スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうとつぶやいてみる

年明け早々、ごめんなさい。


メールやコメントをくださった皆様ありがとうございます。
家ブログの方を見てくださっている方には、お馴染みだと思うのですが
(家ブログは、内緒ではないのですよ。個人情報を載せるので
メールをいただいてからURLを教えるという形をとっています。
ご希望の方は、コメントかメールをくださいね。)
正直、申し上げて うちのお姑さんは酷いです。半端ないっす!
家ブログは、そのうち記録として本にするつもりですから
生々しい話は書けません。 あれでも、かなり抑え目なエピソードです。
しかも、私が笑いにかえてしまっていますので 鬼ぶりは、半減です。
怖い人というよりは、嫌な奴だけれどどこか憎めないあんちょくしょうに仕上がっています。
コンセプトが ”明るいドタバタ” ”明るいわるぐち” なのでね (笑)


.....何かあったら聞くよ! とか そう言ってもらえることも
あるのですが、私は愚痴ることが非常に嫌いです。
愚痴ではないのかもしれませんが、悩みを打ち明けるのも苦手です。


よくあるのが、プライドが高く、人に弱みを見せたくない...とか
愚痴ると、自分が嫌な人間に思えてくる...とか

そういうのは、一切ないのですけれど。


多分、自分が 何に引っかかっているのかも
わからないのでしょうね。
とりあえず、愚痴ることで 整理できるのかもしれませんが
きっと、先にあるものは変えられないとわかっているから
相談しても仕方がないと思ってしまうのですね...
それに、お話しするときに、嫌な場面をまた思い出したくない
というのもあります。


そんな事情と、私の性格をここでお伝えしておきます。

愚痴ってね、とか 話し聞くからね とか
相談に乗るからね とか

今回、色んな方に優しくお声をかけていただきましたが
そんな性格の私ですので、リアルの親友にさえ話しをしていません。
旦那にも(←これは、いつものことか...)

と、いうことをここでハッキリ書いていた方がいいかなと思ったので


....皆さん、どうして あんなに優しいのでしょうか?

私は、こんなに人に優しくされるような人間じゃないって
自分がよくわかっていますから、どうしていいかわからないです。
私は、誰かが 悩んだり困ったりしていても
まず、励ますとか、絶対にしません。
話を聞いてほしいと言われれば、全力で聞くと思うけれど
私でよければ、話を聞くよ... というのを自分の意思で出来ません。
もともと、非常にドライな面があるので 私を冷たい人間だと思う方は
多いと思うし、自分でもそうだと思っています。
私は、優しさや愛情が きっと多くの人よりも欠如しているのだとわかっています。

どうして、自分のことだけでみんな精一杯のはずなのに...

きっと、ここに来る方々は特にそうだと思うんですよ。

人は、必ず何かを抱えて生きているはずだけど
ここに来る方は、きっと +α何かを抱えているはずで
本当は、余裕なんて、ないはずなのに
どうしてなんだろうと思います。
(っていうか...
声をかけて来る方ほど抱えているものが大きいんだよな...)

私に人並みの優しさが備わっていないので
その理由がわからないのかもしれませんね。
自分は、そんな風に声をかけたことがないのに
周囲は、そんなことは関係なしに声をかけてくれるんですよ...
そこには、見返りとか、損得勘定とかは全くなく。


今回ね、人間の優しさってすごく尊いものだな...
と感じることができました。
それだけで、私の中にあるドロドロしたものが浄化されていくような
気がしました。
根本的な解決にはなっていないけれど
呼吸が楽にできるようになりました。
人の気持ちを考える余裕が生まれました。 ありがとう。




長くなりそうなので、続くかもしれないし
ここで終るかも。
気が向いたら、人の優しさについてもう少し書いてみたいと思う。





スポンサーサイト

ココロのひろばの本が出来ました

kokorohon1.gif


とりあえず、4冊。



kokorohon2.gif


↑これで、何の記事かわかった方は、相当なマニアかと...




kokorohon3.gif


私のたまに描く怪しいイラストも、こんな感じで....




kokorohon4.gif


もちろん、コメント欄もすべて入れさせていただきました。


テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

運営するハンドメイドショップの紹介



個人情報が色々あったので、わざわざ別ドメインを取得して
運営していたハンドメイドショップですが
1年経ったところで、そこまで神経質にならなくてもよいことがわかり
ドメインの更新をせずに、自分のもともと持っているドメインにて
運営していくことに決定しました。



kunekuneputtaホームページ

kunekuneputta ブログ




引越しついでに、新たにブログも立ち上げてやって行きたいと思っています。
ブログに写真をアップして...というのも 注文が相次ぐとなかなか
出来ないのですが、出来るだけ、記録として残していきたいと思っています。



下記の記事は 今回の仕事の記録です。




女の子用の哺乳瓶ケース×2の依頼が来ました。



kokorobanhonyuubin11.gif



依頼が来た瞬間、ひとつはケーブルニットで作ろう♪ と
決まったのですが、もう一つのイメージがなかなか湧かなくて
デザイン、生地選び、型紙などの作業だけで1週間近くかかってしまいました。
(約束は2週間以内)


ピジョンの200ml哺乳瓶のサイズとのご指定だったので
とりあえず、実物大の哺乳瓶作りから。
(私は、異常にマメです。)


ピジョンにアクセスし、哺乳瓶の正確な直径と高さを調べ
クリアファイルを丸めて切って


honyuubinkata.jpg



出来上がり~♪



しかし、ここで問題が勃発!!


