スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りっちゃんへ

omoide.jpg








私の街では、桜が散りました。



あなたと出会った日の、あの満開の桜から
何度この季節が巡って来たのだろう。

何度も、何度も季節は巡り

私は、まだ存在しています。




私は、りっちゃんが好きだと言ってくれた生き方を貫いているのだろうか?

私は、心の底から笑えているのだろうか?

私は、まだここにいてもいいのだろうか?


どうしたらいい?どうしたらいい?どうしたらいい?



なーんて、尾崎○の歌詞みたいなことを
聞いてみたくなるこの季節(笑)

答えは自分で見つけるから、安心してね。



誰かと一緒に見ることよりも

どんな自分と見るかが重要じゃない?



そう教えてくれた あなたの言葉。

ようやく本来の意味がわかってきたような

気がする。



日々を大切にしていきたい。

あなたに胸を張って人生を全うしてきたと、いつか伝える為に。





スポンサーサイト

あらたな診断

エジソン度テストは、先に記入した検査とは違い
割と質問の意味はわかりやすいものだった。

しかしだ.......鉛筆が何度も止まった.....


検査の内容というものは、こういったところで公開していいのか
わからないので、詳しくは書けない。
なので、全く違ったジャンルで例に挙げてみようと思う。


あなたは、美しいですか?


みたいな......。




もちろん↑こんな質問はある訳がない。
でも、こんな風に 自分(過去の)を客観的に見て答えなければならない
質問があるのだ。



これは、本当に難しい質問なのであった。
即答できないのであった。



何度も言うようだけど、美しいですか?って問題ではありませんよ(笑)


そういった問題に私は、たくさんの注釈つきで答えていったのだが
それに意味があるのかはわからない。



例えば、私が今小学校の6年生と仮定する。

そして、厚かましい例を挙げるが私がとっても美人だったとする(笑)


一学期は美人と言われることが多かったが
二学期に激太りしてお世辞にも美しいとは言えない状態となったとしよう


それに美しいという定義は人によって違う。
自分が美しいと思っていても、周囲はそうは思っていない可能性もある。
それとは逆に、自分では美しいと思っていなくても
周囲はとっても美しいと思っている場合も考えられる。
激太りした方が美しいと感じる人もいるだろうし。


なので、例えばこんな風に答えてみた。


一学期は美しかったが二学期はそうでもなかった。
と、自分では思っている




詳しく書けなくて残念なのだが、とっても面白い内容だったのは
確かである。




結果は、先の記事に書いたように 変な直訳の質問の検査が45点。
エジソン度テストの点数は、そういえば聞いていないが
こちらも、かなり高い点数だったと医師は言っていた。


AQJが48点、こっちも(エジソン)かなり高いんですよねえ.......
まあ、アスペルガー症候群はもう間違いなく確定診断できますわ...
でもね、河嶋さんがADHDの方がいいという事ならADHDで診断します。
どっちがいいですか?



予期せぬ展開。




私がADHDとな???



まあ、そうかもしれん。


っていうか、何で今までその可能性を考えていなかったのだ?
前の医師はそんなこと一言も言ってなかったぞ....


私の怪我の多さ、注意力のなさ、子供時代によくあった
一方的なコミュニケーション、エトセトラ....エトセトラ......




以前行った病院は、発達障害の専門医。
こちらは、精神科である。


どちらが正しいのか私にはわからないが
確かに、そう言われればしっくり繋がっていくような気がした。



医師は私にとても興味深い説明をした。



僕が見たことがないくらい強いアスペルガーの特徴を持ちながらも
ADHDの方も強く作用しているので
うまくカバーし合ってきたのかもしれませんね。



本当の意味はそんなに理解できていないが
とっても嬉しい言葉だった。
アスペルガーも、ADHDも 私の中でずっとずっと共に生きてきたのだ。


旦那に見せて説明する日の為に、私は診断書を頂いてきた。

一生見せることはないかもしれない。

でも、いつか 旦那が知りたいと思った時には見せようと思う。

本当は、誰よりも 受け入れて欲しいと思っているあの人が

いつかそんな気持になってくれることを願っている。















すみれ2度目の診断

私がアスペルガーと診断されたのは、約2年前のことだった。

モモの診察のついで、それも雑談の中から診断される形となった。
当時の主治医は、とても興味深く私に様々な質問をしては
もっと過去の話を教えて欲しいと言った。
そこで、何度かメールのやり取りをしていた時期もあった。

