しずつ変化させてきた。
それが、妥協なのか折り合いなのかはわからないが


学校まで歩くのが1番早いは無理だけれど
あの電柱までなら、一番にたどり着けるよ


みたいな、感覚なのだと思う。



1番になると、もちろん嬉しいモモは
それを大きな声で繰り返すのだ。



今日、一番だった!!



一日中なら、まだいいかもしれない。
酷いときには、次の日も また次も
モモが思い出すたびに、それは繰り返される。
自分がすごいことを必要以上にアピールしたい
のだ。



すなわち................


いつものモモなら




ゲームをやっていて、一度勝ったら最後

自分がすごく強かったことを必要以上にアピールしているはずなのだ。



しかし、おとなしい。


友達が、モモを褒める声は聞こえるが
モモが、天狗になっている様子は伺えない。



どうしたんやろうか?
モモは今日、えらい しおらしいなあ...とは
感じていた。



とうとう、モモの1人勝ちで終わったゲーム。

強い!強い!の 大合唱に モモが答えた言葉に

私は、仰天してしまった。







毎日やってるからだと思う。

毎日やってんねん。


毎日やってたら、みんな上手くなると思うねん。







いや、なぜこのセリフが 仰天するかって.....




嘘だから!!



うちは、私も旦那もゲーム好きなので、子供には
ゲームの時間を制限していません。
しかし、2人ともゲームに触らない日が多く
どちらかというと、モモの方がゲーム好きで
それでも、一日30分未満かもしれないくらい。

中でも、太鼓の達人は滅多にやらない。




それなのに....の モモのセリフだから 仰天してしまうのだ。





人を褒めることに嘘をついてはいけないけれど

自分が褒められるときには、”嘘をついた方が良い場面”もある

と、教えたことはあったが

それを覚えていて実践しているとは思えない。



自分が生きやすくなるには? を この子なりに考え
実践しているのだろうなぁ

こんなに頼りない小さな子供....だとばかり思っていたが
彼女なりの人生の経験値は確実に溜まっている。

テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

誰だあああ!お前~!! 

シルバーウィークは、 四国へ行っていたのですが

帰宅が遅い時間になっていましたので
外で食事を済ませることになりました。
毎日、かなりのご飯の量を強いられてきた為に
(皿鉾料理ってほんますごい量なのよ!!)
家族全員、食欲があまりなく.....
昼はうどんで済ませたのですが、夜はどうしよう!?と
旦那が考えた末に、ファミリーレストランへ。

ファミレスなら、雑炊なんかもあるし簡単に済むだろうと....

さて、テンションが上がった私達。
何故かと言うと、うちは家族でファミリーレストランへ行くことが滅多にない。
理由は、旦那が大嫌いだから。
旦那は、ファミレスの独特の匂いを嗅ぐだけで吐きそうになるんだとか。
確かに、独特の匂いはあるけれど 嬉しい~。
私も、マルモモも、有頂天だった。ファミレスごときで...

とりあえず、席に座り、料理をオーダーし
私は、スープをもらいに席を立った。


スープを片手に、自分の席に戻り 水をゴクリと飲み
スープを飲もうかとスプーンに手をかけた...








はぁ!?










darekanoseki.gif





意味不明なんですけど.......





なんで、私 この席に座ってるんだ?????





隣と正面には、お風呂帰りと思われる パジャマを着た意味不明の子供2人と
これまた、お風呂帰りと思われる スウェットを着た母親らしき女性がいた。


君ら、何で、何でパジャマなん!?



って、一瞬突っ込みそうになったけれど

どうやら、突っ込みたいのは、相手の方らしかった。


当然だ。



毛玉いっぱいのゴレンジャーみたいなパジャマを着た男の子が
こっちを指差し

お前~!!誰だあああ!お前~!! 

とか言い続けてたけれど



女の子も、母親らしき方も、口を開いたまま 無言だった。




あららら。

私は、隣の席に座って 水を飲んで スープを飲もうとしていたのだ。


ここで、重要なのは、スープは自前だが
水は、隣の家族の誰かのものだということだ。



すみません。 と、急いで席を立ち
隣に座っている自分の家族の方を指差し
間違えたことをアピールして、更にまたペコリと頭を下げ

水を飲んでしまったことの非礼を詫び
新しい水を汲みなおし、その家族の席へ持っていくと
そこには 母親のお母さんらしき年配の女性が座っており



あんた~ 若いのに 自分の席忘れたらあかんやろ~!!



と、テーブルを叩いて滅茶苦茶 爆笑していた。




一方、うちの家族は 隣の家族以上に驚いており

マル曰く、恥ずかしさで、とてもいたたまれなかったそうだ。

隣のゴレンジャーが、ずっと マルを睨んでいたそう(爆)





私だって、思春期に 自分のお母さんが他所の席に座って
水を飲んでいたら、嫌かもしれん....ってか 嫌だよな....


しかも、お前~!!誰だあああ!お前~!! とか
言われてるの!


旦那も、隣のおばちゃんも笑ってたからいいとして


隣の子供も、うちの子供も


カンカンだったな....。





この面白さがわかるには、10年早いわいッ!!


↑もう開き直っている







テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

当たって良かった

いつもは、うちに遊びにくるマルのお友達だが
今日は、マルが遊びに行くことになったようだ。

うちに来て貰う場合は、モモも一緒に遊んでもらえるのだが
マルが、行く場合はそうはいかない。

それでも、マルのお友達や、そのお母さんの好意に甘えて
何度か、マルと一緒にお邪魔させてもらったこともあっのだけれど...


いつもは


一緒に行きたい!!

マルちゃんずるい~~!!

暇だ~!! も~ちゃんは暇だああ!!



って、大泣きパニックが始まるのに
今日はちょっと違った。


昨日、旅行の帰りに寄った青果店で 安く手に入れたフルーツを
綺麗に剥いて、ジュースを作ることを提案した私。

ほどなくして気持ちを切り替えたモモは
もちろん、喜んで参加した。
完熟したキウイを手で剥きながら



お母さん、1人は嫌いやねん。
ひとりぼっちは寂しいと思うねん。



と言った。



だから、マルちゃんがいてくれて良かった。


なんで、マルちゃんは もーちゃんと姉妹なんだ?

と、モモが聞いてきたので

私が、神様が決めたのかもしれんと言ったら



あーーー当たって良かったあああ.....



だってさ。



私もそう思う。

私も、マルとモモが当たって本当に良かった。







テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

マズイ2連発


いや、参った.....


シルバーウィーク 義母の里へ一族大集合の巻。




家に帰ったの、昨日の夜でして....

かな~り 疲労してまする。



疲労はともかく、体重が恐ろしいことに!!




4日で、4キロ増って何!?





私、病気!?

なんなの?4キロて.....!?



また、職場で、何を言われるか......

3日も空けたら また太った~? って言われるんだから!


確かに、太ってるし。



とうとう、5年前から 20キロ増!!


昨年の12月からは、わずか9ヶ月で 10キロ増!!



やはり、煙草を吸わないと 無理かもしれん。

煙草をやめて、はや9ヶ月....
しかし、まだ吸いたくて吸いたくて、吸っている人の傍に行って
副流煙吸い込んでる始末.....

これが落ち着かない限りは、太るのが止まらないような気もするな....


前フリ長いけれど
今日のネタはこれ。

うちのテレビは、まだ右上にアナログって文字が出てる代物ですが....


最近、非常に映りがマズイです。



具体的に言うと......



hatoyama1.gif




首相が、宇宙人に見えてしまうような映りです。









hatoyama2.gif





下の本人と、同一人物には見えません....



しいたけケーキ




お母さん!!


もーちゃん、これ何て読むか知ってるでぇぇ!!





無 花 果 





ichijikumoji1.gif








ichijikumoji2.gif






ichijikumoji3.gif


たけ






2213655760_e70932f478_m.jpg


ちょっと どや顔のモモである。











なぜに、しいたけ~!?











ichijiku.gif


馬様のお土産↑










た.....たしかにぃぃ~~~~!!












ichijikufurigana.gif







ふりがなは、完全に目に入ってません。









テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

カラオケメモ 2009年9月

9月某日

午前11:00~午後15:08 (市内R )

人数: もちろん1人

機種: JOYSOUND



storyAI

今、一番歌いたい。歌ってて気持ちいい

あなたに会えてよかった 小泉今日子

2回に1度の割合で歌う。高い声が出にくい日には
”優しい雨”にすることも

思いがかさなるその前に… 平井堅

煙草をやめてから、この歌が気持ちよく歌える。
それまでは、”瞳を閉じて”ばかりだった。

Get The glory ラフィンノーズ

1人カラオケでは、100パーセントの確率で登場!!
1度と言わず、連続でもあり。
私の青春だ。

Forget-me-not 尾崎豊

尾崎豊は、一番歌いやすい。
声質が合っているので、調子の良し悪しに左右されずに歌えるのがいい。
宴会などで、1曲披露してよ! と言われるときには
最適なのだが、さすがに親戚などの前で1人熱唱する勇気がない.....
尾崎豊の曲は、何でも歌う。

あの紙ヒコーキくもり空わって 19

大好きな曲。 実はモモも大好き。

君がいたから The field of view

この曲は、はじめて歌った。
昔、観ていたドラマの主題歌だったことに気づき急遽選択。
懐かしく、良い曲だった。次回も歌うかも。

ソウルサバイバ-の逆襲 Newest model

さすがジョイサウンド!!しかし、メスカリンドライブがなかったのが残念...
Newest modelの発見から、本を熟読.....
(いつもは、リモコンで検索するので、本は見ないのです。
ジョイサウンドの場合は、自分のページを作って曲を登録できるので便利ですよ。)


