スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ物キングになった日 最終回

どんな顔をして戻ったらいいのかわからなくて

途中でワンワン泣いていた私だったが


なぜか、3度目に家に着いたときには笑いがこみ上げてきた。

泣いてスッキリしたのかな....もうどうにでもなれ!って
ふっ切れたのだと思う。

とりあえず、インターホンを ピンポンピンポン鳴らして
ちょっと低めの声を出して


郵便で~~~す♪


と言ってみた。 試しに....




母は、もう ほとほと呆れてしまったのだろう
なぜか、半笑いで応対してきた。




母が、半笑いと来たら、もうこっちのものだ。
(すぐに調子に乗る...)
ちょっとおちゃらけながら、ジャジャーーーーン!!と
登場してみたら、母が笑いながら怒っているではないか!




take5.jpg




やばい.... これは 最もマズイ展開かもしれない。

母が、このような時は かなりのレベルの怒りをチャージしている状態。




今すぐ、車に 乗りなさい!!

忘れ物を持っていったのか、それとも持っていく暇もなく
母に、車に乗せられたのかは覚えていない。

学校では、すでに 給食が始まっていた。



母が、熱い男を呼び出し 何かを話したようだ。

シュンとなった大男は、大好きな揚げパンも喉に通らない様子。






その日を最後に、忘れ物を取りに帰るという罰がなくなった。
クラスではたちまち
熱い男がすみれのか~ちゃんに怒られたからだ~!!
と噂がたち、 私の母は、たちまち時の人となった。

ある男子Aの家庭では

さすがすみれのか~ちゃんは元教師だけある!
あの熱い男をやりこめるんだがらぁ.....


と、褒められ

ある女子Aの家庭では

忘れ物をしたすみれが悪い!罰を受けるのは当然なのに
先生に向って、親がしゃしゃり出て意見するなど
とんでもない! 甘やかしすぎだ!

と、非難され


その話題は、小さな集落にあっという間に知れ渡ることとなり

何度も言うが、滅多に忘れ物をすることがなかった私
1日に3回、家に取りに戻らされたという衝撃の情報と共にそれは
集落を駆け巡ったのだ。

当然、 登校の途中で出会った軽トラの中から
知らないオヤジに、いきなり

おい! すみれ 忘れ物はないな?
と、声をかけられたり

同級生のMちゃんのお母さんも、わざわざ登校途中の私を待ち伏せて

ヒソヒソ声で

何か忘れてたら 今のうちよ!
おばちゃん、貸してあげるから、言いなさい!




いやいやいやいや!!

みんな、おかしいでしょ!

私、おっちゃんのこと知らないし、ってか誰!?

Mちゃんのお母さん!

そう言ってくれるのは非常に親切だとは思うけれど

Mちゃんの方が、断然忘れ物多いですから~~~!!!




私が、学校で1番落ち着きが無く、先生にしょっちゅう体罰を受け
高学年だというのに、大声で歌いながら歩いていたり
それこそ、大声で泣きながら歩いてみたり
ちょっと....かなり 変わった子であることは
周知の事実であった為に


1.すみれが忘れ物を3度も取りに行かされた

2.すみれの母が、学校へ乗り込みその罰を廃止させた。

という 条件が揃っただけで

私は、毎日毎日忘れ物ばかりしているくせに
先生に向って逆切れし
親に甘やかされている どうしようもない生徒である

というような レッテルを貼られてしまったのだろう。

いや、実際にそこまで酷いことは言われていなかったにせよ

この事件は、あまりにも衝撃で そしてあまりにも有名になりすぎて

すみれ=忘れ物キング(←なぜかキング)

という連想が、人々に浮かぶのは本能として
仕方がないことだとも言える。


風邪をひいて、鼻の調子が悪かった男子の鼻が

息を吸い込んだ拍子に、ピーッ と音をたててしまったばかりに

その日を境に ”ハナピ”という
非常に不本意極まりないニックネームを付けられ(ブラピみたいだ)
未だに、ハナピは今 市役所の○課にいるよ~!
なんて話題になっているくらいなのだから


