スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を消さずに済んだ小さな自信

朝の会、帰りの会について記事にしたが

悪いことばかりではなかった。



今日は、誰かを褒めてみましょう!先生の呼びかけに 

クラスメイト達は、次々に手を挙げていった。

もちろん、私もたくさん手を挙げた。

人のあら探しは大の得意だったが、それだけ人を見ているので

長所を探すのも得意だった(笑)



○○君は、足が早いです!すごいと思います。

○ちゃんは、正直にこう言ったので偉かったと思います!

○君は、○君が怪我をした時に、ランドセルを持ってあげていました。

○さんは、給食で嫌いなものを頑張って食べていました。

○さんは、消しゴムを忘れた時に 自分の消しゴムを割って貸してくれました。
あの時は、ありがとうございました。




人を褒めるのは楽しい。

人の良い所を発表することは気持ちがいい。

私は、どんどん発言した。 思うがままに...



○さんは、3年生の5月頃からこんな事を言っていましたが
それをきちんと今も実践されているのですごいと思います。

○君は、あまりいい人と思われていませんが
実は、1年生の子を背負って帰っているのを目撃しました。

○さんは、いつも筋道立てて話をするので
とてもわかりやすいし、話し言葉もきれいなので
参考にさせてもらっています。




私の発言は、いつも余計な一言が混じっていたり
変な視点だったと、後にわかるのだが
こんな感じだったと自分では記憶している。
...楽しかった。


でも、その一方で

私は、自分がターゲットにされる帰りの会よりも

こんな雰囲気の会のほうが苦手だった。

いたたまれなかった。


たった30人足らずの学年...

6年間クラスはずっと一緒。

誰もが一度は、褒められているこの”気まぐれホメ合い会”にて

私は、いまだかつて 褒められたことがないからだ。


下手をすれば、褒め合い会であるにも関わらず
いつもの吊るし上げに変化してしまう危険性もはらんでいた。
そうなると、私の受けるダメージは数倍になってしまう。
そんな時には、ホメホメ会で吊るし上げられちゃう自分なんぞ
消えてしまえばいいと思った。
でも、このまま私が、透明になって消え去っても
人々の記憶に残るのだ。
人々の記憶から私に関する記憶が綺麗さっぱり消えてくれるのなら
私は、どんなことでもする。 なんて事も考えた。
それほど、自分の存在は恥ずかしいものだと認識させられてしまう
機会でもあった。


5年生のとある日...
とても素敵な名前を持つ女の子が 手を挙げた。

私の方をゆっくり見つめながら、立ち上がった。


私は、素敵子ちゃんに何かしたっけ...? と
頭をフル回転させ、考えた。
何か言ったっけ? 何かしたっけ?
祈るような気持ちで、彼女の発言を待った。



すみれちゃん、友達のことよく褒められる子だと思います。


その後で Yちゃん、Aちゃんが続く


あ...それ 私も思ってた!

すみれちゃん、人と見てる所が違ってて面白いと思うことがあります!
よく見てるなって...。


それに、すぐごめんって言うよね。

そんなに、すみれちゃんが悪いことじゃなくっても
すみれちゃん、すぐに謝るから 喧嘩になりにくいと思います。




足の早いI君が

すみれちゃんは、言い方がキツイけど 結構優しいところもあります。


S君が
そういえば、いつも誰かに悪口言われてるけど
すみれちゃんが、誰かの悪口言ってるのあんまり聞かないと思います。




熱い.....

何だか、瞼の上が熱くってたまりません。

その時、泣いてはいけないと思いながらも

ポタポタと、勝手に床に落ちていく涙を止めることが出来ませんでした。




6年間無欠席で、どんなに熱が出ても学校へ通った甲斐があったものです(笑)