ヒカリへ ザ・ベイビースターズ

ワンピース主題歌は、必ず選曲。

ビリーブ Folder 5

こちらも、ワンピース関連。
ウソップの”そげきんぐ”があったら歌いたい!
♪狙撃の島で~

Cry for you  レプリカ

この曲を知ったのは、歯科医院で働いている頃の有線でした。
ちょっとした衝撃を受けて、その日のうちにCDを購入。
これは、私の中での名曲ベスト10入り。
DAMにはないので、この歌を歌いたいが為に
ジョイサウンドを選んでいる私。

モノクローム ヴィーナス 池田聡

1年に1度くらいの割合で、歌う。
中学の部活を思い出して、ちょっと切ない。
バレー部だった私は、上級生に的にされていた。
後輩全員的にされていたのだが
何故か、私に当たると一番得点が高かったという(爆)

雫 スキマスイッチ

今日のメニューの中では、一番得点が高かったかも...
歌いやすくて、気持ちいい。
やっぱり、ちょっと高めの男性の声が一番歌いやすい。
次にも絶対歌うぞ~

FRAGILE Every Little Thing

椿鬼奴の大ファンな私は、奴ねえさんが ELTいっくんのオーディションに
応募したという動画が大好きだ。
ねえさんは、この曲を歌い上げている(爆)
私も、ねえさん風にこの曲を歌い上げるのが楽しい。
全く、声が合わないけれど...めちゃくちゃだけれど

さよなら かりゆし58

松山ケンイチのファンです。
銭ゲバにピッタリの主題歌だったわ~。
ちょいと早口になるところは、置いて行かれ気味よ......
でも、気にしない気にしない。1人だし。


愛は時を越えて 大橋純子

これは、かなりうるさくなるので
1人カラオケでないと歌えません。
この方の歌は、声量の限界まで出さないと歌えません。
一度、隣の人に もう少し静かにしていただけませんか? って
言われたからね。カラオケでうるさいって言われたのよ.....
しかも、こっちは1人だったのに...。
ちなみに、その時に歌っていたのは
秋川雅史だった。

1人で、本気で千の風になってを熱唱するのは
ちょっと恥ずかしいよと、友人に言われたので
それ以来は歌わないように心がけている。


月光 鬼束ちひろ

何度歌っても、まともに歌えないのだが
非常に気持ちがいい。
私の中では、難易度ナンバー1かも。


Distancia~この胸の約束 杏子

これは、10年ぶりくらいか。
歌いやすいし、ちょっと上手く聴こえる不思議な曲だ。


Dear friends Peasonz

Peasonzも必ず1回は歌っている。
7colorsとかBE HAPPYとか。
JILLさんの声は、ハスキーだけど私には出しにくい高音。


みちのくひとり道 山本譲二

今回、唯一の演歌のエントリー。

青葉城恋唄 さとう宗幸

たまに、無性に歌いたくなる曲である。

恋人と呼ばせて 沢田知可子

5回に一度は、沢田知可子 である。
カラオケにある彼女の曲は全てレパートリーだが
調子が悪いときには、歌えない。

祈り 鈴木トオル

これも、有線で衝撃受けた曲。
ちなみに、LOOKも大好き。シャイニンオン君が哀しいもほぼ毎回選曲する。
鈴木トオル氏がLOOKのボーカルだと知ったのは最近だけど(声一緒やん!(笑))

今夜だけきっと スターダスト レビュー

たまに歌います。

Orion 中島美嘉

彼女の曲もよく歌います。
一番歌うのは、やっぱ~り あの星は~
LIFEも歌うのですが、やはり置いて行かれ気味....

GO GO heaven SPEED

実は、この選曲ははじめて。
最近よく見るから....

ゆずれない願い 田村直美

この歌は、高音だけど歌いやすい。
ストレス解消には、絶対にこれなのだ。
調子が悪くて、声が出ないと余計にストレス溜まるけれど。

ごめんね 高橋真梨子

よく歌います。

P.S. imissyou 高橋洋子

よく歌います。
この曲は、高得点が出やすい曲なのでおススメ。

マンハッタンキス 竹内まりや

竹内まりやは毎回歌うけれど、マンハッタンキスははじめてかも。

万里の河 チャゲ& 飛鳥

モーニングムーンか、この曲か 

離したくはない T-BOLAN

これも、超高得点が出やすい曲です。おススメ。
実は、私 この男性ボーカリストさんと同じキーで歌えます。
でも、モモに怖がられます....(どんだけ男声やねん!)

命のリレー 中島みゆき

この歌も、モモに怖がられます。
みゆき様風に歌うと、うんこ出ないの?って
言われました。

最後の雨 中西保志

最近観たけれど、全歌唱力衰えてないんですね。
全盛期と同じレベルを保つって、すごいですよね~
毎回選曲します。中西さんよりキー低いです。

春 spring hysteric blue

何気に名曲だと思う。
全く声出ないけどね。でも、無理にでも歌いたいのだ。
1度も、高音が出たことないのに毎回後半にエントリー。

愛はバラード 広瀬香美

たまに歌う。

チェルノブイリ ブルーハーツ

ブルーハーツは、コピーバンドをやっていたくらい好きだ。
彼等の曲はすべて好きだが、特にマーシーの作った曲が
好きだ。


手紙 アンジェラ アキ

2回目。でも もう歌わないと思う

眠れぬ夜は君のせい MISIA

これこれ。久しぶりに歌ったけれど、次も歌おう。

story Ai

最後に、これ。


最後の選曲はとても大事だ。
カラオケから、しばらくは 脳内を支配するからね。
さて、次には何を歌うかな。

天然ボケについて3 -変人万歳!!!

この記事は続いています。

天然ボケについて

天然ボケについて 2



私は、しばしば言い間違いをするのだが
それに自分で気がつくことは、稀のようだ。

http://kokoronohiroba.blog89.fc2.com/blog-entry-529.html

このようなことは、しょちゅう仕事中にしていて
仕事中には、自分の発する言葉、立ち振る舞い
すべてにおいて、最高レベルで意識を保ち集中しているので
気がつくことが多いのだ。


しかし、こんなことがあった。



私は、とある飲食店の接客を担当している。

ホールの中から、駐車場に車が入ってくると
車の台数を厨房へマイクにて報告する。


お車○台入られました。


さらに、車からお客様が降りられて
入店された時点で

いらっしゃいませ。

席にご案内した時点で

○○に1組3名様ご来店です。


となるのだが.....


最高レベルの集中が、何かによって
(例えば、お客様に同時に話しかけられる、とか色々)
一瞬、途切れると 脳内が混乱することはある。
(これって、誰でもあると思う)
そんな時にやってしまったのが


マイクで厨房に向って


いらっしゃませえええええ!!


だった。


厨房の中から、目玉が落っこちそうな勢いで
私を見つめるMさんのただならぬ様子を見て


自分がやってしまった間違いに気がついたのだが
その後にやってしまった失敗のことは
すっかり忘れてしまっていたのだ。


私は、その後 クルッと振り向き
入店されてきたお客様に対し


お車3台で~~~~す!!!


と、言い切っていた。

しかもお辞儀しながら....

でも、よくよく 考えても失敗らしい失敗は
これ以上のことは、浮かばない。
忘れているだけだという噂もあるが...



アヤッチと河嶋さんは正反対....

どうしても気になる....

正反対って、どういうことだろう?
私が解釈した通りだと、わたしは
職場の嫌われ者じゃないか~!!(笑)



そこで、私は 通りがかったSさんに



一体、私のどこが天然なんですかっ??



と、聞いてみた。




Sさんは、即座にこう答えた。




そうやって、聞くところっっ!!



普通の人はな、私のどこが?って聞かないねん。
だから、天然って言われるねん。
ほんまにもう!!


と、ブツブツ言っていた。


あ...これは、Sさんのキャラで別に怒っているわけでも
私を本気で責めている訳ではないのだ。
Sさん、ほんま面白い人なのだ。


何だか私はこう思った。


私の場合、何が天然なのかは、あまりにもリアルすぎて
みんなが口に出来ないのではないかと.....
本当は、みんなの中では
天然ではなく 変人だという思いがあるが
それを口に出してはいけないような、腫れ物に触れるような
そんな雰囲気があるのかもしれないと感じてしまった。


ごめん.....そうだったら....爆笑!!!


変人を天然という言葉に置き換えて
気遣ってくれていたというのに

どこが天然なんですかっ? って聞いちゃだめだよね....(笑)


私は、個人的に 天然という言葉が好きではない。
具体的に説明すると、敵が増えそうだから言わないけれど。
(天然にもグレーゾーンがあったりと、なかなか奥深いと思う。)

だから、どうせなら 天然より変人がいい。

変人ならば


私のどこが変人なんですか? って

聞かなくていいもん。



....................やっぱ、聞きたいかも(爆)


とにかく、変人万歳!!!




また3年後くらいに、天然ボケについて
書くかもしれん。ひとまずおしまい。


テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

天然ボケについて 2

私は、3年前に ”天然ボケ”について記事にしている。

http://kokoronohiroba.blog89.fc2.com/blog-entry-124.html



3年ぶりに、天然ボケについて触れるのには理由がある。
職場で、天然と言われ続けて早3年が過ぎた。
先日、ちょっとしたやり取りの中で、ヒントを得たので
ちょっとまとめてみたくなった。


天然と、一口に言っても、私が3年前に調査したような特徴を持つ人物が
天然ならば、私は やはり天然ではないのだ。
(天然とは頭の回転の早い人を指すらしい...)