ガラスの瓶を入れるので、フカフカに...
要するに、割れにくいように...とのご依頼。
哺乳瓶の直径に合わせると
フカフカのキルト芯と







保温のキルティングアルミシート

(↓これ、実際に使用したものです。
クリックすると、詳しく見れます。3重構造!!すごいっす)





だと、厚手すぎて形にすらならないことが判明....


底は、丸底と考えていたので、これにはショック...


更に、仕方がないので マチにしようとすると....


それすら叶わないことが判明!!



どんだけ厚手?


底は、普通に縫い合わせただけになってしまったが
とにかく丈夫で、見た目も可愛い一品に仕上がりました。





kokorobanhonyuubin2.gif



もう一品は、少し長く使えるように
ペットボトルホルダーとしても使用できる大きさに
させていただきました。

こちらは、こだわりの丸底で...




kune2.jpg



kokorobanhonyuubin33.gif


こちらも、中には 3重構造アルミシート入り。
両方とも、必要に応じストラップを使えるようにしていますが
邪魔なら、いつでも切っていただけるように
まつり縫いで取り付け。


kokorobanhonyuubin309.gif




結局、実物大の型じゃ不安で、近所のドラッグストアに
ケースを持参し、店員さんに事情を話し
入れさせてもらって来ました(笑)←真面目か!
お客様に送った後で、入らなかったなんて困るものね~




お子様の健やかな成長を心からお祈り申し上げます。

お買い上げありがとうございました。







理由あって、同居します

実は、義父母と同居をすることになった。

ここに至るまでは、数年前に遡るが 紆余曲折あった。

旦那の仕事がなかなか落ち着かなかったのが最大の原因だったが
他にも大金が必要になって、にっちもさっちも行かなくなったり。

ただ、確実に旦那の家は傷んでおり
リフォームか、建て替えが必要である。

義父母には、それなりの蓄えがあり
私たちが、同居に反対するならば、その蓄えで
小さな平屋に建替えると言っている。

もちろん、一戸建てをこの先 私達夫婦の力で手に入れることは
不可能に近い。
今、済んでいるマンションは 分譲マンションとはいえ
団地に毛が生えたようなお粗末なもので築30年以上は経っている。
この先、一生暮らせることはないだろう。

私は、同居してもいいかな...とは思っていた。
もちろん、のびのびと4人で過ごせればそれでいい。
しかし、結婚して16年 私が旦那宛に出した手紙を義母が
隠していたのが発覚した事件ぐらいしか
揉めた記憶はない。
私は、少々のことで腹は立てない。
まだ3ヶ月のマルに、チョコレートのアイスを舐めさせても
自分の空乳を隠れて吸わせていても
私や、私の実家の悪口を陰で言っていることを知っても
その他、それは普通怒るだろう!ってことをされても
腹が立つ!とか悔しいとかの感情はなかった。

それは、私が普通じゃないからなんだけれども....


だから、何となく 同居は出来ないことは
なんじゃないかと思っていた。
義母のキャラが強烈なのは、言わずと知れた事実。

お金は半々。(少しだけうちが多くなるかな...)
しかし、一緒に暮らす以上は



私の家でも、私たちの家でもなく

義母の家である 




ことをモットーに、やっていけば 大丈夫だろうと。



でもね、 やっぱり現実はそうはいかない。
義母は、私の予想なんて軽く通り越してしまう!!
ありえない強欲さに、すでに気力を吸い取られている状態。
同居してないのに、すでにはらわたが煮えくり返り状態!!(爆)
どうしたんだ!腹が立たないんじゃなかったのか!私よ...(爆)



たいていのことは我慢できるんよ....
我慢しても、譲っても それ以上の要求をされてしまうと
困るんだよね。

月々、これ以上のローンが組めない!ってのがあって
旦那の年齢や、私の持病で 定年後まで続くローンはなるべく組みたくない。
それでも、定年後2年間はローンを払うことにさせられた。

でも、それでも飽き足らず
これもしたい!あれもしたいって挙句お金が足りない。
自分達は2部屋いる(6.8畳と6.5畳)収納も譲られへん!
仕方がないので、坪単価を減らすために2階をどんどん減らしていく。

私たちが必死で減らしているのに
ここをもっと広げてほしい、ここに収納が欲しい

しまいには

義父が2階の一部屋を自分の書斎にするからよこせ

と言い出す始末。



どうしても、書斎が欲しい義父と 収納部屋がもっと欲しい義母の為に
2階のスペースを少し空ける事はできないかとあれこれ
考えてみてはいたが、自分で言うなよ。
ふざけるな!!


