スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すわってみ!

先ほどの記事でおわかりになった方も
いらっしゃるでしょうが
今日で療育をやめることになりました。

療育に通う電車の中では様々な出来事がありました。

詳しくはカテゴリーの電車の中はいたたまれん!
にたくさんありますので、興味のある方は読んでみてください。

ココロのひろばのほとんどのお笑い記事は
電車の中でのエピソードだったような気がします。


今日もいつものように出かけ、いつものように
帰りの電車に乗り込みました。
最後の療育だったため、私とモモは途中にある
百貨店に立ち寄りいつもお世話になっているお義母さんに
プレゼントを買うことにした。

モモははじめから、バナナがいい!と言っていた。



だっておばあちゃん、ばなな好きやもんっ



いくら好きでも、今までお世話になりました...って
バナナを渡すのか...!?

しかし、何を渡していいのかわからん私は
結局、地下の食料品売り場に足を向けた。

モモが、お母さんあそこにバナナあったー!!
リボンしてる!バナナ!



あれは...お見舞いに持っていくもの...のような
気がするぞ...うん。
それかお供えのような感じだな...


私はモモにバナナは、近くでも買えるし
今日は近くのスーパーでは売っていない物を
買うと説明した。

するとモモは...お母さんあれ!?
ドキドキスーパーで売ってないなあ。


イチゴである...。


イチゴの隣には、店員が立っており
すかさず「これで御座いますか?」と始まってしまう。
甘いですよ~これ最高に甘いです。
どうぞ食べてみて!と、モモに渡す。


もう一個くらさい。
モモが両手をお皿にして店員さんに厚かましく差し出す。
モモの目に輝きが増している。

この展開は...まずい。

だってイチゴ...お義母さんありがとう...って
イチゴ...??
しかし、もう迷っている時間はなかった。
義母は、無類の果物好き。とりあえずこれでいいだろう。

びっくりするほどの高級イチゴを大きな箱に入れて
頂き、モモはそれを自分で持つと言い
大事に大事に車内に乗り込んだ。

時々キョロキョロしては自分の膝に乗せたいちごを
ギュウッと抱きしめる。

モモは、泥棒に敏感だ。
ちょっと留守にする時に、自分の大切な鉛筆などに
ティッシュをかけてヨシ!と言う。
泥棒に見つからなくするためなのだそうだ。

そんな訳で、大事なイチゴを
泥棒から守っているのだろうと思った。


お母さんが持ってあげるよ。

と言うと

いいねん。お母さん疲れるから
モーちゃんが持っててあげるわ。


とイチゴをさらに抱え込む。
ツルツルしたビニールに包まれたイチゴは
何度もモモの膝から滑り落ちそうになるが
モモは、鼻を鳴らしながらそれをひたすら守っていた。

あれ...様子がおかしいぞ...

モモの目の前におじさんが立った。
モモに緊張が走ったのを感じる。

モモはおじさんを上目遣いで見て
イチゴの袋を抱えなおし、私を見る。
またおじさんを見て...の繰り返しを何度もし始めた。

うわ...まずいな。
おじさんにイチゴを盗まれるとか言い出さないかな...

私はモモがそんな事を言い出そうものなら
すぐに口を押さえながら歌でも歌わなければなるまいと
脳内シュミレーションを開始。
ああして...こうして...よっしゃ!

モモは、こっちを見て小声で何か呟いている。
最近になって、電車の中では小声で話すことが
出来るようになっていた。


このひとに、すわっていう?


目の前のおじさんを小さく指差しながら私に聞く。

おじさんは若かった。
おそらく40代後半~50代前半。
席を譲られる歳ではないのは明らかである。

しかし、私はこう言った。

そうなん?じゃ、モモは立つの?
ここに座ってもらうんだね?


モモは首を振る。
モモはココに座るの!!




あたしかいっ!


私が立つのか...?

すかさずモモがお母さん向こう!と私を右隣にいる
おじさんに密着させた。
私とおじさんは、押されて斜めの体制になってしまう。

ダークダックスか?

そして自分もイチゴを抱えて、ちょっと斜めになりながら


ここにすわってくらさい。


と小さな声で言った。


おじさんは気がついていない。
するとモモは


すわってみ?