私個人の印象として、人々は天然という言葉を


自分の尺度から少しかけ離れた行動や、言動をする人
に対して、使用していると思われる。
少しだけ自分より頭脳が劣ると思われる人に使うのが
ポイントなのかもしれない。
従って、上から目線である可能性は高いが
恐らくそこには侮蔑的な気持ちはない。
確実に好意的なものが混じっていると言っていいと思う。
嫌悪感を持たぬ人物に対して、使用される言葉なのだと私は理解している。



さて、 私とアヤッチは職場で よく天然だと言われている。
一番言ってくるのは、namiaさんだ。


しかし、私もアヤッチも 前記事にまとめた天然の特徴はない。



ということは”自分の尺度から少しかけ離れた行動や、言動をする人”の
意味で、天然の称号を与えられたと考えることができる。


アヤッチの場合は、可愛いおっちょこちょいをする。
喋り方も、行動も、すべてにおいて面白い。
おまけに、人に好かれる徳を持っている。
褒めすぎかもしれないが、人を惹きつける魅力がある。
恐らく、普通の人がしたら 絶対に許されないような失敗でも
彼女がやったら、許される可能性はグンと上がる。
これは、天性のものなんだろうと、私は羨ましく思う。
俗に言う、何をやっても憎めない。 そんな部分を持っている。


だから、周囲の人間が親しみを込め彼女を
天然と呼ぶのは理解できる。

アヤッチが、本当はものすごく頭脳明晰で
回転も早い女性だったとしても
彼女は、それをひけらかさないし
でしゃばることが嫌いなので
出来ることでも、進んで出来るとは言わない性格だと思う。
一方で、おっちょこちょいな部分は隠さない。
一生懸命になると、周りも見えなくなってしまうという(笑)
まさに愛すべき”天然”さんだ。




アヤッチとは、正反対の天然 と言われることが多い私は



可愛くない行動や、言動をし
人を遠ざける、絡みづらい奴で
みんなが許されるような簡単な失敗でも
決して許されることがなく
何をやっても目障りで鼻に付く 


正反対の人物像を想像すると↑こうなってしまう...(笑)
しかも、ちょっと当たってるから、怖い!
なんかやだ!!



一人が発した言葉


アヤッチは、リアクションが(かわいい)わかりやすいけど
河嶋さんは、あんまり テンパらんよな。
焦ることあるか?


・・・・・・・・・・・うん。 たくさんある。
でも、仕事中は失敗して焦っていても
あんまり周囲にはバレていないのかもしれない。



はっっっ!!!? もしやっっ!!



私が全く失敗なんかしていないよ!
完璧に出来てるよ!

って思っていたけれど

その失敗にすら、気がつかずに今に至る....なんてこたあ、ないよねえ....
それやったら、私がテンぱらないってのも説明がつくし
全く気づいてないのであれば、後で指摘されても
顔色一つ変えないだろうし....周囲からすれば
(↑失敗しているのに、申し訳なさそうな顔をしない奴ってこと)


ナンや....コイツ!!!!!???


なのかもしれん。





それと、もう一つ気になることがある。


意識がそこに無いために

失敗したことを何となくは気づきながら

流してしまうことがあるのかもしれん...ということ。




次回へ続く









テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

マジな屁理屈


うちの旦那は、口うるさい。

正直、お母さんみたいだ。

ってか、最近ここまでうるさい女もそうそういないと思うが。



モモの食事方法は、離乳食の頃から変わらないのだが
いわゆる”三角食べ”が出来ない。

同じおかずを食べ続け、なくなったら次のお皿
なくなったら、お味噌汁を全部飲んで
最後に白米を頂く....というような食事方法がなかなか治らない。


さて、 先日の夕食時 モモの目の前には、お茶碗に盛った
白米のみが残っていた。


私も、モモも ご飯が大好きなので
白米だけで、満足できる口である。


一方、旦那は おかずがないとご飯が食べられない人である。
白米だけを口に放り込むなど、旦那には考えられない光景なのである。



モモ、ご飯だけ残っているやん。
おかず残ってないのに、どうするん?


と、旦那が聞いた。


モモは、黙っていた。
白米だけで美味しく戴けるモモにとってそれは
大変ナンセンスな質問であった。



旦那は、もう一度聞いた。



モモ? おかずはどこや?

なかったらご飯食べられへんやろ?




一瞬、食卓に緊張が走る。








ここやで~!!







モモが、自分の口を指差した。






176129089_0fcdc542de_m_20090915153557.jpg





なるほど、今 まさに モモは

最後のおかずを飲み込もうとしている所だった。




た...た確かにっっ!!!




私と、マルは 大爆笑。

つられて旦那も 「おちょくってんのか!?」 と大爆笑。





モモは、皆が何を笑っているのかさっぱりわからず
笑われることが嫌いなので
プンプン怒り出したとさ。









テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

願いを込めて

9月12日はイオ君の誕生日。
なんと、うちの母と一緒の誕生日。


前日、なっちゃんのお宅へ行く前に
ケーキ屋さんで、見つけてしまった.....

高い。 でも、これあげたい。
しかし、いつもお世話になりっぱなし...
もらってばかりだし。


イオ君、これなら喜ぶかも~!!
なっちゃんは、驚くだろうな~。

ああ、顔が見たい! 早く見たい!



リアクション好きの血が騒ぐ!!

(↑完璧、父親譲り)


でも、高い......



一度は別のケーキをオーダー.....



あああああ....チラッと財布を開ける....

ああううううう.....!!!!!



あのう....これくださいっっ!!!!
すみません、本当にすみませんっ!!!
こっちに変更していただいても.......


早く~! 早く なっちゃんちへ着きたい!

早く上がりたい!(←厚かましい)



ピンポーン



なっちゃん~!!

イオ君~~~~~~!!


早くこれ見て~~~~~!!!!









anpanmancake.gif




ちょっと早いけれど Happy Birthday !!





たくさん泣いて、たくさん絶望して
でも、楽しいことも思いっきりあった11年。
なっちゃんとイオ君に共に歩んで来てくれた
感謝を込めて




来年も幸せな誕生日を迎えられますように。













テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

へへへ ほめられた

今朝、職場で掃除をしながら Kさんに


彼氏と旦那に、河嶋さんの話をしたら大爆笑!!

ちなみに、話をしたのは 最近の私のブログの記事にもしている

http://kokoronohiroba.blog89.fc2.com/blog-entry-493.html

http://kokoronohiroba.blog89.fc2.com/blog-entry-532.html


この辺のネタだったらしい。


旦那さんと、彼氏は いいネタ持ってる!
そういうこと、引き寄せる人間っているんだよな~
ほんま面白かった。 と喜んでいたという。

朝からありがとうなんて言われてしまった。


今から2年以上前になるだろうか?
この辺りのお誘いに乗って、mixiに入会した際に
mixiの活動はココロひろばの記事のコピペだった。

そしたら、山伏のエピソードに周囲が盛り上がってしまい
あだ名が山伏になりそうになったけ。

http://kokoronohiroba.blog89.fc2.com/blog-entry-64.html






実は、このブログの存在を知っているのは
職場に2人、アヤッチを含めると3人になるのだが
Kさんは知らない。

しかし、見ているnamiaさんが
あの話、超面白い~!話したって!! とか言うので
ついつい、朝から独演会をやらされる。
喋りは、文章と違い 非常に簡潔。
反応もリアルで感じることができるので非常に楽しい。

私は、もともと そんなことが好きだったんだ。
忘れてた。 
私の話を喜んで聞いてくれる、人の顔が好きだった。

褒められるのは嬉しい。
面白いって褒められるのはもっとも嬉しい。


この話はまた、リアクションの話に繋がっていく。


Kさんに、彼氏がいることへの謎は解き明かさない。




学校に行って伝えたこと

行って来ました。 学校。


事情を聞いてくれたという。


3人は、命令したのではなく、普段からブランコから飛び降りる遊びを
しているので、その延長だった。
昨日だけの特別なことではない。

保健室へ連れて行かなかったというくだり...

痛がっているモモを見て
○○ちゃん、保健室に連れて行ってあげたら?
○○ちゃんが行ったらいいやん。

というやり取りがあったという。

結局、3人ともまだブランコをしたかった。
意地悪な気持ちではなく、ただ単に遊びを中断したくなかっただけのようです。
と、先生。


3人は、一応 モモに対し大丈夫?と聞いたらしい。
しかし、モモが 怒って興奮していたので聞いていなかったし
そのうちに、一人でどこかに行ってしまった。
ということだった。

その話の最中に、時折モモが

嘘つき!! そんなこと言ってないやん!!

などと、興奮する場面があったらしい。
三人が嘘をついているのか、モモが嘘をついているのか
それとも三人の言っていることは本当で
興奮状態のモモの耳には届かなかったのかはわからない。



そんなやり取りがあっても、今日も結局その子達と関わっていたという。


意地悪をされても、話しかけてもらえる。
無視をされていても、近くにいることを許してもらえる。
だから、自分の居場所はそこにしかない。
そう思って、逃げられても笑われても
利用されても騙されても、そこに戻るのだと思うと私は伝えた。

あの子たちと、遊ばなければいい!

私は、何度モモに言ったかわからない。

でも、モモは 声を詰まらせて


じゃあ、モーちゃんは 誰とおったらいいの?