詳しくは、向こうのブログに書いていますが
結局のところ お金が足りないので

銀行で借りれるのがあと300万あるのでそれを
限度額いっぱいに借りて欲しいというわけだ。



それを返す私たちが、どうなろうが知ったこっちゃない。
自分達が、残りの余生を楽しく暮らしたい。
たったそれだけのことで。

旦那も私ももう40だ。

これから、子供たちにもお金はかかる。

借金もある。

旦那の稼ぎはハッキリ言って少ない。

私は働いているが、リウマチなので
いつまで働けるかわからない。


それをすべて知っていながら
義父母はそう言った。


こういう思考を持つ人に、私はどう関わればいいのか
さっぱりわからない。
万策尽き果てた。




とりあえず、旦那が 一定額以上のローンになる場合
この契約はなかった事にします。という
確約をとりつけているので、あとは 義父母に
様々なことをあきらめさせるか
同居を無しにするかの選択になるのだろうが....

私は、この時の2人の姿を忘れることはないだろう
人間の欲深さがここまで醜いものだとは
吐き気がする。

私の田舎の両親とはまるで違う人間。
両親が懐かしい。
涙が出るほど、両親が恋しく思う。




※家作りブログを始めましたがこのブログとは連動しません。
  URLを知りたい方はメールかコメント欄にて申し出てください。








アスパラガスの会に参加しました。

母の話は、まだあるのだけれど

とりあえず、自助会(関西広汎性発達障害アスパラガスの会)のお話を......

.....母の話は、独り言にしたいので後でひっそりと挟んでいきます



先日、記事にもしたように 7月中旬にシャンソン歌手風の髪型になっちゃった私ですが
もちろん、まともな髪型で出席しましたよ。

実は、5月のはじめての自助会は欠席しました。


前日の金曜にプール前の内科健診があり、モモに水疱瘡があると
すぐに学校に迎えに来て欲しい!とのことだった。
話すと長くなるから書かないけれど、そんな事があってお休みしたのです。
スタッフの皆様には、本当に申し訳なかったです。
おっても役に立つような人間じゃないから、困るってことはないでしょうが
やはり、初回でしたからね 



自助会って、楽しい......



私、○○会って大嫌い。
自分が、会に属するのも嫌いだし
複数で話をするのも嫌いだし
人前で自分の意見なんてとんでもないし

挙げればいくつでも言えるくらいだった。


でも、以前 狸穴猫さんと奈良人さんがうちに来られて
話したときに、すごく楽しかったし 勉強になるなあと。
こんな雰囲気だったら、アリかもしれんとは思っていた。
それでも、どこかへ出かけるのが億劫だったり
人前で喋りたくない私が、何を好き好んで人前に出たいものか...
有益な情報に巡り合う可能性は高いけれど
なるべく避けて通りたい壁であった。
私にとっては、高すぎるほどの...

今回の会も、狸穴猫さんのお誘いじゃなければ
参加はありえなかった。
あの人が言うなら...とそれだけで心動いてしまえる人間は
私にとってなかなかいない。


だって、私は人の意見や依頼や好意も
バッサリ切り落としてしまう冷血漢
(男にしか使えないってことは知ってるので指摘不要)


おまけに強制終了の女なのだそうだ。(被害者談)

すみれメモ 強制終了の女とは?
  すぐに話を終わらせてしまう。会話をぶったぎる達人。
  勧誘などの電話を撃退するには最適な人材


おホホのホ。



内容に詳しく触れることはできませんが

(そのうちアスペルガーライフblogで報告があるのでお待ちを)


何だか、あんなにハイテンションになったのは
この出来事ぶりくらいで
あんなに人前で話したのは小学校ぶりくらいに感じます。

児童会長に立候補して 演説とか漫才を披露した↑


テーブルをご一緒した方々がまた本当に素敵な方々で
お話も面白く、悩みや暗い話題どころか笑いっぱなし。
私は人前で喋れない!と我儘言って(今年38歳なのに)
狸穴猫さんのテーブルにご一緒させてもらえたのが良かったのだろう。
超リラックスできて、非常に楽しめた。


とんでもなく心地よい眠気がやってきた。

これ、部活やった後の眠気だよ...

上の広告が、何のミーティングかさっぱりわからんという
事態に今日は、対処できそうもなく申し訳......ZZZZZZ......


ヒトリゴト
あ、ちなみに 今日の私のツボは新学説でした。









テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。