と言いなおした。

さすがに気がついたおじさん


目の前にはダークダックスの姿勢で

無理矢理席を空けている

私たちの姿が飛び込んできた。




ダークダックス





しかも小娘は生意気にも

すわってみ?などと言っている...


座れるはずが...ない。

しかも、そこは3人掛け。
子供が1人混じっている為、それなりのスペースは
あるのだが、男性がもう1人座れる余裕は...ない。

何度も言うようだが
3人はダークダックスの体勢なのだ。


しかも私の右隣の方は


大変不本意ながら


無理矢理一員にさせられているのだ。




おじさんは何度も断り、ついに場所を変えてしまった。

モモは、きちんと


すわってくらさい。

と言った。確かに聞こえた。
しかし、聞こえなかったのを通じなかったのだと思い
一生懸命考えた結果...

すわってみ!になったのだ。


この子は、この2年間でたくさんの事を学んできたんだと
思った。療育に通う長い長い電車の中で
様々な方との出会いがあり
尋常じゃないほどのコミュニケーションを取って来た。
小さな子供が押しつぶされているのを見て
席を譲ってくださる方もいた。
モモを怒鳴りつける人もいた。

駄菓子をくれて、モモが御礼に似顔絵を描いたご婦人がいた。
ひまわりの絵を描いてくださった、変なおじさん
髪の毛を褒めてくれたのに、モモがチンチン痒いと言い出し
台無しになってしまったあの瞬間や
可愛いわね...と言われたと勘違い
してしまった間抜けな出来事。

正直、我が子を恥ずかしいと思ったことはなかった。
記事にする時には、面白おかしくそんな風に
書くことが多いが、私は注目を浴びる事は大嫌いだが
モモが電車の中でする行動を本当は1度も恥ずかしいと
思ったことがなかった。


もちろん、おいおい大きな声をだすなよ...
なんてことはあるけど。

すわってみ!なんて言葉は悪いけど
私には、みんなに貰った優しさがそこに
凝縮されているってことがわかった。

2年間、本当に楽しかった。
最後にものすごく大きな贈り物をありがとう。



スポンサーサイト

正直すぎる爆弾娘

また電車ネタだ...

どうしてこうも毎週毎週

サスペンス劇場の、素人探偵のように
次から次に、事件が起こるのか...
そろそろ、電車の中では有名になってしまいそうな予感さ。

あ...あの親子よ

今日も綺麗ね...

なんてヒソヒソ言われる日も近い。

モモと私が電車に乗り込むと、とても優しそうな御婦人が
少しだけ詰めてくださり

ここどうぞ!2人で座れるわよ

と、お声を掛けてくださった。

御婦人は、とてもいい身なりをしていて
歌手の加藤登紀子にそっくりだった
生き写しだった...


可愛いわねぇ。いくつ?


いい人だ!!ちょっと...そういえば
八千草薫に似ているかもしれないぞ...
(調子がいいヤツ)
しかも、今回は間違いなくうちに
聞いているのだ!!
(意味がわからない方は紛らわしいノスタルジーを読むべし)

5歳!!(モモ)


違います!6歳です。ふぉふぉふぉ...(私)


あ~そうそう1月18日に生れました!!(モモ)


2人とも明らかに舞い上がっておる。
たまに褒められるとこれだからいかん...


そう!じゃあ、もうすぐ小学校かしら...

こんな世間話をしばらくした後に...
モモが

ガム持ってる?


と御婦人に聞いた。(ここで周囲は微妙に凍りつく)

今日は珍しく、チェルシーの代わりにガムを買ったモモ。
それを加藤登紀子さんが持っていなければ
分けてあげようと思ったのだろう。
でも、なんだか催促しているように聞こえる...


ううん...おばちゃんはね、あんまり食べないのよ
持ってないの...ごめんね。


ほれ見ろ!ごめんねって言ってるじゃないか!!
明らかに、モモが催促している形になってるじゃないか...

じゃあ...おうちにはある?

おばちゃんちには、ないなぁ...
飴ちゃんならあるけど...