と、叫んだ。



そんなことを先生に伝えた。



そこにしか居場所がないという現実に、何か打開策はないのか...?
そんな気持ちで お伝えしてみたのだが
先生も難しいですね....と、黙ってしまった。

先生に 以前もお願いしていた休み時間の付き添いを
出来る限り、お願いしたいと言った。
もちろん、毎日じゃなくてもいいし すべての休み時間に
ずっと付き添っていただかなくてもいい。
週に1度でも、2度でも お昼休みだけでも、業間だけでも
コミュニケーションのお手伝いをして欲しいことを伝えた。

先生は、自分で付き添うつもりはなさそうだった。
それは、モモの他に自閉症の男の子達を担当しているので
そちらに付き添うからだろう。


大学生がねえ....大学生が来てくれる曜日で
ちょっと調整してみますが.......
難しいとは思うのですが......



10月になると、大学生の予定がわかるので
10月以降になってしまうが、調整してみるとの返事は
いただけた。

そこで私は、付き添いの調整ができたら
予定表のようなものをいただきたいと伝えた。

予定表は、その通りにはいかないかもしれない。
大学生は、突然休んだりもしますし....

と、おっしゃったが

それでもいいです。
今のままでは、私たちは付き添っていただけたのか
全く把握できないので、それは是非ともお願いしたいです。
予定が狂うのは仕方がありません。
毎日、連絡帳を頂いているので、そこに
付き添ってくださった先生の名前を記入していただければ
あ、予定通り付いてくださったんだな...
と把握できますので。

と、伝え 了承を頂いた。


それから、私は 以前から気になっていたことを告げた。


モモは、特学に在籍して普通級に通っている。
特学の担任は、モモの他に 自閉症の男の子を2人担当している。
男の子達が、音楽の授業などの時に 一日1時間程度
モモの授業に付き添うという形態をとっているのだが
遠足や、その他の行事もすべて 男の子達を優先するので
ほぼ、モモは1人で動くか 大学生のボラさんが空いているときに
助けてもらっている。

それに不満はない。

先生の数に限りがあるのだし、男の子達に付き添うことで
モモが手薄になるのは、全く問題がない。
当たり前のことだと思っている。
もっと、手厚くして欲しかったら、普通級に行かずに
男の子達と一緒に、特学で学ぶという選択をすればいい。

でも、今の形態にはちょっとした問題があるのだ。

特学に在籍していることで、普通級の先生は
モモを特学の生徒として扱っている。
要するに、あまり気にかけてくれていない。
毎日の連絡は、特学のせんせいとやり取りをしている。
そこで、ちょっとした要望や疑問などを話し合い
普通級の先生に、特学の先生が報告という形に
しているので、なおさら
モモは、特学の先生にお任せしているという
気持ちが、普通級の先生には芽生えているような気がする。

それにより二重の放ったらかし
が生まれてしまっているような気がしてならないことを伝えた。


それでは、うちが特学を選択した意味がないのだ。


入学時に

普通級で学ぶという選択→他校にて行われる言葉の教室に通える特典あり

特学に在籍しながら普通級で学ぶ→いざという時に逃げ場所になる。
授業についていけない場合は個別に指導してもらえる。


という選択をしたのだ。


ことばの教室は、今でも行かせたいと思うほど
良い先生が、良いカリキュラムを組んでSSTを実践されている。
しかし、私たちは モモが学校に逃げ込める場所を作ってあげたかった。
モモの特性上、トラブルは多いだろうと予想されたからだ。

でも、 モモは学校に逃げる場所などなかったのだ。
そんな環境を先生たちは、全く作ってくれなかったのだ。

それでは、明日も子供たちにちょっと事情を聞いてみて...
そう言う先生に私は伝えた。


そうではないんです。

もちろん事実確認は大切なことで、やってもらいたいです。
勝手な憶測で、うちの子が自分の意志で飛んだのだから
それが悪いよ! っていうのは納得いきませんから。

先生がそう決め付けられたことに私はまず疑問を感じてしまったんです。


あの子と一緒にいた子達の、モモへの日頃の態度や
飛び降りた後の モモが怒ったとか1人で保健室に行ったとか
飛べと言われたとか、その他色んなシグナルを出していたのに
先生が、それに気がつかれなかったことです。
気がついたら、当然 事実確認をされるでしょうし.....


それと、モモが 誰にも頼れずに
マルを探していたことです。

あの子が、マルを頼っていないこと の説明をした。


すると、先生はそれには気がついていたようだ。
1年生の頃は、本当によく頼っていたし
お姉ちゃんもよく気にかけていましたもんね....
と言っていた。


それの意味することは、先生は頼りにならない。
自分を助けてくれないと思っているのだと
私は、それがとても辛かったのです。
2人も担任の先生がいながら、どちらにも助けて!!と
言いにいけないという事実は、大きいと思います。


私は、あの3人に謝罪して欲しいとか
罰を与えて欲しいとか そんなことで来たのではなくて

そのことを先生にも知っていただきたかったのと
これから、どうしたらいいのか

それだけなのですよ。



そう伝えた。




今回、非常に驚いていることがある。

学校側は、花ちゃんの正体を知っていた。
というか....経緯は



一年生の頃から、クラスを離して欲しいとお母さん言ってましたけど
何となく、お母さんの言わんとしていることが私達にもわかって来ました。
花ちゃんの周囲との関わり方はだいぶ極端らしいですね。
人を動かす力があるというか、周りの子はつい従ってしまうような
雰囲気があるのは確かのようです。


と、大学生のボランティアさんが言っていました。


どうも、この先生は ボラさんからの情報で色んな判断をしているらしい。
自分で、見たり感じたりは出来ないらしい。

確かにボラさんの言っている花ちゃん像は間違ってはいないけれど
それは、あくまでもボラさんからの印象で
先生の感じた印象ではない。
大学生から聞きかじった情報をペラペラと保護者の前で喋るという
品格のなさに、少し驚いてしまった。

それって、私あの人嫌い!あんなことするし、こんなことする!
と、誰かに悪口を言って 悪口を聞いた本人が、たいした付き合いもないのに
私も嫌い~!! と言ってるようなものじゃないか。

お願いだから、自分の目で判断しようよ。

だから、ブランコから落ちたときにも
事情も聞かずに、自分の意志で飛んだのだから....という
考えしか浮かばなかったんだ...。
色んな側面から物事を見ることが出来ないんだ...。

ついつい、思い込んでしまうことは誰にでもある。
先生を責めることはできないけれど。

それに、人を変えられないことを私は知っている。
自ら、変わることは出来ても
変えることは出来ないと思っている。
出来るかもしれないけれど、出来ないと思うようにしている。
だから、人に対し期待はしない。



それと、どうしてもわからないモモの本心。
モモは、どうしてそこまで 人と関わることを望むのか。
そんな場所に身を置きたいのか...

今日、何度もそのことについて考えたけれど
モモの気持ちを本当の意味で理解できた自信がない。
私もマルも旦那も、非常に孤独を愛している。
そこまで人を求める理由を知りたい。
それが理解できたら、また他に打開策が見つかるだろうか...


人を求めないマルに、高いコミュニケーション能力を授け
人を求めてやまないモモに、なぜ それを与えてくださらなかったのか...

と、壁に当たるとついついもたげてしまう思いもあるが
恨んでいても仕方がない。

どうしたら モモが毎日笑って過ごせるのか
色々考えてみようと思う。


まずは、普通学級の先生と できればボランティアさんとも
話をしてみたい。















テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

いっきに吐き出させてくれ

続きものの途中だけれど

今日は、色んなことがあって 苦しいので 吐き出したい。


ちなみに、カテゴリ 「ごみばこ」 の記事は
コメントを頂いてもいつか、消してしまう可能性があります。
返信をせずに消すことはありません。


あたしは、今日 やっぱり人が嫌いだと思ってしまった。

なぜ、悪口ばかり言うのか?
なぜ、自分の意見ばかりを主張するのか?
なぜ、こうだからこうなって当然だと思うのか?
そして、わざわざそれを口に出して言うのか?
共感を求めずにはいられないのか?

ああああああああ!!苦しい~~~~!!



モモが、怪我をしたけど泣かなかった...と言って帰ってきた。
連絡帳を開くと



腰の辺りを朝怪我をしました。友達にブランコに乗っていて
遠く?高く?とべ と言われて やってみたとき こけたようなのですが
言った相手に対して怒っていたので とんだのは自分なのだから
全部相手が悪いのではなく、いやだったらことわることも大事だ という
話をしました。
ことわり切れなかったか、ちょっと挑戦してみようと思ったのかも
しれません。


そのまま掲載しました↑


モモに話を聞くと Aちゃん Bちゃん Cちゃん とモモの
4人で、ブランコをしていたそうだ。

怪我をしたのは、自らモモがブランコから飛び降りたのであり
他の3人は、押してはいない。


これは、確実だと思う。




しかし、他のことは 何一つはっきりしない。

モモは、他の子もみんな一緒に飛んでいたとか
やっぱり、飛んでいなかったとか
1人か2人だけ飛んだとか
よくわからなくなっている。

そうだ。モモに聞いても何もわからない。
説明なんか出来ないのだから。
説明できたら、日記も書けますよね....
その日にあった簡単な出来事を日記にも書けないのに
その時の状況を説明するなんて無理。


じゃあ、先生は他の3人にも事情を聞いたのだろうか?

何しろ、私が不安なのには理由があった。



今は、記事を公開していないが
以前、記事にした花ちゃんを覚えていらっしゃるかたはいるだろうか?
全35回に分けて 長い長い週末 という記事を書いたが
幼稚園の時からの、モモのお友達だ。

結局、マルに叩かれたと嘘をつき、その母親が開き直ったという
いわくありの家なのだが
モモは、どうしてもその花ちゃんと遊べるのが嬉しいのだ。

自分でも、いじめられるのはわかっているのだ。
それでも、ついていくのは
他に遊ぶ子がいないんだから。だそうだ。
モモは、意地悪をされても、無視をされても
1人でいるより、誰かと一緒におりたいのだとハッキリ言っている。




そして、その花ちゃんの手下の2人....