私は、この時の クラスメイトの言葉を

今でも大事に大事にしているし

色んなことがあったけれど この数人のたった一言で 

小学校は、何だか楽しかったなぁ... と

いい方向へ記憶を塗り替えることが出来たから。



そして、この時にかけてもらった言葉通りの人間になろうと

未だに、心がけている。

大きな大きな、目標を頂いた。



きっと、本人達は覚えていない。

ただの気まぐれだったかもしれない。

でも、それでも 私にとったら奇跡のような出来事だった。






私は、今 自分の長所を聞かれると


人の長所を見つけることが得意です! って


胸を張って言うことにしている。



私が、存在しても良いという 小さな自信も頂いたのである。
スポンサーサイト

記憶の中に存在すること

いじめなどについてのフラッシュバックの危険のある方は
本記事をスルーしてください。







中国史に興味があった私は、文化大革命にまつわる本もいくつか読んだが
そんな時に、いつも頭を過ぎるのは
小学校時代の、規模の小さな粛清の記憶だ。

何が帰りの会なのだ?
ただの弾圧、粛清に他ならない。

一体何のために、誰のためにあのような非建設的な話し合いが毎日二回も
(私の学校の場合)
行われていたのか甚だ疑問である。

問題なのは、教師も加担していたことだ。

ターゲットは、教師までが加担することで完全に逃げ場がなくなり
ただただ、解放される時を待つ。


たいてい、議題は クラスの権力者(主に女子)の個人的恨みで
その問題をクラス全体で話し合って一体何が得られるのか?という
稚拙なものだった。
それと、人を追い詰めることに快感を覚える性質の人間が
これまた、どうでもいいことを訴え、クラスではそれに同意しないと
今度は、同意しない人間を ”普通はこう思うはず!”
”そう思わない、思えない人はおかしい!”と攻撃するようなこともあった。


もちろん、私は (もちろんなのか!?) 議題キング。
いつの間にか、人の恨みを買い槍玉にあげられることが日常だった。


書いてもいない落書きを書いたと言われ
黒板に、落書きと同じ言葉を書かされ 素人筆跡鑑定にて黒だと
決め付けられたこと、朝の全校朝会で
犯人がわかりました! と校長がマイクで発表し
名前は言いません... と言いながらも、校長、教職員が
私のことを一斉に見たこと。
言ってもいないことを言ったことにされ
謝罪させられたりすることもあったが
誰かが私の悪口を書いたゴミを捨てていたという
意味のわからん事件は
捨てた本人が槍玉に上がりながらも
なぜ、そのゴミを捨てたのか? という加害者側の主張に
(いや...ただ単に、私のことが嫌いだったとのことだったが)
みんなの興味が移行してしまい
結局は、そのゴミを捨てさせた人間はすみれである。
みたいなオチになった一連の出来事は、今や笑える思い出ではあるが
わたしの中で風化はしない。


記憶というものは、すり替えられる。
いとも簡単に...

かく言う私も、記憶力にはちょっとした自信があるが
すり替えは起きている。
自分では気がついていないものだから断言は出来ないけれど
すり替えが起きる方が自然なのだと思っている。
そうしなければ、生きていけないのだから。

ただ... 映像は別。

見たまま、聞いたまま、感じたままの記憶は
一生すり替えることが出来ないのだろうか?

あの時、教室の窓から入って来た風

あの時、手を挙げて発言した男子の机から
落ちたカンペン、散らばる鉛筆


人は、古き良き思い出として懐かしく語り合う。
確かな記憶を持つものは一人もおらず
その時の感情や、思い込みで 記憶はどんどん
塗り替えられる。
その矛盾に誰も気がつかない。


過去の出来事は、今や終わったことで
それに対し、恨みや憎しみはない。
むしろ、今の私の形成において必要不可欠だったと
感謝している。

でも、”すりかえられた正しくない記憶”の中に自分が
存在していることは、とても苦しい。










考える力

自分の胸に聞いてみな!


私の母がよく言っていた一言である。

障害とか、そんなことは関係なく
子供の頃の私は、現行犯で母に捕まり叱られる以外では
叱られている時にどうして自分は叱られているのか
気付くことは稀だった。
(まあ、現行犯でも、それがなぜ悪いのかは
あんまり理解できなかったけれど)



学校や、近所の人や、友達のお母さん、あとは私のキョウダイが
私のしでかした”何か”を言いつけ
さっきまで機嫌よく談笑していたはずの母が突然怒りだし
その理由をほとんど告げられないというパターンでは
自分の胸に聞いてみる以前に、得も言われぬ恐怖で
思考をめぐらす余裕などあるわけがなかった。



何で、怒ってるの? と聞くと

自分の胸に聞いてみなさい! と返す母。



これを何度か繰り返しているうちに
私の方で、思い当たることを言わなければ
一生許してはもらえないのだと悟ることが出来るので
私は、思いつく限りの”悪いこと”を言ってみる。

悪いこととは、認識していなくとも
もしかしたら、母はそれを悪いことだと思っているかもしれない事も
全て話してみる。
結局、全て藪蛇で 母が怒っている理由にたどり着くことは
ごくごく稀....
余計に怒りを買ってしまう結果になっていた。

外に放りだされた時などは、それこそ必死で
家の中に入りたい一身で色々考える。
朝起きてから、学校から帰ってくるまで
帰って来てから、寝るまでの一日を何度も何度も検証する。
しかし、全く思い当たることがない...