そう言った後、加藤さんはバッグの中をゴソゴソしだした。

明らかに、飴か何かを探していると思われる
こういう場合私はどうしたらいいのだろう...
いいですよ!!というのはおかしい...

だって、鼻をかむ為にティッシュを探しているだけかもしれない

はたまた、マナーモードにした携帯が突然鳴っただけかもしれない

...困ったぞ...この展開...
モモは、加藤さんにガムをあげたかっただけなのに
なぜか、要求している形になっている...


こんな物しかないんだけど...食べる?

うんっ!食べる!!
ありがとうございましたっ!!


いいですよ~!
そんなつもりじゃ...何だか催促しているみたいで...
申し訳なくて...


いいの~!お友達が駄菓子屋さんやっててね...
さっきちょうど寄って来たところなの...
うちには子供はいないし、もらって~!


いい人である...(涙)
気がつかなかったが
ちょっと松坂慶子にも似ているかもしれない


(お礼に)絵描いてあげるっ!!!


モモが、リュックからメモ帳とボールペンを出して
サラサラと絵を描き始めた。




加藤さん





...........!!!






お気づきだろうか...?
口元に刻まれた2本のシワに...




私は咳き込んだ...
咳き込んだついでに、膝の上のモモを少しだけ押してしまおうか
悩んだ...
押した衝撃で、よからぬ所に線が入ってしまった事にしたかった。


しかし...
シワはしっかりシンメトリー


私のオデコは、ビチャビチャだった...
暑い...暑すぎる...
ここは真夏なのか...?

わあ~♪上手ね!可愛く描いてくれたのね。
でも、これは誰!?


加藤さんの鋭い質問である...

加藤さんの疑問はごもっともだった。
なぜなら、加藤さんは、加藤登紀子に生き写しなのだから
当然ベリーショートなのである。

モモが次の作品にとりかかっているのをいいことに
私が急いで


ああ...そっそれは...
もーちゃんだよね?

ね?もーちゃんだよね?

と言い切った!!


モモからは返事がなかったが
私は、自信たっぷりに振舞った。

モモはもう一枚同じものを描いた。
やはり、しっかりとシワが刻まれている...

しかし、これはイケる!!


この小娘は、絵を描く時に必ず口元にシワを描くクセがある。そう思われる可能性に賭けた!




わ~こっちも可愛いねぇ...こっちがおばちゃんかしらね...
こんなに可愛く描いてくれてありがとう。
家に飾っておきたいし、記念に名前を書いてくれる?



うんわかった!!


おばあちゃんお名前は?






(心の中で私が我が子に飛び蹴りをした瞬間の映像)


ううん、あなたのお名前を書いて欲しいのよ

あ!そうかっ!わかった~

モモは自分の名前を書いた。


もも え

の使い分け
なんてこたぁ出来ない。
っていうか、そもそも加藤さんにあげるものに
自分へと書くのもおかしなことである。

一旦渡した後で、モモが


忘れた...(さっき渡した)絵、貸してください。

と言った。

そして...その最後に付け足したモノで
私の手足は痺れて、動悸が襲ってきた。
もう、言い逃れは出来なかった。
もう手遅れなのであった...




加藤さん








オデコに刻まれた深いシワが波打っていた...



電車から、私達が先に降りたのだが
モモはホームからずっと加藤さんに手を振っていた。
加藤さんも、私達が見えなくなるまで手を振り続けて
くださっていた。

私が最後に見た加藤さんは、まるでメグライアン
のようだった...








また何年後かに、成長したモモと一緒に
加藤さんに会いたい...そして、もう一度心からお礼が言いたい。
たまにこんなに素敵な人間に出会えると世の中捨てたもんじゃないなぁと感じます。








紛らわしいノスタルジー

いつものように電車に揺られる私とモモ。

ドアを間に挟んだ、隣の席に老夫婦が座っていた。
老夫婦は、しきりにこっちを見ては

可愛らしいわぁ...

幾つ位かしらね...

1年生くらいじゃないのか...