私はその内の1人と 先日の選挙の時に公民館で会った。
役員関連でその子のお母さんとは知り合いなので
挨拶をしたが、その子は モモから顔を背けて
お母さんの背後から時折 非常に不愉快な視線をこちらに
向けていた。 いわゆる ガンつけている状態。
モモが、笑いかけると フーーーンッ
と、するのが 馬鹿みたいだった。

正直、自分が履いてるスリッパ脱いで

パチコーンッッ!!!


って、やったりたかったわ!!


昨日も、モモはその子に意地悪をされていると言っていた。


花ちゃんと遊ぼうと思ってたら
その子が、こうするの!!

と、肘鉄を食らわす仕草をした。



やるだろうよ。 あの子の公民館の態度を見ていたらわかる。
それに、この子達は 幼稚園の時にはすでに

モモが○○ちゃん~!! と手を振ると

逃げろ~~!! って逃げてたくらいだからね。



個人的な感情は、山ほどあるわけ....



でもね、個人的な感情を抜きにして冷静に考えたって
この出来事って、このまま

とんだ モモちゃんも悪いのよ!

で、終わらせていいのだろうか?


私は、どうしても 先生に確認して欲しかったので
電話をしてみた。


連絡帳で拝見いたしましたが
ちょっと気になることがありましたので、電話させて
いただきました。



はい。


一緒に遊んでいた子は ○ちゃん、....で
間違いないですね?



ええと、はい。そうなのかな?
私、その辺は...



押されたようなことはないと、本人も言っておりますし
自分の意志で、飛び降りたのかもしれませんが
その時の状況を他の3人の子から
詳しく聞いていただけませんか?


はい....


気になる点がいくつかあります。
先生....まず


飛べ って言葉はおかしくないですか?
それに、モモは他の子は小さく飛んでいた っていう一言が
私にはものすごくひっかかるのですよ。
モモは、一番大きかったから、怪我してしまったと...





はあ...



要するに、他の子は低い位置で飛んだそうです。
モモは、高い位置から飛び降りたそうです。
周囲の子に飛べと言われて......



でも、自分が危ないと思ったら
自分の意志で飛ばないのではないですか?



そうかもしれません。
でもね、先生  いつもは相手にされていないモモが
今日は、ブランコの一番のリーダーにしてもらったと
言っていました。私は、そこが一番気になっています。

先生には、お話していませんでしたが
(ここで、肘鉄や、公民館での出来事を話す)
そんな背景もあるので、考えすぎかもしれませんが
慎重に対処していただきたいのです。

もしかしたら、他の子は怪我をするかもしれないことを
わかっていながら 一番高い位置で

飛べ!!と言ったかもしれません。

そうじゃないかもしれないけれど、そうかもしれないですよね。

あの子は、馬鹿だから あの子は1番にこだわりを持っているから
ブランコの1番のリーダーって言っておけば、飛び下りるんちゃう?
面白い~!!

って、思っているかもしれませんよね?



それは、考えすぎですよ!!
それはないと思います!!
まさか!!


*********************
すみれ心の声↓

私だってまさかだよ....
でも、あの子ならやりかねないんだ...
マルが、○ちゃんを叩いて、笑いながら逃げていった。とか
平気な顔で嘘をついてきた。

親に詰め寄られても、嘘なんかついてない
花のこと信じてよ!! って、涙を流した。

当の 叩かれたはずの○ちゃんが
私を叩いたのは、マルちゃんじゃないと
言ってくれたから、助かったんだ。


他にもあった。

モモに、今日突き飛ばされた。って泣いたらしいが
突き飛ばしたはずのモモは、生憎お休みだったとかね...
それだって、お休みじゃなかったら
モモは、言い訳なんかできないんだから
犯人にされてたよ。
実際、違う件で 菓子折り持って旦那と私が 花の家に謝罪に行ってるんだから。

*******************


他の子供たちは、そんなことはしていないって
言いますよねきっと。
でも、聞いてみてください。


モモは、ブランコから落ちて 保健室に1人で行きました。



ええ、そうみたいですね。


先生、あの年頃の女子が3人もいて
保健室に付き添ってこないのも不自然だと思いませんか?
目の前で、ブランコから落ちた子がいて
無視しているってことは

落ちるのが3人にはわかっていた
そしてやらせたのではないかと

私には、どうしてもそう思えるんですよ。



ああ、何だか個人的感情になってきてしまった...




真相はわからないだろう...

でも、私は 怖いのだ。


知的障害を持っている子は、簡単な心理操作で
危ない目に遭ってしまう。
実際、姉妹間でもそんなトラブルがあるのだ。
マルが、いいようにモモを操っている場面はよくあるし
それに、ホイホイ騙されて 騙されているのに
相手に感謝こそしているモモがいるのだ。

苦しい!!!!!!


どうにもならないことがある
納得できないことだらけだが
あえて、そういうものだと割り切ってカテゴリ分けをする
そんな話を書いた私だが
自分のことなら大丈夫。それが出来る。
でも、子供に関しては 割り切れない。
慣れていない。子育ては初めてだ。
知的障害を持った子の母親になるのも初めてだし
どんな風に、対処するべきなのかわからない。
ただただ、不安で仕方がない。



最後に大事な確認をした。


HPの方で 小学2年生時トラブルとしてまとめているが
それの2でhttp://mizuiro.tototama.com/minnanikirawareru.htm
休み時間に、支援員が付き添ってくれるという 約束は
どうなっているのか確認した。


先生は、毎時間はとても無理で... と言っていた。


ごまかすな!!


あの約束をして以来、ほんの数回しか
付き添っていないことを私は知っている。
それを伝えると 先生は

おっしゃる通りで... と認めた。


毎時間付き添えなんて、狂気の沙汰やわ。
それこそ、養護学校に転校しなはれ!と
私だって思う。
でも、一度もないのだ。
確実に3年生になってからは、ない。



 最後に、相手に対してなぜモモが怒っていたのか?

自らの意志で飛んだのなら、モモは怒る必要がない。

知的レベルは低いけれども、そんなことで逆切れはしない。




なぜ、そんなにたくさんのシグナルがあるのに
持ち上がりの担任は気がついてくれないのだろう?


モモは、ブランコから落ちた後
一人で保健室へ行く前に
5年生の校舎に行き、マルを探したという。


マルを探している時に 、特学の担任に会い
保健室へ連れて行ってもらったのだ。



先生よりも、マルを探さなければならなかったのだ。
マルは、学校では一緒に遊べないし
面倒も見れないと言っていた。
それをモモはよく心得ていて、もう2年間も
マルに頼りに行くことはなかったのだ。

それが、何を意味しているのか、私にはわかった。

誰ひとりとして、学校に味方がいないのだと
モモは、知っているからなのだ。



















標準装備からのグレードアップ~リアクション編 1

私は、ネットでも 現実社会でも

リアクションが大きい方だと思う。


リアクション無しか、大袈裟なくらいのリアクションのどちらか。


”こんなことがあったよ”のエピソードは
1人何役もこなし、お得意の物まねで男女の声も使い分け
演劇風に話すのが定番である。

(私的)標準装備(これ、私のお気に入りの造語。数年前から使っています)
のリアクションは薄かった。



そんな私が、ひな壇芸人のリアクションさながらの芸を身につけたのは
過剰なリアクションを求められ続けたからだと思う。


私の父は、尊敬に値する人物でそれほど欠点というものが
ない人間だったと思うが
非常にリアクションにこだわる人だった。
そこが唯一の欠点かなと思っている。

お土産や、プレゼントを買ってきては
嬉しそうな顔をしない!とかうるさく言っていた。
自分が、そのプレゼントをいただいて、どれだけ幸福かを
父の喜ぶように表現しなくてはならなかった。
(私が、そう思っていた)
おばあちゃんのお葬式で 私のいとこが泣かなかったら
あいつは、冷たい奴だと言った。

確かに、私のリアクションたるや....恐ろしいほど薄かった。


もともと、人が好きではなかったのにも関わらず
家には、見知らぬお客様がいつでも来ている状態。


うわ....また来てるよ... が本音なので
笑顔で挨拶など出来る訳がない。
だって、会いたくもないし。
挨拶はするけれど、笑顔は無理です。


すると、お客様が帰った後で、こっぴどく叱られるのだ。



ふたことめには 必ず


お前は、可愛げがない!と、言った。
弟や妹は、父や母が間違っていると思っても
事を荒立てないように、言いつけを守る(守るフリでも)

私は、絶対に言いなりにはなりたくない。
納得がいかない。
ましてや、フリなどすることは屈辱である。

そして、更に反抗して 孤立してしまう。



しかし、それだけうるさく言われ続けていると
無意識に、その言葉は私に中に刻み付けられている。

世の中には、どうしようもないことがある。
自分の中で納得がいこうがいかなかろうが

こうしなければならないものという
カテゴリーがあるのだと、私はその部分で自分を納得させた。


私の人生初 

こうしなければならないカテゴリー新設の瞬間だった。


これは、かなり長くお得に使えるオプションとなる。



続く






テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

オコラレテ シカラレテ ノビルヒト

母が毎日のように言っていた。





あんたは、怒られて伸びる人


妹は、褒められて伸びる人


弟は、怒ることが一つも見つからない人





先生も言っていた。


お前だから、怒るんだぞ!