すみれ=忘れ物キング
の連想くらいは、仕方がないことなのかもしれない。


結婚で地元を離れる際に、私は、熱い男のお宅へ挨拶へ行った。
熱い男は、私を 歴代の生徒の中で一番のおっちょこちょいで
大変に手こずった生徒だと言った。

私の奇行は数知れず、いちいち覚えていられないほどだが
私の母に2度怒られたことは、ハッキリと覚えていると言っていた。
(その内の1度はここに)


体罰も、何でも結構。
そのことについては、むしろ こちらからお願いしたいくらいだ。

しかし、給食を食べさせないのはいけない。
吹雪の中を3度も戻らせるのは、明らかにやり過ぎである。
というようなことを諭されたと言っていた。

ただがむしゃらに 自分の指導を押し付けていたが
確かに、行き過ぎた面もあり それを指摘してくれる
人間がいたことは、恵まれていた。と彼は言った。




そして、昨年の年賀状には こう記されていた。



すみれさん、モンスターにはなっていませんよね!?
あなたのお母さんのように、ポイントを的確に伝えるように..
必ず、伝わります! 教師を信じて!
先生も人間ですヨ。



なんじゃ、このメッセージは!(爆)
私が、モンスターになっていそうだと思ったのか?
それとも、自分がモンスターに困っているのか?

きっと困っているんだろうな。
容易に想像できるのが怖い。






スポンサーサイト

テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

忘れ物キングになった日 6

忘れ物キング6話目です。

1~5話は、前記事に戻っていただくか
全記事リストで探すか
軍隊式小学校のカテゴリーからどうぞ。

尚 初めての方は
熱い男と軍隊式小学校シリーズも併せてお読み頂く事を
おすすめいたします。
私の小学校は恐らく日本一厳しい
軍隊式小学校でした(キー局出演数回、新聞、雑誌取材もあり。)
そこに新任の元高○球児角刈りの大男が現れ
三年間私の学年を受け持ち、ただただ熱い情熱と愛情だけで
無茶苦茶に突き進むこの男と、この男のせいで
人生、たいがいのことには驚かない、動じない、投げ出さない
という強さを身につけていたという、わたし達生徒の話です。

熱い男との出会い

熱い男の影響力

熱い男の授業

熱い男のお仕置き

熱い男の家とユニーク教育法

熱い男に教えられたこと


【番外編】

軍隊式の小学校

またまたやって来た熱い男!!




熱い男の悪口を言ってもいいですが
(鬼!、悪魔! 等は大歓迎。)
教育法に関して、本気の批判はおやめください。
なぜなら、この滅茶苦茶な先生がどんなことをしてこようが
わたし達生徒は、この先生を今でも尊敬し慕っております。

**************************************





何してるのおおおおお!!!


さっき、学校へ行ったじゃないの!?



アンタ何? 何なの?何しに来た?





母、かなり 混乱中。




また 忘れた....

ハンカチ 忘れた....





全く....この子は....

なんで、ハンカチ持ってないの!?



だって、さっき 体操着に入れるの忘れたんだもん。





だっても、ヘチマもないわっっ!!

もう、いい加減にしなさいよっ!!





ひいいいいいいい!!!



ハンカチを手に取り、ダッシュで玄関を飛び出そうとした私を
母は呼びとめ、ココアだったか、ミロだったかを
淹れてくれた。
ココアもミロも、私は好きではなかったが
エグエグ泣きながらそれを戴いた。
怒られるとばかり思っていたのと、寒さに身体が負けそうだったのと
やっぱり、今まで 忘れ物をしないように努力をしてきたのに
こんなことになってしまったという情けない気持ちとが入り混じり
涙と鼻水と一緒に、しょっぱいチョコレートっぽいドリンクを流し込んだ。
でも、私を泣かせた一番の原因は、緊張と緩和。
普段は、鬼のように厳しすぎる母の 優しい一面に触れたからだ。