と言っていた。

今日のモモは、寒冷蕁麻疹対策の為に大きなポンポンの
ついた、可愛い毛糸の帽子を目深に被っていた。
毛糸の帽子からお下げが腰まで垂れ下がり、何とも
可愛らしいのだ。



≪いやあ...そうですかね...きっと毛糸の帽子と、この長い
髪の毛のせいですよ~。
顔はね、悪くはないけどそんなにとびきり可愛いわけでは
ないですからね...いや~でも、ほんますんません。。。
嬉しいッス♪≫←すみれ、心の声




私は、御夫妻の方を笑顔で見返した。
こちらをずっと見ていたお二人と、当然のように目が合い
私は、軽く会釈をした...



私は、モモの三つ編みが少し乱れている事に気がついた。

急いで毛糸の帽子を脱がせて、編みなおす。
...すると、また...あの老夫婦がこちらを見ては

あんな格好も懐かしいわね...

まだ、あんな格好をしているのね...

と、目を細める...

いや、実際には見ていない。
私は、モモの髪の毛に集中していたんでね...
でも、目は細めていたはずだ。
間違いない!!

きっと御夫妻の間には、娘さんがおられるのだろう。
きっともうどこかに嫁がれたであろう、美しい娘さんは
学生時代に、よく三つ編みをしていたに違いない。
ああ違いない。

また、妄想が...

しばし、ノスタルジーを覚えていたのであろう...
老夫婦は、こちらをジッと見つめたまんま
無言であった。

片方を編みなおし、もう片方をほどいている時に

何年生かしら...?

と、奥様であろう声の主から聞かれた。

私は、とびっきりの笑顔で


まだ幼稚園なんですよ♪


と答えた...
モモは、私の後に


もうすぐ1年生やろ~


と付け加えた。


しかし...老夫婦は、意外な事に...
意外な顔をしてこっちを凝視しているではないか...
私に穴が開くんじゃないかってくらい、私を見つめている。

そこで私は、悟ってしまった。
恐ろしい事に...とてつもなく恐ろしい事に...
御夫妻は、私とモモを見ていた訳ではなかったのである。
私たちを通り越し、開いたドアの隙間から見える
小学生の団体を見ていた...のだ...


あ..あは...


周囲の乗客の視線も痛い。。。

うわ~勘違いしてやんの!!

自意識過剰よね...

何だか、急に髪の乱れなんか直しちゃって
馬鹿みたいね


そんなことも、あんなことも...
思われていたに違いない。

またまた、妄想が・・・

ようやく髪を直した所で、モモが老夫婦の下へ
トコトコ歩いていった...


モーちゃんなぁ...

今度1年生やねん。覚えといてなぁ~



老夫婦は、笑顔で答えた。


ごめんね~あなたも可愛いわよ


無理やり言わせてどうすんねんっ!!

とうとうこらえきれずに、周囲も吹き出してしまった
モモの脅迫なのであった...





またまた電車でやっちゃったよ

本日は、片道2時間の例の療育の日であった。

給食が終わる時間に迎えに行き、そのまま電車に乗るのだ。
私が園に行くと、鬼がたくさん出迎えてくれた。

「あ!モモちゃんのお母さん!」
鬼達は口々に言ってアピールするのだが、どの鬼がどの子なのかは
わからない。
みんな、赤い鬼だったような気がする。


モモちゃんの作った物も

カバンの中にありますから...



モモちゃんはどんな鬼さん作ったのかね~~??


お母さん!お面

リュックに入れて持っていっていい??



モモが聞くので

私は了解した。


電車に飛び乗るのに、私とモモは全速力で走った。
私は、急ぎながらも自分で自分の足を踏んだ先週の失敗を
思い出し、踏まないようにガニ股で走った!!

車内に入った瞬間...
吐き気と眩暈に襲われた私...
とにかく気持ちが悪くて、冷や汗が出る。

やばい...立ってられないかも...


私はフラついた...目をつぶっても、遠くを見ても
ダメだ...

すると,私の異変に気がついてくれた方が
席を譲ってくださった。
私はそのまま倒れこむように座らせていただき
しばらくの間...モモが話しかけても答える余裕がなかった。

電車は2つ乗り換える。

最後の乗換えが終わり、少し気分が落ち着いた私は
モモに話しかけようと思い、初めてモモに視線を移した...!?