お前は、怒っても大丈夫な子だ。




ワタシハ モット ホメラレタカッタ デス。



怒って伸びる子、褒めて伸びる子

そう決め付けられることが、何より嫌だった。









テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

モモの絵とマルの嗜好


うちの娘2人は、特別な趣味もないのだけれど
お絵かきをよくします。
毎日、あまりにも大量の絵を描くのでその日の最後にすべて
処分するのが日課なのですが、これは
私の友人の絵だったので 一応カメラに収めて
見せてあげようと思っています。


nacchannosanpo.gif



モモは、女の子っぽい絵を描きます。

マルは、昭和の少女マンガチックな絵もよく描いてるけれど
北斗の拳みたいな劇画チックな絵を描いたり
マガジンに載っているギャグ漫画みたいな絵を描きます。
自分の似顔絵を非常に自虐的に描きます。



ちなみにマルの大好きな漫画は

少年漫画部門 今日から俺は

少女漫画部門 スイッチガール



だそうです。
今日から俺は とワンピースで最後まで悩んでいました。


今度、忘れなかったら マルの絵もアップしておこう。


さらわんといて

モモと一緒に歩いていたら

近所のおじさんに声を掛けられた。


この子、娘さん?


はい。



2177151755_697509f175_m_20090905204155.jpg





嫌な予感.........

マルの場合なら


いつも笑顔であいさつしてくれていい子だねえ!


なんて、褒められることが多いのだが.....



モモだった場合 そうはいかない。





私は、身構えた。





えらい、可愛らしい子やなぁ! 

お姉ちゃんと一緒に 元気よく挨拶してくれますねん。

あんまり可愛いからな


えらいなぁ。 って褒めたんですわ。


そしたら、この子





さらわんといてなぁ



って、言うねん。



オモロイ子やな!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



あたしが、声を失ったのは言うまでもない。




テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

逆さの国へ

モモは、どこから仕入れてきたのか


おかあさん、口裂け女○○におるん?
(近所のスーパー)

おかあさん、口裂け女いやだ

おかあさん、口裂け女ご飯たべる?


と、矢継ぎ早に質問をしてくる時間が一日のうちに
必ず、一回はある。



最近の都市伝説ブームで、平成の小学生にもリバイバルか?



私の父は、車で15分ほどの場所にある
同級生の営む床屋さんに通っていた。
そこの床屋さんには、2人の息子がおり
私より一つ上の次男と私は、案外ウマが合い
私は、父について その床屋さんに遊びに行くのが楽しみになっていた。


そして.....
床屋の2階で、私は見つけてしまったんだ....
ハッキリとした時間はわからない。
彼等の部屋からトイレに向かうと、廊下は真っ暗だった。
恐らく、夜だったのだろう。
用を済ませ、ドアを開けると
トイレの電球に照らされ、廊下に落ちている一冊の本が浮かび上がる。
廊下には、雑然と何冊かの本や雑誌が転がっていたが
私は、カーテンの裾からチラリと見える
その小さな本に一瞬で心奪われた。


私は、次男とは友達だったが
そのお兄ちゃんとは、あまり親しくなかった。
お兄ちゃんは、いつも次男に偉そうに振る舞い
私には、ちょっと怖い存在だった。


小さな本を開いてみたい衝動に駆られたが
もし、この本がお兄ちゃんの持ち物だったらどうしようかと思った。
でも、これを兄弟の部屋へ持って行き

見てもいいですか?

と、聞く勇気が私にはなかった。


このチャンスを逃したら、もう この本の正体はわからないだろう。
父に連れられてここへ来るのも、次はいつかわからないのだ。


私は、そっとしゃがみ込み カーテンの下から覗く本の端っこを
自分の足元へ引き寄せた。
人の本を許可無しに開いていいものか、罪悪感で
手が震えた。


それは、 妖怪図鑑のようだった。




水木しげる氏のものではなく、何だか妙にリアルな
劇画チックな妖怪がズラリと並んでいる。



その男は逆さまだった。
逆立ちをしているのでも、ぶら下がっているわけでもない。
手が足で、足が手で 顔は、足の付け根から出ているようだった。

説明は非常に難しいが
内診台に乗った女性の足の形で
その股の間からおっさんの顔が出ていて
それを足代わりについた手で支えているという感じだ。

恐怖の逆さ男.....



息が苦しくなった。
今まで、見聞きした怖いものなんて
この男の恐怖に比べたら、可愛いものだ。
耳なし芳一も、あなたの知らない世界も、口裂け女も
何にも怖くない。



お前も逆さまにしてやるーーーーー!!!


と、男はこちらに向かい叫んでいた。

ひぃぃぃぃ



わっ



兄弟が、私の背後から脅かしてきた。
緊張が頂点に達した私は、声も出せなかった。

次男が震える私の手から 逆さ男を取り上げて
逆さ男について、熱心に語り始めた。



逆さ男に会ったら、何でも逆さまに言わなきゃならないんだよ!


何で?



それは、自分も逆さまにされちゃうからさ~!


すみれ心の声
そうか...お前も逆さまにしてやる!って言ってたもんな...



逆さまにされないようにするのは、どうしたらいいの?


逆さ男の質問に、全部逆に答えれば大丈夫だよ。


俺はカッコいいか?

って聞かれたら、カッコ悪いって言うの?

でも、それって本当のことじゃん。



違うよ。とにかく逆に答えればいいんだよ!



じゃあ、これは何ですか?って聞かれたら

かすで何はれこ って答えるの?




違う違う。その逆じゃないんだよ。
暑いですか?って聞かれたら
寒いです。 って言うの!!

もう、僕の言うことちゃんと聞いてくれないと
すみれちゃん、逆さまにされちゃうんだよ!




お兄ちゃんが

逆さの国へ連れて行かれるかもしれない~!!

と、白目で舌をベローンと出して脅かした。



い....いやだ。

自分が逆さまになってしまうのより、逆さの国へ連れて行かれるのだけは。

私は、必死だった。

自分が、逆さ男に会ってしまった時の対処法は、完璧にしておきたかった。



でもでも、逆さ男が寒いと思っていたら
寒いです。って言ったのが正解になっちゃうでしょ?


私は、そこの部分をはっきりさせておきたかったのだ。
そこは非常に大事だ。


次男は、だんだん不機嫌になってきた。
(その当時の私には、全く気づくことができなかったが)

反対に答えたらいいの!!
男ですか?って聞かれたら女です。って答えればいいの!!
すみれちゃんが女でも男でも、逆さ男の言うことに
反対に答えればいいだけだよ



うん。それは よくわかるんだ....
でもね、わからない質問が来たらどうするのよ....
男や、女だったら、単に反対に答えればいいってわかったけれど


あなたは、優しい? とかだったら.....

優しくないって言っておけばいいのかな?

あなたの家は何色? だったら?

色の反対って何?そんな時には

白の反対って?黒色?それとも 

”ロシ” って言ったらいいのかな?

うわ...でも そんな時にいきなり
 ”とまと” とか ”しんぶんし”って言われたら
反対に答えても逆さまにされちゃうし.......



もういいや、違うことして遊ぼう!と
次男は、別の遊びを提案してきた。
でも、私は どうしても白黒つけたかった。
逆さの国へ行くのだけはごめんだったから
どうしても知っておく必要があった。今夜、私の部屋に
逆さ男が現れるかもしれないのだから。

何をして遊んだのか、一切おぼえていない。


私の頭の中は、逆さ男に遭遇風シミュレーション状態。




しかし、帰り際に


すみれちゃんって、意地悪だよな~。

って、次男にポツリと言われてしまったことをよく覚えている。



小学校の時、私が どうして○○はできるの?
と聞くと、担任は自然現象だな...と答えた。
更に、質問を重ねると、廊下に立たされた。


お前、うるさい....と。




私にとっては純粋な疑問でも、人にとったら
意地悪だったり、うるさかったり。
適当な言葉が見つからなかったのだろうが
いずれにしろ、私の疑問というものは、非常に人を不快にするようだ。
いい機会に、思い出して良かった。
気をつけて生活しなければなるまい。


逆さの国へ連れていかれぬように。



テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

伝説のお菓子

先日、雑貨屋さんで見かけた懐かしいお菓子。


natukashiiokashi.gif



まだ売ってるんだね。



私は、今でこそ甘いものが大好きだが
子供を産むまでは、お菓子類が好きではなかった。
(というか、妊娠中に大好きになってしまった(笑))
遠足に、イカや梅干ばかり持って行くわけにもいかず
友達に渡す用として、いくつか持っていっていた学生時代.....

交換したお菓子を ”その場で食べなければならない”
というあの空気を思い出してしまった。
女の子は、お菓子を嬉しそうに食べなければならない。
みたいなあのノリは、昭和特有なんだろうか?
いやきっと今でもそうなんだろうな。

人それぞれ好みもあるし、今は食べたくないって思っている人も
いたはずだし、私のようにお菓子を食べるのならお漬物が食べたいって
思う人もいただろうけど、それなりにみんな楽しそうに食べていたなぁ...

私は、気が進まないと思いながらも周囲のお菓子を私に勧める熱意に推され
頂くこともあれば 空箱か袋に入れて持ち帰り弟や妹に分けてあげたり。
こういうお菓子のやり取りに関しては、嫌なイメージって残っていない。
なぜか、みんなが幸せそうに笑っている(笑)

お菓子って幸せな食べ物なんだ。


昭和のお菓子は、やたらと甘かった。というイメージがある。
ケーキも、羊羹も、饅頭も 甘すぎた。

私の好きだった駄菓子は、干し梅、昆布、よっちゃんいか。
甘いものの中では麩菓子 かな。

それで、今でも忘れられない私の中では伝説のお菓子がある。


doll*saiz様のサイトに綺麗な写真があります
左メニューの グリコパピーちゃんをクリック


パピーちゃん


こんな感じで入ってたんだよね!!