詳細な問診と、いくつかの簡単な検査はしたが
基本的に大人の検査はできないということで
紹介状を書くのである機関へWAIS-Rを受けにいくように言われたが
電車の往復運賃と検査料が払えないので(本当に貧乏なんです...)
先延ばしにしていた。

モモに検査が必要なのであればいくらでもお金は工面するが
私の検査ごときに、そんな大金は払えないし(うちにとったら大金なのです)
何より、私はその当時自分にそんなに興味がなかったのだ。
もちろん

自分はアスペルガー症候群なんだ...
そっか...あれもこれも、それが原因だったのだろうか?
と当てはめることによって、いくぶん....いや、かなり気持が楽になったものだ。


2年間を経て、そんな自分に変化が現れてきた。


それには、ココロのひろばでの「すみれ」という記憶を基に構成された
自分を客観視できる、ある意味もう1人の存在と
成人当事者との交わりが大きく作用していると思われる。

成人当事者との交わりがどのように作用したのかは
説明できない。それは、私もよくわかっていないような気がする。
でも、何となく....そんな気がする。


それなら、モモと一緒に思い切って検査を受けてみようかしら。


ずっと通っていた病院の先生は、とにかく薬の好きな先生だった。
しかし、私はモモに薬の必要性を感じなかったしすぐに飲ませるのをやめた。
電車を乗り換え約2時間のその病院まで、月に2回薬を取りに行かなければ
ならないのがとても苦痛だった。
どうしても薬を取りに行けない時期が続き、久々に予約の電話をした。
するとずっと薬を取りに来ないような方は、お断りのような
表現をされたのでいい機会と思い通うのをやめた。

支援センターで、自宅から車で1時間の範囲に
とあるクリニックがあることを知った。
そこでは、成人の診断も検査もできるという。



そして先日、検査目的前提の2回目の診断が下った。



1日目は、高機能広汎性発達障害。

その後 検査用紙に記入し 1週間後にその結果を聞きに行った。



医師は、とてもそわそわしていた。
何だかとっても嬉しさを隠しきれない様子で

びっくりなんですよ!びっくりでした はい!

と、検査結果の用紙を探しながら 私に笑顔を見せた。




あのね....僕....初めて見ました。

こんな高得点......

これね.....こんな高得点、見たこと無いです。



あのね、37点くらいが発達障害の可能性が高いと
言われてましてね


河嶋さん・・・・・・




48点!!



だったんですよ。





何が?????である。


実を言うと、どんな検査なのかはまったくわからなかった。
やたらとおかしな日本語の質問と答えの言葉遣いがとても気持が悪い
内容だった。
馬鹿な私は、それを受付に持って行き 

あのう...すみません....
この質問って言葉遣いがおかしいですよね?
日本語がおかしいというか...
この言い回しだと、2通りに受け取れるように思うんです。
そうすると、答えも正確性に欠けてしまいますよね?


と、聞いてみた。


すると、受付の方々が集まって皆それぞれに

困ったような.....
励ますような....


何とも言えない笑顔を見せながら


そう言った質問は、一切お答えできないんです。
検査なので....
ご自分の一番最初に浮かんだもっとも近い気持を書いてくだされば
結構です。



そうですか....じゃあ、何とか頑張ってみます。



受付から連絡が行ったのだろう。
医師が、私の元にやってきて


河嶋さん、それも含めて検査だから。
意味がわからんかったら飛ばしてくださっていいですよ。
それと、日本語がおかしいのは直訳だからですよ。
ほんま、あの言い回しおかしな部分がいっぱいあるんですわ!



と、勇気付けてくれた(爆)

何とか頑張って答えたが2つの質問が
下から見ても、上から見ても、目を細めて見ても
さっぱり意味がわからんので


質問の意味がまったくわかりません。


と記入して、提出したのだった。



もう一つの検査は、検査用紙に検査名が書かれていた。

エジソン度テストって書いてあったように思う。


その話は、また次回に。








リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。