我が子を2度見...!!

私の隣には...


鬼が座っていた!!赤鬼!


いつもは、アレ見て~これ見て~
うるさく、落ち着きのないモモが
そういえば、ずっと黙っていた...

私が具合が悪いのをわかっていて
静かにしているとばかり思っていた...
よくよく考えれば、そんなはずはない。

私が具合が悪い事に、気を遣うってことはあまり考えられない。




お面被ってるから、喋れなかったんだ!!!




しかも、背筋をピシッと伸ばして
手はお膝...


なりきっているのか!?
鬼に!!よくわからんが...


モモ~ごめんね!

おかあさん元気になってきたよ~


声を掛けると鬼は私に顔を向けた。



ぎゃ!!ツートンカラー!!


きっちり正中で、赤と青に塗り分けられた
ツートンカラーの鬼がこっちを見て、だまって頷いた。



節分







いつから被ってたんだ?



狂喜乱舞

先日、私とモモとマルの3人で出かけた。

ある電車に乗り換えたや否や、モモが飛び上がっていつもの数倍の
声を出し

おかあさ~ん!見て!

と何度も呼ぶ...

モモ!静かにしなさい!

私もついつい強い口調で注意する。


私は喜んで電車内を走り回るモモの襟首をつかみ
ズルズルと座席に戻す

するとまた端から端までモモが移動する。




おかあさん、モモはいっつもこんなに
調子にのってるの?


マルが小声でささやく。

まあ...だいたいこんな感じやけど、今日はすごいわ。
どうしたんやろ。
久しぶりにマルと一緒に出かけられることで
テンションが上がっているのだろう。

そしてまた、モモを捕まえ私の膝で動かないように押さえつけた。


バタバタもがく!どうしても動きたい...
でも、私も絶対に離さない!!
壮絶なバトル。

するとモモが



だって見るの


ぜーんぶ見るの!せっかくやから見るの!!



と指を指して訴えた。


へ!?何を見るって?そういえばさっき
見て~って言ってたかも...
でもせっかくだから。って何がじゃ??

モモが指をさしたその先には....



<ワキガ多汗症は俺にまかせろ!!>

<ワキガ多汗症は俺にまかせろ!!>

<ワキガ多汗症は俺にまかせろ!!>



ダーッ!!

モモの大好きなあの美容外科の院長がいっぱい!


これで、他の車両にも探しに行ったのね。






電話1本やろ~?だからモモが言ったやろ?

自分が先に見つけたことを自慢している。


そこでマルが、


おかあさん

お米のマルエーのおっちゃんのこと?



と聞く。
マルはこの2人が似ているとモモが言ってることをまだ知らなかった。


「そうそう...モモがね、青い服が一緒だから似てるって言うの」


ふーん

マルエーの最後って何て言ってた?

電話1本の他に

おまかせあれ!!って言ってた?

とマルが聞く。


「うーん...それは違うCMかも...マルエーは、電話1本
だけだったと思うよ」


そっかぁ
マルが納得する。

でもそこへ悪魔がやってきた


ちゃうで~

電話1本やで!せっかくやからマルちゃんも見てや~

な?

電話1本と似てるやろ??


マルがしぶしぶ頷く。


悪魔は続ける


電話1本やで

おまかせちゃうで。



あそこにまかせろ!!って書いてあるから

どっちかわからなくなっただけやもん


マルが言い返す。








ワキガ多汗症は俺にまかせろ!!





ワキガ多汗症は俺にまかせろ!!




ブハッ...た..確かに。

でもこんな場所でそんな理由でもめるのはやめてくれ...


するとマルが

じゃあ言うよ


ワ・キ・ガ,..

多い?多く




マルがワキガと言った途端

多くのヒトが一斉に振り返る...


[マル...読まなくていい。わかったから]


マル...あんたまで...


モモが電車の中で恥ずかしいのは、障害のせいだとばかり
思っていたが、どうやらそれはちがったらしい...




この恥ずかしい姉妹は旦那の遺伝子

と関連しているにちがいない



いや...わたしでは...ない。





リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。