まんだらけ 中野店


写真見て、涙ぐんでしまった....


私は、紙製の着せ替え人形で遊べなかったんですよ。
人形が好きというより、洋服が大好きで
着せ替えをしたい気持ちはあったのですが
紙から綺麗に切り離すことが、小学校の高学年になっても
出来なかったのです。
ツメが必ず切れるし、小物なんて絶対に無理.....
きっと、コツがあったんでしょうけどねえ。

しまいに、母に 着せ替え人形禁止令が出され
このお菓子と出会ったのでした。
これなら、私でも簡単に作れたし
不器用な私が、はじめて何かを成し遂げたって
これが初めてじゃなかったかな?
未だに、子供の雑誌の付録は頑張って挑戦しても
作れないですから....

グリコのパピー 復活して欲しいな。


遊園地 (R)

家を建てる件とは別に、うちの経済状況悪化の為に
モモは、数ヶ月前に学習療育を泣く泣く辞めた。

仕方がなく、私がモモの勉強を見ているのだが
ほとんどお手上げ状態....
知的障害の子に勉強を教えるのほど難しいものはないよ。
しかも、我が子.....ええ、ええ....イラつきます。

でも、面白いこともかなり ある。


ある日の宿題。
これを読んでみよ。





yuuenchi.gif



お母さん、難しいよ~!!
この漢字~~~~!!




いんや、出来るよ。 じゃあ ヒント!!
ここ、遊ぶ所よ。



..........第三ヒントくらいまで出しただろうか?

---省略....




あのね、モモ じゃあ ここにはジェットコースターがあります。






あ!わかった~~~~~!!





imageyuu.gif


ゆう

imageen.gif

えす



imagechi.gif


じぇい♪







ちょっと 言い切った感あり。

テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

寒冷じんましん モモ3年生夏

寒冷蕁麻疹の話題 ごぶさた。

モモは、寒冷じんましんである。

カテゴリーの寒冷蕁麻疹に詳しいことは書いてあります。



冬の間は、毎日 抗アレルギー薬を飲んでいますが
夏の間もプールの間は飲ませます。

それが、プール以外でもちょこちょこと出るようになっていき

今では、冷房もダメですし
季節関係なく雨の登下校中に、傘からはみ出した皮膚にすら
蕁麻疹が出るようになりました。

アレルギー専門病院をはじめ病院はいくつか行ったのですが
どこも有効な治療法というのはなく、抗アレルギー剤で
症状を抑えることしか選択肢はないと言われました。

先日でかけたプールでは
うっかり、薬を飲ませることを忘れていて
蕁麻疹が出てしまいました。



蚊に刺された痕とそっくりです。
人によって気持ちが悪いと感じるかもしれません
クリックすると大きくなりますが
自己責任でお願いします





momojinmashin20098.gif





よく、大人になると 治るって聞くのですが
年々ひどくなるので、心配です。


My name is George


意識が少し飛んでしまうとロレツが回らなくなることがあります。


日常茶飯事でやってしまうのは

私の勤める飲食店のピーク時に



お席なお好きへどうぞ

訳:お好きなお席へどうぞ



言い間違いとは、自分では気がつかない物もある。


中学の時のことだ。
私は、体育委員をやっていて、体育祭についての
取り決めをクラスでしていた。
そろそろ、帰ろうかという頃合いに

当日は、制服で登校するの?

というクラスメイトの問いかけに



ジョージジャーゲで登校です。


と、私は言いきった....ようだ

クラスメイトは、途端に色めき立ったが 私にはその意味がさっぱり
わからなかった。
担任の先生まで、手を叩いて笑っているし
肝心の、一緒に体育委員をやっている男子も座り込んで笑っている。


何で?何で? 何で笑ってるんだ??




それからしばらく私は、男子から

ジョージと呼ばれることになった。

だから、ジョージと名のつく人物を見ると切なくなってしまう。






テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

私がブログを閉鎖した事情や小さな歴史を語ってみる

本日まさかの4本目。



先日、ある記事のコメント欄にて、ある出来事があった。

(双方に了解を得て、記事にて詳しく説明することにしてあったのです)



その前に説明をしておこう。
きっと長くなりますが.....

このブログには、小さな歴史があり(笑)

開設当初は、gooブログにて”みずいろの貝殻”という名前でやっていた。
約1年後、gooブログはとても使いやすく気に入っていたのだが
使えるパーツに限りがあったり、テンプレートを改造したりしにくいという
一面もあったので、FC2ブログに引越しをした。

引越しついでに、ブログ名を”ココロのひろば”に変えた。

......と同時に、ありとあらゆるランキングサイトなどに登録した。

私のブログを含めここ2~3年で
発達障害関連のブログは劇的に増えたけれど
その当時は、まだ少なく ブログ村のカテゴリーにも発達障害や
自閉症もなかった。
私より先に発達障害関連のブログをやっている方はもちろん
いらしたが(このブログにも来て下さっている)
ブログ村などのランキングには参加していなかったとも言える。
早速自分のブログが該当するであろう
障害児育児のカテゴリーに入ってみた。
当時は、4人だったかな(笑)日替わりでランクインみたいな状況でした。

全くパソコンの知識がなかった私だったのですが
HTMLやCSSやSEOなど、物凄く興味があって勉強しているうちに
だんだん、仕組みがわかってきました。
また、その当時は ブログを研究するのにもハマってしまい
思いつくすべての無料ブログに加入しては、使いやすさ、使いにくさを
調べまくっていた御馬鹿なわたし。
当然、発達障害のブログが少ない所に来て 
ランキングに入ったりちょっとしたSEO対策を施していたら
アクセス数も上がる訳です。

400、500、700とうなぎ上りに上がっていき
1000を超える日も少なくありませんでした。


しかしね、これがいけなかったのです。


アクセス解析なんて、見るだけ無駄です。
何がどうなっているのか、もうさっぱりです。
数字やランダムなアルファベットを見るのが好きな私は
コメントをいただいたら、たいていすぐにその方のIDは記憶していました。
しかし、解析画面は 目を離した隙にものすごいログが
ババーッと重なってきてしまう。
誰が来ているのか、何を目的に来ているのか把握できなくなったら
まず、すごく不安になりました。

その頃、よくメールフォームからいきなり


いつも楽しく読んでいます。
相互リンクしてください。

とだけ書いたメールも来ていました。

その頃は、だいぶランキングに参加しているブログが増えて
とりあえず1位のブログに声をかけておこう。と
メールをしていた方も少なくはなかったと思います。

実際、いつも読んでいます。
というその方のIDは、コメントを下さった日が初訪問だったりして
果たして、この人物のいう事をそのまま信じていいものか...などと
疑心暗鬼に陥る日々が増えていきました。

それから.....お付き合いのあった方々には
理由もわからず煙たがれてしまいました。

ある方に、アイドル気取りか?

と言われた日には、なんて返したらいいのかわかりませんでした。


そんなつもりは全くなかったし
私は、私なりにその方をとても慕っていたので未だに
あの時の衝撃は忘れられないです。
今は、もう笑い話ですが...。



そのうちに、皮肉にもどんどんアクセスは増えていって
掲示板系からのアクセスや、メールや一体何でここから?
っていう所からのアクセスも増えていき
全く収集がつかなくなってしまいました。
メールは、毎日最低でも10通は来ていました。
ピーク時で軽く50通は超えていました。
たいていは、初めて訪れる方々で
中には嬉しいものもありましたが
そんな内容のものばかりではありませんでした。

コメントもどんどん熱狂的な内容に変化していったり
するのですが、そうなるとまた

調子に乗っているなどの陰口を叩かれる
なぜかその一連の出来事を逐一報告してくる
人物が現れたりしました。

そのうちに、私は、一体誰に向かって記事を発信しているのか
わからなくなってきました。
私は、何のためにブログを始めたのか?
当初の目的とは違いますが、私はブログをやることによって
子供たちの良さを客観的に見ることができるようになっていました。
記事にすることで、自分の子供たちが生き生きとするんですよ。

ああ....家に閉じこもっていたら ため息ばかりでイラつくことも
あるけれど、こうして文字にしてみると、可愛いもんだなぁ。

それに、そのようなコメントを頂くと嬉しくて...。


先日の記事で、私は自慢話が嫌いと書きましたが
本当は、そうでもないです(爆)
正確には、嫌いですよ。
でも ごめんやけどハンデを持つ子の自慢は大好き。
だから、実際は 他のブログを巡って お子さんへの温かい気持ちや
できるようになった~!!って喜んでいる記事は
嬉しく拝見しちゃいます。
特にうちの子に近い、知的障害の子の話は熱心に見入ります。
そして、ますます一層 我が子にも温かい気持ちで接することができたりして...

それが私がブログをやっている主たる理由。

もちろん、私が 自分自身の記憶の整理に使っていることも
大きな理由だけれどね。


でもね、そうこうしているうちに
殺人的に舞い込むメールの処理に明け暮れて
コメントに丁寧にお返事をして
新しい読者さんばかりに優しくしてるって言われないために
(これ、よく言われました。)
どこもかしこもコメント行脚。

その頃には
どこが多くてどこが少ないとか言われないために
行数まで、気にするようになっていました。
もうほとんど、強迫的な状態です。

ブログの目的だった、子供の世話も
おろそかになっていったのも事実。


それに加えて 私自身の状態が困ったことに
ある記事を書いたのがきっかけで、フラッシュバックの嵐から
逃れられなくなってしまいました。
実際、それは 未だに残っていて
あの記事をきっかけに、私は思い出してはいけないようなことまで
連鎖的に思い出してしまい、それを口にすることも出来ず
ひたすら、思考を別に切り替える作業を繰り返していました。


更新はまだですか?