ドアの横には、新聞受けがついていて、そこから
家の中に向かい


今日のこと? 昨日のこと? おとといのこと?

せめてヒントをください!!



と、叫ぶと 無視されるので

何度もピンポンを鳴らすが

うるさい!! と言われることも多く


どうしても気になる私は、隣の家に伺い電話を借りて母に


いつのことですか?それだけ教えて!!


と、聞いたことがある。



今では、大笑いの出来事であるが
私は、その後で 家中引きずり回された。


今の私は、自分が辛かったことはなるべく子供に味わわせないように
心がけてはいるが
私はその為に 子供達に多くのヒントを与えすぎてやしないか
最近になり、考えるようになった。


些細なことから、今考えれば本当に悪いことまで
私は、あらゆる悪いことをしてきたと思う。
いけないことだとわからなかった事も
いけないことだとわかった上での事も
そうやって母が私自身で気付けるようにしてくれたお陰で
このようなことを繰り返したお陰で
考える力、想像してみる力が人並みに
刷り込まれていったのだと思える。
(余計な妄想力までおまけでついてきたが)



厳しい母だったけれど、私には丁度いい母だった。





テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

オコラレテ シカラレテ ノビルヒト

母が毎日のように言っていた。





あんたは、怒られて伸びる人


妹は、褒められて伸びる人


弟は、怒ることが一つも見つからない人





先生も言っていた。


お前だから、怒るんだぞ!

お前は、怒っても大丈夫な子だ。




ワタシハ モット ホメラレタカッタ デス。



怒って伸びる子、褒めて伸びる子

そう決め付けられることが、何より嫌だった。









テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

逆さの国へ

モモは、どこから仕入れてきたのか


おかあさん、口裂け女○○におるん?
(近所のスーパー)

おかあさん、口裂け女いやだ

おかあさん、口裂け女ご飯たべる?


と、矢継ぎ早に質問をしてくる時間が一日のうちに
必ず、一回はある。



最近の都市伝説ブームで、平成の小学生にもリバイバルか?



私の父は、車で15分ほどの場所にある
同級生の営む床屋さんに通っていた。
そこの床屋さんには、2人の息子がおり
私より一つ上の次男と私は、案外ウマが合い
私は、父について その床屋さんに遊びに行くのが楽しみになっていた。


そして.....
床屋の2階で、私は見つけてしまったんだ....
ハッキリとした時間はわからない。
彼等の部屋からトイレに向かうと、廊下は真っ暗だった。
恐らく、夜だったのだろう。
用を済ませ、ドアを開けると
トイレの電球に照らされ、廊下に落ちている一冊の本が浮かび上がる。
廊下には、雑然と何冊かの本や雑誌が転がっていたが
私は、カーテンの裾からチラリと見える
その小さな本に一瞬で心奪われた。


私は、次男とは友達だったが
そのお兄ちゃんとは、あまり親しくなかった。
お兄ちゃんは、いつも次男に偉そうに振る舞い
私には、ちょっと怖い存在だった。


小さな本を開いてみたい衝動に駆られたが
もし、この本がお兄ちゃんの持ち物だったらどうしようかと思った。
でも、これを兄弟の部屋へ持って行き

見てもいいですか?

と、聞く勇気が私にはなかった。


このチャンスを逃したら、もう この本の正体はわからないだろう。
父に連れられてここへ来るのも、次はいつかわからないのだ。


私は、そっとしゃがみ込み カーテンの下から覗く本の端っこを
自分の足元へ引き寄せた。
人の本を許可無しに開いていいものか、罪悪感で
手が震えた。


それは、 妖怪図鑑のようだった。




水木しげる氏のものではなく、何だか妙にリアルな
劇画チックな妖怪がズラリと並んでいる。



その男は逆さまだった。
逆立ちをしているのでも、ぶら下がっているわけでもない。
手が足で、足が手で 顔は、足の付け根から出ているようだった。

説明は非常に難しいが
内診台に乗った女性の足の形で
その股の間からおっさんの顔が出ていて
それを足代わりについた手で支えているという感じだ。

恐怖の逆さ男.....