学校に戻った時には、すでに4時間目に入っていたか
3時間目の終わりだったと記憶している。


何を忘れたのか、記憶に残っていない。


何を忘れたのかわからなかったが
とにかく、授業の途中で またしても何かを取りにいくことになった。


さすがに、クラスは静まり返り
私も、抵抗する気力すらなく 教室を出た。
教室を出る時の、クラスメイトの哀れみに満ちた顔を
今でもハッキリと思い出せる。

外は、また大粒の雪がボトボト降り始めていて
私は、今度こそ 凍ってしまうのではないかと思った。
情けないのと、お腹が減ったのと
自分だけがこんな仕打ちをされているという 熱い男への不信感と
2度も許してくれた母を裏切るような気がして
私が、帰った時の母の気持ちを考えたら
たまらなくなって、ワンワン泣きながら歩いた。
いっそのこと、いつものように 叩かれたり、怒鳴られたり
した方が、気が楽だった。



つづく








テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

忘れ物キングになった日 5

忘れ物キング5話目です。

1~4話は、前記事に戻っていただくか
全記事リストで探すか
軍隊式小学校のカテゴリーからどうぞ。

尚 初めての方は
熱い男と軍隊式小学校シリーズも併せてお読み頂く事を
おすすめいたします。
私の小学校は恐らく日本一厳しい
軍隊式小学校でした(キー局出演数回、新聞、雑誌取材もあり。)
そこに新任の元高○球児角刈りの大男が現れ
三年間私の学年を受け持ち、ただただ熱い情熱と愛情だけで
無茶苦茶に突き進むこの男と、この男のせいで
人生、たいがいのことには驚かない、動じない、投げ出さない
という強さを身につけていたという、わたし達生徒の話です。

熱い男との出会い

熱い男の影響力

熱い男の授業

熱い男のお仕置き

熱い男の家とユニーク教育法

熱い男に教えられたこと


【番外編】

軍隊式の小学校

またまたやって来た熱い男!!




熱い男の悪口を言ってもいいですが
(鬼!、悪魔! 等は大歓迎。)
教育法に関して、本気の批判はおやめください。
なぜなら、この滅茶苦茶な先生がどんなことをしてこようが
わたし達生徒は、この先生を今でも尊敬し慕っております。

**************************************







寒さって、麻痺すると全く感じなくなるんだよね.....

肌が、チクチク チクチク痛み

水で手を洗うと、水がまるでお湯みたいに感じて

寒いからと言って、ストーブに近寄ったら

体内の血が驚きすぎて、暴れだす。

痒いし、痛いし。 大変な苦痛になります。



真冬に、裸足で二重跳びをした時に

つま先に引っかかると、激痛だよね.....



って、寒さにまつわる痛みの話じゃないわ。






yukiharema.jpg






外は...... 晴れていた。






ついでに私の心も晴れ渡り.....



んなわきゃね~よ。






怖い怖い怖い.....


母が、今度こそ留守でありますように。

母が、今度こそ後ろ向いてますように~~~~!!




kaseifu-2.jpg







母は、背中を向けて仕事をしていた。





ラッキーなことに、私はリビングの履き出し窓から進入することにまんまと成功した。

小躍りしながら、2階へ上がる。




ハンカチ..... ハンカチ。


ハンカチを手に取り


階段をそおっと降りると







hahabosu.jpg






hahabosu.jpg




ラスボスが......待っていた。









bosshaha2.jpg





つづく


テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

忘れ物キングになった日 4

忘れ物キング4話目です。

1~3話は、前記事に戻っていただくかすると
すぐに見つかります。
間に、関連の無い記事は1つしか挟んでいません。

尚 初めての方は
熱い男と軍隊式小学校シリーズも併せてお読み頂く事を
おすすめいたします。
私の小学校は恐らく日本一厳しい
軍隊式小学校でした(キー局出演数回、新聞、雑誌取材もあり。)
そこに新任の元高○球児角刈りの大男が現れ
三年間私の学年を受け持ち、ただただ熱い情熱と愛情だけで
無茶苦茶に突き進むこの男と、この男のせいで
人生、たいがいのことには驚かない、動じない、投げ出さない
という強さを身につけていたという、わたし達生徒の話です。

熱い男との出会い

熱い男の影響力

熱い男の授業

熱い男のお仕置き

熱い男の家とユニーク教育法

熱い男に教えられたこと


【番外編】

軍隊式の小学校

またまたやって来た熱い男!!




