スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒冷じんましん モモ3年生夏

寒冷蕁麻疹の話題 ごぶさた。

モモは、寒冷じんましんである。

カテゴリーの寒冷蕁麻疹に詳しいことは書いてあります。



冬の間は、毎日 抗アレルギー薬を飲んでいますが
夏の間もプールの間は飲ませます。

それが、プール以外でもちょこちょこと出るようになっていき

今では、冷房もダメですし
季節関係なく雨の登下校中に、傘からはみ出した皮膚にすら
蕁麻疹が出るようになりました。

アレルギー専門病院をはじめ病院はいくつか行ったのですが
どこも有効な治療法というのはなく、抗アレルギー剤で
症状を抑えることしか選択肢はないと言われました。

先日でかけたプールでは
うっかり、薬を飲ませることを忘れていて
蕁麻疹が出てしまいました。



蚊に刺された痕とそっくりです。
人によって気持ちが悪いと感じるかもしれません
クリックすると大きくなりますが
自己責任でお願いします





momojinmashin20098.gif





よく、大人になると 治るって聞くのですが
年々ひどくなるので、心配です。


スポンサーサイト

その後の寒冷蕁麻疹

前回、寒冷蕁麻疹の記事を書いた後
そのことには触れていなかったが、
実は一週間の間、モモは抗アレルギー剤を飲んだ。

一週間は出なかった。

でも、お薬が切れた次の日には
やっぱり出てしまった...

実は、モモの受診したアレルギー専門病院は
週に1度しかやっていない。
お薬を貰いに行くにも、その日を逃してしまうとアウトなのである。

そんな訳で、アレルギー専門の病院ではなく
かかりつけの先生の所へ思い切って相談に行ってみることにした。
ここでは、モモの花粉症の事も喘息のこともよくわかってくださっている。
実は、ここの小児科の先生は結構いい先生なのだ。
マルは、生れた時から病気ばかりしていた。
原因不明の高熱が続く事もよくあり、特に夏場には
の37~40度の熱が10日間続く事が幼稚園の年少まで
毎年続いた。
ここの先生の評判を聞いて、私は思い切って連れて行った。
他の病院では、ただの風邪...風邪をひいて治ったところに
別の風邪をひいたとか、よくわからないとか、様子を見てくれとか
あまり納得のできない診察結果だったのだが
この先生の場合は、今の症状から考えられるあらゆる可能性を
すべて説明してくださり、この先にこんな症状が出れば、こんな
可能性もあるということまで教えてくださった。

なんと連休の3日間毎日休診の病院を開けて点滴をしてくださった事もある。
小児科専門の病院なのだが、診察券には御自宅の電話番号まで
記されているのだ。

この先生のありがたいお話は、私の脳の中でまだ再生されていない。
いつか再生されるとは思うが、めちゃめちゃ長かった為に
時間がかかりそうだ。というか録音されていない可能性も高い(笑)


すでに、この蕁麻疹が慢性化していること。
花粉症との関係があるということ。
(ちょうど花粉の時期に始まったから)

...結局これしか思い出せない...
30分も話し続けてくださったのに...(涙)
何だかアレルギーマーチとか、そんなお話もあったな。

とにかく、発症したばかりなので
今年の夏にも色んな事に気をつけなければならないとな...

プール、カキ氷、冷房。

最近モモは、肌が外気に触れないように
ズボンと、毛糸の帽子、マスクをしている。
幼稚園に行くときも。
園庭でみんなが遊んでいるときに、部屋の中にいるのは
日常の光景なのであるが(もともと寒がり)
そんなモモが、ある日自らの意志で外に飛び出したことが
あったという...

園で英語の先生をしていたベーコン先生が(仮名)
モモ達を教える最後の日。
お別れに子供達が

ベーコン先生!さようなら~

と、園庭に飛び出したそうだ。


モモは、その光景を部屋の中から見ていた。
外に出るとじんましんが出る事を知っているし
私に外に出ないように言われていたからだ。

しか~し...

我慢が出来なくなった様子のモモは
外に飛び出し、ベーコン先生めがけて...





ベーコン様ぁぁぁ!!!




と、抱きついたそうだ...


主任先生が。。。めっちゃ可笑しかったです。
モモちゃん、男前が好きなんですね♪
と...おっしゃっていた(笑)



何で脱線?まあいいか...
たまには、この辺で終わっておこう。
とにかく、寒冷蕁麻疹はしぶといのだ~!!


おまけの話

先日、何かにつまずいた拍子にたか~く上がって
地面に叩きつけられたモモ。
しかし、両手で持っていた柏餅だけは最後まで離さず
地面に叩きつけられる瞬間...地面につかないように
ちょっぴり浮かせる余裕を見せた。
この、食い意地には唖然...


続。。寒冷蕁麻疹

昨日は、時間がなくて記事をアップする事が
できなかったのですが、受診してきました。

やはり、寒冷蕁麻疹でした...

やはり、受診して良かったです。
子供の蕁麻疹は、ほとんど慢性化することはないそうです。
...再発はあるかもしれないけれど

粘膜疹があった為...冷たい飲み物や食べ物で
呼吸困難になる可能性もあるということで、とりあえず
薬で、症状が落ち着くまで
冷たいものを口にすることが出来ません。
(極端に冷たくなければ大丈夫)
冬で良かったです(笑)

一週間もすれば、もう蕁麻疹は出ないだろうとのことです。

ホッと一息。






寒冷蕁麻疹

先週から、2度
モモのほっぺたに、赤いぶつぶつが出来た。

1度は、マルとモモを公園に連れて行った時...

そして、今日はあるイベントに行ってきたのだが
今日は、みるみるうちに広がっていくようで
初めてこれは蕁麻疹ではないかと気がついた...

同じイベントに来ていた友人は、助産師免許も持つ
スーパー看護師さん。
1目見て

「これ、寒冷蕁麻疹じゃないかな?」と言った。


そうだ!

これは、いずれも外でしか出ていない。
家の中に入ると、たちまち消えていくのだ。
そして、外気に触れる場所にしか出ていないのが、確かに怪しい。

モモは、アレルギー体質である。
花粉症はとてもひどい。
そして軽い喘息がある。

先程、ネットで少しだけ検索してみたのだが
この蕁麻疹は、咽頭に出来ると呼吸困難になり
最悪の事態になる危険もあるというではないか...
すなわち
アイスクリームや冷たい飲み物を一気飲みすることは
とても危険なことなのだ。

最近、モモは口に中に何か出来ている!と言っていた。
私にはよくわからなかったのだが
1つなにか出来物があったのを見て
口内炎だと思い込んでいた。

よくわからないが、ものすごく不安になってきた...
明日、病院へ行こうと思います。




リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。