息が苦しくなった。
今まで、見聞きした怖いものなんて
この男の恐怖に比べたら、可愛いものだ。
耳なし芳一も、あなたの知らない世界も、口裂け女も
何にも怖くない。



お前も逆さまにしてやるーーーーー!!!


と、男はこちらに向かい叫んでいた。

ひぃぃぃぃ



わっ



兄弟が、私の背後から脅かしてきた。
緊張が頂点に達した私は、声も出せなかった。

次男が震える私の手から 逆さ男を取り上げて
逆さ男について、熱心に語り始めた。



逆さ男に会ったら、何でも逆さまに言わなきゃならないんだよ!


何で?



それは、自分も逆さまにされちゃうからさ~!


すみれ心の声
そうか...お前も逆さまにしてやる!って言ってたもんな...



逆さまにされないようにするのは、どうしたらいいの?


逆さ男の質問に、全部逆に答えれば大丈夫だよ。


俺はカッコいいか?

って聞かれたら、カッコ悪いって言うの?

でも、それって本当のことじゃん。



違うよ。とにかく逆に答えればいいんだよ!



じゃあ、これは何ですか?って聞かれたら

かすで何はれこ って答えるの?




違う違う。その逆じゃないんだよ。
暑いですか?って聞かれたら
寒いです。 って言うの!!

もう、僕の言うことちゃんと聞いてくれないと
すみれちゃん、逆さまにされちゃうんだよ!




お兄ちゃんが

逆さの国へ連れて行かれるかもしれない~!!

と、白目で舌をベローンと出して脅かした。



い....いやだ。

自分が逆さまになってしまうのより、逆さの国へ連れて行かれるのだけは。

私は、必死だった。

自分が、逆さ男に会ってしまった時の対処法は、完璧にしておきたかった。



でもでも、逆さ男が寒いと思っていたら
寒いです。って言ったのが正解になっちゃうでしょ?


私は、そこの部分をはっきりさせておきたかったのだ。
そこは非常に大事だ。


次男は、だんだん不機嫌になってきた。
(その当時の私には、全く気づくことができなかったが)

反対に答えたらいいの!!
男ですか?って聞かれたら女です。って答えればいいの!!
すみれちゃんが女でも男でも、逆さ男の言うことに
反対に答えればいいだけだよ



うん。それは よくわかるんだ....
でもね、わからない質問が来たらどうするのよ....
男や、女だったら、単に反対に答えればいいってわかったけれど


あなたは、優しい? とかだったら.....

優しくないって言っておけばいいのかな?

あなたの家は何色? だったら?

色の反対って何?そんな時には

白の反対って?黒色?それとも 

”ロシ” って言ったらいいのかな?

うわ...でも そんな時にいきなり
 ”とまと” とか ”しんぶんし”って言われたら
反対に答えても逆さまにされちゃうし.......



もういいや、違うことして遊ぼう!と
次男は、別の遊びを提案してきた。
でも、私は どうしても白黒つけたかった。
逆さの国へ行くのだけはごめんだったから
どうしても知っておく必要があった。今夜、私の部屋に
逆さ男が現れるかもしれないのだから。

何をして遊んだのか、一切おぼえていない。


私の頭の中は、逆さ男に遭遇風シミュレーション状態。




しかし、帰り際に


すみれちゃんって、意地悪だよな~。

って、次男にポツリと言われてしまったことをよく覚えている。



小学校の時、私が どうして○○はできるの?
と聞くと、担任は自然現象だな...と答えた。
更に、質問を重ねると、廊下に立たされた。


お前、うるさい....と。




私にとっては純粋な疑問でも、人にとったら
意地悪だったり、うるさかったり。
適当な言葉が見つからなかったのだろうが
いずれにしろ、私の疑問というものは、非常に人を不快にするようだ。
いい機会に、思い出して良かった。
気をつけて生活しなければなるまい。


逆さの国へ連れていかれぬように。



テーマ : 発達障害
ジャンル : 福祉・ボランティア

リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。