面白い記事期待しています!

早く笑わせてください!


こういう言葉を投げかけて来る読者さんほど
訪問暦は浅く、ただ こんな一言を秘密コメントや
メールで送ってきていた。



発作的に、閉鎖のボタンを押してしまったのは
かなりの不覚だった。
実際、大切な記事やコメントが消えてしまったのだから。

そして、今のココロのひろばに至るのです。


閉鎖をしてから、メールをくださったり
自身のブログで、私のことを気にかけてくださっていた
方々には、ブログの再開を伝えましたが
あえて、それ以上のお知らせはしませんでした。

やはり、毎日楽しみにやってきてくださっていた方の中には
挨拶も無しに突然消えた私を快く思ってはいない方も
いるでしょうし、今更どんな顔をして現れたらいいのか・・・
それに、本当に 私のブログが好きで楽しみにしていて
くれて、私に何のわだかまりもない方なら
きっといつか訪問してくれるだろうと.....

友人は甘いな.....!と言っていました。

確かに彼女の言うとおり、甘かったです。



でも、私は今の状態がとてもとても楽で気に入っています。
こちらからコメントをしないからと言って、私もコメントしないしな!って
方もいませんし 私はマイペースで他所を訪問して
コメントが出来る(滅多にしないけれど(爆))

いくら更新しない日々が続いても
記事はまだですか? って催促が来ない。

それに、来る人が限られているから
前よりずっとプライベートな部分を書けるようになった。
(前は、本当に怖い目に何度も遭った)

何より、メールが滅多に届かない。

それはそれでちと淋しいのだが......


さて、本題。


私のブログを 開設当初からご覧になってくださっていたAさん

”当時は、とても賑わっていた” という表現が

私に対して失礼に当たるのでは? と言ってくださったBさん。



どちらも、ありがとうです。


以上のような経緯で、その言葉は私に対し全く
失礼に当たりませんが
そのように、私の心中を考えてくださったBさんにも
本気で感謝なのであります。


久々の、装飾無しの長文でした。
ここまでお読みくださった方、ありがとうございます。

そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。






テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

モモのなりきりCM 1

本日3本目の記事



最近やけに、1人でお風呂に入りたがるモモなのだ。
マルは、その理由を 

泡で遊びたいからだ

と、言っていた。



そうそう、モモは無類の泡好き。
ふわふわまにあとしては、やはり当然泡にもこだわる。

先日は、洗面器いっぱいの泡で 泡遊びをしていた。
こないだは、洗面器がバケツに変わっていた。


その日も、ルンルンで泡にまみれていたはずだ。


マルと私は、その時 お風呂のドアの前にいた。
中から、モモが何やら言っている。



試してみて~~~~!

きっとわかるから.....






試してみて~~~~!

きっとわかるから.....





E794BBE5838F20012-2c2b0.jpg

お風呂の中で、ちょいとエコーがかっているのがまた
可笑しさに拍車をかける。




今日は、真矢みきさんに なりきっていると思われる。





最近のすみれは、しょこたん並みに更新しているな~
と思われる方はポチッと ↓


あ.........ランキングやってなかったわ。




テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

ふわふわまにあ


本日2本目の記事です



ももの好きなものは、フワフワ。

とにかくタオルでも、ぬいぐるみでも、足拭きマットでも
フワフワにこだわる。


先日、出かけたお店で ずーーーーーーっと触っておんぶして
気に入っていた代物。
抱き枕は、それこそお気に入りのやつがあるので
モモも、まさか買ってもらえるとは思っていなかった。
しかし、義父が.......大層機嫌が悪く、私へのあてつけなのか
なんなのかよくわからないが、買うと言い出した。
マルもこれを気に入っていたのは一緒だった。

一瞬、マルが固まったが マルは黙っていた。
義母が、マルも欲しいの?と聞くとマルは頷いた。

じゃあ持って来い!って義父は言った。

マルは、これと同じものを持って行こうとした。
すると義父は

同じのがあっても仕方があるまい!
同じのだったら買わん!

だと。


マルは、うん。わかった。と
聞き分けがよく、アヒルを戻しに行った。
聞き分けがいいだけに、本当に可哀相。
↑トトロのおかあさんの台詞みたいだ。




nitori.jpg



いわくつきのアヒル。
しかし、アヒルに罪はない。

後日、値段も手触りもだいぶ下がるが
マルにも、抱き枕を買ってあげた。


トトロとふわふわといえばこれ


totoro1.gif


これはリアル猫バスである。
ちゃんと、中にも入れるようになっていて
フカフカだったよ。

モモはすりすり.....


totoro2.gif


ずーーーっとすりすり....


ちなみに、モモのこの世で一番好きな食べ物は

綿菓子です。OH! fuwafuwa~♪




ushirosugata1.gif



後姿がなんだか良かったので、ついでに。




テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

理由あって、同居します

実は、義父母と同居をすることになった。

ここに至るまでは、数年前に遡るが 紆余曲折あった。

旦那の仕事がなかなか落ち着かなかったのが最大の原因だったが
他にも大金が必要になって、にっちもさっちも行かなくなったり。

ただ、確実に旦那の家は傷んでおり
リフォームか、建て替えが必要である。

義父母には、それなりの蓄えがあり
私たちが、同居に反対するならば、その蓄えで
小さな平屋に建替えると言っている。

もちろん、一戸建てをこの先 私達夫婦の力で手に入れることは
不可能に近い。
今、済んでいるマンションは 分譲マンションとはいえ
団地に毛が生えたようなお粗末なもので築30年以上は経っている。
この先、一生暮らせることはないだろう。

私は、同居してもいいかな...とは思っていた。
もちろん、のびのびと4人で過ごせればそれでいい。
しかし、結婚して16年 私が旦那宛に出した手紙を義母が
隠していたのが発覚した事件ぐらいしか
揉めた記憶はない。
私は、少々のことで腹は立てない。
まだ3ヶ月のマルに、チョコレートのアイスを舐めさせても
自分の空乳を隠れて吸わせていても
私や、私の実家の悪口を陰で言っていることを知っても
その他、それは普通怒るだろう!ってことをされても
腹が立つ!とか悔しいとかの感情はなかった。

それは、私が普通じゃないからなんだけれども....


だから、何となく 同居は出来ないことは
なんじゃないかと思っていた。
義母のキャラが強烈なのは、言わずと知れた事実。

お金は半々。(少しだけうちが多くなるかな...)
しかし、一緒に暮らす以上は



私の家でも、私たちの家でもなく

義母の家である 




ことをモットーに、やっていけば 大丈夫だろうと。



でもね、 やっぱり現実はそうはいかない。
義母は、私の予想なんて軽く通り越してしまう!!
ありえない強欲さに、すでに気力を吸い取られている状態。
同居してないのに、すでにはらわたが煮えくり返り状態!!(爆)
どうしたんだ!腹が立たないんじゃなかったのか!私よ...(爆)



たいていのことは我慢できるんよ....
我慢しても、譲っても それ以上の要求をされてしまうと
困るんだよね。

月々、これ以上のローンが組めない!ってのがあって
旦那の年齢や、私の持病で 定年後まで続くローンはなるべく組みたくない。
それでも、定年後2年間はローンを払うことにさせられた。

でも、それでも飽き足らず
これもしたい!あれもしたいって挙句お金が足りない。
自分達は2部屋いる(6.8畳と6.5畳)収納も譲られへん!
仕方がないので、坪単価を減らすために2階をどんどん減らしていく。

私たちが必死で減らしているのに
ここをもっと広げてほしい、ここに収納が欲しい

しまいには

義父が2階の一部屋を自分の書斎にするからよこせ

と言い出す始末。



どうしても、書斎が欲しい義父と 収納部屋がもっと欲しい義母の為に
2階のスペースを少し空ける事はできないかとあれこれ
考えてみてはいたが、自分で言うなよ。
ふざけるな!!


詳しくは、向こうのブログに書いていますが
結局のところ お金が足りないので

銀行で借りれるのがあと300万あるのでそれを
限度額いっぱいに借りて欲しいというわけだ。



それを返す私たちが、どうなろうが知ったこっちゃない。
自分達が、残りの余生を楽しく暮らしたい。
たったそれだけのことで。

旦那も私ももう40だ。

これから、子供たちにもお金はかかる。

借金もある。

旦那の稼ぎはハッキリ言って少ない。

私は働いているが、リウマチなので
いつまで働けるかわからない。


それをすべて知っていながら
義父母はそう言った。


こういう思考を持つ人に、私はどう関わればいいのか
さっぱりわからない。
万策尽き果てた。




とりあえず、旦那が 一定額以上のローンになる場合
この契約はなかった事にします。という
確約をとりつけているので、あとは 義父母に
様々なことをあきらめさせるか
同居を無しにするかの選択になるのだろうが....

私は、この時の2人の姿を忘れることはないだろう
人間の欲深さがここまで醜いものだとは
吐き気がする。

私の田舎の両親とはまるで違う人間。
両親が懐かしい。
涙が出るほど、両親が恋しく思う。




※家作りブログを始めましたがこのブログとは連動しません。
  URLを知りたい方はメールかコメント欄にて申し出てください。








リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。