熱い男の悪口を言ってもいいですが
(鬼!、悪魔! 等は大歓迎。)
教育法に関して、本気の批判はおやめください。
なぜなら、この滅茶苦茶な先生がどんなことをしてこようが
わたし達生徒は、この先生を今でも尊敬し慕っております。

**************************************



わたしが、疑問に思ったこと、納得がいかなかった事は
こんなことだった。
浅はかな考えで、自分中心ともいえる私の意見ではあるが
小学生時の疑問であることを理解して頂きたく思う。




1. 軍隊式小学校には、とある事情でスクールバスで通う
   遠距離の子が数人いたがその子達は
   忘れ物を取りに行かせられていない。
 


 実は、この数人の生徒は忘れ物をするような子達ではないので
 家に帰らせられるという仕打ちに遭った事はない。
 しかし、この生徒の中の誰かがもし、忘れ物をした場合は
 私たちと同じように、取りに行かせるのだろうか?
 ましてや、やっと戻ってきた時に、もう一つの忘れ物が発覚し
 再度、取りに戻らされるのか?

 

2. 以前、2度目の忘れ物を免除された子がいた。
 

 咳をしたりしていて、体調が悪そうだったから

 しかし、この子の家はすぐ近くであった。(5~10分)
 咳はしていたが、朝からトレーニングに参加している。
 5分10分の距離を往復できないはずがない。
しかも季節は、春だった。

 この子に恨みがある訳ではないが
 そんなルールを作る以上は、徹底して欲しいものだ。
 特例など誰にも認めなければ良いのだと思っていた。
 



3. 2度目どころか、1度目の忘れ物さえも免除されている子がいた
  
  共働きの家庭で、家に鍵がかかっているといった理由


  これは、仕方がないと納得できる理由ではあるが
  往復する代わりのペナルティがないのに納得ができなかった。
  家に戻らない代わりに、校庭を家までの往復分くらいは走るとか
  正座をするとか、何か方法はないのか?



4. っていうか、こんな吹雪の日に

   スクールバス以外の生徒で

1、2位を争う遠距離の自分


   忘れ物をしたことのない自分

   何度も言うけど、こんな吹雪の日に

何度も帰らねばならんのだ!!




18.jpg






   今度こそ、ボスが 私を生かしちゃおかんだろう....


   だって、”2度はないから...” って目をしてたもん。



という、ほとんど 個人的感情の4番が占めていたのだが。

たいてい、こういう場合は こういった個人的感情は伏せるか
最後に思わず、感情的になって吐露してしまうものかもしれんが
私は、最初にぶつけてしまった。



前回の記事で言った、いやだ!云々の他に



なんでわたしばっかり!!



うち、遠いのに!!


なんで、こんな吹雪の日に!!

先生は、わざと 意地悪してる!!



今度は、お母さん許してくれない!!
(↑余分な情報....)




そんなことを力の限り、ゼイゼイハアハア 訴えたが
熱い男には、全く通じず.....
彼は教室の出口を指差す。



くうう....



ikarusumire.jpg



奴が脳内メーカーをやったならば....



nounaiatuiotoko.gif


こういう結果になるわっ!!










キーーーーーーーーーッッ!!!

なんでよ!! ずるいよ!!

私は、ぶち切れて 1~3までの疑問を熱い男にぶちまけた。

そこまで徹底しているルールならば従う!

でも、特例や免除が一部であって一部には適用されないのは

平等ではない!!

私は、そこに納得が出来ないから行きたくない!!




といったことを 延々と。





クラスの雰囲気が、同情から一気に批判的に変わったのを感じた。


でも、そんなことはどうでも良かった。
嫌われるのなんて、ちっとも怖かねえ!
熱い男と、クラス全員敵に回したって、帰るもんか!!!


机に座り、テコでも動かないと心に決めたわたしだったが





merei.jpg



熱い男の命令で.....


男子数人の手によって、つまみ出された。





fubui2.jpg





吹雪再び.....!!






つづく





テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

忘れ物キングになった日 3

ラスボスは、仕事をしているはずだった。

私の予想では、玄関脇の部屋で庭に背中を向けて
作業をしているはずだった。

だから、1F居間の履き出し窓から侵入し2階に上がり
階段をきしませないように気をつけながら
また、居間の履き出し窓から こっそり出て行く計画だった。



でも、何もかもがぶち壊し!!


ボスは、雪かきをしていた。
ボスなのに!!
自らっ!



横断しようと、車がなくなるのを待つ私に
気付いた母は (視力2.0)




道路を挟んで、向こう側から


アナタ ナゼ ソコニ イル !!?


みたいな、ジェスチャーを すっとんきょうな顔してしていたが



私は、答えようがなかった(同じく視力2.0)
だって、忘れ物をして取りに帰らせられたなんて
ジェスチャーは、どうすれば伝わるのか....
それより、あの雪かきで殴られて
きっと、私は 二度と学校には戻れないのかもしれない。
と、絶望的な気持ちになった。



道路を渡ったら最後だとも思ったが
このまま学校に引き返すのも地獄だと悟り
ボスに事情を話した。



全く、あんたは...落ち着きがないから...!!
ほら、さっさと着替えて行きなさい!!


と、タオルと着替え、きちんと半ズボンまで準備してくれた。
なぜ、そんなことまでしてくれたのかと言うと
学校に一刻も早く戻らなければならないのと
私が、少しでも温まることが出来るようにだったと思う。



母は、私が忘れ物をしないように
普段から気をつけていることを知ってくれていた。
だから、怒らなかった。



戻った時にはすでに2時間目の終わりに近かったのではないかと思う。

道徳の授業だったのか、何の時間だったのかはさっぱり覚えていない。

しかし、ハンカチ検査をしている最中だった。



そうだ....熱い男は、ハンカチについて口やかましかった。

ハンカチを持ってこないものは、人間じゃね~!
お前ら、犬かっ!?


ぐらいのことを言っていた。


口うるさく言っても、ハンカチを忘れる生徒が後を絶たなかったため
たまに、抜き打ちで ハンカチ検査が行われることがあった。


全員が、ハンカチを机の上に出し、背筋を伸ばして座っている。



こんな私でも空気読めちゃうよね。



や...やな 予感。










おう! すみれ。席に座れ。

お前、ハンカチ 持ってるよな?






持っていません.....。


持っていませんよ.....(号泣)





なぜなら、今日に限って 

半ズボンをボスが出してくれたから!!


(自分が、出す時には、必ずハンカチを入れるから~!)










はいっ。行ってらっしゃい~~~!!!


熱い男が手を振る。



まだ、身体が冷え切っている状態.....
たった1枚のハンカチを忘れただけで、ここまでの仕打ち。


私は、首を振った。




いつもは、忘れたこと無いでしょ?

なんで?なんで?

嫌だ!! 行かない!! 絶対に行かない!!







しかし、そんなことで 熱い男が許すはずも無く
泣こうが喚こうが、暴れようが 熱い男の命令は絶対だったのだから
はじめからおとなしく従っていれば良いものを
私は、納得がいかないことを飲み込むことが出来なかった。


私が、納得がいかないいくつかの理由はこうだった。




つづく



追記

コメント、メールをくださった方々ありがとうございます。
わたし....マジで1人もいないと思っていましたので(爆)
ちょっと驚きました。
ありがとうございます。
褒められて伸びるタイプなんで、俄然やる気に
なってきました。
(誰もほめてないけど(爆))
あと、何話かかるかわかりませんが(笑)
気長にお願いいたします。
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。